【ファルコンステークス2020】ファルコンSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はファルコンステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

ファルコンステークスといえばK-BA LIFEですよね!?

タガノグランパですっぱ抜きし「ファルコンステークスは俺だ」ってWINSで叫んだら警備員に怒られたのはいい思い出ですが、よく考えたら当時ブログしてませんでしたねw昨年もこのコンテンツでローゼンクリガーとハッピーアワーの2択を1分で紹介し、ちょっとした話題になりましたが実際に馬券を買ったのはグルーヴィットの頭固定で2着になり外すという中々終わってる感じでしたw

金鯱賞やフィリーズレビューは下記にて既に分析済みですのでそちらもよろしくお願い申し上げます。

フィリーズレビューを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

金鯱賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

それではファルコンステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

ファルコンステークス2020 特別登録馬

馬名
アブソルティスモダイワメジャー
インザムービーリアルインパクト
ウイングレイテストスクリーンヒーロー
エーティーメジャーダイワメジャー
エーポスジャスタウェイ
エグレムニキズナ
コスモリモーネヘニーヒューズ
シャイニーズランキンシャサノキセキ
シャインガーネットオルフェーヴル
セイウンパワフルストロングリターン
ゼンノジャスタジャスタウェイ
ソーユーフォリアエピファネイア
ソングオブザハートマジェスティックウォリアー
タケルラスティスクリーンヒーロー
テーオーマルクスロードカナロア
デンタルバルーントゥザグローリー
$トリプルエースShamardal
ドゥーベダイワメジャー
パフェムリヴィクトワールピサ
ビアンフェキズナ
ペコリーノロマーノロードカナロア
マイネルグリットスクリーンヒーロー
ライチェフェイスキングヘイロー
ラウダシオンリアルインパクト
ラボエームフサイチセブン
レッドライデンエイシンフラッシュ
ワンスカイスウェプトオーヴァーボード
ヴェスターヴァルトノヴェリスト

ファルコンステークス2020 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

今年に入っても重賞制覇多数ですい見逃せないですね!

今週開催されるファルコンステークス含め4重賞全ての外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

ファルコンステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

重賞好走実績がある馬が好走するコース

2012年より1200から1400m戦に変わりましたね。フィリーズレビューとファルコンステークスと非根幹距離の3歳重賞を2つ準備するあたり、JRAの面白い番組構成だなと思います。

そんなファルコンステークスが開催される中京1400mは、向正面直線からスタートし、しばらく緩やかな上り坂。残り1080mの地点からは緩やかな下り坂に入ります。3~4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。ゴール手前340m地点より240m地点にかけては高低差2.0mの急な上り坂。勾配は2.0%で、中山競馬場芝コースに次いで傾斜がきつい坂が設けられています。ラスト240mはほぼ平坦。最後の直線距離はAコース時、Bコース時ともに412.5mと長くなっております。

1400m戦は、1200m戦よりも向正面からコーナーまでの距離が長いことから距離が長くなってもさらに前傾ラップになり、前半3ハロンが1秒以上速くなるのが特徴です。中京コースは、スタートしてから緩やかな上りがあるのにも関わらず、下り坂のコーナーではインを取ると有利なので、ある程度の位置をとりにいく必要があることからペースが速くなります。さらに、上り坂の中、10秒台のラップが入り、ペースが落ちることなく急坂に差し掛かる為、ラスト1ハロンは時計がどうしてもかかってしまいます。

3コーナーまでの距離が十分あるため、短距離戦の割には先行争いはあまり激しくならない傾向があり、平均ペースか、少し速い流れのどちらかになりやすいようです。平均ペースになると逃げ~先行馬が残りますが、少しでも速くなると方から追走して末脚を生かす馬が台頭するようです。

このような中京1400mで開催されるファルコンステークスではどのようになるかを過去のレースラップを見て説明していきましょう。

全体的には短距離戦らしく、前傾ラップでのレースでありますが、その中でも、テンの入りが速くなる年、速くならない年があるということを説明しましたが、テンが34秒後半になると良馬場ですと先行馬が残りやすく、33秒台になると差し・追い込み天国になります。脚質的にはペースで左右されるという整理で良さそうですね。

つまり、どういうことかというと、実力通りに決まりやすいレースであるということになります。脚質に偏りがでるレースであれば、正直実力が足りなくても、逃げれば勝ちのようなレースであれば波乱になったりしますが、このレースは実力が発揮しやすく、重賞での出走経験・好走経験が重要となっております。これまでのファルコンステークスで、重賞経験がない馬で馬券に絡んだ馬は以下のとおりで7頭のみ。

2019年

グルービット、ローゼンクリガー

2018年

ミスターメロディ

2016年

トウショウドラフタ

2014年

アルマエルナト

2013年

インパルスヒーロー、カシノピカチュウ

言い換えるとこれ以外の馬は全て重賞での出走経験がありました。重賞で好走してなくてもよいので、タフな前傾ラップになるからこそ重賞級の厳しい流れを経験し、馬が戸惑わないような経験が重要なのでしょう。

距離短縮馬を狙うのがセオリー

上述の通り、ファルコンステークスはこのコースになってから過去8年で8回が前傾ラップのレースであり、テンが速くなるようなレースになると差し・追い込み馬がバンバン好走するような非常に上がりのかかる1400mなので距離短縮組の好走実績が目立つレースでもあります。

2019年

ハッピーアワー、ローゼンクリガー

2018年

アサクサゲンキ、フロンティア

2017年

コウソクストレート、ボンセルヴィーソ、メイソンジュニア

2016年

シゲルノコギリザメ

2015年

アクティブミノル、ヤマカツエース

2014年

タガノグランパ

このように毎年のように前走重賞の1600mに出走している距離短縮馬が好走しているので、注目する必要があります。これを数値に落とし込むと下記になります。

 

