【マーメイドステークス2020】マーメイドSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はマーメイドステークスの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

マーメイドステークスは、牝馬限定戦のハンデ戦といういかにも荒れそうな舞台設定ですし、過去にもハンディキャッパーが無茶苦茶なハンデを設定したことで話題になったレースですので、そこらへんのギャップについても最終予想ではしっかりと見極めたいですね。ハンデ戦なので、ハンデを見てから出走可否を考える陣営も多いようなので、最終予想は最終予想でアップしたいと思います。

先週の回顧やエプソムカップの予想については下記で分析済みです。

エプソムカップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

関東オークスについてはLINE@で配信予定ですので、是非友達登録を頂ければと存じます。

マーメイドステークス2020 無料外厩情報

安田記念もグランアレグリアとアーモンドアイの外厩コンビで1.2フィニッシュでした。

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたマーメイドステークスやエプソムカップ他の全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら

マーメイドステークス2020 特別登録

 

馬名斤量
アストラサンタン50ハーツクライ
エアジーン52ハービンジャー
オスカールビー49ハーツクライ
サトノガーネット56ディープインパクト
サトノワルキューレ54ディープインパクト
サマーセント50ハービンジャー
サラキア55ディープインパクト
サラス54オルフェーヴル
シャンティローザ51ダノンシャンティ
センテリュオ55ディープインパクト
ナルハヤ51サクラプレジデント
パルクデラモール50ディープインパクト
フィリアプーラ54ハービンジャー
マルシュロレーヌ50オルフェーヴル
ミスマンマミーア53タニノギムレット
リープフラウミルヒ54ステイゴールド
リュヌルージュ53モンテロッソ
リンディーホップ50ハーツクライ
レイホーロマンス52ハービンジャー
レオコックブルー50ベーカバド
レッドアネモス54ヴィクトワールピサ

マーメイドSを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

マーメイドステークスは前走上り上位組に注目

マーメイドステークスが開催される阪神2000mは、直線の急坂を2回回るコーナー4回のタフなコースです。内回りコースであり、脚の使い所が少し特殊であり、京都外回りや阪神外回りのコースと比較して差しが決まりにくいことがよく知られております。それでは、牝馬限定戦かつハンデ戦のマーメイドステークスであればどのような傾向になるのかラップから見てみましょう。芝の傾向が変わったここ5年で分析してみます。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

過去10年では、7回が後傾ラップであり、過去5年でいえば3回が後傾ラップであることがわかります。また、前傾ラップとなった2016年は、シャイニーガールがスプリント戦かと勘違いするくらいの鬼ラップで逃げたことが要因であり、昨年2019年はご存知の通り先行馬壊滅の暴走的なラップを刻んだことによる差し決着が大きな要因です。基本的には、道中緩み、内回りのコースである為、コーナー途中からペースが上がる持続力勝負になります。

タフな舞台であり、騎手が構えがちであることを考えても、末脚重視のレースになることがわかりますが、大切なのは3ハロンの末脚ではなく、4ハロンの末脚が重視されます。

このようなレースラップであることからも近走で上がり3ハロンで上位の馬の成績がずば抜けており、過去5年で15頭の馬券になった馬の内、11頭が前走上がり上位の馬でした。

また、上がり最速の馬は、このレースで4-2-2-3とずば抜けた成績であり、末脚が重要視されるレースであることがわかります。

その為、前走上り上位組についてはしっかりと狙いたいですね。

ハンデキャッパーの目と実力の乖離を見抜く

マーメイドステークスはハンデ戦です。さらに牝馬限定戦でのハンデ戦ですから著しく厳しいハンデを背負わされたり、そんなに軽いの?ってハンデを背負わされたりすることがあります。

ではどんな決め方なの?ってところですが、JRAの職員さんが会議で決めます。

ハンデキャッパーがまず登録メンバーの中で一番強い馬のハンデ(これがトップハンデ)を決め、そこから力関係(距離の向き不向き、それまでのレースの斤量やタイム、勝ち馬との着差、調子の上下、成長や衰えなどさまざまな角度を総合して判断する)を類推してハンデをつけていきます。

