【ヴィクトリアマイル2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はヴィクトリアマイル2020の最終予想と異常投票パトロールを紹介しておりますので是非ご高覧ください。

今年のヴィクトリアマイルは何と言ってもアーモンドアイが出走することで、非常に注目度の高いレースになっておりますね!過去には、ブエナビスタやウオッカも一度は負けたレースでありますが、歴代最多タイとなる芝G1 7勝に並ぶことができるか注目されております。芝G1を7勝したことある名馬はシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカ、ジェンティルドンナ、キタサンブラックと名実共にその時代の最強馬といわれた馬だらけです。十分その器のある馬ですし、スターホースが欲しい日本競馬としても是非達成したい気持ちはありますが、それでも競馬予想はお金を賭けるのでドライにいかないといけないですよね。アーモンドアイが来るという予想はだれでもできますので、違う馬を本命にします。

昨年の安田記念、有馬記念ではアーモンドアイ以外のインディチャンプ(1着)、そしてサートゥルナーリア(2着)を本命にして、馬券ではアーモンドアイと2頭軸で購入してしまい、完敗。競馬の難しさを知りました。

アーモンドアイが負けるのは右回りの非根幹距離か高速馬場の出遅れ。これが明確になりましたが、ヴィクトリアマイルは得意舞台の府中ですから、出遅れに賭けるかですが、それもギャンブルですよね。アーモンドアイの取捨含めて、最終予想を取りまとめしましたので、是非最後までご高覧頂ければと存じます。今回本命視したのは、二桁人気濃厚の前走大敗のあの馬です。前走大敗しておりますが、このコースに代わることで最も上昇すること間違いなしな一頭であり、お買い得と判断しております。

また、日曜競馬の提供コンテンツは、下記です。

①ヴィクトリアマイル 最終予想(ブログ)

②異常投票パトロール(ブログ)

③FINAL BEST BUY(LINE)

④BEST BUY(オンラインサロン)

⑤競馬の大根おろし様との一日一善(オンラインサロン)

上記をベースに1か月3万円馬券生活も同時進行でやってますので、気合い入れて競馬と向き合いたいと思います。

それではヴィクトリアマイル2020の最終予想をどうぞ!!

ヴィクトリアマイル2020 外厩情報

ヴィクトリアマイルや日曜競馬の全レースの外厩仕上げ馬を無料でゲットできるサイトを発見しましたのでご紹介致します。

先週のNHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでしたね。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発し、昨年のヴィクトリアマイルもノームコアが天永仕上げでしたので、今年のヴィクトリアマイルもこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練されたヴィクトリアマイル出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

ヴィクトリアマイル2020 最終予想

ヴィクトリアマイル 予想

ヴィクトリアマイルの最終予想を紹介したいと思います。まずは印は下記で勝負したいと思います。本命は現在10人気程度の人気薄ですが、いかにもこの舞台代わりがよさそうなタイプであり、近年の競馬を見る限り馬場が渋れば相対的に苦にしないタイプのあの馬の産駒です。

◎Youtube競馬番組で配信中(こちらをクリック)

〇アーモンドアイ

▲スカーレットカラー

△プリモシーン

注 他内枠の馬と先行馬

まずは馬場傾向ですが、今週からBコース代わりになり、土曜競馬も芝レースは前の先行馬が残る展開が目立ちました。特に重賞レースなんかもダノンスマッシュが馬場を読み切って逃げでそのまま、ステルヴィオやグルーヴィットといった先行勢で決着しました。連対馬が全部で10頭いますが、2頭が逃げ馬、5頭が先行馬で10分の7が前よりのポジションでした。当然重い馬場で前のポジションが有利ということもありますが、先週から続くトラックバイアスは前残り馬場で間違いないでしょう。これは開催前のエアレーションにより開催初期は差しが決まりますが、開催が進み、馬場が踏み固められることにより徐々に内の前が有利な馬場に変貌します。今回の雨によりどの程度影響あるかというところはありますが、ダービーをピークにした馬場の作りこみや設計を全体像としてとらえるとこの傾向が急に外差し馬場になるというほど馬場は変わらないのではないかなと考えます。ただ、時計はある程度かかっておりますので高速馬場は見込まなくていいかなと考えております。

