【ホープフルステークス2020】最終予想&阪神カップと中山大障害で買いたい一頭

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、ホープフルステークス2020及び阪神カップと中山大障害の最終予想を紹介します!

土曜日にG1が2つ、そして明日は有馬記念と今週はとてつもない1週間ですね!

ホープフルステークスについては、◎と〇が順当に思いますが、穴を開けるなら3番手の馬に注目しており、中山大障害は一択で、阪神カップは大穴勝負したいと思います。

有馬記念については、出走馬全頭分析し、枠順も発表されましたので予想は整いました!悔いなく勝負したいと思います!

今週は中央競馬ラストなので皆様と楽しみながら競馬できればと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

ホープフルステークス2020 最終予想

ホープフルステークス2020 予想

ホープフルステークスが開催される中山2000mは、直線最後の急坂手前からスタートされるコースであること、完全に朝日杯とクラシック前哨戦という位置付けにおいて線引きがされていることから立ち上がりはスローでありながらも後半にペースが上がり、馬場もタフで持続力が必要な上がりのかかるレース。

この時期の中山はパワーも必要であり、2歳馬にとっては非常にタフなコースであるといえますし、そういったコースになると、ジョッキーも2歳馬に対して控える競馬も覚えさせる意識とスタミナを温存するようなレースをすることになりることを想定したいと思います。

昨年のコントレイルでさえ、持ったままとはいえ東京スポーツ杯2歳ステークスと比較すると圧倒的さはなかったので、やはりスピード以上にタフさやパワーと言った要素が求められるレースではないかと考えます。

上記を考慮した結果の最終予想はこちらです。

◎ダノンザキッド

新馬戦で勝った日からBEST BUY検討委員会で重賞級の馬が出てきたと騒いだ馬がこのダノンザキッド。

セレクトセールでもジャスタウェイ産駒ながら大物感あふれる馬体で1億円の値段がついた期待馬ですよね。

新馬戦の日は、宝塚記念が開催されていることでご存知と思いますが馬場も荒れて稍重馬場とはいえ時計もかかり、サートゥルナーリアがモズベッロに差されるような馬場。

そんな馬場でも新馬戦にしては速い流れで、中間ラップも緩まずに先行し、上り最速の時計で0秒5差の圧勝。

2着馬ワンダフルタウンは次走の新潟でレコード勝利、3着馬も勝ち上がりと中々の出世レース。

そんなレースでも桁違いなダノンザキッドは勝ち時計もその日のオーマイダーリン等が走った城崎特別よりも0秒8速い時計であり、前半1000mの通過タイムは宝塚記念とほぼほぼ同じ流れ。

前半35秒8で流れながら、先行して、楽々の上り34秒7は桁違いと言っていいでしょうし、1㎜も負ける気がしなかった東スポ杯2歳ステークスでも+24㎏と馬体を増やし、先行しながら上り3ハロン最速で競馬するレースぶりは昨年のコントレイルとは違った安定感のあるレースでした。

厩舎の名前と時計の豪快さからもマイラーのようなイメージはありますが、2歳でここまでセンスある競馬と桁違いのパワーとスピードがあれば文句なし。上りのかかる馬場で先行しても上り最速を出せるのだからここでも堂々の主役でしょう。

◯ベスハメ完全版で紹介中!

ホープフルステークスの対抗馬は、ベスハメ完全版で紹介中!正直勝つのはダノンザキッドで仕方ないと思いますが、相手はこの馬しか見えませんでした!

また、ベスハメ完全版では当日の勝負レースも紹介しておりますので是非ご活用頂ければ幸甚です。

ホープフルSの対抗馬はベスハメ完全版で!

▲マカオンドール

3戦連続2000m戦に使っており、他馬とは経験の点でアドバンテージあり。これまでの戦歴からも上がりのかかる馬場でこそのタイプであり、京都最終週の京都2歳ステークスがとにかく秀逸でした。というのも、このレースではワンダフルタウンやラーゴムを相手に3着というだけではなく、直線ではラーゴムが壁になり一度ブレーキしてから立て直すような不利がありながらも最後まで盛り返しておりました。この内容を見れば、上がりのかかる馬場であれば十分にこのメンバーでも勝負可能でしょう。

