【ローズステークス2020】中京で開催されるローズSだから狙いたい馬を探す予想記事

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はローズステークス2020を”中京で開催される”という観点で有力馬の分析をしたいと思います。

今年は京都改修の影響でローズステークスも中京開催。阪神が急坂ある直線の長いコースですので代替としてはここしかないという感じですが、コースの特徴はかなり違うのでまとめたいと思います。

このブログでは、そんな中京開催されるからこそ、トライアルレースといえど狙いたい馬を紹介したいと思います。

まずは、阪神開催のローズステークスの特徴は、非根幹距離のレースではありますがオークスの延長戦のようなレースであり、4ハロン目・5ハロン目が極端に緩み長い直線勝負になり、オークス好走馬がそのまま上位にきて、さらに言えば血統もディープ*米国系の独壇場というわかりやすいくらいのオークス感。

一方で中京2000mになるとどうなるかというと、スタートが急坂手前になることからも、テンも緩く、1~2コーナーも上り坂でここもペースが上がらずに向こう正面まではかなり緩いレースになります。

阪神1800mとの違いは、中間ラップが緩むのではなく前半5ハロンが極端に緩むというレースラップになりがちな傾向があります。

クラス平均ラップは下記です。

3歳オープン戦がないので、古馬のオープン戦をピックアップすると前半5ハロンが極端に緩み、後半が速いレースであることがわかります。

このようなレースラップになり、なおかつ開幕週になると極めて前が有利になります。

実際に土曜中京では、2戦して逃げ馬が3着、1着と好調でした。日曜日になると重馬場から良馬場に乾く過程での馬場で差しが決まる馬場になっていましたが先行馬の活躍が目立っておりました。

実際に金鯱賞を見てもサートゥルナーリアは異次元として、リスグラシューでもダノンプレミアムを差せないのが中京2000mですから上級戦になれば前が有利です。

(一方で、開幕が進めば急坂ある長い直線なのでどうしても外差しが決まるのであくまで開幕前半の話にとどめておきます)

前目のポジションで競馬ができ、前半5ハロン緩め、その後後半5ハロン速い脚を使い続けて後続馬の脚を消耗させる競馬が得意な馬、つまりキタサンブラックを買えばいいんです。(いるはずない)

ということで、ローズステークスの有力馬を順番に分析したいと思います。

ローズステークス2020 特別登録馬

 

馬名
アカイイトキズナ
アブレイズキズナ
ウーマンズハートハーツクライ
エレナアヴァンティアドマイヤムーン
オーマイダーリンディープインパクト
クラヴァシュドールハーツクライ
シャムロックヒルキズナ
シャレードダイワメジャー
セウラサーリオルフェーヴル
ソフトフルートディープインパクト
チャイカロードカナロア
デゼルディープインパクト
フアナルーラーシップ
フィオリキアリキズナ
ムジカエピファネイア
ヤマニンプティパブラックタイド
ラインオブダンスハーツクライ
リアアメリアディープインパクト
リリーピュアハートディープインパクト

ローズステークス2020 有力馬分析

ここでは人気上位5頭を紹介したいと思います。シンプルに先週の競馬を見てもオークス組が強いですよね。オークスで10着のマルターズディオサが紫苑ステークス制覇、16着のスマイルカナは京成杯AHで2着と大活躍しておりますのでオークス組は無視できません。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

デゼル

名馬アヴニールセルタンとディープインパクトの子という世界的な名血でその末脚はワールドクラスと思える内容で2戦2勝で迎えたオークスはまさかの11着。レーン騎手を手配して絶好の1枠1番だったのに・・・という内容でした。

オークスを分析するとスタートしてからデアリングタクトを意識しすぎて、3~4コーナーで外を回しすぎたことが要因でしょう。高速馬場でありながらも道中スローの流れでしたので、上位にいた馬は全て直線でも内~中のロスの少ないポジションをとっていたことからも、デアリングタクトは桁違いとして、後方勢には厳しい競馬でした。

そのオークス組で、スローの瞬発力勝負で位置取りだけで負けたという意味では、中京で開催されるローズステークスは前半緩む開幕週でいかにも不安。

とはいうものの1800mで強烈な決め手を出してきていただけに、2400mは距離の壁があるという想定であれば、距離短縮はプラスですし、何よりスイートピーステークスでは前にいく馬が総じて馬券になる中で一頭だけ桁違いの末脚を出しての圧勝劇でしたので、ハマれば怖い一頭。

