• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【マイルチャンピオンシップ2022予想】重賞展望&全頭分析【超豪華メンバーの秋マイル王決定戦】

【マイルチャンピオンシップ2022予想】重賞展望&全頭分析【超豪華メンバーの秋マイル王決定戦】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はマイルチャンピオンシップ2022の重賞展望と全頭分析をご紹介致します。

マイルチャンピオンシップ2022 展望

展望

今年も昨年と同様に阪神1600m戦で開催されます。まずは阪神マイル戦と従来の京都のマイルチャンピオンシップでは流れにおいてどのような差があるのかを紹介して、どのような馬が狙えるのかを検討したいと思います。

京都のマイルチャンピオンシップは京都外回りマイルかつCコース代わりかつロング開催の後半なので圧倒的に他のコテコテのマイルレースとは求められる適性が異なります。その為、マイル以外で実績を残していた馬の活躍が目立ちます。これは非常に有名な話ですが、トーセンラーが初マイルでマイルチャンピオンシップに勝利したことが代表例でありますが、マイルと適性がズレている馬が狙い目でした。例をあげるとキリがないですが、中距離重賞実績馬は特に多いです。この理由としては、マイルレースでありながら向正面の上り坂で緩み、下り坂のはじまる残り4ハロンのロングスパート戦になるので、中距離重賞と同じような末脚の持続力を求められます。その為、中距離実績馬がとにかく好走することが多いのがこの京都マイル戦になります。その為、東京の安田記念を制覇した馬が京都のマイルチャンピオンシップを制覇した馬は過去非常に少ないことからも全く求められる適性が異なることがわかります。

一方で阪神マイル戦はどのようなレースになるかをグラフ化したのが下記であり、わかりやすくマイルCSとの比較を記載してます。こちらは馬場を極限まで近づけるため、5回阪神の古馬戦に限定した抽出となっております。

表を見て頂ければわかります通りで、阪神マイル戦は究極の上り3ハロン瞬発力勝負であることがわかります。これは、阪神外回りがラスト3ハロン地点から下り坂があり、直線が長いということからもそのようなラップバランスとなります。

昨年と一昨年のマイルチャンピオンシップは、G1であっても特殊な流れではなく、後半3ハロンの瞬発力勝負でした。ラップバランスとしては究極の上り3ハロン戦であり、先週の馬場を見て頂ければわかる通りであり、とにかく外差し馬場。内で脚を使う馬が全て垂れるようなわかりやすい馬場であることからも狙いたいのは差し馬です。

昨年の1~3着馬は全て上り33秒0以下の馬でしたし、ある程度末脚で速い脚を使える馬を狙いたいですし、安田記念やヴィクトリアマイルで圧勝したグランアレグリアが連覇している通りで、京都のマイルチャンピオンシップと比較してもゴリゴリのマイル適性が高い馬が勝利しておりましたし、高速馬場への適応力も求められるのでスピード重視。そうなると狙いたい馬は・・・(ここから先の重賞展望はBESTBUY検討委員会限定

マイルチャンピオンシップ2022 全頭分析

ウインカーネリアン

元々は皐月賞で4着となっていたような馬ですが、ここ3戦が圧巻。

3戦前は中京記念勝ち馬ベレヌス、重賞でも馬券になるジナンボー相手に完勝、2戦前は先行不利な差し決着かつ内が有利な馬場を外枠から先行し、圧勝。
前走はその2戦を評価してBESTBUYにした通りで、初の重賞制覇となりましたが稍重馬場を先行して上り32秒9と誰が勝てるのかというレベルの走り。

蹄のトラブルで満足に調整もできなかった頃と比較すると2走前に1分32秒9の高速時計の中、他の逃げ・先行馬が垂れる中でも先行して突き抜けた内容を見れば完全本格化。

一方で懸念点は、前走はあまりにも前が有利なスローレースであったこと、これまで強い競馬をしてきた時にはラスト4~5ハロンの持続力戦であり瞬発力戦になること、そして休み明け初戦であること。
この馬はサマーシリーズを全力で取りに行った結果で、関屋記念をメイチで仕上げていたことは間違いありません。
夏競馬も3月後半の六甲ステークスで1年ぶりに復帰以来、5月、6月と使って8月でメイチでしたので叩き良化型。
休み明け初戦は、0-0-0-4と決して得意ではないことを考えると今回本命扱いにするのはあまりにも危険と判断します。

サリオス

安田記念でも穴馬指名し大万馬券をゲットさせてくれたお馬さん。
特に、今年の安田記念は、スローの後傾ラップ戦であり、マイルチャンピオンシップと相関性ありと見てます。
サリオスは、元々はコントレイルと2強の扱いとされていたような馬であり、3歳と5歳で毎日王冠を圧勝した素質馬。
最も魅力なのがライアンムーア騎手とのコンビ。
元々朝日杯でもムーア騎手の騎乗により初G1制覇をした一頭で、前走こそ松山騎手騎乗で勝利しましたがその前は基本的に外人騎手が乗ってこそのタイプ。
やはり巨大馬だけあり、操作性や追う力が求められるからでしょうから、世界の名手に乗り替わりはまずプラス。

