【マイルチャンピオンシップ2019】マイルCSの予想に使える全頭分析

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

マイルチャンピオンシップ2019の絶対に知っておきたい傾向から全頭分析を致します。

購入した馬券や本命はともかく、ここの全頭分析で高評価した馬は、スプリンターズSでモズスーパーフレア、秋華賞ではクロノジェネシス、菊花賞ではサトノルークスに4着の最低人気ディバインフォース、天皇賞・秋ではアーモンドアイ一択でサートゥル不安説、エリザベス女王杯ではラッキーライラックと振り返れば高評価できているのではないでしょうか。後は、自分が最終予想する時に馬場読みや騎手の心理をどう読むかだけでした。完璧に読めたのはラッキーライラックだけだったかもしれませんが、3つの非常に重要な傾向が全て当てはまる場合は非常に確率が上がるように思いますので、きっちりと分析をしたいと思います。

マイルチャンピオンシップでは、マイラーではない中距離適正が求められ、Cコースに対して求められる騎乗、そして時計が安田記念と比較しても2秒以上かかるので欧州系の血統に注目し、分析致します。このマイルCSの全頭分析に使う軸となる傾向については、下記のブログにて詳細を説明しておりますので是非ご高覧頂ければと思います。

それでは、マイルチャンピオンシップ2019 の全頭分析をしたいと思います。

マイルチャンピオンシップ2019 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。天皇賞秋はレコード並みの決着でものすごく見ごたえのあるレースでしたね。圧勝でG1六勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

去年の菊花賞を3ヵ月ぶりの実戦で勝利したフィエールマンや秋華賞で勝利したクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

マイルチャンピオンシップの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

マイルチャンピオンシップ2019 予想に使える全頭分析

アルアイン

ご存知の通り、昨年マイルチャンピオンシップの3着馬であり、皐月賞、大阪杯を制した日本屈指の中距離馬。

マイルチャンピオンシップはラスト4ハロンの時計がエリザベス女王杯といった淀外回りの中距離レースと同等もしくは上がりがかかるレースになります。また、全体時計も安田記念が1分31秒台でありますが、マイルチャンピオンシップは1分33秒前後の時計になります。つまり、ある程度上がりがかかるタフな馬場での競馬であることがわかります。

そういう意味でもマイルチャンピオンシップは中距離馬の好走が多いことは、マイルチャンピオンシップの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことの記事で詳細書きましたが、アルアインの昨年の好走はまさしくこの中距離適正によるものでしょう。

実際アルアインの中距離成績は、下記です。

2200m 0-3-0-1

2000m 2-0-1-3

1800m 1-0-0-0

G1級のレースに出走を続けてこの成績ですから、現役屈指の中距離実績を持っていると言っていいでしょう。

そんなアルアインが得意なレースは、米国系の母系らしく上がりのかかる展開。スローペースからのヨーイドンよりはある程度上がりのかかる持続力勝負で強いタイプなので皐月賞や大阪杯で勝利できたのでしょう。ラップとしても、勝利した大阪杯がラスト4ハロンが47秒3、皐月賞が46秒4と両G1ともに残り4ハロンからぐっとペースが上がったレースになりますのでまさしくマイルチャンピオンシップ向きでしょう。

昨年も3着ではありましたが、上がりのかかる馬場で2番手で競馬をして、ラスト4ハロンは11.7-11.6-11.2-11.7のレースラップで3着。逃げたアエロリット、2番手のロジクライ、他の先行馬であるウインブライトやケイアイノーテックが惨敗であったので、内容としては非常に評価していいと考えます。

さらに今年は鞍上がライアンムーア騎手。

馬群が団子になる競馬が多い欧州競馬の騎手は、内で脚を貯め、直線をスルスル抜ける技術は一級品。先週のエリザベス女王杯においてもスミヨン騎手のイン突きは天才的でした。一度迷ってもスピードを落とさずに進路を決める状況判断と手綱捌きは欧州競馬の騎手らしいです。

