【フローラステークス2020】フローラSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はフローラステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

フローラステークスは昨年シャドウディーヴァ本命にし、自信がありすぎて複勝10万円+単勝2万円の合計12万円勝負したレースです。それもそのはずで、フローラステークスで絶対にしっておきたい3つのこと全てに合致してたんです。そらもうBEST BUYって思って全力購入したんですけど結局二番人気まで人気してしまって、旨味ゼロだったのはいい思い出です。

今週はG1がない中休みのような感じなので緩く、それでも得意レースなので詳細に分析していきます!

フローラステークス2020 特別登録馬

いいメンバーが揃いました。皆大好きアカノニジュウイチ、京成杯2着のスカイグルーヴ、フラワーカップ2着のレッドルレーヴなどオークスに向けて虎視眈々と狙いを定めている馬が多数出走ですね。このレースで狙える要素は明確なので面白いと思います。

馬名
アカノニジュウイチブラックタイド
ウィスパリンホープハーツクライ
ウインキートスゴールドシップ
ウインマリリンスクリーンヒーロー
エレヴァテッツァディープインパクト
キングスタイルディープインパクト
シャレードダイワメジャー
シャンドフルールキズナ
ショウナンハレルヤキズナ
スカイグルーヴエピファネイア
セイウンヴィーナスカレンブラックヒル
テイエムフローラスクリーンヒーロー
ナスノフォルテジャスタウェイ
ヒューマンコメディハーツクライ
フアナルーラーシップ
ホウオウピースフルオルフェーヴル
リヴァージュノヴェリスト
ルトロヴァイユエピファネイア
レッドサーシャスピルバーグ
レッドルレーヴキングカメハメハ
ヴォリアーモルーラーシップ

フローラステークス2020 外厩情報

現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたフローラステークス出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

フローラステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

桜花賞にでれなかった馬が活躍できる舞台

東京2000mで開催されるフローラステークスのコースと馬場から傾向を見ていきましょう。

スタートから100mですぐに左へ曲がる大きなカーブがあり、ダービーもある開催で馬場コンディションは最高の状態の東京競馬場で開催されることもあり圧倒的に内枠が有利なのもうなづける条件です。ご存じの通り、コーナーを回ってからは長い向こう正面を走り、3コーナーから直線にかけて下り坂で、最後に525mの長い直線があります。基本的には、スローからの瞬発力勝負になりますが、秋の天皇賞のように全く中間ラップも緩まないスピードと持続力を求められる展開になることもクラスによってはありえるレースです。

フローラステークスは、前半3ハロンが緩み、中間ラップもそこまで速くならずに、3ハロン勝負かと思えば、実はラスト4ハロンからペースが速くなるレースです。桜花賞路線から漏れた馬が集まるので、桜花賞路線で勝てるような馬ではない資質を求められる、スピードや瞬発力ではなく持続力やスタミナを求められるレースであることがわかります。後半3ハロンは34~35秒ですが、後半4ハロンで見るとここ3年は、46秒~47秒と非常に速い時計ですのでわかりやすいと思います。

これまでも、桜花賞に出走せずとも、サンテミリオン、デニムアンドルビー、チェッキーノ、モズカッチャンといったオークスで好走するような馬が好走するレースである為、ある程度タフな流れになる4ハロン勝負であるが故に、マイル以下の流れでなだれ込む形がうまい馬からすると少し厳しい展開になります。その為、狙いたいのは前走1800m以上の距離を使っていた馬です。過去10年のデータを見てみましょう。

桜花賞を狙ってきたような馬は、1600mからのローテーションになることが多いのですが、勝率は2%と全くダメであり、1800mに関しては、6-6-6-55、2000mに関しては2-3-1-41と勝ち馬のほとんどが1800m以上の距離からのローテーションになっております。

これはなんどもいいますが、これまで適性舞台がないのでくすぶっていた馬や使える舞台が少なく賞金加算できていなかった馬がようやくG1挑戦できるレースが出てきたのでこぞって参戦するということからこういう方よりが出ております。実際に、昨年の1-3着馬であるウィクトーリアとシャドウディーヴァとジョディーも前走1800mからのローテーションでこのレースに勝利しましたし、この桜花賞から漏れた馬のリベンジマッチという視点は絶対に必要ですね。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

話が逸れますが、競馬は線で捉えるのではなく、デビューしてからのローテーションや戦歴からどのように馬を育て、どのようなレースに実績があり、今後どのようなレースを経験させて目標に持っていくのかを考えて予想すれば面白いかもしれませんね!?

何が言いたいかというと、フローラステークスはオークスへの切符を賭けて、東京の長い距離で行われる唯一のトライアルレースなのでこれまで桜花賞中心に作られた番組構成で力を出しきれずに負けてきた馬が実力を発揮しやすいレースになります。

春はフラワーカップもありますが、東京とは全く逆の適性を求められる中山1800mですし、その舞台で力を出せずに桜花賞にも出れず、賞金加算もできずにフローラステークスに出走するという流れはわかりやすいですね。

色々話しましたが、前走1800m 以上の距離からのローテーション馬を狙いましょう!

重馬場で活躍実績のある馬が狙いやすい!?

