【チャンピオンズカップ2020予想】チャンピオンズカップ有力馬を徹底予想

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はチャンピオンズカップ2020の有力馬予想記事となります。

某大手競馬サイトの上位人気の馬を中心に、分析したいと思います。

チャンピオンズカップの傾向分析については、下記ブログにて詳細分析しておりますので是非そちらもご高覧ください。

それではチャンピオンズカップ有力馬分析記事をどうぞ!

チャンピオンズカップ2020 外厩情報

天栄の最高傑作であるアーモンドアイがジャパンカップを制覇。グランアレグリアをはじめとして、秋のG1ではしがらきや天栄で育った馬が連勝につぐ連勝ですね!

チャンピオンズカップ含めて全レースの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

チャンピオンズカップ2020予想 有力馬分析

クリソベリル

クリソベリルが現時点の日本のダート界最強馬であることは間違いありません。

ダート界のアーモンドアイと言われるくらいに、日本国内では無敗の圧倒的存在です。

昨年のチャンピオンズカップでは、1分48秒5という異次元の時計で、古馬との力差がかなり出るダートの頂点決定戦で3歳馬ながら制覇したので、ルヴァンスレーヴの故障でスター不在だったダート界に完全に若き王として君臨するようになりましたが、その後の活躍も凄まじいですね。サウジカップこそ輸送減りで馬体重が30㎏程度減ってしまったとのことでしたし、ノーカウント。その後は帝王賞とJBCで他を寄せ付けない圧勝でした。

これらの戦歴以上に驚くべきことは、まともに仕上げることができたのがこれまで兵庫チャンピオンシップくらいというくらい仕上げにくい大型馬であることと異常に夏に弱いという体質。

調教後馬体重は570㎏にもなることがあるような雄大な馬体であることからも仕上げるにも調教だけでは難しく叩き良化型のようですが、休み明けでも普通にG1を勝つ規格外さに加えて、夏になったら目の周りが真っ黒になるくらい夏バテをするらしいですが、それでも圧勝するという調子と成績が全く一致しない、抜けた能力の持ち主。

そんなクリソベリルが叩き2戦目で、涼しくなったこの舞台で出走できるのだから手が付けれなさそうです。

血統的にも兄弟を見てもわかる通り晩成血統ですからまだまだ奥がありそうです。

ケチをつけるのも難しそうですが、1つだけ懸念点としては、軽いダートではない場合ですね。

昨年の中京ダートは時計が出やすい馬場であったようですが、今年がどうかという点。

地方交流重賞でも圧倒的な競馬を続けてますが、全て脚抜きのいいダートでの結果。

今回中京では、急坂設定でなおかつダートも乾燥して、時計のかかるような馬場だった時にこのクリソベリルがどのような競馬ができるか。

これについては実は重賞級レースでは実績がなく、何ともいえませんが、付け入る隙があるならその点だけ。

カフェファラオ

3歳の筆頭として出走するカフェファラオ。

この馬がおそらく2番人気ですが、個人的には嫌いたい1頭。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

というのも、ヒヤシンスステークスでの大出遅れからの差し切りやユニコーンステークスでの先行馬が総崩れの34.2-36.5の前傾ラップで先行押し切り圧勝競馬、加えてシリウスステークスでは古馬を撃破となれば期待するのもわかりますが、少し弱点が多いようにも思います。まずシンプルに出遅れが多く、JDDのように走れない馬場もあり、シリウスステークスの勝ち方も正直イマイチとしかいいようがありません。

シリウスステークスで勝利した馬は、サクラアリュールはJBCクラシックで8着でしたし、ダノンスプレンダーも英コーンも次走は上位こそなっても勝ちはしておりません。

さらに言えば勝ち時計の1分57秒8という時計も翌日にハギノアレグリアスがたたき出した1分56秒3と比較すると1秒以上遅いです。

(ハギノアレグリアスが出走していれば本命だったので、さすがに比べる相手が悪いかもしれませんが)

3歳のトップのような扱いですが、正直ハギノアレグリアスやミヤジコクオウと比較すると、揉まれずに自分の競馬をしなければ脆いという弱点を抱えているのでこのメンバーで重い印は難しいかなと考えております。

チュウワウィザード

どんなコースでどんな馬場でも馬券になってくれるのがチュウワウィザード。

昨年のチャンピオンズカップこそいつもよりも後ろのポジションとなってしまい4着でしたが、それ以外は全てのレースで馬券になっております。

今年は内前のポジションさえ取れればチャンスがあっても良さそうです。

というのも勝ち切っているレースがどれも小回りコースばかりであることからも、器用に脚を使えるタイプであることがわかります。

直近5勝のレース

・川崎記念(川崎

・JBCクラシック(浦和

・平安S

・ダイオライト記念(船橋

・名古屋グランプリ(名古屋

そうなると中京のような大箱コースですと、直線で純粋な脚力勝負になると唯一の馬券外になったコースですし、分が悪いのかもしれませんね。

サンライズノヴァ

前走は58㎏の条件でありながら、得意舞台であることもあり大外一気の派手な勝ち方で一気に有力馬入り。

南部杯も日本レコードが出るようなレースでしたが、前内有利で馬場・展開と真逆の競馬で度外視。

本格化した感が出ておりますが、しかしながら、1800mでの好走は実は2歳時の時以来無し。好走条件から足りるのかどうかを検討したいです。

サンライズノヴァの好走条件を一言で言うと時計の速いダートが必須条件。これは武蔵野ステークス、プロキオンステークス、フェブラリーステークといった実績を見ても明らかであり、加えて差しが決まる大箱コースでこそ本領発揮です。

そういう意味でも今回は急坂で、距離延長で、東京よりも時計のかかる中京で、なおかつ大外一気脚質なので中京では内に進路が有利なので相当厳しいのではないかと考えます。

ここで好走するようなら完全開花といえますが、好走条件とはかなりかけ離れた条件ではないかと考えます。

いかにも今年のチャンピオンズカップで流れが向きそうな有力馬

この馬は、ダート路線になってからは崩れない安定感がありますね。この安定感がチャンピオンズカップで発揮されるのか。

今年のチャンピオンズカップは、インティ、メイショウワザシを筆頭に逃げさせるとシブトイ馬が2頭いますし、先行馬ばかり。そうなれば苦手な瞬発力勝負ではなく持続力やスタミナを活かしたレースになるはず。

そうなればこの馬の競馬ができれば馬券内のチャンスはありそうですね。

ここらへんについて、BESTBUY検討委員会あるいはベスハメ完全版で紹介致します。

チャンピオンズカップ注目有力馬

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!