【マイルチャンピオンシップ2020】最終予想&日曜競馬の勝負レースBEST BUY

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はマイルチャンピオンシップ2020の最終予想と異常投票パトロールを紹介致します。

今年のマイルチャンピオンシップは阪神開催になったからか、とにかく豪華メンバー。安田記念、スプリンターズステークスを制覇したグランアレグリア、毎日王冠で古馬を撃破したサリオス、昨年の春秋マイル王インディチャンプ、同舞台G1勝ち馬の快速馬レシステンシア、香港マイル他GⅠ3勝馬のアドマイヤマーズ、マイルCS4着なら同一G1サイクルヒットに王手のペルシアンナイトなどが注目ですね!

マイルチャンピオンシップは、現地参戦予定ですので豪華メンバーを楽しみながら、そしてハメ倒し盃というパイセン主催のオンラインサロン場での馬券大会を楽しんでいきたいと思います!

また、来週はジャパンカップの現地観戦ですが、下記のような企画もしておりますので、是非皆さまもご参加くださいませ!

それではマイルCSの最終予想をどうぞ!

マイルチャンピオンシップ2020 最終予想

マイルチャンピオンシップ2020 予想

今年のマイルチャンピオンシップは阪神開催であり、従来の京都マイルで求められていたようなタフな馬場でロングスパート勝負になるようなレースと比較してもスピードを重視されるレースです。

加えて、現在の阪神芝はロングラン開催に耐えれる高速馬場に仕上げられており、開催してから上り33秒台は当たり前の直線の加速力を求められるような軽い馬場です。

先週の競馬も特徴としてはやはりレコードタイム連発の高速時計。特に日曜日は芝のレースが7レースあり、阪神4Rを除き、上位馬に上り33秒が出るという非常に直線でスピードが出やすい馬場であることがわかります。こうなると絶対的にスピードある馬が勝つので硬い決着になりやすいのも知っておくべきでしょう。また、脚質は、逃げー先行ー差しー追込で連対した馬が1-4-7-2という状況です。内外については基本的にフラットであり、速い脚を使える馬がとにかく勝っているというような馬場。

週中に雨が降ったとはいえ、この傾向は変わらないものと考えます。

実際に土曜日は、阪神の未勝利戦でも鬼のような時計がでてますし、高速馬場は継続。マイルチャンピオンシップもレコードを期待できるようなレースが期待できます。

そのマイルチャンピオンシップが開催される阪神マイルコースは、京都マイルコースと形はほとんど似ているのに、下記のように上り3ハロン勝負になりがちです。

その理由が京都は、直線が平坦でありますが、阪神は急坂があるのでロングスパートをすると最後に脚が止まってしまいますので、騎手も構えることが多いです。この中間ラップでの緩みがあるかないかで一気にレースの質が変わるのも面白いですが、G1級のレースであっても、直線も長いので構えて直線勝負になることが多いレースです。

しかしながら、今年はレシステンシアがいるのに緩むのか??という点で注意したいですね。

高速馬場で前争いもある程度激しくなるでしょうし、安田記念のような前半からガンガン流れるようなレースになるのではないかと考え、短距離でもしっかりと追走できる追走力を持つ馬を中心に狙いたいですね。

というのも安田記念は、前半1000mが57秒台前後で入り、上がり3F33秒台を要求されるコース設定ということになります。中間に息が入らないと持たない先行馬やスローペースで切れるだけの差し馬には厳しい条件と言えます。

この安田記念を語る上で、同じマイルG1のマイルチャンピオンシップとの差をみながら説明すれば、レースのキャラを理解しやすいと思い、京都のマイルチャンピオンシップとのラップ差を説明したいと思います。

グラフで見るとこのようになります。視覚的にも安田記念のほうが前半5ハロンが速いことがわかりますし、いかにも前傾ラップのレースであるということがわかりますよね。

今年のマイルチャンピオンシップはそういう意味でも高速馬場でレシステンシアがいるのである程度締まった安田記念のようなレースになるのではないかと考えます。

そうなると狙いたいのは、短い距離で好走していた馬。

安田記念はスプリンターが走るレースと言われており、道中のペースが速く、追走に力が必要で、かなり速いペースで走りながらも最後まで脚を残す持続力が必要です。

そういうレースになるとアーモンドアイでも短距離で結果を残すグランアレグリアに負けてしまうわけです。

インディチャンプが今年スプリンターズステークスをステップレースに使おうとしたのもこの激流を見込んでのことかと考えてます。

そういう意味では、追走の激しいレースで実績を残す安田記念好走馬や短距離実績馬を中心に予想を組み立てるべきと考えました。

◎グランアレグリア

人気でも超豪華メンバーで少しはオッズが割れることに期待して、この馬を本命にするしかありません。安田記念でも高松宮記念の激走から適性ありとして注目した一頭です。

とにかくマイルまでの距離なら負けるところが1mmも想像がつかないくらい強い一頭。

特筆すべきはスプリント戦でも他の馬が止まるくらいで、得意舞台を走るアーモンドアイも全く相手にしない高い追走力と末脚の加速力。

ここ4戦上がり最速かつ全て33秒台という短距離界でも異質な存在であり、これはスプリントからマイル路線の競馬史上でも最上級レベルの一頭。

スプリント戦でもマイル戦でも上がり33秒台と展開不問で同じような末脚を発揮してるところからも持ち味はスピード。

3歳時には気性も若く、幅も物足りない感じでしたが、秋を超えて一気に進化したところを阪神カップで見せましたが、この距離なら世界でも負けないだろうと思わせる、そんなグランアレグリアを冷静に分析してみましょう。

阪神開催では朝日杯で負けてしまいましたが、その後3歳になってからの桜花賞をレコード圧勝を含めて2-0-1-0と完璧な成績。

朝日杯は気性が若すぎたことが敗因でしょうけど先行して溜めが効かなかったのも痛かったです。また、NHKマイルカップでもこの精神面の弱さが出て、かかり倒して斜行して4位入選からの5着。

そこから半年放牧を経て、成長を促してからは、差しの競馬で折り合った阪神カップ、距離延長のローテーションでも安田記念でアーモンドアイをぶっちぎったように、完全にメンタル面がフィジカルに追いつきました。

そのスピードを裏付けるのはスプリントのG1を2戦したこと。高松宮記念では前が残る馬場でかつ重馬場で唯一後方から馬券になった末脚は破格の33.1、スプリンターズステークスも出遅れ後方から他の馬が止まったような末脚でこちらも破格の33.6。ここまで書いてこの馬の強さは、ペース不問で確実に末脚を爆発させることができることだとわかります。

スプリンターズステークスはモズスーパーフレアの作った32.8の超前傾ラップ、安田記念も34.2-34.3の緩みない前傾ラップ、高松宮記念はスプリント戦ですが34.2の緩いペース、阪神カップは33.9-34.2の前傾ラップの流れでした。若い時は、スローペースになると暴れるような手応えで先頭に立ち、さらに突き抜けるという荒削りな競馬でしたが、今ではすっかりと折り合って差す競馬ができるのですから本当に成長したと感じます。

さらに成長したのはメンタルだけではありません。デビュー時に458kgあった馬体重が今や504kgと完全にビルドアップされてますからこの筋肉のつき方はスピード競馬適性を更に高めてます。デビュー時に強い勝ち方をした馬が更に成長している点は注目ですね。話を戻して、この阪神マイルの長い直線であれば直線外に出して、持ち味であるスピードを生かした差しの競馬に徹することができるコースできますし、何よりもアーモンドアイを力でねじ伏せた馬ですし、桜花賞もアーモンドアイより時計速いですから、嫌う理由を探すほうが難しいと思いますが、1つだけあります。

唯一の不安はそのローテーションであり、この馬は、常に3ヶ月程度あけたローテーションで走っており1-2ヶ月の間隔の場合は朝日杯、NHKマイルカップと実力を発揮できずに敗れており、今回は1.5ヶ月明けであり、この馬にとってはかなり狭いローテーションですが、今の成長したメンタルであれば、気負うこともないでしょうし、1.5か月あれば問題ないでしょう。

〇ベスハメ完全版で紹介中の穴馬!

良馬場なら何が何でも買いたいと思っていた1頭です。

前走のステップレースも非常に内容がよく、激流想定のマイルチャンピオンシップであれば買えるはずです。

今回は阪神のマイルレースであることを意識したローテーションに思いますし、期待したいですね。

日曜ベスハメ完全版はこちら!