このレースは開幕週の2000mであり、牝馬特有の軽さが必要かなと思いますが、上述の通りで、4ハロンスパート戦になりますし、スタミナや持続力が求められるのでこういった重馬場適性が求められるのかもしれません。超高速適性というよりはこのようなパワーにも注目したいですね!

19年

2着 シャドウディーヴァ

稍重の新馬戦勝ち

18年 

1着 サトノワルキューレ

重馬場の新馬戦勝ち

15年 

3着 マキシマムドパリ

重馬場で未勝利勝ち

14年

2着 ブランネージュ

重馬場で未勝利勝ち

3着 マイネオーラム

稍重で2勝

12年 

1着 ミッドサマーフェア

重馬場で特別戦1着

09年

1着 ディアジーナ

重馬場で特別戦1着

2着 ワイドサファイア

稍重で新馬戦勝ち

3着 ハシッテホシーノ

不良馬場で1勝クラス勝ち

血統はダンチヒとキングマンボに注目

このレースは、上述の通り、桜花賞路線から漏れた馬やこれまでの番組構成で賞金加算がうまくできなかった馬がオークスを狙う最終チケットを賭けて戦う舞台ですので、持続力やパワーを求められる舞台になります。

ラップ的にも中間ラップが緩み4ハロンの持続力勝負になるので、求められるのは1800m 実績や重馬場のパワー実績なので、血統的にもスパッとキレるディープ産駒ではなく、ダンチヒやキングマンボが目立つレースになります。実際ディープ産駒の勝ち馬は近年ではサトノワルキューレのみ。明らかに印象とは違うレースであることがわかります。

ダンチヒについては、2019年のシャドウディーヴァ、2018年のノームコアが3着、2017年のモズカッチャンとヤマカツグレースの1・2フィニッシュと好成績でしょう。近年最重要の血統になります。

また、キングマンボについては、2015年以降毎年馬券内に来ておりますので、注目です。特に、前半61秒を超えるようなスローで流れた時には滅法強いですね。下記に緩んだ時のフローラステークスでキングマンボ持ちの馬の成績を紹介しますが、凄まじい成績ですので絶対に抑えておくレースですね。

12年 ミッドサマーフェア

13年 デニムアンドルビー

15年 ディアマイダーリン、マキシマムドパリ

17年 モズカッチャン

18年 パイオニアバイオ

上記の通りで、ペースによってはキングマンボの想定は確実に必要となります。

それでは最後にフローラステークスのBEST BUYな1頭を紹介しましょう!

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大阪杯の週も3人の予想で1着、2着、3着と完璧な予想でした。ただし、賭けた複勝が私のセンスの無さにより、来週は全コロになります。まったりとした大根おろし様との馬券企画についても、皆様の熱いご参加をお待ちしたいと思います!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

BEST BUY検討委員会では、熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。是非ご参加ください。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

最終レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”

このLINEでは、最終レースの中でも自信あり、さらにBESTと言える一頭を紹介する”FINAL BEST BUY”や地方競馬予想や海外競馬予想を配信する予定です!是非友達になりましょう!

フローラステークス2020 予想

上述の通りで、このレースは、下記の要素が必要になります。

・前走1800m以上のローテーション

・重馬場実績

・ダンチヒあるいはペースが緩むならキングマンボ

ここは機械的に選定していきましょう。まずは、1800m以上の前走ローテ+重馬場実績のある馬を紹介したいと思います。

・ウインキートス

前走稍重のミモザ賞で2着

・ウインマリリン

前走稍重のミモザ賞で1着

・キングスタイル

未勝利戦は重馬場

・スカイグルーヴ

前走稍重の京成杯を2着

・テイエムフローラ

不良馬場の新馬戦勝利

・ヒューマンコメディ

重馬場の未勝利戦勝利

上記から血統的に注目のダンチヒをまずは見ていきたいと思います。該当馬は下記です。

・ウインマリリン

・テイエムフローラ

上記2頭がダンチヒ持ちです。その他にキングマンボはスカイグルーヴ、ヒューマンコメディが持っております。

今年のフローラステークスはどのような展開になるか想定してみましょう。

特別登録馬が21頭いて、前走逃げ馬0頭、2走前逃げ馬が2頭です。2走前の逃げ馬は、スカイグルーヴとリヴァージュの2頭ですが、良馬共に2走前は前半3ハロン37秒以上の緩い流れでしたので、さすがにペースが流れることはないのではないかと考えております。

そのようなペースになると狙いたいのはキングマンボ系。

ということで狙いたいのはスカイグルーヴになります。スカイグルーヴは牡馬相手の京成杯で2着、新馬戦は加速ラップで0秒9と底知れない力を見せているので恐らく人気になりますが、得意の東京の舞台ではさすがに負ける絵が想像できないですね。父エピファネイアの持つロベルトも、過去にヤマカツグレース、ブランネージュ、アウェイクと好走馬も出しておりますので、このフローラステークスで求められる”重厚さ”に最も合致する馬ではないでしょうか。

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年、K-BA LIFEでは、新企画”BESTハメ倒しんぶん”、略して、ベスハメを開始することをご報告申し上げます。

ベスハメでは、これまでFINAL BEST BUYとして配信していた中の人の最終勝負レースに加えて、先月より新馬戦で大爆発中の帯男パイセンが繰り出す最終レースの”ハメ倒し”を配信します!

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

さらにLINEで配信しているベスハメは最終レースだけですが、ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら