【七夕賞2020】七夕賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は七夕賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

先週日曜日は、単勝で買った馬券は全て2.3着で外れてノーヒットノーランでございましたので、本日七夕なので七夕賞の予想準備を願いを込めながら実施したいと思います。

一番好きで、毎年行ってる、今の淀で行われる最後の菊花賞を現地で見れますように。

ということで、七夕賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

七夕賞2020 特別登録馬

今年の七夕賞の出走メンバーは夏競馬らしく、主流の競馬場では力を発揮できなくても小回りであれば重賞級という馬が多数出走しておりますので注目です。特にジナンボーは中距離G1でも好走できる実力馬ですし、ローカル持続力勝負ならまだまだ勝負できるノーブルマーズ、怪我からそろそろ復調したいエアウィンザー、福島の鬼マイネルサーパス等個人的には非常に好きなメンバーが揃って楽しみな一戦となりました。

馬名
アウトライアーズヴィクトワールピサ
アンノートルアイルハヴアナザー
ウインイクシードマンハッタンカフェ
エアウィンザーキングカメハメハ
オセアグレイトオルフェーヴル
クレッシェンドラヴステイゴールド
グローブシアターキングカメハメハ
ジナンボーディープインパクト
ソールインパクトディープインパクト
ノーブルマーズジャングルポケット
バレリオステイゴールド
パッシングスルールーラーシップ
ヒンドゥタイムズハービンジャー
ブラヴァスキングカメハメハ
マイネルサーパスアイルハヴアナザー
リュヌルージュモンテロッソ
レッドローゼスステイゴールド
ヴァンケドミンゴルーラーシップ

七夕賞2020 予想

七夕賞は持続力勝負になるのでマイル実績を重視したい

福島競馬場の夏の風物詩”七夕賞”

このレースが始まると夏がきたと思いますね。

七夕賞のレースを分析しましょう。七夕賞は、福島2000mのコースで開催されるのでスタート地点は4コーナーのポケット地点であり、ここは高低差の頂上に位置します。その為、スタート直後は下り坂でスタートし、小回りの開幕2週目であるので、前半かなり流れます。過去10年の七夕賞のラップを紹介致します。

見て頂ければわかります通り、過去10年でも9回が前傾ラップであり、前半3ハロンに関していえば33秒台で流れた年もあるくらい流れます。スタート地点が頂上であることやポジション争いが行われることが大きいでしょうし、コーナー4つで小回りなので後方の馬がコーナーで抜くのも難しいコースになっていることから前半3ハロンでポジション争いが激化するものと考えます。レース全体としても上りが非常にかかるレースであり、上り3ハロンは37秒台にもなることがあり、非常にタフな持続力を求められるレースであることがわかります。直線が短いとはいえ、差しも決まる舞台ですので安易に逃げ馬を買うというのは危険なレースですし、メイショウナルト以外は逃げ馬で連対した馬もいないですから非常にタフであることがわかります。

このような持続力勝負かつ前半3ハロンが非常に速いレースになると、マイルレースの追走スピード実績が活きます。昨年こそ雨の舞台で、スピードが求められなかったので距離短縮馬が有利なレース展開になりましたが、全体的にはマイル実績馬や前走マイルの距離を経験した馬を狙いたいレース。

過去5年においても、前走マイルやマイル実績馬が多数好走しております。

2018年

1着 メドウラーク 前走1600m

3着 パワーポケット 前走1600m

2016年 

1着 アルバートドック

2着 ダコール

3着 オリオンザジャパン

2015年

1着 グランデッツア

2014年

3着 マイネルラクリマ

非常に高いレベルでの追走スピードが求められる持続力勝負であるからこそ、穴をあけるのはマイル実績馬であるということを頭の片隅に置いておきましょう。

七夕賞の”7”は買える!?

これはもうネタですが、旧暦でいえば七夕賞は7月7日ですよね。その為、七夕賞の7-7の枠連や単勝の7は非常に売れます。

過去10年の枠順別成績になります。

ギャグかなと思うくらい7枠は馬券にならないんですよね。

ちなみに7番枠ですが、0-1-3-6と過去10年で10頭いますが、地味に買えそうです。

明日の話題に使ってください。

持続力勝負に強い血統であるロベルト・グレイソヴリンそして米国系血統に注目!

七夕賞では、上記の通り前傾ラップのタフな流れになり持続力を問われるレースになります。過去の七夕賞を確認すると注目したい血統は下記です。

・ロベルト

・グレイソヴリン

この上記2つの血統を持ち、2018年に大本命にして注目していた馬が”メドウラーク”でした。ここ最近ローカル開催の重賞が多いのでよくこの2つの血統が出走していることが多いかもしれませんが、前傾ラップの七夕賞に関して言えば、特に傾向は顕著です。下記に上記の血統を持つ七夕賞の好走馬を紹介します。

2019年 ミッキースワロー(グレイソヴリン持ち

2018年 メドウラーク、パワーポケット

2017年 ゼーヴィント、マイネルフロスト

2016年 ダコール、オリオンザジャパン

2014年 メイショウナルト、ニューダイナスティ

2013年 タガノエルシコ

2012年 ミキノバンショー

この2大血統については、絶対に見逃せないですね!

他にも父米国系種牡馬の馬も持続力勝負に強いので活躍馬多数です。

2019年 ロードヴァンドール(母父ストームキャット

2018年 パワーポケット(父エンパイアメーカー

2016年 オリオンザジャパン(父クロフネ

2015年 マデイラ(父ヴァイスリージェント

2014年 マイネルラクリマ(父チーフベアハート

血統的に偏りがでるのもローカル競馬の楽しいところですので、注目したいですね!

七夕賞2020における注目馬については、上記の通りで持続力勝負に強く、血統的にも完璧な馬が一頭いますので、Youtubeでも紹介致します。

七夕賞の予想も楽しんでいきましょ~!

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!