• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【ヴィクトリアマイル2020】ヴィクトリアマイルを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【ヴィクトリアマイル2020】ヴィクトリアマイルを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はヴィクトリアマイルを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

このブログでは、ヴィクトリアマイルの過去のレースや近年の馬場・コースレイアウト・血統・ラップ・ローテーション等ありとあらゆる定量的データについて徹底的に分析し、定性的にも説明つく再現性のあるデータについてピックアップして紹介しております。大穴を狙う癖がありますが、フラワーカップのアプレイズや京成杯のクリスタルブラック等の穴馬を強気に狙えるようなロジックに仕上げてますので、他のレースにも応用ができるかなと考えております。

そして、ヴィクトリアマイルは、ウオッカやブエナビスタのような名牝が負けるような舞台であり、そのレースの攻略のヒントは、このレースを連覇したストレイトガールにあります。ストレイトガールから再現性を紐解くこの”絶対に知っておきたい3つのこと”を是非最後までご高覧頂ければと存じます。そして、今年のストレイトガールはどの馬かをBEST BUYな一頭として紹介したいと思います。

先週の日曜日は、NHKマイルカップで本命ボンオムトゥックで攻めた予想にしましたが、内・前の行った行ったの競馬で、武豊や矢作調教師もフェアではないとした馬場の影響もあり、2列目の外を回すような競馬で、最後は力尽きてましたね。ただ、他の勝負レースについては、BEST BUYのダイワダグラス2着、BETTER BUYのラヴユーライヴ1着、マイネルアムニス1着(単勝20倍超え)、FINAL BEST BUYのセイヴァリアント3着と推奨馬の5頭中4頭が馬券になっておりましたので、やはり得意舞台だなと思っております。今週の復習もしっかりとして、来週以降の予想に集中できればなと考えております。そして、1ヶ月3万円馬券生活については、先週もしっかりと継続しております。戦略に対して、G1で大勝負して、予想は完璧であった最終レースで予算が尽きるという最悪な状況になったので、しっかりと戦略と照らし合わせた馬券購入をメンタル修正合わせて実践したいと思います。今週もBEST BUY、1ヶ月3万円馬券生活、そして競馬の大根おろし様との一日一善企画で競馬を盛り上げていきたいと思います!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

それでは、ヴィクトリアマイルの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことをどうぞ!

ヴィクトリアマイル2020 特別登録

アーモンドアイが昨年敗れた安田記念のリベンジではなく、こちらでタイトル奪取を狙ってきましたね。ドバイ帰りのローテーションはこのレース鬼門なのでレース走っておらず移動だけのアーモンドアイは果たしてベストパフォーマンスを発揮できるのかというところも注目ではありますね。ほかにも昨年の覇者ノームコア、重賞連勝中のサウンドキアラ、オークス馬のラヴズオンリーユー等相当いいメンバーが揃いましたね。楽しみな一戦になりました。

馬名
アーモンドアイロードカナロア
アルーシャディープインパクト
コントラチェックディープインパクト
サウンドキアラディープインパクト
サトノガーネットディープインパクト
シゲルピンクダイヤダイワメジャー
シャドウディーヴァハーツクライ
スカーレットカラーヴィクトワールピサ
セラピアオルフェーヴル
ダノンファンタジーディープインパクト
テーオービクトリーブラックタイド
ディメンシオンディープインパクト
トーセンブレスディープインパクト
トロワゼトワルロードカナロア
ノームコアハービンジャー
ビーチサンバクロフネ
プリモシーンディープインパクト
メジェールスーロードカナロア
ラヴズオンリーユーディープインパクト

ヴィクトリアマイル2020 外厩情報

ヴィクトリアマイルの外厩仕上げ馬を無料でゲットできるサイトを発見しましたのでご紹介致します。

先週のNHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでしたね。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発し、昨年のヴィクトリアマイルもノームコアが天永仕上げでしたので、今年のヴィクトリアマイルもこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたヴィクトリアマイル出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

ヴィクトリアマイルを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

ヴィクトリアマイルは中長距離馬よりもスピードある馬

東京マイルで開催されるG1はNHKマイルカップ、ヴィクトリアマイル、安田記念とこの5~6月の東京開催で3回あるのですが、ヴィクトリアマイルについては、これらのレースと比較すると、非常にラップ的に緩みが特徴です。

まずは、グラフで安田記念とヴィクトリアマイルでラップ差を見てみましょう!

