【マイルチャンピオンシップ2020予想】阪神開催のマイルCSで知っておきたい傾向と有力馬分析

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はマイルチャンピオンシップ2020の予想に使える傾向と有力馬の分析を紹介致します。

今年のマイルチャンピオンシップは阪神開催ですので、阪神コースのマイル戦と従来の京都コースでのマイル戦での比較をして、今の阪神開催だから狙える馬、嫌いたい馬を紹介したいと思います。

まずは、阪神マイル戦と従来のマイルチャンピオンシップでは流れにおいてどのような差があるのかを紹介したいと思います。

京都のマイルチャンピオンシップは京都外回りマイルかつCコース代わりかつロング開催の後半なので圧倒的に他のコテコテのマイルレースとは求められる適性が異なります。その為、マイル以外で実績を残していた馬の活躍が目立ちます。これは非常に有名な話ですが、トーセンラーが初マイルでマイルチャンピオンシップに勝利したことが代表例ですが、マイルと適性がズレている馬が狙い目でした。例をあげるとキリがないですが、中距離重賞実績馬は特に多いですね。この理由としては、マイルレースでありながら向正面の上り坂で緩み、下り坂のはじまる残り4ハロンのロングスパート戦になるので、中距離重賞と同じような末脚の持続力を求められます。

その為、中距離実績馬がとにかく好走することが多いのがこの京都マイル戦になります。

一方で阪神マイル戦はどのようなレースになるかをグラフ化したのが下記。わかりやすくマイルCSとの比較を記載してます。こちらは馬場を極限まで近づけるため、5回阪神の古馬戦に限定した抽出となっております。

上記を見ていただければわかります通りで、中間ラップが京都のマイルレースと比較してグッと緩み、ラスト3ハロンでの瞬発力勝負になっていることがわかります。

これは京都マイルとは全く異なる適性が必要でありますので、直線の末脚勝負であることに注意したいですね。

ただし、先週のエリザベス女王杯も阪神2200mであるのにも関わらず、上がり3ハロンの瞬発力勝負になったので展開面は慎重に考慮しなければ、予想と真逆の競馬となり、大外れしてしまいます。そこらへんについては修正して、メンバーをしっかりと見極めてペース想定を最終予想までにまとめたいと思います。

ただし、基本的にはこのコースは後傾ラップの瞬発力勝負型のレースが多くなるのは間違いありません。

そういう意味でもディープインパクト産駒のような阪神外回りで異常な成績を誇る末脚の切れ味に秀でたタイプを中心に予想するほうが無難かもしれませんね。

これらを意識して、マイルチャンピオンシップの有力馬について分析したいと思います。

マイルチャンピオンシップ2020予想 有力馬分析編

グランアレグリア

とにかくマイルまでの距離なら負けるところが1mmも想像がつかないくらい強い一頭。特筆すべきはスプリント戦でも他の馬が止まるくらいで、得意舞台を走るアーモンドアイも全く相手にしないその末脚の加速力。

ここ4戦上がり最速かつ全て33秒台という短距離界でも異質な存在であり、これはスプリントからマイル路線の競馬史上でも最上級レベルの一頭。

スプリント戦でもマイル戦でも上がり33秒台と展開不問で同じような末脚を発揮してるところからも持ち味はスピード。

3歳時には気性も若く、幅も物足りない感じでしたが、秋を超えて一気に進化したところを阪神カップで見せましたが、この距離なら世界でも負けないだろうと思わせる、そんなグランアレグリアを冷静に分析してみましょう。

阪神開催では朝日杯で負けてしまいましたが、その後3歳になってからの桜花賞をレコード圧勝を含めて2-0-1-0と完璧な成績。

朝日杯は気性が若すぎたことが敗因でしょうけど先行して溜めが効かなかったのも痛かったです。また、NHKマイルカップでもこの精神面の弱さが出て、かかり倒して斜行して4位入選からの5着。

そこから半年放牧を経て、成長を促してからは、差しの競馬で折り合った阪神カップ、距離延長のローテーションでも安田記念でアーモンドアイをぶっちぎったように、完全にメンタル面がフィジカルに追いつきました。

そのスピードを裏付けるのはスプリントのG1を2戦したこと。高松宮記念では前が残る馬場でかつ重馬場で唯一後方から馬券になった末脚は破格の33.1、スプリンターズステークスも出遅れ後方から他の馬が止まったような末脚でこちらも破格の33.6。

ここまで書いてこの馬の強さは、ペース不問で確実に末脚を爆発させることができることです。

スプリンターズステークスはモズスーパーフレアの作った32.8の超前傾ラップ、安田記念も34.2-34.3の緩みない前傾ラップ、高松宮記念はスプリント戦ですが34.2の緩いペース、阪神カップは33.9-34.2の前傾ラップの流れでした。若い時は、スローペースになると暴れるような手応えで先頭に立ち、さらに突き抜けるという荒削りな競馬でしたが、今ではすっかりと折り合って差す競馬ができるのですから本当に成長したと感じます。

さらに成長したのはメンタルだけではありません。デビュー時に458kgあった馬体重が今や504kgと完全にビルドアップされてますからこの筋肉のつき方はスピード競馬適性を更に高めてます。デビュー時に強い勝ち方をした馬が更に成長している点は注目ですね。