 着別度数複勝率単回値複回値
短縮6- 7- 7- 57/ 7726.0%7991

過去8年でも6勝で複勝回収値も90円ということはどう考えても再現性があるデータであるという理解です。特に前走マイルレースで逃げた馬に関しては、1-2-2-6で複勝回収値も228円と圧倒的な成績であり、本番では逃げなくても上り最速を出す等、非常に前走距離短縮で前走逃げた馬はこのファルコンステークスに相性がいいといっても過言ではありませんね。

グレイソヴリンに大注目

ファルコンステークスの血統的な傾向は、中京の上がりのかかるレースなのでグレイソヴリンに注目しましょう!金鯱賞でも説明しましたが、持続力勝負の中京レースはグレイソヴリンなんですよね。トニービンだけでなくカロにも注目かなと思います。

2019年

2着 グルーヴィット

2018年

3着 フロンティア

2017年

1着 コウソクストレート

2016年

2着 ブレイブスマッシュ

2014年

3着 アルマエルナト

このように好走馬多数なのでしっかり狙いすましましょうね!グレイソヴリン以外にも注目したい血統は、上がりのかかるレースですので、欧州スタミナ系やダート血統ですね!特に、サドラーズウェルズやダンシングブレーヴやニジンスキーといった欧州スタミナ系、ストームバードやヴァイスリージェントのダート血統の活躍が目立ちます。

【PR】ユニコーン

今週は重賞の金鯱賞を無料予想にセレクト!
無料予想・メインRのプラン情報どちらも充実!

2月29日(土)の無料予想中京メイン
【中京スポニチ賞】3連複的中!
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
3連複45.2倍×500円→22600円獲得!
さらにキャンペーン情報の3月的中成績がこちら▼

まだ2週目ですがコンスタントに高額的中を続けていますね!金鯱賞過去3年間の3連単平均配当は7万5830円!比較的荒れやすいレースと言えるのでサートゥルナーリア以外の穴馬でどんな馬を推奨してくるか注目したいと思います。
→金鯱賞の無料予想を見に行く!
こちらから週末チェックできます!無料なのでぜひお試しください!

ファルコンステークス2020 事前予想

余りにも特別登録馬の頭数が多いので一気に削っていきましょう。

このレースは前走マイルからの距離短縮が有効になる前傾ラップのレースでありますので、前走からの距離短縮ローテーションかつ賞金でおそらく出走できるであろう収得賞金額馬から順番にピックアップします。

・ビアンフェ

・マイネルグリット

・ウイングレイテスト

・トリプルエース

・ペコリーノマリーノ

・デンタルバルーン

・シャインガーネット

・ワンスカイ

・レッドライデン

上記の中で、重賞に出走したことのない馬とグレイソヴリンを持っていない馬を除外したいと思います。そうするとなんということでしょう。

1頭だけに絞られました。

ビアンフェです。

ビアンフェは、父ディープインパクトを凌ぐスピードで重賞勝利を重ねているキズナ産駒で一番最初の2歳重賞函館2歳ステークスを制覇した記念すべきメモリアルホースです。母系にはスピード血統であるカロの血があるのでグレイソヴリン持ち。このサンデー系*グレイソヴリン系は過去5年で1-1-1-1とファルコンステークスの好走血統でもありますので、血統だけでも買えます。前走朝日杯フューチュリティステークスでは、33.8-35.8の逃げ・先行馬は勝ち馬のサリオス以外全て馬券外に吹き飛ぶタフなレースでしたが、このビアンフェも最後まで逃げて粘り、7着と善戦。あのペースなら普通は一番最初に飛ぶでしょうが、粘り強い競馬ができたのは非常に好感が持てる内容でした。さらにこの朝日杯は1600m戦であり、距離短縮のローテーションです。上述の通り、距離短縮*逃げ馬=最強の方程式があるくらいなので、ここでは軽視はできないでしょう。

ファルコンステークスは、ビアンフェから勝負したいと思います。

金鯱賞やフィリーズレビューは下記にて既に分析済みですのでそちらもよろしくお願い申し上げます。

フィリーズレビューを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

金鯱賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

BEST BUY検討委員会

今週のBEST BUYは芝の差し馬を予定しております。開幕前半だからと中途半端に逃げ馬を狙うことで連敗中なので、自分の得意分野で勝負し続けたいと思います。今今の成績をまとめると下記のような感じです。

【BEST BUY2020実績】

1月5日 エアファンディタ 1着 790円
1月18日 ダイワダグラス 1着 950円
1月19日 タマモメイトウ 1着 920円
1月25日 ペイシャキュウ 2着 
2月1日 ナリタブレード 1着 950円
2月8日 ムジカ 2着
2月16日 ダイメイボーイ 2着
2月22日 コンパウンダー 1着 560円
2月29日 カレンブラッキーナ 2着

BEST BUY検討委員会では、BEST BUYの提供以外にもチーム分けし、BEST BUYのアウトプットでありますし、開催週では色々な議論を色んなスレッドで実施しておりますし、競馬仲間を見つけたいという方にオススメです!BEST BUYでチーム対抗で1位のチームは、BEST BUY杯に出走して頂き、馬券バトルして頂き、ギフトカード1万円を賭けて勝負して頂きます!もし1位の方がいなければキャリーオーバーですので、長く楽しめると思います!

BEST BUY検討委員会の入会はこちら

まだまだサプライズ企画も多数準備しておりますので、是非参加してくださいね~!