【マイルチャンピオンシップ2019】マイルCSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

マイルチャンピオンシップ2019を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介します。

マイルCSは京都のロング開催で馬場がタフになり、外回り1600mかつ下り坂が残り4ハロンにある特殊マイルコースです。

先週はエリザベス女王杯で完全に馬場や適性を読み切り、自信の◎ラッキーライラック。この絶対に知っておきたいシリーズで紹介しておりました。京都の外回りコースを徹底解析してますので来年以降も使えるかもしれませんね。

【エリザベス女王杯2019】最終予想&異常投票パトロール

マイルCSは特に京都馬主協会のダノックスが看板馬2頭を出走させる淀今年最後のG1で花を咲かせる気満々ですね。そのダノックスの2頭含めて果たして出走するのかというところはありますが、徹底的に解析したいと思います。さらに、世界の一流ジョッキーも集結しております。デットーリ騎手がこれませんでしたが、ライアン・ムーアも来日予定ですし、エリザベス女王杯を制覇したスミヨン騎手もおりますし、マーフィー騎手もおりますし中々楽しみです。私は前日に淀の来賓席に伺う予定なので、本番は現地に行かないと思いますが・・・

 

マイルチャンピオンシップ2019 特別登録馬

特別登録馬

秋のマイル王決定戦となるマイルCSには春秋マイル王の座を狙うインディチャンプ、皐月賞3着・ダービー2着のダノンキングリー、昨年の安田記念優勝馬モズアスコットやペルシアンナイト、アルアインなどのGI馬に前走のスワンSで初重賞制覇を成し遂げたダイアトニックなどが参戦。近年でも絶対的王者不在のマイルGIとあって、今年も好メンバーが揃い大激戦模様。

特に注目はダノンキングリーとダノンプレミアムでしょう。このレースは、ダノックスにとってもダノンシャークでG1制覇した思い入れのあるレースですし、京都馬主協会で淀も改修が予定されておりますので、負けられない戦いなのでしょう。さらにアルアイン、インディチャンプ、ペルシアンナイト、モズアスコットとG1馬も出走しており、非常にハイレベルな注目度の高いレースと言えるでしょう。個人的にはフィアーノロマーノがG1に出走するまで出世したのが嬉しく思いますね。

馬名
アルアイン ディープインパクト
インディチャンプ ステイゴールド
エメラルファイト クロフネ
カテドラル ハーツクライ
クリノガウディー スクリーンヒーロー
グァンチャーレ スクリーンヒーロー
タイムトリップ ロードアルティマ
ダイアトニック ロードカナロア
ダノンキングリー ディープインパクト
ダノンプレミアム ディープインパクト
$フィアーノロマーノ Fastnet Rock
プリモシーン ディープインパクト
ペルシアンナイト ハービンジャー
マイスタイル ハーツクライ
$モズアスコット Frankel
レイエンダ キングカメハメハ
レッドオルガ ディープインパクト

マイルCS2019 外厩

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。天皇賞秋はレコード並みの決着でものすごく見ごたえのあるレースでしたね。圧勝でG1六勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

去年の菊花賞を3ヵ月ぶりの実戦で勝利したフィエールマンや秋華賞で勝利したクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

マイルチャンピオンシップの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

マイルCSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

マイルCSは純粋なマイラーではない馬を狙う

マイルチャンピオンシップは京都外回りマイルかつCコース代わりかつロング開催の後半なので圧倒的に他のコテコテのマイルレースとは求められる適正が異なります。その為、マイル以外で実績を残していた馬の活躍が目立ちます。

これは非常に有名な話ですが、トーセンラーが初マイルでマイルチャンピオンシップに勝利したことが代表例ですが、マイルと適正がズレている馬が狙い目です。例をあげるとキリがないですが、中距離重賞実績馬は特に多いですね。

なぜこのようなことになるのかを分析する為に、過去10年のレースラップを分析したいと思います。

過去10年のラップを見ると面白いことがわかります。

特に注目しなければならないのは、京都外回りコースは向正面が上り坂で、3コーナーを頂上にその後下り坂の4ハロンスパートになることです。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