上記のグラフの通り、ヴィクトリアマイルは、安田記念と比較すると前半3ハロンが緩み、後半3ハロンが速いです。その為、後半3ハロンの1着馬の上がりは33秒台が基本であり、ヴィルシーナのような逃げ・先行馬でさえ34秒前半の上がりでまとめることができるレースです。安田記念よりも前半が緩く、後半の3ハロンが速いのでブエナビスタ、ウオッカ、ラッキーライラック、リスグラシュー、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ、メイショウマンボといった中距離で活躍する名牝といわれる馬がスピードのある瞬発力に秀でた馬に敗れることが多々あることでも、重視したいのはスピードですね。

このスピードについて、詳細分析するために、過去10年のレースラップを見ていきましょう。

昨年こそレコードタイムで全体的に前傾ラップの高速時計でしたが、基本的なヴィクトリアマイルは、安田記念と比較すると緩いペースで流れ、後傾ラップの瞬発力勝負になります。上がり最速の時計を見ても、32秒台が出ることも多く、スピードと瞬発力を求められるレースになります。

前半5ハロンは安田記念の平均時計と比較して、0秒5程度緩く、前半3ハロンが安田記念が過去10年で6回も33秒台で流れておりますが、ヴィクトリアマイルに関しては、4回と全体的に流れが緩いレースといえます。ちなみに3歳G1のNHKマイルカップは過去10年で3回が33秒台の前半3ハロンラップでした。古馬のG1だとしても、牝馬限定G1であることからも少し緩むという理解でいいでしょう。そのようなレースだからこそ、女傑級のウオッカやブエナビスタが取りこぼしし、ミッキークイーンやショウナンパンドラといった牡馬の中距離でも活躍するにストレイトガールが圧勝する、昨年でいえばラッキーライラックが4着となっておりましたし、その前ですと年度代表馬のリスグラシューがジュールポレールに敗れるといったマイラーのスピードが活きるレースといってもいいです。このようにテンが緩いペースになると直線での瞬発力が重要になります。

では、どのような馬がいいのか?

東京マイルレースで上り33秒台を出した経験のある馬でしょう。近年でも東京マイルで上り3ハロン33秒台実績のある馬は下記です。

2019年

2着 プリモシーン

2018年

1着 ジュールポレール

2着 リスグラシュー

3着 レッドアヴァンセ

2017年

2着 デンコウアンジュ

3着 ジュールポレール

2016年

1着 ストレイトガール

3着 ショウナンパンドラ

2015年

1着 ストレイトガール

2着 ケイアイエレガント

上記の通りで、馬券になっている馬の大半がマイル路線で切れ味鋭い末脚を出したことのある馬が中心です。東京のマイルで上り3ハロン33秒台を出したことがあるスピード馬を積極的に見つけてみるのは大事ですね!ただし、近年はとにかく高速化が進んでおり、先週のNHKマイルカップも含めて、内の前が有利な馬場になっておりますのでそういう意味でも、上述の速い脚を使った実績に加えて器用さが欲しいですね。

牡馬混合戦での実績を評価したい

上述の通り、ヴィクトリアマイルは、前半3ハロン含めてある程度緩むレースになるので、直線で瞬発力が求められるスピード勝負になり、ダービーに向けていい状態の馬場であることからも、ある程度のポジションをとれる器用さが求められます。このように純粋な直線でのスピード力勝負になることや馬場の恩恵にあやかる必要があるので、これまでのレースで先行できていたスピードと牡馬との混合戦でも1600m以下のレースで実績を残していた馬が好走することが多いです。