▲サリオス

大外枠が痛すぎました。高速時計ですと1ターンといってもやはり外枠は不利ですし、中距離適性を考えれば通常のマイルチャンピオンシップであれば圧倒的本命でしたね。

この馬は短距離実績がないのですが、トーラスジェミニの暴走気味の逃げで速いペースで流れた毎日王冠で、古馬相手に上がり最速で突き抜けた内容が秀逸で今年のマイルチャンピオンシップでも買えると考えました。この馬を語る上で欠かせないのはコントレイル以外には負けていない点。新馬戦はスローの瞬発力勝負を上がり最速で圧勝し、次走はグランアレグリアの桜花賞と同タイムである1分32秒7のレコード決着で上がり最速の勝利。朝日杯は差し馬有利な前半33.8の超前傾ラップの展開を唯一先行、さらに外外を回して直線では後方からくる馬との差を広げ続ける怪物のような勝ち方で圧勝。このレースを見て勝てる馬がいるのか??と思いました。今となっては初中距離の皐月賞、ダービーで無敗の三冠馬であるコントレイルの2着ですが、皐月賞では3着以下の馬に3馬身差、ダービーでも1馬身半差と決定的な差をつけていることからこの世代のNo.2であることは間違いなし。また、毎日王冠では古馬の実力馬相手に直線で加速し続け、直線距離が後500m伸びても伸び続けたのではと思うような末脚で快勝。

強みはなんといっても先行しても直線伸び続ける末脚の持続力。これはスパッと切れる脚ではないのですが、持続力を求められる展開に持っていけばバテない強さがあります。グランアレグリアの末脚とはまた毛色が違いますが、父ハーツクライの持つトニービンの色が濃いと思います。父ハーツクライといえば中長距離を中心にスワーヴリチャード、シュヴァルグラン、リスグラシューのような晩成的な産駒をよく出します。

しかしながらこのサリオスに関しては2歳戦から高い完成度を持ち、さらにはスピード競馬に適応できる高いスピードを持ち合わせており、ジャスタウェイの成長を早めたようなタイプですから、種牡馬としての価値も間違いなく期待されてるはずです。グランアレグリアやインディチャンプといった馬を相手に勝利することで、将来の価値も一気に上げることができるはずですので、生産サイドからも大きな期待がありそうですね。

そういう意味でも、レシステンシアが逃げて後続をバテさせるペースで流れたほうがいいと考えます。阪神競馬場のマイルはスローの瞬発力勝負になりやすい舞台ですけどレシステンシアがいるなら話は別。かなりタフな流れになって追走でスタミナを使うような流れになっても最後まで伸び続ける末脚の持続力に勝ったタイプであるサリオスにとってはいい馬ではないでしょうか。実際に前走の毎日王冠も34秒5-35秒4の前傾ラップで後続馬が最後はバテている中でもどこまでも伸び続けるような競馬ができていたので、締まったペースになれば強力なライバルがいても面白い。

ローテーション的には、全力を出し切る大型馬なので疲れを溜めやすいタイプですから間隔は詰めないように使われてますが、ノーザンファーム 系のグランアレグリアやサートゥルナーリアのような極端に狭いローテーションを嫌うわけではないことはダービーを見ればわかりますから及第点。また11月初めに疝痛が出て少し調整がよろしくないというところもあるようですが、3週間あれば堀厩舎の必殺ウッドー坂路のインターバル調教で復調してくれてるはず!

最後に豆知識ですが、姉のサラキアが好走する時にセットでサリオスも好走します。

2019年6月
サラキアがエプソムカップで僅差2着の時に新馬戦でサリオス圧勝。

2019年10月
サラキアがオクトーバーステークスで毎日王冠2着のダイワキャグニーを相手に僅差3着の時にサリオスはサウジアラビアRCを快勝。

2020年10月
サラキアが府中牝馬ステークスで初重賞勝利の翌日にサリオスが毎日王冠圧勝。

2020年11月
サラキアがエリザベス女王杯で2着好走し、サリオスが◎着。

これも血統の成せる技なのかもしれませんね。

△インディチャンプ

昨年の春秋マイル王であり、もし勝てば、東京、京都、阪神の古馬マイルG1勝利という誰もしたことがない偉業の達成ですね。

インディチャンプの好走条件はやはり後傾ラップの瞬発力勝負のレース。祖母がトキオリアリティーというリアルインパクトやネオリアリズムを産んでいる通りでマイラーよりのスピード馬を出せる牝系の最高傑作といっていいでしょう。加えて父ステイゴールドの持つノーザンテーストで3度馬が変わると言われる成長力も兼ね備えており、いまが走り頃と言えます。