これはエリザベス女王杯でも説明した通りですが、京都の外回りは、下記写真の通り、スタートしてから3コーナーまでは平坦かもしれませんが、向正面から上り坂。この上り坂でペースが緩み、3コーナーの坂の頂上から下り坂。この下り坂の長さがざっくりと4ハロン。コース形状から物理的に生み出されるラップバランスが、4ハロンのロングスパート勝負になるのがこの京都外回りの特徴です。

この通り、4ハロンスパートの勝負になる為、持続力の要求値が非常に高いですし、4ハロンの持続力勝負に秀でた馬が好走します。記憶に新しいエリザベス女王杯の4ハロンレースラップは下記です。

2019年 50.3-46.2

2018年 49.1-46.7

2017年 49.3-46.6

2016年 49.2-46.0

この通り、2200mのエリザベス女王杯では後半4ハロンが46秒台になるレースです。これは平均すると1ハロン11秒5なのでそこまで速くないのですが、4ハロンを連続して11秒5で走るのは持続力が必要になります。この持続力勝負になる理由は、向正面で緩むからでしょう。

それではマイルチャンピオンシップはどうでしょうか。上がり4ハロンだけカウントします。

2018年 46秒2

2017年 47秒1

2016年 47秒0

この通りで、距離の長いエリザベス女王杯よりも少し時計がかかっておりますが、ほぼほぼ中距離G1での上がり4ハロンよりも時計と同じことがわかります。若干速いのは前半3ハロンが速いということもありますし、緩むのが4ハロン目の1ハロンのみだからということもありますが、一旦は誤差とします。

つまり、このコースは京都独特の4ハロン持続力勝負に近い特性が求められます。その為、マイル実績馬よりは中距離実績馬が活躍することが多いです。過去5年の中距離実績馬をみてみましょう。

2018年

ステルヴィオ:スプリングS1着、中山記念3着、毎日王冠2着

ペルシアンナイト:皐月賞2着、大阪杯2着

アルアイン:皐月賞1着、大阪杯1着

2017年

ペルシアンナイト:皐月賞2着、大阪杯2着

エアスピネル:京都外回りの菊花賞3着

サングレーザー:札幌記念1着

2016年

イスラボニータ:皐月賞1着、ダービー2着、天皇賞秋3着

ネオリアリズム:札幌記念1着

2015年

モーリス:香港カップ1着、天皇賞秋1着、札幌記念2着

イスラボニータ:皐月賞1着、ダービー2着、天皇賞秋3着

2014年

グランデッツァ:七夕賞1着、都大路S(1800m)日本レコード

2013年

トーセンラー:菊花賞3着、京都記念1着、天皇賞・春2着、京都大賞典3着・・・・

ダイワマッジョーレ:金鯱賞1着

この通りで、純粋なマイルレースとは異なる素養が求められることがわかります。

Cコースの京都は魔物

BコースからCコースに変わって開催される京都1600mは、スタートしてから最初のコーナーまで700mと距離が長く、最初のコーナーから4コーナーまでのカーブは高低差4.3mの起伏の激しいコースです。クラスが上がるにつれて中間ラップが12秒台が続き、その後ラスト4ハロンで11秒台ラップが続くというのは上述の通りですが、もう一つトラックバイアスを紹介します。

Cコース代わりの京都は魔物です。

過去、Cコース替わりで良い状態となった内をスイスイと抜け出す馬や4コーナーまで内で直線に入ってから外に位置を変更して馬券になる馬が過去に多くいました。

さらにBコースで開催された先週のエリザベス女王杯も外差しかと思いきや、内で脚を貯めたラッキーライラックが内を突いて勝利、デイリー杯2歳ステークスも内をついた武豊騎手がレッドベルジュールで勝利。Bコースですらこれですから、京都の外回りで、なおかつ重賞級の流れになると内を突く馬が非常に重要になります。4ハロンのロングスパートを外外回して競馬するのは正直どんな馬でも厳しいですから、外回りはいかにインを突くのか。これが全てでしょう。

昨年は笑えるくらいその傾向が顕著であり、1枠2頭の1・2フィニッシュ+2枠3番が3着。競艇感がありました。

これは昨年だけではなく、再現性があります。内でレースを運んで馬券になった馬や内で脚を貯めて直線だけ外に出して馬券になった馬を過去10年のレース映像からピックアップしました。