能力面を考えても、前走の毎日王冠はレコード勝ち+直線で詰まりながら上り最速という長い直線で速い末脚を使えることができたのはこのマイルCSにも相性の良さを感じます。

マイルG1だけを見ても3歳時のマイルCSでは内前有利なレースを大外枠から大外ぶん回しの上り最速で5着と強い競馬、昨年の安田記念は直線で盛大に詰まり、昨年のマイルCSでは伸びない内に閉じ込められたのが全て。
香港マイルではダノンキングリー、インディチャンプといった超がつく一流マイラー相手に先着しての3着でありますし、マイルG1かつ時計の速いレースなら買える条件。

前走松山騎手で勝利したことも遅咲きのハーツクライ産駒が覚醒した証とも考えられますし、輸送減りさえしなければ。

ソダシ

説明不要のマイルのような流れが大好物のソダシ。
この超G1級のメンバーでもマイルなら主役。

阪神JFや桜花賞ではスタートしてからのスピードを持続させる力でレコード勝ちし、コーナー距離の長い札幌記念もマイルのように緩まないレースになるレースで圧巻の勝ち方。
秋華賞はトラブルがありましたからノーカウントとしても、ダートであってもチャンピオンズカップでは大敗、フェブラリーステークスでは3着とやはりコーナーが多いコースよりも1ターンのマイル戦のような流れのレースが得意なのは間違いありません。

前走府中牝馬ステークス、2走前札幌記念は実質的には距離も長く、1ターンでもないので、そういう意味ではG1を2勝している舞台は本領発揮の舞台。
切れ味勝負になるなら危険ですが、この馬はサトノレイナス相手にも持続力とスピードで押し切ってきた実績がありますから、この舞台でパンパンの良馬場なら一気に見直し可能。

一方で、外差し馬場であることは確かで、そういう馬場で内から先行すれば相当厳しそうなので・・・
馬場を見ながらの取捨選択となるかなというところです。

残りの出走馬分析はオンラインサロンで限定公開中!

残りの出走馬における詳細分析はオンラインサロン”BESTBUY検討委員会”限定配信!重賞全頭分析だけでなく、重賞の最終予想、土日の勝負レース、ここだけしかない限定コラム、展開を握るキーホース、レース復習LIVE及び復習馬のリマインド、LIVE配信等配信コンテンツは盛り沢山であり、参加型の企画も多数準備しております。このG1シーズンに共に競馬を楽しみたいという方は是非ご参加頂ければ幸甚です。

BESTBUY検討委員会はこちらから!

K-BA LIFE他配信コンテンツ

Youtube Ch

競馬をHackできる予想コンテンツや競馬を楽しめる色々な企画を配信!

Youtube配信はこちら

”勝負レース3本絞め”

日曜日限定でK-BA LIFEの中の人とパイセンの2名が日曜日に各々勝負レース厳選3レース+重賞予想+最終予想を配信するオリジナルな競馬新聞となっております。

note版BOOKERS版

LINE公式アカウント

最新情報の更新通知や最終レース予想をLINEにて配信しておりますので、是非ご登録頂きたいです!

最終レースでBESTかつ馬券をハメ倒せる予想を提供するというコンセプトで立ち上げたのがこのLINEコンテンツ最終ベスハメ!毎週土日に9時に最終レースで最も狙いたい馬を配信してます!その他、地方重賞や海外重賞も配信しておりますので是非!

全場馬場傾向&ご当地馬主情報

札幌競馬場を攻略する為の傾向と対策

函館競馬場を攻略する為の傾向と対策

福島競馬場を攻略する為の傾向と対策

新潟競馬場を攻略する為の傾向と対策

東京競馬場を攻略する為の傾向と対策

中山競馬場を攻略する為の傾向と対策

中京競馬場を攻略する為の傾向と対策

阪神競馬場を攻略する為の傾向と対策

小倉競馬場を攻略する為の傾向と対策

K-BA LIFEのオンラインサロン

オンラインサロン”BESTBUY検討委員会”

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

競馬を楽しみ、競馬を学び、競馬を愛す術全てを詰め込み、競馬仲間と”バイブレーション”を合言葉に狂喜乱舞するオンラインサロンになり、勝負レースの”BESTBUY”だけでなく、豊富なコンテンツを揃えております。

コンセプトは、全員が自信を持って勝負レースを発信できるようになることです。全力で勝負レースを発信し、全員で応援し、勝てば自分の馬券関係なく狂喜乱舞できる、そんな競馬の輪を体験できる仕組みを作り、競馬仲間が周りにいらっしゃらないという方は仲間ができるはずです!

K-BA LIFEの勝負レースを見るだけでなく、自分でも勝負レースをひねり出し、自分だけの宗教馬を作れることができる、そんな競馬サロンの運用を目指しておりますが、当然毎週発行しているK-BA LIFEの競馬新聞”バイブレーション競馬”も読み放題です。

また、K-BA LIFEだけでなく参加者の皆様がオリジナルの勝負レースを作れるような予想に役立つツールも配信しております。

また、上記のような予想のプロセスを実践できる場もあり、楽しく競馬を学び・実践できる場を提供しております。

各種の予想コンテンツとオンラインサロンの比較表は下記の通りです。