個人的にはこれで1人気であれば期待値低い馬とみていいでしょう。

クラヴァシュドール

阪神ジュベナイル、桜花賞、オークスと全て上位評価してきたクラヴァシュドールも参戦。オークス15着でありましたが、4コーナーでもげるような手応えで直線にむかったのに最後はピタッと止まったあたりでいかにもガス欠。距離の壁や輸送での馬体減などがあったのではないかなと考えますのでこの距離短縮のローズステークスはいい条件でしょう。

クラヴァシュドールを語るには新馬戦で10秒台を阪神外回りで記録した圧倒的なスピード、サウジアラビアカップでレコード決着の中サリオスに最後まで食らいついた絶対的な能力、阪神JFでは唯一後方の外々を回して馬券になった強い内容、チューリップ賞では初めて先行してレシステンシアを逆転したところで気を抜いて2着、桜花賞では水曜追いをトラブルで木曜追いにし、3コーナーで大きな不利を受けて13番手から最内を通って4着と内容としては十分で重賞制覇していないのがおかしいくらい。ハーツクライ産駒でまだまだ甘いところがあるので、逆に秋の成長力に期待したいですね。

極めつけは・・・(続きはBEST BUY検討委員会にて)

フアナ

フアナも出世しました。未勝利戦はラルナブリラーレ、ムジカ、チャイカといった相手に桁が違う強さで圧勝し、その後のフローラSでも強風の向かい風の中で、上り最速の末脚でタイム差無しの3着となり、前走は小倉で古馬や3歳の強い牡馬相手に上り最速かつ好時計で勝利。前走ラップはスタートしてから全く緩むことのないハイレベルなラップバランスでも先行して長くいい脚を使い続けての勝利は価値ある一戦でした。

先行できる競馬も夏を超えてできたあたり、年明けデビューで成長を感じました。おそらくトモが鍛えられてきたことも大きいでしょう。角居厩舎の馬らしくどこかで一気に走りがよくなりますから注目の上り馬だと思います。

先行できる脚質で長くいい脚を使えますから非オークス組では惑星感ありますね。

リアアメリア

デビュー戦は、相手が相手に過大評価されていたかもしれませんが、上り3ハロンは2位と比較して1秒8差の桁違いな内容で圧勝し、アルテミスステークスではシンザン記念の勝ち馬であるサンクテュエール、古馬相手に2勝クラス勝ちしたビッククインバイオを遊びながら千切った競馬で大物感ありましたが、阪神JFと桜花賞では敗れてしまいました。それでもオークスではスローの瞬発力勝負になると4着と盛り返し、大外から競馬した馬の中で唯一好走できました。

この内容を見ればリアアメリアの好走条件はスローペースの瞬発力勝負。瞬発力が信条なので、前有利なコースや馬場では分が悪いですが、直線さえ長ければ末脚だけで差をなんとかしてしまうタイプです。松パク厩舎の馬っぽいところがあります。

このローズステークスではある程度のポジションを求められますが、前半緩みに緩み、瞬発力勝負になるようであれば外から突っ込んでくる馬はこの馬になりそう。5ハロンの持続力勝負戦になると少し最後甘くなりそうですが、坂は苦にしないですし一発を警戒した相手にはいれたい一頭ですね。

リリーピュアハート

リリーピュアハートの前走は本当に残念でした。スタートでいきなり躓き信条である先行策ができなくなり、直線では末脚に賭ける競馬で前が壁で追い出しが遅れる不利。スタートで先行できていたらという内容でした。間違いなくローズステークスは得意条件ともいえる内容ですし、買える一頭ですね!

これ以外にも買えると思った穴馬含めて今週BEST BUY検討委員会の予想コーナー”旅の宿”で紹介予定です!

特に今年のローズステークスには、”ディアドラ”を発見しました!!

色々あるご時世ですから、クローズドな場所であーでもない、こーでもないを語り合える仲間と一緒に競馬をしたいという方は是非~!

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年、K-BA LIFEでは、新企画”BESTハメ倒しんぶん”、略して、ベスハメを開始することをご報告申し上げます。

ベスハメでは、これまでFINAL BEST BUYとして配信していた中の人の最終勝負レースに加えて、先月より新馬戦で大爆発中の帯男パイセンが繰り出す最終レースの”ハメ倒し”を配信します!

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

さらにLINEで配信しているベスハメは最終レースだけですが、ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら