• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【デイリー杯2歳ステークス2019】デイリー杯2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【デイリー杯2歳ステークス2019】デイリー杯2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は2歳G2のデイリー杯2歳ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

他重賞については下記で分析済みですので是非ご高覧ください。

エリザベス女王杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

武蔵野Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

デイリー杯2歳ステークスといえば、最近は近年はエアスピネル、サングレーザー、ケイアイノーテック、アドマイヤマーズとマイルG1でも勝ち負けするような馬が多数出走するので、次世代のマイル王を探すレースといっても過言ではないでしょう!それでは、今年のデイリー杯2歳ステークスを分析したいと思いますので是非ご高覧くださいませ。

【絶賛・信頼】ガチ検証
美女YOUTUBERも爆勝ち !!
有料の予想に丸乗りしたら爆勝ち!!

【そして朗報】厳選買い目無料
そんな爆勝ちしてる予想さんがエリ女厳選買い目無料開放!
エリザベス女王杯厳選買い目エントリー(無料版)
レース前日20時頃買い目が配信されてくるのでまずはお試し!
無料でチェックしてみてください。メール登録のみ(無料)

デイリー杯2歳ステークス特別登録馬

 

馬名
アサケエース ワールドエース
アジャストザルート ジャスタウェイ
インザムード ノヴェリスト
ウイングレイテスト スクリーンヒーロー
エキサイター ベルシャザール
カリニート ルーラーシップ
コルテジア シンボリクリスエス
サクセッション キングカメハメハ
ジャストナウ ジャスタウェイ
ゼンノジャスタ ジャスタウェイ
$トリプルエース Shamardal
ペールエール ダイワメジャー
ライティア ディープインパクト
レッドベルジュール ディープインパクト

デイリー杯2歳ステークス 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

そんな外厩仕上げのデイリー杯2歳ステークス出走馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯やそれ以外の全レースの外厩情報がございますので是非登録いただければと思います。

デイリー杯2歳ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

上がりが重要な後傾ラップのレース

デイリー杯2歳ステークスは京都外回りマイルコースのレースです。

このコースを理解する為に、まずはラップを見ていきましょう。京都外回りのコースだけあり、直線も長いですが2歳戦ですと4ハロンスパートというよりも3ハロン瞬発力勝負のようになっております。ジョッキーも2歳戦でかかりたい放題の時期に4ハロンスパートをさせるのは今後の成長を見据えても危険だと考えているのでしょう。下り坂でどうしてもペースが上がるとしても、意識的に抑えているように思います。

過去10年のラップを見てみましょう。

京都の外回りコースは上がりがかかりがちなのですが、みていただければ分かる通り、過去の勝ち馬の半分は33秒台で差し切っております。実際平坦コースで11秒台のラップが続くのですが、これを普通に差し切るのは相当厳しく、好位で折り合う気性が必要なのでしょう。

それでもこのレースは上がり3ハロンが重要です。前走上がり3ハロンで1〜2位の馬が過去10年で9勝。馬券になった30頭中23頭が前走上がり3ハロンで上位の末脚です。

また、前走で先行した馬が7勝。その通りにデイリー杯でも逃げ・先行した馬がデイリー杯2歳ステークスでは6勝。

ここから読み取れることは、デイリー杯2歳ステークスは京都外回りですが、4ハロン目・5ハロン目が緩み、残り3ハロンで11秒が続くラップになる為、先行馬も速い脚を使えており、物理的に後ろから差すのは厳しいレースであることがわかります。

基本的には先行馬の前走上がり上位の馬を狙いましょう!

距離延長に注目

このレースは先ほども言いました通り、中間ラップが緩みラストの瞬発力勝負になります。

その為、スピードに長けた距離延長組が穴をあけます。番組上短い距離が多いので、母数が多いだけといえばそうですが、距離短縮組と比較しても4勝と非常に安定しております。

前走マイルが5勝なので、マイルばかり見ていると距離延長組のスピードに痛い目を合わされそうなので注意しましょう!

キングマンボの血統に注目

このコースはディープ産駒のお庭なのですが、それではつまらないですし、実はデイリー杯でディープ産駒はそこまでずば抜けた成績ではないので違う馬を紹介致します。

開幕後半に近づいてきた京都で中間が緩むレースになるとキングマンボの好走が目立ちます。

過去5年でも好走馬多数です。

2014年 タガノエスプレッソ

2015年 エアスピネル、シュウジ

2018年 メイショウショウブ

この通り、キングマンボ持ちは過去5年で4頭が馬券になっております。少ないのでは?と思われる方がいらっっしゃるかもしれませんが、2-2-0-4なので半分が馬券になっていることがわかります。

デイリー杯2歳ステークス2019 事前予想

このレースはまずは血統的に絞っていきたいと思います。

キングマンボ持ちは下記です。

・アジャストザルート

・インザムード

・エキサイター

・カリニート

・サクセッション

上記の5頭になります。中でも前走で上がり上位の馬は、アジャストザルート、インザムード、サクセッションの3頭です。これらの中でもサクセッションに注目しております。

この馬の前走は、中山で逃げて上がり33秒9といかにもデイリー杯に合いそうな脚質。前走のアスター賞は中間ラップが緩み、その後は自信で作った11.5-11.1-11.3と後ろからの馬ではノーチャンスの流れで勝利しました。

この流れをデイリー杯のメンバーであれば普通に再現できそうなので注目しております。