次にヴィクトリアマイルを予想する前に抑えておきたいことですが、ヴィクトリアマイルは、同じコースでも安田記念と比較すると前半3ハロンが緩み、後半3ハロンが速いレースです。安田記念よりも前半が緩く、後半の3ハロンが速いのでブエナビスタ、ウオッカ、ラッキーライラック、リスグラシュー、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ、メイショウマンボといった中距離で活躍する名牝といわれる馬がスピードのある瞬発力に秀でた馬に敗れることが多々あることを考えても、重視したいのはスピードですね。昨年こそレコードタイムで全体的に前傾ラップの高速時計でしたが、基本的なヴィクトリアマイルは、前半5ハロンは安田記念の過去5年の平均時計と比較して、0秒5程度緩く、前半3ハロンが安田記念が過去10年で6回も33秒台で流れておりますが、ヴィクトリアマイルに関しては、4回と全体的に流れが緩いレースといえます。ちなみに3歳G1のNHKマイルカップは過去10年で3回が33秒台の前半3ハロンラップでした。古馬のG1だとしても、牝馬限定G1であることからも少し緩むという理解でいいでしょう。

そのようなレースだからこそ、女傑級のウオッカやブエナビスタが取りこぼしし、ミッキークイーンやショウナンパンドラといった牡馬の中距離でも活躍するにストレイトガールが圧勝する、昨年でいえばラッキーライラックが4着となっておりましたし、その前ですと年度代表馬のリスグラシューがジュールポレールに敗れるといったマイラーのスピードが活きるレースといってもいいです。このようにテンが緩いペースになると直線でのスピードが重要になります。

では、どのような馬がいいのか?

これまでのヴィクトリアマイルで馬券になっている馬の大半がマイル路線で切れ味鋭い末脚を出したことのある馬が中心であり、特に、牡馬との混合戦の東京マイルで上り3ハロン33秒台を出したことがあるスピード馬を重視したいです。ただ、内の前が有利な馬場になっておりますのでそういう意味でも、マイルレースでも直線に速い脚を使った実績に加えて器用さが欲しいですね。

血統的にはボールドルーラーやプリンスリーギフトといったナスルーラの中でもスピードに偏ったタイプを持ち、かつニジンスキーを持っている馬に注目したいと思います。さらにアーモンドアイが来たとしても馬券になれば大爆発できるようなそんな馬を本命にしました。

◎Youtube競馬番組で配信中(こちらをクリック)

本命馬は、右回りになるとひたすら内にモタれるので重賞級では少し厳しいので、前走の大敗は全く問題なし。若い時から東京を中心にキャリアアップしてきた馬であり、実際に東京コースは大得意であり、1-4-1-1と全く崩れなく、崩れたのは距離の壁があったオークスのみ。2走前では、同じコースの重賞レースで牡馬相手に上り33秒3の末脚で内から強襲し、2着。牡馬との混合重賞で、上り33秒台というスピードを見せた内容は非常にいいですし、何よりも今の東京開催では最高の内枠を引けたのも嬉しいですね。できればスタートして最内で溜めて直線だけ外に出すくらいの競馬に徹してほしいですし、それができる騎手だと思います。スタートさえきれば、先行して勝利した経験もあるので極端な競馬でなければならないタイプでいいのもプラスに働きます。

血統的にも好走血統である、ボールドルーラーとニジンスキー持ちであり、高速馬場適性の高い馬が苦しむ馬場であっても、この馬はパワーも持つタイプですので全く問題なし。東京であれば重馬場でもハイペースでもスローペースでもどんな競馬もできますし、強い相手でも相手なりに自分の競馬ができることが魅力的。