ある番組でその様子を見たことがありますが、熟練の職員さんが鉛筆片手に馬柱に点数をつけてる様子が見れるのですがあまりにもアナログで笑ってしまいました。結果的にはG1の好走馬のような馬については例外なくトップハンデをつけられるので、適性とトップハンデのギャップが生じていますし、なんなら実力とハンデの乖離もあったりします。

マーメイドステークスも例に違わずかわいそうなハンデをつける馬が結構いたりしますね。ハンデ重賞を勝利しただけだったり、高速馬場で弱い馬に対して圧勝しただけで56kgというハンデをつけられた馬もいたりします。最近で言えば、トーセンビクトリーやシュンドルボンはかわいそうでしたね。そしてなぜかわからないですが、このマーメイドステークスでは、55.5kg以上の斤量を背負わされる馬は、実力以上に過大評価をされることが多いのも事実です。先述のトーセンビクトリーやシュンドルボンの他、バウンスシャッセやセラフィックロンプも実績の割には印象で重い斤量を背負わされたように思います。

単純に牡馬が斤量背負うのと牝馬が背負うのでは訳が違うのかもしれませんね。

そのような意味でもハンデの捉え方を重いからいいとか軽いからいいという考えではなく、そのハンデが適正かを見極めることが重要でしょう。さらに軽ハンデ馬で適性がある舞台なら良しと捉えて、トップハンデ馬が苦手舞台ならシメシメ、ハンデキャッパーさんありがとうございますと心の中で呟きましょう。

マーメイドステークスの血統傾向は一択

マーメイドステークスの血統傾向を紹介します。

阪神の芝コースはここ数年で高速化が進んでおりますので、後傾ラップといえども全体時計は2分を切る高速化が進んでおります。そういう意味でも、注目したい血統は、スピードのあるサンデー系に加えて、米国系の血統。近年はこの傾向が顕著ですね。

2019年

1着 サラス

オルフェーヴル✖️米国系タピット

2着 レッドランディー二

ディープインパクト✖️米国系ミスプロ

3着 スカーレットカラー

ヴィクトワールピサ✖️米国系ウォーエンブレム

2018年

1着 アンドリエッテ

ディープインパクト×米国系ヴァイスリージェント

2着 ワンブレスアウェイ

ステイゴールド×米国系ストームバード

3着 ミエノサクシード

ステイゴールド×米国系エーピーインディ

このように2年連続でかの好走血統が上位を独占してます!迷った時には、この組み合わせを狙ってみるのも面白いかもしれませんね!

”勝負レース”に魂注入!BEST BUY検討委員会のご案内

K-BA LIFEのBEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

2019年から配信を開始している勝負レースコンテンツ”BEST BUY”を検討委員会でも紹介しております。

昨年は単勝回収率177%であり、5月終了時点での回収率は下記です。6月1発目もしっかりと的中できたので170%に近づけたかなと思います。

2020年の累計は12-5-1-25で、5月は4-1-0-4と明らかにピンかパーですが配当は1倍台は絶対に狙わないようにしており、あくまで期待値を見て、”お買い得”なBEST BUYを紹介するコンテンツです。その他にもBETTER BUYというコンテンツも配信しており、先週は、12倍の単勝でトーホウラデンが勝利しました。この勢いで6月もしっかりと的中したいですね。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名なチャンネル登録10万人超えの競馬Youtuber”競馬の大根おろし”様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。1日に1回面白い企画を提案し、馬券を通じて競馬の楽しみ方をお伝えしようという企画です。複勝勝負、複勝リレー等、時々とてつもない馬券が的中したりするので是非大根おろし様ファンもよろしくです!先週は1万円を12万円にして、翌日に12万円勝負して散りました。またリベンジしたいと思いますw

◆1か月3万円馬券生活

先月はBEST BUYや重賞の勝負レースを主軸にして、1か月3万円馬券生活をやり切り、G1や地方交流重賞等多数ある5月でプラス収支でした。実際にこの検討委員会で投票履歴まで全て開示して、嘘偽りなく全ての週で競馬をしてプラス収支で終えることができました。その中で、意識したことは3つあり、その3つについて6月に虎の巻として紹介予定です。また、フルコミットを前提に1か月〇万円馬券生活を実践する人には、全力サポートしたいと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。これがBEST BUYの基本といっても過言ではありませんので白熱した議論ができることをお待ちしております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】