【ニュージーランドトロフィー2019】NZTを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はニュージーランドトロフィー2019の予想記事です。

ニュージーランドトロフィーは昨年2着のケイアイノーテックがステップレースにして、マイルカップを勝利したレースです。中山1600mという紛れの多いコースになりますので、予想のし甲斐がありますよね。絶対に知っておきたい3つのことでしっかりと分析して、穴馬的中できればと考えております。

ニュージーランドトロフィー2019 特別登録

アガラス 牡3 ルメール騎手 古賀慎厩舎
アフランシール 牝3 田辺騎手 尾関厩舎
アンクルテイオウ 牡3 ○○騎手 高橋亮厩舎
エリーバラード 牝3 ○○騎手 菊沢厩舎
カリボール 牡3 ○○騎手 須貝厩舎
カルリーノ 牡3 ○○騎手 高橋裕厩舎
グラナタス 牡3 三浦騎手 鹿戸厩舎
ココフィーユ 牝3 大野騎手 斎藤誠厩舎
コスモカレンドゥラ 牡3 丹内騎手 田中博厩舎
ショーヒデキラ 牡3 ○○騎手 鈴木伸厩舎
ダイシンインディー 牡3 武藤騎手 戸田厩舎
ホープフルサイン 牡3 江田照騎手 本間厩舎
ミッキーブラック 牡3 松岡騎手 音無厩舎
メイショウショウブ 牝3 ○○騎手 池添兼厩舎
ワイドファラオ 牡3 内田博騎手 角居厩舎
ヴィッテルスバッハ 牡3 戸崎圭騎手 池上厩舎

NZTを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

スプリント戦のような持続力勝負になる。

中山1600mですね。スタートは1コーナー横のポケット地点。中山競馬場芝コースの高低差は5.3mと、JRA全10場の中で最も高低差があり、その最高地点がこの1コーナー付近になります。

2コーナーまで緩やかに下り、さらに外回りコースのバックストレッチで約4.5mの勾配を駆け下りる。最後の直線距離は310mと、中央4場の中では一番短くなっており、ゴール前には高低差2.4mの急坂があるのがこのコースの特徴です。

最初の2コーナーまでの直線距離が240mと短いため、先行争いは激しくなりやすい傾向にあります。またその後は下り坂なので序盤から自然とペースアップしやすい傾向があります。

過去10年のラップを見てましょう。

2F目、3F目から11秒台前半と先行争いが激しいことが見てとれますね。その後、5F目・6F目に12秒台が入るものの、7F目と8F目は11秒台と瞬発力を求められます。スローのよーいドンしか経験していない馬には辛いかもしれませんね。11秒台を持続できる能力が求められると言えるでしょう。

ラップの観点で求められる能力としては、スタートしてからの速いスピードを最後まで持続させる能力であることがわかりますので、距離短縮組や血統的にも持続力血統を狙いたいですね。特に距離短縮組は、過去10年で、4-2-2-27と複勝率22%ですが、単勝回収値189円と非常に好成績です。

内枠が強い

そもそも中山コースの直線が310mという短いコースの上、短距離になればなるほどインを回った馬の方が脚が溜まりやすくなりますから、物理的に内枠が有利と言えるでしょう。過去10年で5~8枠が圧倒的に不利な数字が出ておりますので、注意です。

過去10年の成績

1~3枠 【5-5-6-6-6-30(全58回出走)】 単勝回収率115%  複勝回収率118%

1~4枠 【7-6-6-8-7-44(全78回出走)】 単勝回収率177%  複勝回収率127%

5~8枠 【3-4-4-2-3-66(全88回出走)】単勝回収率12%  複勝回収率30%

また、過去5年でみると6人気以下で馬券になった馬が7頭いるのですが、6頭が1〜4枠の内枠でしたので、トラックバイアスは確かに存在するものと考えております。

スプリント血統を狙おう

このレースは、スプリントレースのような持続力勝負になる為、血統としても下記のようなスプリント血統に注目です。

・フォーティナイナー

・ダンチヒ

特にダンチヒについては、過去5年でも下記の通り、好走率が高いです。

2018年 5人気3着デルタバローズ

2017年 8人気2着メイソンジュニア

2015年 2人気3着アルマワイオリ

勝ちきれていませんが、そんなに人気していなくても好走していることがわかりますので、ペースと血統が会うのでしょう。

さらにフォーティナイナーも、8人気3着のベルルミエールと14人気2着のストーミーシーが爆走している為、複勝回収率436円とすさまじい回収率になっておりますので、注目ですね。

NZT 外厩分析

アガラスがノーザンファーム天栄仕上げです。

もう1頭天栄仕上げ馬がいるのですが、確認したい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

ニュージーランドトロフィー 事前予想

血統的にドンピシャの馬もいないので、距離短縮馬から見つけていきたいと思います。

今回注目したいのはアガラスです。この馬は母父がスプリンターズS馬のブラックホークであり、ロベルト持ちです。きさらぎ賞のようなどスローよりもコスモス賞のような上がりのかかるレースでこそ真価を発揮するタイプでしょうし、注目しております。

K-BA LIFEの勝負レース

K-BA LIFEでは、LINEで下記の3つを土日の朝9時に配信しております。

・勝負レース

・イチオシ外厩情報

・イチオシ異常投票

これまでの予想レースと結果については、全てLINEのホームで紹介中です。大外れも大当たりもあり、時には怒りたくなると思いますが、それも含めてエンターテイメントな予想だと思っていただき、暖かい目で見守っていただければありがたいです。下記のLINE@で配信しておりますので是非、友達登録をお願い致します。

友だち追加

ー桜花賞2019準備開始ー

今年の桜花賞がコラボ指数上位馬で決まり?!その根拠は・・・
→過去3年桜花賞は3着まで指数上位馬で決着
→今年のステップレース(アネモネS、チューリップ賞、クイーンC)も指数上位馬
※この指数が推奨してるのは上位6頭です。
━━━━━━━━━━━
・各会場1~6レース全指数配信あり
※前半戦が指数上位ベタ買いで軍資金稼ぎになってます。
・他土曜重賞も指数1位馬無料配信あり
・桜花賞全指数無料配信。※当日会員内北条のブログへ
━━━━━━━━━━━
阪神牝馬S&NZT指数一位→無料
桜花賞指数上位馬を見る→→無料
無料メルマガ登録のみ!確認メールきたらクリックしてログイン。

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!