【京成杯2020】京成杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は京成杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。京成杯の過去10年のデータを分析し、定量的データと定性的データをしっかりと織り交ぜて紹介しますので腹に落ちる傾向分析を心がけてます。近年この京成杯は皐月賞と同舞台であるので、皐月賞好走組も多数輩出しておりますし、クラシックに向けて非常に注目度の高いレースにもなっております。関東圏は中山と東京しかメインどころがないので、ダービーを見据えるような馬で賞金が不足している馬も、適性は合致しませんがこの京成杯を全力で取りにくるので非常に難解なレースになりがちです。

また、土曜日からは個人的にギャンブル合宿ですので絶対にこの京成杯と日経新春杯は外したくないのでかなり時間をかけて予想する予定です。日経新春杯については既に絶対に知っておきたい3つのことを紹介済みですので是非ご高覧ください。

京成杯2020 特別登録馬

京成杯にも使い分けかどうかというところはありますが牝馬が出走するようになりましたね。スカイグルーヴのような血統的にも実力的にもクラシックを狙えるような馬は普通は王道に進めると思いますがまさかの京成杯ですから緻密なローテーション管理があったのかもしれませんね。また、加速ラップで勝利実績のあるスカイグルーヴとキムケンドリームは両馬共に牝馬ですから、本当に時代は変わったなと思いました。なお、重賞実績馬がロールオブサンダーのみと少しメンバーが手薄な感じもしますのでこれまでの実績分析は抜け目なく必要ですね。

馬名
ウインカーネリアンスクリーンヒーロー
カップッチョジョーカプチーノ
キムケンドリームオルフェーヴル
キングオブドラゴンハーツクライ
クリスタルブラックキズナ
コスモスタックロージズインメイ
スカイグルーヴエピファネイア
ゼノヴァースディープインパクト
チュウワジョーダントーセンジョーダン
ディアスティマディープインパクト
ヒュッゲハーツクライ
ビターエンダーオルフェーヴル
$フルフラットSpeightstown
リメンバーメモリーキズナ
ロールオブサンダーエピファネイア
ワスカランテソーロスクリーンヒーロー
ヴィアメントキングカメハメハ

京成杯2020 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな京成杯における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京成杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

中距離戦で上位の上り経験馬を狙う

ホープフルステークスや中山金杯と同じコースで開催される京成杯ですね。変化点は3歳戦であるということであり、違いはあるのかを説明しながら分析したいと思います。まず開催される中山2000mは、スタート直後が急坂であり、その後1~2コーナーは上り坂の内回りコースです。最後の3~4コーナーがスパイラルカーブかつ下り坂になっているのが特徴のコースです。上り坂が途中でもある為、4~6ハロン目の中間ラップが緩むラップになり、後傾ラップとなります。

一方で最初の急坂や1~2コーナーにかけてある上り坂による前半ラップの落ち込みにより物理的に後傾ラップになりやすいコースレイアウトであることや、最後の急坂による最後の1ハロンのの時計がかかるレースであることからもスタミナを要するレースでありスピードが求められないということを理解した上で予想した方がいいでしょう。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

そういう特徴のある中山2000mですが、冬の馬場かつ3歳だけで開催される条件ではどのような傾向なのかを京成杯の過去10年のラップで確認します。

過去10年の京成杯のレースを確認すると驚くことに、とにかく上がりのかかるレースになっております。一昨年は37秒の上がりであり、ここ10年の平均の上がりが36秒を超えるような上がりのかかるレースとなっていることがわかります。

また、ラップは2000m戦であるのにも関わらず、最初の400mがポジション争いで非常に速くなり、前半3ハロンの中で、10秒台のラップが刻まれることが多いことも要因でしょう。その後、上り坂の影響でラップが緩み、持続力勝負になるのが京成杯です。このように後傾ラップでありますが、起伏のあるコースによる影響でタフなレースとなるので、スピードよりもスタミナを求められるレースでありますが、後傾ラップなので確実に最後まで末脚を伸ばせる馬を重視したいです。特にこのタフな舞台の後傾ラップに適応するには、1800m以上のレースで上がり上位になったことのある馬が再現性高く好走しております。

19年は1-3着のラストドラフト、ランフォザローゼス、ヒンドゥタイムズの3頭が1800m以上で上がり2位以内の素晴らしい実績を持っており、18年もジェネラーレウーノ、コズミックフォース、イェッツトが該当し、17年はコマノインパルス、ガンサリュート、マイネルスフェーンが該当と近3年では完璧な再現性です。

1800m以上の重賞実績は素直に信頼

また、当然のことながらこの1800m以上の重賞で上位になった経験のある馬については、

非常にタフなレースである為、重賞での実績を素直に評価しましょう。過去5年でも下記の通り、好走馬が多数です。

2014年 プレイアンドリアル

2015年 ブラックバゴ

2016年 プロフェット、ケルフロイデ

2017年 マイネルスフェーン

そんなデータを紹介しながらも上記は母数も少ないので、嫌いたい情報をお伝えしたいと思います。前走で先行したり、上がり6位以下の馬は警戒しましょう。タフな馬場でも確実な末脚が求められるので注意が必要です。