そしてその欧州競馬で現在のNo.1はライアンムーア騎手。(デットーリ騎手は武豊的存在)

ここまで絶賛しておりますが、血統としては母はBCフィリー&メアリーの勝ち馬でエーピーインディ系。求められる血統は欧州系の血統であり、米国系の血統は、成長が早く若い時から活躍できますが、年を追うごとに筋肉が硬くなりスピードが落ちてしまうこともありますので、昨年以上のパフォーマンスを求めれるのは血統的な要素では中々できません。結論としては内枠なら諸々ごまかしも効くので買いですね。

インディチャンプ

パートナーの福永祐一騎手が騎乗停止で乗れないのは非常に痛いです。この騎手は本番を見据えて常にレースをするので勿体無いとしかいえません。抜け出すと気を抜く癖のあるこのインディチャンプを乗り替わり騎手はどう乗るのかに注目が集まりますが、鞍上はマイルCSの勝利経験がある池添騎手なのでそこまで問題はないのかもしれませんが、外の意識が強い騎手なので近年のマイルチャンピオンシップでは内を突けるかがキーポイントになりますので、騎乗っぷりに注目です。

次にインディチャンプのマイルチャンピオンシップ適正を見ていきたいと思います。

マイルチャンピオンシップは、中距離適正を求められる上がりのかかるレースです。インディチャンプは毎日王冠3着、毎日杯3着と毎日と付くレースで1800mで3着以外は全てマイルレース。これまで出走してきた中で、ベストパフォーマンスとも言える好走したレースの安田記念と東京新聞杯で東京が得意なことは間違いなしですが、阪神と京都はどうでしょうか。

まず着外となった敗戦レースから分析したいと思います。着外となったのはマイラーズカップとアーリントンカップの右回りレースです。

アーリントンカップは34.5-34.5で後半4ハロンは46.9、マイラーズカップは36.0-32.3で後半4ハロンは44.1と全く異なるレースで敗戦しておりますので中々紐解きが難しいですが、この馬が見せた32秒台の瞬発力は3ハロン勝負でこそのタイプであり、少し持続力勝負になるマイルチャンピオンシップでは不安があるかなというのが見解です。安田記念についても完全に残り3ハロンまでジョッキーが最高のポジションで脚をためて後は直線で加速を待つだけという競馬でしたので勝つにはあれしかないという競馬でしたし、適正もドンピシャでしたね。

血統的には、ステイゴールドはペースが流れた方が強いタイプであり、母系はリアルインパクトやネオリアリズムのいる優秀な牝系であり、キングマンボを持っておりますが、ドンピシャとはいえないでしょう。今の京都の馬場はオルフェーヴル産駒が連勝しているところを見てもステイゴールド産駒は良さそうですが果たして・・・

安田記念は本命を打ちましたが、マイルチャンピオンシップでは軽視の方向で考えております。

エメラルファイト

まずは中距離適正としては、スプリングステークス勝利しましたがその後は何とも適正が計りづらいのですが、マイル2勝しておりマイル適正があるのでしょうが、キャラとしては瞬発力を発揮するタイプ。

フューチュリティステークスでは後方で脚をためて上がり3ハロン1位で、後方勢唯一の1桁着順になったことを見ると間違いなく瞬発力勝負のタイプ。脚をためてなんぼの馬なので、京都の外回りはだらだらと脚を使うので手遅れになるのでどちらかというと適正外と考えております。

血統的にも米国系のクロフネに母系もストームバード持ちで米国系。どんぴしゃとは言えない血統といえます。

カテドラル

デビュー2戦は中距離でしたが、その後は気性がよろしくないのでマイル路線へ。NHKマイルカップやアーリントンカップを見ると完全に瞬発力勝負型。NHKマイルカップやアーリントンカップもそこからスパート?!って思うような位置からスパートをかけて33秒台の末脚。前走の富士ステークスも前半3ハロンが2ハロンが速いものの中間ラップが緩み、前にいった馬が全滅するようなレースの中で、後方から差して来ているので、適正としては瞬発力勝負型で少しずれているのではないかなと考えております。一方でまだキャリアが短いので判断が難しいのですがここまでのキャリア的にはそういう見方になってしまいます。

そこで血統をみてまだ見ない実力を予想してみましょう。血統的には母系はダンチヒ系のロックオブジブラルタルに加えて牝系はフランス重賞での活躍馬多数。ハーツクライ産駒も上がりのかかる持続力勝負はもってこい。過去実績的にはそこまで買いたくないですが、血統的には非常に面白い1頭だと考えております。

クリノガウディー

この馬は好走してくるレースでの脚質や展開がバラバラで適正が見えづらいのですが一つだけ確実なことは馬場が渋れば確実に走ります。つまりタフな馬場に適正があり、上がりがかかるようなレースでこそのタイプでしょう。

前走の富士ステークスは古馬相手に差のない4着、3歳で斤量に恵まれたとはいえ、中京記念は差のない2着。いずれも稍重でした。足の使いどころは逃げても追い込んでも成績がいいので、京都のような一度緩んでの持続力勝負には出走歴が新馬戦しかありませんが適正がありそうに思います。

血統的には渋いですね。モーリスを思い出すスクリーンヒーローにメジロの血。血統的にも上がりがかかるマイルレースに適正がありそうです。

グァンチャーレ

確実に先行できる脚質に京都マイルでの安定感。安田記念でも先行して展開利を得て2着でしたが、本質的には京都の外回りや阪神内回りコースのようにスパートが早まる持続力勝負タイプでしょう。マイラーズカップではダノンプレミアムとそこまで差がありませんでしたし、実力はそんなに上位勢と変わらない馬だとは思いますし、先行馬が有利になるこのコースでは魅力的な1頭です。

血統的にはクリノガウディーと全く同じ父と母父ですね。血統的には上がりのかかるマイルレースで発揮しそうです。母系にはニジンスキーもあり欧州系があるところはクリノガウディーよりもいいかもしれません。

タイムトリップ

中距離実績がないので少し割引ですし、脚質も後ろ過ぎるので今回のメンバーでは割引でいいでしょう。血統的にも米国系の血統なので、強調材料が少ないと考えます。

ダイアトニック

スミヨン騎乗で人気しそうですが、マイル以上の距離で好走実績がないのが何とも評価しづらいです。前走で見せた後方一気の末脚ですが、スワンステークス はディープ産駒でも勝負できる短距離レースの一つであり、4ハロンスパートではなく3ハロン勝負でした。京都マイルでは少し適正がずれるように思います。

血統的にはロードカナロアに母系はサンデーなので中距離のような血統でありますが、祖母エアレジェーロはアレミロードにストームバードと圧倒的な米国系血統。ストームバードのクロスがあるので米国色が強いという判断で、マイルチャンピオンシップとは適正がずれていると判断しております。

ダノンキングリー

ダノン2頭出しの1頭。ダノックスの本命をダノンキングリーとするのかプレミアムとするのかが競馬ファンが最も気になるところでしょう。ダノンキングリーは、個人的にも皐月賞とダービーで本命にしていたくらい思い入れのある馬なのですが、その理由が、前傾ラップの上がりのかかる持続力勝負になったひいらぎ賞や後傾ラップの上がり3ハロン勝負になった共同通信杯で32秒9で違いに圧勝できたその基本性能の高さに惚れたからです。クラシックは結果として差のない皐月賞3着、ダービー2着と惜しい競馬になりました。3歳最強はサートゥルナーリアではなくこの馬ではと思わせたのは、前走の毎日王冠です。

毎日王冠のパフォーマンスは圧巻でした。

大きく出遅れてから、最後方からの追走で直線だけで上がりはレースラップよりも1秒近い速い唯一の33秒台で圧勝。直線だけの競馬で勝利したそのパフォーマンスは中々ケチがつけれないですが、インディチャンプとアエロリットが作った前半58秒5のレースで、他の馬は全頭直線で力尽きていたことをみると実質は3頭立てのようなレースになっていたので、気を抜いた先行2頭を大外から奇襲をかけたというような見方もできます。

適正としては中距離実績を見ても抜群であることは重々理解しておりますが、気になるのは毎日王冠の勝ち方。やはり重賞レベルでみると瞬発力に特化したタイプであり、後方からの競馬であるとどうしても厳しいのがこのマイルチャンピオンシップです。持続力勝負の叩き合いになった時に同じオーナーのダノンプレミアムに勝てるのかというと太鼓判は押せないです。初の長距離輸送ですし、そこも気になりますね。

血統的にも母系がストームバードの米国系であり、兄弟にはダノンレジェンドがダート重賞ウィナー、母系は米国でバリバリ好走していた馬が目白押しということをみても好走血統である欧州系の血統が薄いので魅力的ではありません。この馬が出るレースは全レース基本的に本命でしたが、特殊条件マイルのマイルチャンピオンシップでは本命にはしないかなと思います。

ダノンプレミアム

もう1頭のダノックスですね。

3-0-0-1のマイル適性に加えて、超ハイレベルの天皇賞・秋でもアーモンドアイの2着した通り、2000mは2-1-0-0と適正は全く不安ではありませんし、右回りの4-0-0-0が光ります。ペースはスローでも前傾でもなんでもこいの万能感。安田記念はタックルされてスタートで終了。もはや語る必要はないでしょう。

天皇賞・秋からの詰まったローテーションについて議論がありますが、元々この馬は爪が悪くて、今もエクイロックスベタ塗り。しかしながら、使えているというのは明らかに状態がいいのだと考えます。

血統的にも母系にはダンチヒのクロスとロベルトはいかにも持続力勝負にあいそうですし、内をとれる先行力もこのレースではプラス。爪に変な影響がない限りは信頼してもいいのではないでしょうか。

フィアーノロマーノ

何度もなんども万馬券で救ってくれた馬です。G1に出れるまで成長してくれて感慨深いです。

安田記念大敗ということはマイルチャンピオンシップで適性ありと思えるくらい求められる適正が異なります。フィアーノロマーノは、ダービー卿においても上がりのかかるレース展開でプリモシーンやマイスタイルやダイアトニックを封じ込め勝利。このレースで本当に素晴らしいと思うのが逃げたのがマルターズアポジーで、2番手にジョーストリクトリとヤングマンパワーで、前半3ハロン33秒9ととてつもないペースで、フィアーノロマーノは先行して唯一馬券になり、さらに勝利しております。この内容は非常に優れているので基本的な能力は疑いようもないです。

馬場も東京のような高速馬場はあわないですし、好走するコースも右回りばかり。そういう意味では安田記念は全く走らなくても問題なしでした。安田記念から直行組はモーリスくらいしかいないので、ローテーションはイマイチですが、非常に面白い存在だと考えております。

血統的には父が欧州系の血統ですし、南半球生まれなので生まれる時期的に晩成になりますので今が円熟期でしょうか。母系の米国系の血統が少し邪魔といえば邪魔ですが、ノーザンダンサーのクロスなので欧州系の適性を引き継いでくれてるでしょう。

重めの印打ちます。

プリモシーン

全く適性がわからないタイプです。ヴィクトリアマイルでも33秒使えるタイプですし、上がりのかかるレスでもダービー卿や中京記念でも好走するような馬です。実際は、3歳牝馬で関屋記念を勝利するような馬ですから基本的な性能が非常に高いのでしょう。母系も欧州系で、フィアーノロマーノと同じファスタネットロックです。ヌレイエフも持っておりますし、ディープ産駒とはいえ万能感がでてますね。