アーモンドアイ相手でも一発あるのではないかなと考えておりますし、このオッズであれば馬連やワイド、さらには3連単の2着・3着固定でも面白い1頭ではないでしょうか。

対抗は、アーモンドアイ。

説明不要ではないでしょうか。気になるのは、有馬記念で大敗し、ドバイターフを目標に仕上げられてそのままトンボ帰りというローテーションですね。スピードについては、昨年安田記念で牡馬を相手に上り最速の32秒4という桁違いの末脚を繰り出しましたし、血統的にもロードカナロアがボールドルーラー持ち。重馬場についてもシンザン記念で歴史に残る加速ラップでの異次元の末脚を見せてくれましたし、ドバイの馬場でも本領発揮していたので問題ないでしょう。

とにもかくにもこの馬は状態面とスタート次第です。昨年の安田記念は超高速前残り馬場で後方からの競馬になったこと、有馬記念では熱発明けでの競馬になったことが敗因です。内・前有利な馬場ですので、出遅れたりすると少ししんどいかなと思います。ブエナビスタがドバイからの帰国後に敗れたレースでもありますし、遠征というのは走っていなくてもそれ相応に消耗しますし、仕上げていれば馬もカリカリしますから、出遅れの可能性もありますから付け入るスキはありそうです。

3番手はスカーレットカラー

前走の阪神牝馬ステークスの内容が秀逸。34.5-34.5の緩い先行馬有利の流れで、実際に7着までは前目の内にポジションをとった馬が多数の中でも、この馬は15番手から外々を回して上り最速で唯一馬券になりました。阪神牝馬ステークスのメンバーもハイレベルでしたし、その中であの馬場と展開が逆の競馬で、2着まで持ってくるのは力があります。

さらに東京競馬場の成績は、古馬になってからは負けなし。アイルランドトロフィー府中牝馬ステークスでも前有利な流れの中でも一頭だけ異次元の末脚で突っ込んできましたし、この時の馬場はやや重馬場でしたので緩い馬場でも全く問題なしですし、高速馬場適性もあるので非常に面白い1頭。その時に撃破した馬がラッキーライラックにクロコスミア、サトノガーネット、そしてプリモシーン。オッズとしては非常においしい1頭ですので、本命馬とのフォーメーションで高配当も狙えそうです。

ヴィクトリアマイルに必要な直線で中距離馬を切り倒すスピードはこれまでにも実績あり、牝馬同士であれば十分勝負可能。後方からの競馬になるので馬場が向かない可能性が高いのと鞍上が岩田騎手ではないことからもこの評価としました。

4番手は、プリモシーン。

ダミアンレーン騎手が、昨年の覇者ノームコアにのらずにプリモシーンに騎乗するのは、母モシーンがVRCオークス含めてオーストラリアのG1を4勝した名牝だからでしょうか。このレーン騎手は、オーストラリアで活躍する日本馬や血統での騎乗が非常に上手です。昨年のノームコアも父ハービンジャーでデインヒル持ち、リスグラシューもオーストラリアでコックスプレートを圧勝等と馬の能力と騎乗スタイルが合うのでしょう。血統と騎手の相性に加えてプリモシーンは昨年本命にしたように、このレースで相性のいいボールドルーラーとニジンスキー持ち。加えて、牡馬相手のマイル戦で上り最速の33秒台を連発して複数回勝利していることも魅力的ですね。昨年もこの再現性の高い好走傾向に合致しているので、本命にしましたが、上り最速で2着。そして、東京競馬場は2-1-0-1であり、今年こそという思いもありそうですし、本命にしたかったですが、2年連続本命は成長がないなと思いましたし、さらには馬場がやや重めの印象なので、パンパンの良馬場でなければ、去年比では買い要素が少ないと思い、この印にしました。

その他の人気馬ですが、ラヴズオンリーユーはマイルの流れがこの馬得意の流れにならない可能性が高く、絶好枠を引いたのですが、紐まで。中間の調整もそんなによくないとのことで急遽土日に調教を追加するような調整なのでうまくいっていない感はアーモンドアイと比較すると相当ありますね。そして、ダノンファンタジーは馬場が緩むとどうかなという点で紐まで。サウンドキアラについても非常に調子もよさそうで、勢いはあるのですが東京競馬場でのコース実績や大外枠を嫌いたいです。ノームコアもローテーションと馬場がイマイチなので、ここまでの評価としました。いずれにしてもこのレースは買い方かなと思います。

異常投票パトロール

アーモンドアイは、いつも通りの大博打者が大量にいますので、50万円以上の投票に限定します。

馬名単勝複勝
ラヴズオンリーユー 17万
プリモシーン25万  
アーモンドアイ

50万,50万

60万,40万

60万,280万

58万,330万

220万,130万

70万.,48万

トロワゼトワル 40万
スカーレットカラー 10万,10万 
ノームコア 10万
サウンドキアラ 10万 

最終レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”

昨日もLINE配信馬が1着で、5月は地方競馬も含めて7回配信中馬券内6回と絶好調ですので本日も気合い入れて配信したいと思います。

日曜競馬のFINAL BEST BUYはわかりやすいくらいに展開が向きそうなあの馬からにします。出走中前走先行馬が3頭しかおらず、その中でもこのクラスでは間違いなく力が1枚上のの馬です。今回は舞台も変わり条件もよさそうなので好走を期待したいと思います。配信は、LINEにて当日10時に配信しており、LINEでは地方競馬や海外競馬も配信しておりますので、下記より是非お友達登録をお願いいたします。

◆LINE配信 5月成績

5月2日 ノーブルワークス1着

5月3日 トレイントレイン2着

かきつばた記念 ノボバカラ2着

かしわ記念 アルクトス4着(切モズアスコット、ルヴァンスレーヴ

兵庫CS バーナードループ1着

5月9日 オルクリスト2着

5月10日 セイヴァリアント3着

5月16日 グランデストラーダ1着

5月17日 下記バナーリンクで10時に配信します!

異常投票パトロール

★新潟1R タイキスウォード

新潟1レースで早速出ました高額投票。0時30分に単勝280万円、1時42分に複勝40万円の投票発見!これは大注目ですね!

京都1R アールウェルス

前日20時の前売り販売後すぐに複勝40万円投票発見。こういう投票っておそらくですが、最初の異常オッズは無視されるという心境からくるものかもしれません。

★京都2R ウォーターラーテル

早朝6時30分に複勝300万円投票発見。これってアーモンドアイよりも多いんですよね。

BEST BUY検討委員会について

BEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

重賞レースよりも回収率が高いので配当が高く、単勝の的中率が高い馬を狙う勝負レースコンテンツです。昨年は単勝回収率177%でした。5月10日終了時点での成績は下記です。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名な競馬の大根おろし様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。現在約5万円の徳を積んでおり、時々全コロしたりと好き放題競馬を楽しんでおりますw

◆1か月3万円馬券生活

BEST BUYや重賞予想を活用し、結果にフルコミットしております。1か月の予算3万円でいかに”予想の印を馬券にするか”を考え抜き、この5月という競馬が年で一番盛り上がるダービー月間であえて予算の上限額を設定し、その中でのやり繰りを本気で考え、投票履歴含めてフル開示し、誰にも嘘偽りなく1か月3万円馬券生活をしております。目的は、1か月3万円馬券生活をすることにより理想的な家計の中で競馬を楽しみ、勝つ手段を自分が手に入れて、検討委員会で共有できればと考えております。

3万円の予算は、1レースで使おうと思えば使えますが、それでは”生活”を犠牲にするリスクもあります。勝負レースの位置づけやリスクの考え方、勝負レートを定量的に分析し、実践し、軌道修正し、予想をお金に買える方法を定量的に分析したいと思いますし、提案しようと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

◆WIN5検討委員会

とにかくWIN5を予想します。パイセンと2名で一人1頭厳選し、1レース2頭で億の配当を狙います。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

以上です!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”