話を戻して、この阪神マイルの長い直線であれば直線外に出して、持ち味であるスピードを生かした差しの競馬に徹することができるコースできますし、何よりもアーモンドアイを力でねじ伏せた馬ですし、桜花賞もアーモンドアイより時計速いですから、嫌う理由を探すほうが難しいと思いますが、1つだけあります。

唯一の不安はそのローテーション。

この馬は、常に3ヶ月程度あけたローテーションで走っており1-2ヶ月の間隔の場合は朝日杯、NHKマイルカップと実力を発揮できずに敗れてます。

今回は1.5ヶ月明けであり、この馬にとってはかなり狭いローテーション。間隔詰めても今のメンタルなら爆発することはないとは思いますけど、サートゥルナーリアのような使い詰めすると気性が爆発する馬もいますから少し不安といえば不安ですね。そんな不安要素は跳ね返すくらいの馬であると思いますので注目したいと思います。

インディチャンプ

昨年の春秋マイル王であり、もし勝てば、東京、京都、阪神の古馬マイルG1勝利という誰もしたことがない偉業の達成ですね。

インディチャンプの好走条件はやはり後傾ラップの瞬発力勝負のレース。祖母がトキオリアリティーというリアルインパクトやネオリアリズムを産んでいる通りでマイラーよりのスピード馬を出せる牝系の最高傑作といっていいでしょう。加えて父ステイゴールドの持つノーザンテーストで3度馬が変わると言われる成長力も兼ね備えており、いまが走り頃と言えます。

この血統が出す瞬発力こそが持ち味ですから、阪神マイルコースについては間違いなく適性ありでしょう。

ここを勝てば古馬のマイルG1で前人未踏の3場制覇。

阪神、京都、東京とどれも条件の異なるマイルレースG1を活用なことがあれば、種牡馬としての価値もこのスピードを求められる現代競馬では跳ね上がること間違いなしでしょう。

しかしながら気になるのがローテーション。

やはりたたき良化型のタイプであり、休み明け2戦目が4-0-0-1と圧倒的な成績を残しております。敗れたのも3歳時のアーリントンカップのみであり、古馬になってからはレースを叩いてからの良化型タイプであることは明らかです。

初重賞となった東京新聞杯は元町ステークスを叩いてからの勝利であり、安田記念勝利時もマイラーズカップを叩いてからの制覇、昨年のマイルチャンピオンシップも毎日王冠を叩いてからの制覇ですし、今年のマイラーズカップも中山記念を叩いてからの勝利。

1度叩いてからの2戦目が最もパフォーマンスを発揮するタイプであるからこそ、今年のとん挫によるスプリンターズステークス回避がとにかく痛い。阪神1600mへの適性面は非常に高いと見ていたのですが、ローテーション的な不利があるので最終追切やパドックでのテンション等をしっかりと見ておきたいですね。

サリオス

毎日王冠で古馬相手に上がり最速で突き抜けたサリオスが3歳の総大将ですね!

この続きは、BEST BUY検討委員会のマイルチャンピオンシップ予想コーナーで紹介中!

余り知られていないサリオスの走り時を紹介しております!

レシステンシア

骨折放牧明けでも坂路では見たこともないような時計を連発してるのがレシステンシア。この舞台では阪神JFでハイペースで逃げて突き放し続ける強い勝ち方におまけのレコード勝利をしたので適性面は説明不要。

この馬が好走する為にはいかに自分のペースで行ききるかでしょう。負けたチューリップ賞は、クラシックに備えてトライアルという点からも一度緩めた競馬を試みたのかもしれませんが、阪神JFと比較しても2秒近く遅い逃げをすると直線の切れ味勝負で負けてしまいました。

桜花賞では馬場が向かなかったという点はありますが、自分の競馬に徹して、負けたのは史上初無敗の3冠馬の差し切り勝ち。桜花賞は重馬場で前半5ハロン58.0なのでまさしく自分が前に行き、後続の末脚を削る競馬でしたので、普通に考えれば垂れてもおかしくないのに2着に残した点は好感します。

NHKマイルカップは同じく58秒0の厳しい逃げをして、いくら高速馬場で直線向かい風の逃げ、先行有利な展開とはいえある程度形通りの逃げをすれば崩れないことがわかりましたし、初の遠征、初の左回りでここまでの競馬ができたのは収穫でしたし、このレースでわかった弱点もあります。

レシステンシアは併せられると根性がないのか最後甘くなります。マイルカップではラウダシオンの徹底マークにやられましたし、桜花賞もスマイルカナと併せる形でしたし、強い競馬をしたのは阪神JFで併走馬が垂れる展開でした。

好走条件は、速い逃げと弱い先行馬が揃った時。気持ちよく逃げることができれば、今回マイルCSは得意舞台でありますし、期待していいのではないかと考えます。

そうなると相手関係は??ってところは最終予想までとっておきたいと思います。

気になる点はローテーション。

どちらかというと叩き良化型のようなタイプなので間隔開けてからのローテーションは果たして。

マイルチャンピオンシップ2020 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。秋競馬においても、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ。

圧勝で芝G1を史上初9勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

その天皇賞秋で2着のフィエールマンと3着のクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。

そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

マイルチャンピオンシップの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!