ペルシナンアイト

このレースで一昨年の覇者、昨年の2着。血統的にも欧州系のハービンジャーで全く持って疑いようがありません。今年も走るのか?クロコスミアが走ってますね。今年は毎日王冠で4着、札幌記念で5着と何ともいえない成績からのローテーションですが、昨年も安田記念6着、富士ステークス5着と何ともいえないローテーションから2着でした。その前もダービー7着、富士ステークス5着からのマイルチャンピオンシップで1着。つまり、いい感じではないでしょうか。

失礼いたしました。

要は、東京では求められる適正が異なるので凡走になりますが、京都外回りになると途端にパフォーマンスをあげます。それは京都の外回りが3コーナーから下り坂であるということ、ある程度上がりがかかる4ハロン勝負になるということ大きな要因でしょう。ペルシアンナイト自身皐月賞、大阪杯で2着になっているように中距離の実績があるのでマイルチャンピオンシップへの適性があるといえます。

今年も買わざるをえない1頭でしょう。

マイスタイル

フィアーノロマーノの次に穴で狙いたい1頭です。

詳細はマイルチャンピオンシップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで紹介しましたが、内枠を引けば3つの絶対的な傾向に合致するので注目です。血統的にはちょっとだけフォーティナイナーが邪魔かなと思いますがうまくダンチヒでもみけして欲しいです。

モズアスコット

安田記念勝ち馬なのでマイルチャンピオンシップでの適性がないのかなと思いますが、血統的にはご存知の通りフランケルで欧州系。スワンステークスは明らかにこの馬には適性がないレースなのですがそれでも2着。昨年のマイルチャンピオンシップは4コーナーで終了でしたので論外。

マイラーズカップでの6着はあのような瞬発力勝負では部が悪いことの証明なので面白い存在かもしれません。

レイエンダ

スミヨン騎手が1800mの方がいいと前走後に断言。

これはマイルチャンピオンシップでは4ハロン勝負になるので意外といいのではないでしょうか。マイルチャンピオンシップは中距離実績が問われるレースでもありますので、面白そうなコメントです。

但し、ここ数戦で上がり3ハロン32秒や33秒で好走しているので、瞬発力勝負型なのかもしれませんね。但し、血統を見るとレイデオロの弟なのでどうみても東京向きのように思えますし、右回り実績もそこまでないので、太鼓判が押しにくいです。

レッドオルガ

東京マイル(G2 or G3)でお会いしましょう。本命で買います。

マイルチャンピオンシップ2019 総合判定

完全に私の個人的な判定になりますが、ダノンプレミアムとペルシアンナイトが圧倒的に突き抜けていて、他は横並びで大穴でフィアーノロマーノやマイスタイルでも勝負できるのではないかなと考えております。

S評価

ダノンプレミアム、ペルシアンナイト

A評価

アルアイン、フィアーノロマーノ、ダノンキングリー 

B評価

カテドラル、マイスタイル

以上です!

新進気鋭!注目の予想さん
秋華賞から5週連続重賞で的中している予想さんがあるのですがご存知ですか?
実際の的中をまとめてみたので見てみてください!↓
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3連単6点~15点の少点数で獲っているのは見事ですね!
富士Sは2→3→4人気決着の比較的堅い1戦でこれは6点。対して秋華賞は4→2→10人気決着の荒れた1戦でこれは15点。波乱か否かで点数の調整をしているような感じですね。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
更に見ていくと無料予想の配信も行っているみたいです。土日計4レース配信。11/17には秋明菊賞の無料予想配信!もしかしたらマイルCSの無料予想も出てくるかもしれないので要チェックですね!
土日4レースの無料予想をチェック!
メールアドレス入力→返信メール内リンククリックでOK!(登録無料)

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!