△オーソクレース、ヨーホーレイク

オーソクレースは、母マリアライト、父エピファネイアといかにも上りのかかるパワーの必要な馬場が得意そうな血統。当然ロベルト持ちであり、中山2000mのホープフルステークスの好走血統に合致しているので注目です。

新馬戦では、札幌1800mで33秒9の末脚で瞬発力戦を制し、アイビーステークスでは京都2歳ステークス2着のラーゴム、エリカ賞勝ち馬のアドマイヤはダルを相手に完全に前有利な馬場の中で出遅れて、追い込み上り最速のレースで1着と底知れない強さが魅力です。ただし、上りのかかったタフなレースを経験できていないことが少し懸念とされますが、血統的にも、前走の目の覚めるような末脚を見れば一発あってもという印象。ここ2戦では大きく出遅れても、コーナーでの加速により直線時点では致命的な差にはなっておりませんでしたが、スタートがとにかくへたくそであり、今の中山の馬場は内が悪いので1枠というところも少し不利に思いますので、この評価としております。

ヨーホーレイクは上りのかかるレースでの差し切り勝ちがありますが、ヨーホーレイクはドンピシャ。

新馬戦

稍重 上がり35.7

紫菊賞

重 上がり34.9

どちらも小頭数のレースではありますが、共に渋った馬場で上り35秒以上かかるレースの中で、上り最速の末脚で勝ち上がり。

2戦目では京都2歳ステークスで3着のマカオンドールも千切っていることからもタフな馬場適性は相当高そう。

血統的にもクロウキャニオンの子であり、カミノタサハラ、ベルキャニオン、マウントシャスタの活躍からも完成の早い血筋であることは間違いなさそうで、長くいい脚を使える母系なので中山一家。

時計勝負になるとどうしても厳しい血筋ですし、流れたレースで追走に苦しむようなペースになると厳しいですが、ホープフルステークスのレースの質はクラシック前哨戦の後傾ラップレースであり、今の中山の馬場は相当重いのでここでは、有力な一頭と言えます。

ホープフルSと有馬記念の外厩情報

ホープフルステークスや有馬記念の外厩情報は必見!

クラシックこそノーザンファーム無冠に終わりましたが秋のG1戦線は猛烈な勢い!アーモンドアイを筆頭に、グランアレグリア、ラッキーライラック等がG1を総なめ中ですね!その活躍は外厩がやっぱり大きいですね。

そんなホープフルステークスや有馬記念の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
オーソクレイス30万10万
ランドオブリバティ30万,500万10万,35万
ダノンザキッド20万,20万50万,100万
シュバリエローズ 10万

阪神カップ&中山大障害 予想

阪神カップ2020 予想

阪神カップは、阪神1400mで開催される非根幹距離。芝コースの内回りで開催されますので、ポジション争いが激しくなる持続力勝負のレースです。阪神1400mのラップを見てみると、前傾ラップになる傾向が過去10年で7回と相当厳しい前傾ラップであることがわかります。

これまでの勝ち馬を見て頂ければわかる通り、このコースの実績馬やこのレースの好走馬がとにかく走ります。

勝ち馬を見てもサンカルロやキンシャサノキセキといった1400mのプロフェッショナルのような馬ばかりであり、所謂リピーターレース。

ではなぜこのような傾向になるかというと、同じ1400mでも京都の芝内回りコースとの決定的な違いは、向正面までの上り坂と直線最後の坂です。

京都の1400mは向正面で緩み、後傾ラップになることも多く、直線も平坦ですが、阪神1400mは前傾ラップになりますし、最後の急坂がある分、スタミナやタフさが必要なので、やや特殊な適性が求められます。その為、リピーターレースとなっているのでしょう。

阪神1400mの阪神カップは、前傾ラップかつ急坂があり、タフなレースになることをお伝えしました。そういう意味でも狙いたいのは、距離短縮組です。

距離短縮組は、過去10年でも5勝2着6回3着6回と非常にこのレースと相性のいいレースです。前走マイルからの距離短縮組みは前傾ラップの持続力勝負でも充分に勝負できますし、特にマイルチャンピオンシップを敗退してここのレースにくる馬は過去10年でも大活躍ですから注目していいでしょう。マイルチャンピオンシップからのローテーションは過去10年でも6-6-7-61と圧倒的です。逆に距離延長組は、過去10年で2勝と非常に厳しいローテーションになっております。距離短縮組に有利なラップになることを把握して予想したほうが賢明ですね。

◎インディチャンプ

上記の傾向に全て合致するのがインディチャンプでしたのでここは仕方なし。母系の血統もスプリント血統ですし、どう考えても良さそうですよね。ここ2走は相手がワールドクラスのグランアレグリア。さすがに相手が悪すぎましたがこの馬もグランアレグリアやアーモンドアイ以外にはマイル戦では負けてはいないので相当強い。距離短縮のローテーションですが、スピードを活かす舞台であれば。

◯ベスハメ完全版で紹介中!

リピーターレースですし、阪神1400mでインディチャンプの相手になるのはフィアーノロマーノくらいと思うかもしれませんが、個人的には、待ってました阪神内回り1400mコースという超大穴馬。

高配当メーカーとして使える理由は、ここ5戦全て敗因の言い訳が説明できますからここでこそ狙い目の一頭と考えております。

続きはベスハメ完全版で!

中山大障害2020 予想

日本の障害レースの締めくくりということで、障害レースで唯一G1開催が行われる中山競馬場で4100mという超タフなコース。

昔と比較するとかなり障害数も少なくなってるとはいえ、日本屈指の難易度から”華の大障害”と呼ばれてたりしますよね。

そのタフさといえば他のコースとは一線を画するものでありますのでコース理解をまず進めたいと思います。

中山大障害は、春の中山グランドジャンプよりは150m短く、スタート地点が有馬記念でいう3コーナー地点あたりにある谷の底から。

スタートからすぐに急カーブするコーナーから度肝を抜かれますが、そこから始まる障害数が桁違いであり、中山大障害と中山グランドジャンプのみで出番が出てくる6号障害の大竹柵、7号障害の大いけ垣などもあるオリジナルコース。

距離や障害の難易度だけではなく、合計6回の急坂や谷の登り降りが複数あり、インとアウトが入れ替わる襷も2回あり、ポジション取りにも注意が必要で、騎手の慣れも問われる舞台。

最初のコーナーがいきなりの急カーブであり、ここでポジションを取れないとその後の障害数を考えても前にいないと厳しい面があるので、最重要なポイントはスタートすぐ。

ゴール前は中山コースでお馴染みの急坂ですので、やっぱりポジションは前がいい。

これらを考慮して、重視したいのはこの華の大障害への適性、出足の速さ、そして騎手の経験値。

これらを重視して本命馬を検討した結果。

◎ブライトクォーツ

今年7歳でここまでの勝ちっぷりや春のグランドジャンプでの走りを評価されるメイショウダッサイとオジュウチョウサンに勝利したタガノエスプレッソが人気争いしてるならブライトクォーツはとにかく熱い。

中山の大障害コースでは、昨年の中山大障害でシングンマイケルとの2着、今年の中山グランドジャンプでの3着と崩れてない適性が強み。

弱点は渋った馬場でありながらも中山グランドジャンプでは意地の3着。そういう意味では良馬場想定での予想になりますが、良馬場であればメイショウダッサイにも勝てる計算です。

今年破れたレースは、稍重馬場でスピードを求められる阪神スプリングカップで逃げて、オジュウチョウサンに煽られ続けて垂れたレースと不良馬場の中山グランドジャンプ。前走は起伏のないスピードを求められるレースでタガノエスプレッソには敗れましたがトラブルあったとはいえ、オジュウチョウサンには先着。

そういう意味でも良馬場でも時計のかかる馬場やスピードを求められないトリッキーなコースになればブライトクォーツの出番。

昨年の中山大障害では、重賞未勝利馬ながら果敢に先行して、当時のオジュウチョウサンの2番手であったシングンマイケルの2着であるも、実力馬のメイショウダッサイや中山大障害コース得意のシンキングダンサーに先着して相手荒れのレースとしました。

鞍上西谷は、中山大障害3勝ジョッキーでありこのコースを知り尽くしてるベテラン騎手。ここ一番での経験値の高さは、随一。

この舞台であれば1発ありそうですね。

◯メイショウダッサイ

中山グランドジャンプでオジュウチョウサンに迫った内容は見逃せないですし、この馬は普通に強いので説明は割愛。騎手も今年障害レースでリーディングを取れそうな森一馬騎手ですから勢いもあるコンビ。

有馬記念2020ウィーク特集

傾向分析記事

有馬記念 個別分析①

有馬記念 個別分析②

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!