【マイルチャンピオンシップ2020予想】阪神のマイルCSだからこそ狙える穴馬達

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、阪神のマイルチャンピオンシップだからこそ狙える穴馬予想を紹介致します。

既に、グランアレグリア、サリオス、インディチャンプ、レシステンシアの人気4頭については下記ブログで紹介済みですので、ご高覧頂ければと存じます。

上記ブログで説明しておりました通り、京都で開催していた時のマイルチャンピオンシップでは、ロングスパートのタフな決着になることが多く、中距離実績馬がとにかく好走することが多かったのですが、阪神ではどちらかというと求められるのは瞬発力勝負でのスピード。

阪神マイル戦と京都のマイルチャンピオンシップを比較してグラフ化したのが下記。こちらは馬場を極限まで近づけるため、5回阪神の古馬戦に限定した抽出となっております。

上記を見ていただければわかります通りで、中間ラップが京都のマイルレースと比較してグッと緩み、ラスト3ハロンでの瞬発力勝負になっていることがわかります。

これは京都マイルとは全く異なる適性が必要でありますので、直線の末脚勝負であることに注意したいですね。あくまで傾向であり出走馬次第では展開はどのようにもなりますし、今年はとにかく高速化が激しいこともあるので展開面の予想も最終予想に向けてしっかりと分析していきたいと思います。

上記のような傾向を踏まえた上で、今回はマイルチャンピオンシップ2020の穴馬と言える下記5頭の分析を進めたいと思います。

・スカーレットカラー

・サウンドキアラ

・ラウダシオン

・ヴァンドギャルド

厳選穴馬候補1頭!

マイルチャンピオンシップ2020 穴馬予想

スカーレットカラー

スローの直線勝負であるとまず1発を警戒する必要があります。前走こそ2000m戦であり、少し距離が長かった印象です。

よくよく考えたら、2000m戦ではマーメイドステークスでも3着で愛知杯では着外ということからも距離の問題という整理。

マイル戦は1-3-0-4と50%程度の確率で馬券になっておりますし、スカーレットカラーがこれまでとんでもない脚を使ったレースから好走条件を導きたいと思います。

結論から申し上げると、2000m以下の距離で前半3ハロンが34.5以上かかるゆっくりとした立ち上がりのレースになると高確率で速い脚を使えます。

大敗戦したヴィクトリアマイルは34.2とかなり流れたレースであり、1000mも56.7とかなり流れたレースでした。このレースではスタートしてから流れに乗るためにかなり手を動かしており、直線まで後方なのに脚を溜めることができないといういかにも前半速いレースは合ってないなということはわかると思います。

好走したレースを簡単に紹介します。

・2019年パールステークス

35.1-34.1の後傾ラップ

・2019年クイーンステークス

36.2-34.5の後傾ラップ

・2019年府中牝馬ステークス

34秒9-34秒3の後傾ラップ

・2020年阪神牝馬ステークス

34.5-34.5の一貫ラップですが、中間ラップが2ハロン緩むレース。

上記のように連対時のレースについては前半が緩み、最後に末脚が活かせるような中間が緩む傾向にあります。

そういう意味でもこの天皇賞秋は、基本的に前半が緩んで、中間ラップがラストの直線前に緩む傾向にあり、最後にスカーレットカラーが得意とする瞬発力勝負となりやすいです。

直線600mの末脚の持続力は必要であるものの、スカーレットカラーは上り3ハロンで33秒台は過去何度もたたき出してます。

加えて、2走前においては岩田騎手が完全にヘグリました。あの直線での詰まり方はイン突きの岩田騎手ならではの詰まり方でしたが、普通に抜けだしたら間違いなくぶち抜いてましたよね・・・

そういう意味でもスローの瞬発力勝負になりやすい阪神マイルコースでは一発に警戒が必要な穴馬と言えるでしょう。

サウンドキアラ

阪神牝馬ステークスで同舞台の重賞勝利されてこの馬に対しての評価が揺るぎそうになりましたが、阪神牝馬ステークスはトロワゼトワルが逃げて前傾ラップになったこともあり、差し有利の展開にも恵まれたと判断しており、この馬の評価は平坦コースでこそという整理にしております。急坂ある阪神コースでは、2勝クラスでも馬券にはなっているとはいえ3連敗。2勝クラス突破、3勝クラス突破、初重賞と全て京都であることを考えても、やはり平坦コースの方が適性は高いはず。また、どちらかというと時計がかかるレースの方が全体的な成績はよく、ヴィクトリアマイルはポジションがよかったという整理をしております。前走はまさかの京都の舞台で大敗におわりましたが、元々たたき良化型であることからもこの一戦で変わり身を期待したいところですが、急坂コースの阪神では軽視したいと思います。

ヴァンドギャルド

富士ステークスは本命にした馬ですが、この馬はレシステンシア次第感。

前走は33秒8-36秒0という東京マイルにしては珍しい超前傾ラップでしたが、その流れをしっかりと折り合い差し切りました。

これまでの戦歴からもある程度時計のかかるレースの中で末脚をしぶとく伸ばすタイプですので、レシステンシアがガンガン引っ張るような展開であれば非常に面白い。

ただし、今の阪神は高速馬場ですし、阪神マイルは瞬発力勝負になりがちであることから、馬場・展開でやや渋って、流れるペースでなければ切れ負けしてしまいますね。

ラウダシオン

持ち味はその先行力。

2歳時にはスプリント戦で出世して、初のマイルとなった朝日杯では今回と同コースの舞台で8着でした。このレースでは差しの戦法を使い、持ち味を発揮できなかったという整理ができます。続いて、ファルコンステークスではビアンフェが33.8でぶっ飛ばす差し有利の展開で唯一先行して馬券になるあたりスピードを持続させる力に秀でてることがわかります。続くNHKマイルカップでは、直線向かい風で差しが不利なレースであったとはいえ、桜花賞馬のレシステンシアを徹底マークして最後に差したのはフロックではありません。その実力が十分古馬相手にでも通用することは、富士ステークスでも古馬と同じ斤量を背負って、スマイルカナとシーズンズギフトがやり合って後ろの集団の先頭を走る形で実質は逃げのレース。そこでも古馬相手に2着と粘ったのは力がついたという評価でいいでしょう。馬体重も春と比べて16kg増と成長も著しく、上昇度という意味でも注目の一頭。

ただ、前走の直線抜け出してからのフラフラっぷりを見るとマイルカップのように内にへばりつくような形のほうが伸びそうですし、枠順には注目したいですね!

マイルチャンピオンシップ2020で買える大注目の穴馬1頭!

今年のメンバーは超豪華すぎて、お買い得感が出てる気がしますね。

普通に予想してたら本命候補の馬でさえも、豪華メンバーの中では不安が漂ってます。

まさしく”穴馬”の気配が漂ってますね!

当日の天候次第ではありますが、まず3強に割って入るならこの馬だという馬を日曜日のベスハメ完全版及びBEST BUY検討委員会の予想コーナーで紹介しております。

ベスハメ完全版では、当日の勝負レース等も更新しております!ベスハメ完全版はちなみに当日版も準備しております。

またK-BA LIFEのオンラインサロンである検討委員会メンバーは読み放題となっておりますし、先日定員に到達しましたが、2期生も募集ですのでこの機会に是非!

ベスハメ完全版はこちら!

マイルチャンピオンシップ2020 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。秋競馬においても、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ。

圧勝で芝G1を史上初9勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

その天皇賞秋で2着のフィエールマンと3着のクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

マイルチャンピオンシップの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!