この血統が出す瞬発力こそが持ち味ですから、阪神マイルコースについては間違いなく適性ありでしょう。

ここを勝てば古馬のマイルG1で前人未踏の3場制覇。

阪神、京都、東京とどれも条件の異なるマイルレースG1を活用なことがあれば、種牡馬としての価値もこのスピードを求められる現代競馬では跳ね上がること間違いなしでしょう。

しかしながら気になるのがローテーション。

やはりたたき良化型のタイプであり、休み明け2戦目が4-0-0-1と圧倒的な成績を残しております。敗れたのも3歳時のアーリントンカップのみであり、古馬になってからはレースを叩いてからの良化型タイプであることは明らかです。

初重賞となった東京新聞杯は元町ステークスを叩いてからの勝利であり、安田記念勝利時もマイラーズカップを叩いてからの制覇、昨年のマイルチャンピオンシップも毎日王冠を叩いてからの制覇ですし、今年のマイラーズカップも中山記念を叩いてからの勝利。

1度叩いてからの2戦目が最もパフォーマンスを発揮するタイプであるからこそ、今年のとん挫によるスプリンターズステークス回避がとにかく痛い。阪神1600mへの適性面は非常に高いと見ていたのですが、ローテーション的な不利があるので最終追切やパドックでのテンション等をしっかりと見ておきたいですね。

△アウィルアウェイ、レシステンシア

前傾ラップの上りのかかるレースが得意なのはこの2頭。レシステンシアは控えずに行き切ってほしいですね。

アウィルアウェイは距離がどうかですが、前が流れたら確実に末脚を使えるタイプですので面白そうです。

異常投票パトロール

G1なので気になった投票のみ紹介しております。グランアレグリアについては100万円以上の投票が多数投票されており、前日12時の昼休みには630万円もの異常投票がありました。アーモンドアイのような存在になってますね。

馬名単勝複勝
グランアレグリア

48万,50万

200万,280万

230万,130万

270万

100万,330万

630万,150万

ラウダシオン20万 20万 
インディチャンプ  

マイルチャンピオンシップ2020 関連記事

日曜競馬の勝負レースBEST BUY 

日曜競馬の勝負レースは、K-BA LIFEの勝負レースコンテンツであるBEST BUYとハメ倒し競馬を集約した競馬新聞”ベスハメ”で配信しております。

ところでベスハメとは!?

ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

日曜ベスハメ完全版はこちら!

11月22日ベスハメ完全版見出し

 ①マイルチャンピオンシップ対抗馬

 ②BEST BUY

 ③ハメ倒し競馬-THE BEST-

 ④BETTER BUY 

 ⑤その他買いたい馬リスト 

 ⑥指定席抽選の狙い目

ちなみに上記のBEST BUYにおける2020年の単勝回収率やこれまでの重賞の回収率は下記の通り。最近2着や3着だらけで1着から離れているのですが、スタンスは変えずにある程度のオッズを強気に攻め続けるようにしたいと思います。単勝回収率が150%を切るなんて久しぶりすぎてやばい!統計的にはボチボチ大爆発ありそう!?

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますし、会員以外の方でも10月以降のG1シーズンはトライアル価格でのベスハメもご提供しております!

BEST BUY検討委員会はオンラインサロンなので競馬の勝負レースを見極めるプロセスを学ぶ場になっておりますので、予想公開が主ではありませんが、面白い企画も多数準備しておりますので興味がありましたら是非。

ベスハメをお試し版で活用したいという方は、LINEでお試し版を配信しております!

LINEでは最終レースを全力予想して、勝負レースを厳選しております。他にも地方競馬での重賞レースも予告なしに配信したりしますので是非!

こちらで配信したJBCでは、2歳優駿ではラッキードリーム1着、レディスクラシックではマドラスチェック、JBCクラシックでは3連単2点推奨等で大盛り上がりでしたね!

一発回収の穴馬ハンターパイセンと理由のあるお買い得ホースを見たいという方は、是非LINE版もよろしくです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイルチャンピオンシップ2020 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。秋競馬においても、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ。

圧勝で芝G1を史上初9勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

その天皇賞秋で2着のフィエールマンと3着のクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

マイルチャンピオンシップの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!