【ダイヤモンドステークス2020】ダイヤモンドSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

東京3400mで開催される変態重賞レースである”ダイヤモンドステークス”を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

東京競馬場という日本で最も大きな競馬場を1周半するコースに、人々は、”JRAの人、頭おかしい”。と誰もが皆呟いたと言われるお祭りコースです。京都の人は、京都で一番のレースが菊花賞という方が多いですが、東京の人は、東京のレースで一番は、ダイヤモンドステークスだという方も非常に多いでしょう。それもそのはず、距離だけでいえば、天皇賞・春よりも長いですから。*ステイヤーズステークスには負けるんですけどね。

そんな私が大好きなステイヤーレースは、万葉ステークスに続いて、今年2回目の予想になりますね。

ステイヤーレースにはステイヤーレース信者だけが分かる何かがあると信じてますので、是非宜しくお願い致します。

ダイヤモンドステークス2020 特別登録馬

 

馬名
アドマイヤジャスタジャスタウェイ
ウインテンダネスカンパニー
オセアグレイトオルフェーヴル
サトノティターンシンボリクリスエス
ステイブラビッシモステイゴールド
タイセイトレイルハーツクライ
タガノディアマンテオルフェーヴル
ダノンキングダムステイゴールド
ノチェブランカディープインパクト
バレリオステイゴールド
ホウオウドリームルーラーシップ
ポポカテペトルディープインパクト
マコトガラハッドスズカマンボ
ミライヘノツバサドリームジャーニー
メイショウテンゲンディープインパクト
ララエクラテールステイゴールド
リッジマンスウェプトオーヴァーボード
レイホーロマンスハービンジャー
レノヴァールハーツクライ
ロサグラウカルーラーシップ
ヴァントシルムジャングルポケット

ダイヤモンドステークス 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

今年に入ってもアウィルアウェイ、サンクテュエール、アウィルアウェイが重賞制覇。ダイヤモンドステークスの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

ダイヤモンドSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

上りが最重要なステイヤーレース

この東京3400mというコースは、ダイヤモンドステークスの為だけに存在するコースです。

・東京競馬場を1周半

・コーナー6回

・上り坂4回

ただでさえ、日本で一番大きな東京競馬場を1週半もする相当タフなコースです。どのような流れになるのかまずは過去10年のラップを見て見ましょう。

簡単にいえば、長距離レースらしく前半控えて後半スパートの後傾ラップレースです。

過去10年の平均でいいますと、前半5ハロン62秒5、後半5ハロンが60秒4と2秒近く後傾ラップのレースです。ステイヤーレースなので前半から飛ばすということはまずないのですが、ここまで距離が長いとどうしても中間ラップは緩みますよね。

これまでのレースの平均ラップをグラフ化したのが下記です。

過去10年のラップを見ても、まず最初にポジションをとるためにある程度のポジション争いが最初の7ハロンで12秒後半のペース流れます。その後、一気に中間ラップが緩み13秒付近のラップが続き、ラスト5ハロンからぐっとペースが上がります。

これまでケイアイドウソジン以外に逃げ切った馬はいないですし、アルバートやフェイムゲームのようなステイヤーレースでも差せる馬の活躍が多いのも、ラスト5ハロンからペースが徐々に上がる際に、逃げ馬や先行馬が標的にされると脚が持たないのでしょう。

このようなレースラップである為に、末脚が重要になります。実際に過去10年でも差し・追い込み馬が7勝、上り最速を出せた馬が7勝と圧倒的に末脚重視であることがわかります。

特に5年間で15頭中13頭がここ2戦で上がり3位以内ですし、逃げや先行の持続力で前走好走したタイプの馬は人気であろうと吹き飛ぶことが目立ちます。また、前走上がり3位以内の馬は、複勝率50%超えですので、とにかく上がりを重点的に注目したいですね。

前走から極端な距離延長は買えない

東京で最も長いマラソンレースですから、いくら上り最速馬を狙う必要があるとはいえ、下記のようにローテーション上で極端な距離延長になると最後に末脚を発揮できません。できれば2400m以上のローテーションがよさそうですね。

 

前走平地距離着別度数
~1300m0- 0- 0- 0/ 0
1301m~1600m0- 0- 0- 1/ 1
1601m~2000m1- 1- 0- 24/ 26
2001m~2400m3- 4- 7- 39/ 53
2401m~6- 5- 3- 51/ 65

時々、長い距離のレースでも菊花賞のように中間ラップが緩む場合は前走距離が関係ないレースもあるのですが、このダイヤモンドステークスは全く持って別次元で、全力のスタミナ比べになります。但し、前走2200mだからと言っても切れないのがこのレースの難しさかなと思います。具体的には、2000~2400mで勝利したのはフェイムゲームとアドマイヤラクティという日本でも屈指のステイヤーですし、その他に馬券になった馬も京都の日経新春杯で長くいい脚を使えた馬が馬券になっていることからも基本的には、2400m以上のレースから参戦するローテーションに注目でしょう。もし、フェイムゲームのような生粋のステイヤーが2200mの路線から参戦するのであれば抑えておきましょう。

ハーツクライ・トニービンに代表されるグレイソヴリン一択

このレースは、ハーツクライ・トニービン、つまりグレイソヴリンです。この血統は天皇賞・春でも掲示板を独占したことがあるような血統であり、とにかく持続力勝負に強い血統です。過去にも数えきれないほどの好走馬を出しておりますが、過去5年の好走馬を紹介します。