2008年 ブルーメンブラッド

2009年 カンパニー

2010年 エーシンフォワード

2011年 フィフスぺトル

2012年 サダムパテック

2013年 ダイワマッジョーレ

2014年 ダノンシャーク、フィエロ、グランデッツア(4コーナーまでインベタ)

2015年 イスラボニータ

2016年 ミッキーアイル、ネオリアリズム(逃げ・先行なので当たり前ですが・・・

2017年 ペルシアンナイト、サングレーザー、エアスピネル(共に4コーナー出るまで内の馬1頭分のみ外

2018年 1番・2番・3番の競艇レース。全馬インです。

このようにCコースの内を有利に使うことが非常に重要ですので、枠やジョッキーにも注意したいですね。今年は武豊騎手のドリフトするような4次元騎乗、スミヨン騎手の自在な手綱捌きとイン突きが目立つ京都開催なので非常に注目しております。

欧州血統に注目

京都外マイルといえば、ディープインパクト産駒。以前は、京都1600外回りコースを重賞含めて勝ちまくっていたのですが、2015年以降ディープインパクト産駒のマイル成績はそこまでいいと言うものではありません。昨年はアルアイン、一昨年はサングレーザー、その前はミッキーアイルが好走しているといっても、直近ではケイアイノーテック、サトノアラジン、ガリバルディといったディープ産駒が沈没しましたし、ミッキーアイルが勝利したレースではミッキーアイル以外の7頭が馬券外です。そう言う意味でも違う血統の見方をしていこうと思います。ラップとしては持続力が求められるレースになりますので、欧州スタミナ系の種牡馬に注目したいと思います。特に下記の3つの血統については、しっかりと注目しましょう。

・サドラーズウェルズ

・ダンジグ

・ヌレイエフ

これらの血統はエリザベス女王杯でも説明しましたが、エリザベス女王杯の週でもこれらの血統を持つ馬が京都で激走しています。先週勝利したラッキーライラックや2着のクロコスミアもサドラーズウェルズ持ちでした。今の京都の馬場はロング開催の後半ということでも、流れ次第で時計は上下しますがタフな馬場ですし、過去のこの時期にも欧州系の血統が大活躍しておりました。ディープインパクト産駒が不振となった2015年以降で見てみますと、下記のような成績です。

2018年

ステルヴィオ:ヌレイエフ持ち

ペルシアンナイト:ヌレイエフ、ダンジグ持ち

2017年

ペルシアンナイト:ヌレイエフ、ダンジグ持ち

エアスピネル:ヌレイエフ持ち

2016年

ミッキーアイル:ダンジグ、ヌレイエフ持ち

2015年

モーリス:ダンジグ、サドラーズウェルズ持ち

フィエロ:ダンジグ持ち

この欧州系の血統は、近年のマイルCSや開催後半の京都では注目の血統といっても良いので抑えておいて損はないはずです。

マイルチャンピオンシップ2019 事前予想

枠も重要になるので最終予想は別途ですが、下記に紹介致します。

まずは、このマイルチャンピオンシップはコテコテのマイラーよりも4ハロンの持続力勝負に適正のある中距離実績馬に傾向が偏ります。

今年の出走馬では該当馬は下記です。

・アルアイン

皐月賞、大阪杯他

・エメラルファイト

スプリングS

・ダノンキングリー

毎日王冠1着、皐月賞・ダービー2着

・ダノンプレミアム

天皇賞・秋2着

・ペルシアンナイト

大阪杯2着、皐月賞2着

・マイスタイル

函館記念1着

上記の中でも、血統的に注目したいのは欧州系です。欧州系でもサドラーズウェルズやダンチヒが非常にいいですね。ペルシアンナイトは毎年好走しておりますのでここでの紹介は無しとします。

・ダノンプレミアム

母系にダンチヒ持ちです。実際はマイルでも圧勝歴がありますが先日の天皇賞・秋のパフォーマンスは素晴らしいの一言でした。

・マイスタイル

トニービンとダンチヒ持ち。スワンステークス でも外回りの持続力勝負戦で馬券になりました。意外とこのレースに適正あるかもしれません。

ダノンの2頭はダノックスの2頭出しですし、マイスタイルで高配当を狙ってみたいと思いますので、事前注目馬はマイスタイルです。