牡馬混合戦での実績ですが、これまでの実績を見ても明らかですよね。

例をとって、ストレイトガールの活躍を紹介しましょう。ストレイトガールは、牡馬とのマイル以下のG1でも好勝負連発していたので牝馬同士でのスピード勝負では中距離で活躍していたミッキーアイルやショウナンパンドラを相手にもしませんでしたよね。ここにヴィクトリアマイル攻略のヒントがあります。あのミッキークイーンやショウナンパンドラ級の馬が凡走しても、このストレイトガールは圧勝だったのは、やはり牡馬相手のマイル以下の重賞でも好走を連発していたからでしょう。

ストレイトガールの戦績を見たいと思います。

目立つのは牡馬との混合戦のスプリントG1で勝利していることでしょう。

本格化してからのストレイトガールの成績は牝馬ながら圧巻の一言。シルクロードステークスで牡馬相手に上り3ハロン33秒0の末脚で圧勝してから、高松宮記念3着、スプリンターズS3着、香港スプリントでも3着と牡馬の一流スプリンター相手にも負けないスピードを発揮し、2015年のヴィクトリアマイルを制覇。その翌年完全本格化し、スプリンターズステークスを制覇。ヴィクトリアマイルを連破し、引退した超スピード馬であり、牡馬相手のレースでも関係なしに馬券になっておりました。牝馬でありながらここまで強いスプリンターも珍しいですよね。

このストレイトガールが名前のある名馬を相手にヴィクトリアマイルを制した理由は、やはり牡馬に負けないスピード。牝馬限定戦に絞れば実はいくらでもスピードがあるという分析になってしまいますが、やはり牡馬との混合戦で力を出し切り、なおかつ圧倒的なスピードで勝利経験のある馬に注目したいですね。ストレイトガールの他にも1600m以下の牡馬混合戦での実績馬は、下記の通りです。

2019年

2着 プリモシーン(3歳時に古馬含めた牡馬相手にマイルの関屋記念を制覇

2018年

2着 リスグラシュー(本格化前にも東京新聞杯で牡馬を撃破

3着 レッドアヴァンセ(条件戦を牡馬混合戦で上り最速で勝ち上がり

2017年

1着 アドマイヤリード(条件戦を牡馬混合戦で上り最速で圧勝しオープン入り

牝馬に関していえば、牝馬限定戦でオープン入りしてから牝馬限定重賞で賞金を稼ぎ続けるというローテーションが主流ですが、それを無視して力を信じて牡馬との力比べに挑んでのし上がった馬は非常に有力ですよね。

ヴィクトリアマイルはスピード血統に注目

ヴィクトリアマイルの血統傾向は、ディープインパクト産駒!って言ってしまえば非常に簡単ですが、それでは予想ではないので、ちゃんと分析してみました。まずは、スピードが重要とお伝えしましたが、スプリント血統のボールドルーラー系、特にプリンスリーギフトに注目です。

ボールドルーラーやプリンスリーギフトは上述のこのレース攻略のヒントであるストレイトガールも持っているように、スピードの求められるレースであるこのヴィクトリアマイルと相性がいいです。実際にストレイトガール以降のヴィクトリアマイルで再現性があるのかを確認してみたいと思います。

プリンスリーギフト持ち

より高速時計の馬場になったスピード決着となるヴィクトリアマイル戦では、プリンスリーギフト持ちは好走多数です。ここ5年でも好走馬多数ですね。

2015年 1着ストレイトガール

2016年 1着ストレイトガール、3着ショウナンパンドラ

2017年 1着アドマイヤリード、2着デンコウアンジュ

2018年 3着レッドアヴァンセ

2019年 3着クロコスミア

ニジンスキー持ち

毎年のようにニジンスキー持ちは好走しておりますね。東京のマイルが特に得意なのでしょう。さらには、あの大穴馬券になった立役者であるミナレットは、ニジンスキーのクロス持ちでした。これは狙わない手はない!?

2015年

1着ストレイトガール、2着ケイアイエレガント、3着ミナレット

2016年

1着ストレイトガール

2017年

1着アドマイヤリード、2着デンコウアンジュ

2019年

3着クロコスミア

上記の通りですが、紹介した血統で気づかれた方はいらっしゃいますでしょうか。

そうです。

ニジンスキーとプリンスリーギフトのクロスを持つ馬が馬券によくなっているんですよね。ストレイトガールもそうですが、アドマイヤリードやデンコウアンジュ、クロコスミアといった馬が多数馬券になっておりますので、このヴィクトリアマイルニックスについてはしっかりと把握した上で予想しましょうね!

ヴィクトリアマイルの有力馬分析とBEST BUYな1頭

上記の分析に照らし合わせて有力馬紹介およびBEST BUYな1頭を紹介したいと思います。

アーモンドアイ

説明不要ではないでしょうか。気になるのは、有馬記念で大敗し、ドバイターフを目標に仕上げられてそのままトンボ帰りというローテーションですね。スピードについては、昨年安田記念で牡馬を相手に上り最速の32秒4という桁違いの末脚を繰り出しましたし、血統的にもロードカナロアがボールドルーラー持ちであるので文句なし。とにもかくにもこの馬は状態面とスタート次第です。昨年の安田記念は超高速前残り馬場で後方からの競馬になったこと、有馬記念では熱発明けでの競馬になったことが敗因です。内・前有利な馬場ですので、枠順と最後のパドックで頭固定するかを悩むべきかなと考えており、この馬の詳細分析は不要でしょう。

サウンドキアラ

2020年最大の上り馬はこのサウンドキアラでしょう。

鞍上松山騎手と共に重賞3連勝。牡馬相手の京都金杯、牝馬限定戦の京都牝馬S、阪神牝馬Sと3連勝しているサウンドキアラは先行して最後も切れる脚が使えるいかにもこの高速馬場向けの馬です。当然重賞でマイル以下のレースで上り33秒台を発揮してろいますし、昨年は2勝クラス突破後に能力を買われてヴィクトリアマイルに挑戦し7着でしたがそれでも上り3ハロンは33秒5。スピードに関しては問題ないと考えます。

血統的にはディープインパクト産駒にボールドルーラー持ちなので及第点。

少し懸念点としては、阪神と京都で良績が集中しており、東京代わりが過去2戦で馬券になっていないことでしょうか。脚質を見ても問題はなさそうで器用なタイプなのですが、京都専用機的な脚の使い方を前走も力で勝ち切ったので適性という意味では疑問が残りますね。枠順見ながら詳細の分析を進めたいと思います。

ラヴズオンリーユー

矢作厩舎の今年のエース候補はこの馬。コーフィールドカップに既に参戦を決めて黙々と準備を進めております。

土つかずの4連勝で昨年オークスを勝利。その後、初めての先行策で挑んだエリザベス女王杯は馬場が向かなかったのか、3着になりましたが、オークスで勝利したようにやはり東京の高速時計向きなのかもしれませんね。瞬発力あるタイプであり、白菊賞でも上り33秒台を記録し、エリザベス襄王杯でも先行して上り33秒台でしたので、スピードはあるタイプといえますが、牡馬相手の経験値がなく、スピードを誇示した実績がないのが懸念ですね。血統的にはサウンドキアラと似たような血統で、ディープインパクト産駒にボールドルーラー持ち。及第点でしょう。

ヴィクトリアマイル前走大敗でも狙えるBEST BUYな一頭

ヴィクトリアマイルを全頭分析し、BEST BUYな一頭を紹介しております動画を作成しました!

今回紹介しておりますのは二桁人気濃厚の前走大敗のあの馬です。前走大敗しておりますが、このコースに代わることで最も上昇すること間違いなしな一頭なので、人気以上には確実に走ってくれるでしょう。アーモンドアイについては一言も触れておりませんが、徹底的に分析しておりますので、是非ご高覧頂ければと存じます。

そ再現性あるデータ3つと完全合致した馬、つまりは”ストレイトガール”はどの馬か!?を下記のYoutube番組で配信しておりますので、是非チャンネル登録をよろしくお願いいたします!

VM前走大敗のBEST BUYな1頭はこちら!

また、土曜日にあります京王杯スプリングカップの分析記事は下記の通りです!

以上です!

ヴィクトリアマイル週も楽しみましょ〜!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”