例えば、エイムアンドエンド、デルタバローズ、ポポカテペトル、サーベラージュ、マイネルラフレシア、マイネルマエストロ、マイネルストラーノ、フラムドグロワール、ワンダーロード、スマートロビン、ジャービス、フラガラッハあたりが前走先行して、速い上がりも出せずに出走して、京成杯で人気して人気を裏切りました。持続力勝負で確実に末脚を出せるローテーションや戦歴の馬を見つけるようにしましょう。

狙いたい血統はロベルトと〇〇〇

京成杯はとにかく上がりのかかるレースですので、ロベルトに注目したいと考えております。

特にロベルト持ちについては、路盤改修後の2014年夏以降ですと下記4年が該当するのですが、近3年は3連勝と非常に優秀な成績を残しております。これは絶対に狙わないといけないですよね!

2018年 ジェネラーレウーノ1着

2017年 コマノインパルス1着

2016年 プロフェット1着、メートルダール3着

2015年 クルーガー3着

このロベルトは非常に注目すべき血統であるのですが、それ以上に狙いたい血統があります。それはドイツ血統です。

過去父系あるいは母父系が直系のドイツ血統持ちは5頭出走しておりますが、その内エイシンフラッシュ、クルーガー、ケルフロイデ、ラストドラフトが馬券になってます。完成が遅くメインどころのコースではスピード不足で勝つのが難しい特徴があるこのドイツ血統は滅多に出走しないですが、超高確率で馬券になるのでドイツ血統については京成杯で絶対に抑えておきたい一頭ですよね!

京成杯2020 事前予想

まだまだ枠もでておりませんので事前予想となりますが、傾向に沿った注目馬を紹介したいと思います。

まずは、このレースは後傾ラップで上りがかかるようなレースであるので、1800m以上の実績が重要になります。

さらに、1800m以上の距離で上りが2位までの経験のある馬を狙いたいですね。今年の特別登録馬で該当馬は下記になります。

・ウインカーネリアン

・キムケンドリーム

・クリスタルブラック

・スカイグルーヴ

・ゼノヴァース

・ヒュッゲ

・ビターエンダー

・リメンバーメモリー

・ロールオブサンダー

・ヴィアメント

上記の中で、注目血統であるドイツ血統はいないのですが、京成杯好走血統であるロベルト持ちを紹介したいと思います。

・ロールオブサンダー

・ビターエンダー

・スカイグルーヴ

・クリスタルブラック

・ウインカーネリアン

上記の5頭になります。上記の中でも最も注目したいのは、1800m以上の重賞実績も素直に信頼したいレースであり、3つの傾向に完全合致する京都2歳ステークス3着の実績馬ロールオブサンダーになります。但し、脚質的には非常に厳しい逃げの脚質であることや重賞にそもそも出走しているのがこのロールオブサンダー以外にはほとんどいなかったので、そういう意味では違う馬を狙ってみたいと思います。

注目したいのは、出走可否が最終追切まで不明ではあるということですが、クリスタルブラックに注目したいと考えております。

クリスタルブラックは、新馬戦の内容が秀逸です。39.4-35.3の超スローペースの中で、唯一10番手以下から馬券になるだけではなく、その上りもレース上りと比較して0秒9も速い内容。残り800mから外にだして進出し、4コーナーは1頭だけ馬7頭分外をぶんまわして最後の最後まで伸び続けた圧勝。先行馬が圧倒的に有利な中でこのクリスタルブラックの強さだけが際立ったレースでしたので、能力は相当のものでしょう。

【PR】ミリオン

先週3日間開催もフィーバー!◎
独自のラインから得た情報元手に的中連発!
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【先週の主な的中実績】
1/13京都12R→281,950円・ミリオンゴッド
1/13京都11R→884,700円・神の一手
1/13京都09R→108,630円・幻色の最高機密情報
1/12京都12R→27,100円・ミリオンゴッド
1/12京都07R→1,411,900円・危険度1000%情報
1/12中山06R→346,500円・ミリオンゴッド
1/11京都11R→303,700円・ミリオンゴッド
1/11中山09R→277,050円・ロイヤルプラン
1/11京都07R→363,850円・ミリオンゴッド
中には100万馬券も!今回は特にミリオンゴッドの調子が良かったみたいですね!
今週も期待できるかも!?
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ここで朗報!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
この予想さんでは毎週重賞マル秘攻略情報を公開しているのですが、
今回は日経新春杯(G2)の情報が公開されています!
名物のハンデ重賞。競馬界に独自の情報ラインを有するここの情報を
見てレース攻略に役立てていくのもアリだと思います!
日経新春杯の厳選情報をチェック!
無料メール登録だけでOK!また、週末には無料予想も公開されるので
合わせて見てみてください。軍資金作りにオススメです!

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】