2019年 2着 サンデームーティエ 3着カフェブリッツ

2018年 フェイムゲーム

2017年 アルバート、カフジプリンス

2016年 フェイムゲーム

2015年 フェイムゲーム

2014年 フェイムゲーム、セイクリッドバレー、タニノエポレット

まぁ、何が言いたいかというとフェイムゲーム強すぎということですねwこれでは面白くないので、違う視点でいいますと欧州スタミナ系でしょう。

ディープインパクト産駒のファタモルガーナがこのレースが得意だったのはその牝系に秘密があります。母タニノミラージュは、欧州のエリシオと母父がネバーベンド系のリバーマンを持ち、日本競馬では重厚すぎる母系がこのレースを得意としていたのではないでしょうか。他にも5代血統表を見て頂ければ分かります通り、サドラーズウェルズやニジンスキーといった欧州の名血が多数好走しておりますので、欧州系の意識をもって予想しましょう!

ダイヤモンドステークス2020 事前予想

ダイヤモンドステークスでも一番大切な再現性あるデータはグレイソヴリンです。

この血統は波乱も多数演出している最重要データですね。さらに2400m以上の距離からローテーションで参戦している馬をピックアップしました。

・ウインテンダネス

前走ジャパンカップでグレイソヴリン持ち。東京の長い距離が得意な1頭。

・タイセイトレイル

前走日経新春杯でグレイソヴリン持ち。前走上り3位。

・タガノディアマンテ

前走万葉ステークスでグレイソヴリン持ち。上り1位。

・ノチェブランカ

前走グレイトフルステークスで上り3位のグレイソヴリン持ち。

・ホウオウドリーム

前走早春ステークスでグレイソヴリン持ち。

・レノヴァール

前走万葉ステークスで、グレイソヴリン持ち。前走上り3位。

・ロサグラウカ

前走グレイトフルステークスのグレイソヴリン持ち。

・ヴァントシルム

前走ステイヤーズステークスのグレイソヴリン持ち。

上記でも前走いい末脚を使えた馬に注目したいので、前走上り上位組から。

・タイセイトレイル

・タガノディアマンテ

・レノヴァール

上記3頭から注目馬を選定したいと思います。タガノディアマンテは、前走強い勝ち方をしましたが53kgでのものであり、中間ラップが非常に緩み、捲りやすかった展開でのものでした。ここは本命をタイセイトレイルにしたいと思います。

タイセイトレイルは東京で2連対しており、アルゼンチン共和国杯では東京の舞台で上り最速を出せた馬です。長い直線でしっかりと確実に末脚を出せる強みに加えて、血統的にもこのレース大得意のハーツクライ産駒、母系にはニジンスキー持ちという活躍を約束されたかのような血統背景です。個人的には一択といっていいでしょう。

BestBuy検討委員会

先週はBest Buy検討委員会で紹介していた、ダイメイボーイの直線の末脚で検討委員会は大盛り上がりでした。あの末脚で勝てないのが京都内回りの難しさであることは理解していたのですが、それでも悔しいですね~。私単勝5万円勝負でしたので、あの差で50万円取り逃したのが本当に悔しいですw

今年のBEST BUY結果は下記のとおりです。

エアファンディタ 7.9倍1着

マイネルミュトス 7着

ダイワダグラス 9.5倍1着

タマモメイトウ 8.2倍1着

ペイシャキュウ 2着

ハトホル 9着

ナリタブレード 9.5倍1着

コールドターキー 15着(脚部不安

ムジカ 2着

スカルバン 12着(原因精査中

ムーンチャイム 10着

ダイメイボーイ 2着

基本は10倍前後の単勝狙いですので、こんな感じに荒い動き方をしますが、単勝回収値は301%です。昨年は177%でしたので少しやばい感じがしてますwそんなこんなでここまで自分のBest Buyで引っ張ってますが、この検討委員会では皆様が主役になります。

今月のBest Buy検討委員会ではみんなと一緒に競馬を楽しむ為に、2月は鍋は水炊き派、蟹派、すき焼き派と3チームに分かれて全員でBEST BUYを検討し、そして月次で単勝回収率1位のチームを決めます。単勝回収率1位のチームには、ギフトカードを含めた馬券バトルを翌月曜日の地方競馬最終レースを私が指定するので予想して頂きます。全員外れた場合は、次月にキャリーオーバーを予定してますので毎月楽しみながらBEST BUYを実践できる仕様になってます。

日曜日もチーム水炊き派様は、ばっちり1着馬をBest Buyに推奨しておりましたし、非常に素晴らしい結果でした。土曜日もメンバーのBestBuyを信じることで一発逆転できましたし、非常に面白い検討委員会だと思います。また、全チームと中の人が選んだ馬が一致したBEST BUYはMUST BUYとして全員で狂喜乱舞する勝負レースになりますので、いつか夢を見てます。詳細については下記にてご確認よろしくお願い申し上げます。

Best Buy検討委員会 コンテンツ

Best Buy検討委員会はこんな人にオススメ!

   

Best Buy検討委員会は、2月1日から配信スタートしてます。Best Buyを一緒に作りたいという方は参加をお願いいたします!

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら

そんなこんなでルーラーシップが流行りすぎてグレイソヴリンで選びきれないという場合は、是非欧州スタミナ系の血統にも注目してくださいね!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!