【京都新聞杯2020】京都新聞杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は京都新聞杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

京都新聞杯は、青葉賞とは異なり過去10年でも昨年のロジャーバローズ、そして種牡馬でも大活躍のキズナがダービー前哨戦にしたレースになり、軽視はできない存在ですね。そして、今年は故近藤利一オーナーがディープインパクトの後継になると断言し、セレクトセールでも友道調教師が絶対に走るのでいくらになっても落としてくださいと里見オーナー、金子オーナーとで競りに競って落札金額なんと5億8千万円になった超期待馬アドマイヤビルゴが出走します。ダービーの鞍上は未だに武豊騎手になるのかという疑問はありますが、本当に楽しみな一戦ですね。

GWは地方交流重賞で、1-1-0-1(内1回は4着)という成績でしたが、馬券的にはほぼほぼプラマイゼロのトントンでしたので、不完全燃焼でした。1ヶ月3万円馬券生活もあるので負けないようにしっかりと準備を進めたいと思います。1ヶ月3万円馬券生活については、下記のBEST BUY検討委員会で丸裸状態でやっておりますので、是非一緒に挑戦したいという方は、ライザップ並に本気でやっておりますので、是非一緒に頑張っていきましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

それでは、京都新聞杯の予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

京都新聞杯 特別登録馬&外厩情報

京都新聞杯 特別登録

 

馬名
アドマイヤビルゴディープインパクト
アリストテレスエピファネイア
$アンセッドヴァウGiant’s Causeway
イロゴトシヴァンセンヌ
ウシュバテソーロオルフェーヴル
キッズアガチャーヴィクトワールピサ
キングオブドラゴンハーツクライ
サペラヴィローズキングダム
シルヴェリオハーツクライ
ディープボンドキズナ
ファルコニアディープインパクト
プレシオーソブラックタイド
ホウオウエクレールブラックタイド
マイネルブラシウススクリーンヒーロー
マンオブスピリットルーラーシップ
メイショウサンガワークフォース
メイショウダジントランセンド

京都新聞杯 外厩

先週もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発し、今年もこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された京都新聞杯出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京都新聞杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

外差し決着を想定した予想をするべき

京都新聞杯は、2200m外回りコースで開催されるコースであり、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、その後も外回りかつ向正面で上り坂なので、ペースがそこまで上がりにくいコースです。時計としては、全体的には2分11秒台での決着もあり、高速決着が多数です。前半と後半の4ハロンラップが速く、中間ラップは3ハロンだけ緩むような独特のラップになります。ラップバランスを図表にしたのが下記です。

わかりやすいくらいに山なりになっているのは、向こう正面が上り坂で、3コーナーから下り坂であり物理的にペースが上がるからです。

ただ、過去10年のラップを見ても少し気になるのは、やや瞬発力勝負気味ですね。

セオリー通り、ペースアップは残り4ハロンからになるのですが、4ハロン目も中間ラップが緩む割には、12秒前半程度のラップで11秒が4ハロン連続続く京都らしいロングスパート戦というよりは、ダービーを見据えて下り坂でも必死に騎手が抑えているようなラップに見受けられます。それでも極端な3ハロン勝負にはならないのは物理的に3コーナーからペースが上がるからでしょう。

そうなるとレースとしては、団子状態になりがちであり、直線の脚の速さで決まる外差し決着になることが多いです。実際に過去10年でも差し馬が6勝、追込馬が2勝と先行馬よりも末脚重視の競馬になっており、上り3ハロンについても1位馬が4勝、2位馬が3勝と圧倒的ですね。

実際に昨年もダービー馬ロジャーバローズがレッドジェニアルに差されたように、中間ラップが緩んだとしても逃げ馬が有利にならないレースですので、京都新聞杯については外差し決着を前提に、レース想定をすべきでしょう。

京都新聞杯は重賞実績を重視するレース

京都新聞杯は、ダービートライアルの中でも重賞実績が問われます。

青葉賞については、5ハロンスパート勝負になり阪神2400mのような長い距離での実績馬が好走するということは先般お伝えしましたが、この京都新聞杯は、末脚勝負になることからもこれまでのクラシックローテーションで求められたスピードがある程度重視されるレースになります。というのも上述の通り、時計が速く、末脚勝負になるので実力馬がそのままの力を発揮しやすい舞台です。

ラップが独特ではありますが、紛れが少ないコースで3~4コーナーで差が少なくなり、展開利も望めないので、厳しいラップを経験し、結果を残している馬に注目しましょう。

そういう意味でも前走重賞で好走組については、注目です。

過去5年で複勝率は55%であり、昨年でいえばロジャーバローズ、2018年ステイフーリッシュ、シャルドネゴールド、2017年スマートオーディン、ロイカバード、2016年アルバートドックと過去5年でも好走馬が多数です。逆に、重賞で上位人気しないような馬については、マイルからのローテーションではガリバルディとアドマイヤアルバの2頭以外は馬券になっていないので、中距離実績を重視する力の必要なレースであるといえます。

京都外回りコースはディープ×グレイソヴリンに注目

一度緩み、大回りコーナーで直線が平坦なコースかつ高速時計の馬場はとにかくディープ産駒が得意とするコースです。

実際にディープインパクト産駒は、昨年も2着、3着でしたし、過去5年でも馬券になった15頭の内6頭がディープインパクト産駒であることを考えると軽視はできないでしょう。

また、違った観点で見ますと京都外回りコース特有の持続力も求められますのでトニービンを代表とするグレイソヴリンの血統が重要となります。

過去5年の血統を確認してみましょう。

2019年 ロジャーバローズ(ディープ)

    サトノソロモン(ディープ)

2018年 アドマイヤアルバ(グレイソヴリン)

2017年 サトノクロニクル(グレイソヴリン)

     ダノンディスタンス(グレイソヴリン)

2016年 ロイカバード(ディープ)

2015年 サトノラーゼン(ディープ)

    ポルトドートウィユ(ディープ×グレイソヴリン)

    アルバートドック(ディープ)

この通り、過去5年でも該当馬が多数です。京都外回り特有のラップからも血統的には持続力が求められるレースですので、グレイソヴリンには注目したいですし、高速決着という側面からもディープ産駒は見逃せないです。ある程度タフな流れなので他にも欧州系の血統も活躍が目立ちますが、高速時計かつ持続力ラップになるとグレイソヴリンが目立ちますね。

上記を考慮した最終予想については週末にブログで更新予定ですので是非お楽しみにお待ちいただければと存じます。

【PR】HORIZON

━━━━━━━━━━
◎治世ノ能臣 乱世ノ奸雄
━━━━━━━━━━
本命線(治世)は堅く小点数厚張り
荒重賞(乱世)は本命絞り人気薄追加
そんな馬券師がここにいますね?! 僕が競馬うまい人につけるあだ名なんです(笑) 虎牢関の戦い~五丈原の戦いまで全レース負け知らずみたいな! 荒れるレース(乱世)を スマイルカナ、ガロアクリーク、そしてスティッフェリオを入れてG1無料情報3連勝! そして泣いて馬謖を斬る→→先日も・・・スカイグルーヴいれてません! ここの馬券師さんは白眉か?!三国志に例えるならこんな買い目なんです。冗談はさておき、実際検証したところ・・・桜花賞・皐月賞そして天皇賞的中!重賞3連複無料公開情報で連勝。
━━━━━━━━━━
桜花賞3連複14点400円
→50360円回収率899%
皐月賞3連複14点400円
→36600円回収率653%
天皇賞3連複10点500円
→67500円回収率1350%

━━━━━━━━━━
ちゃーんと証拠画像とってあります!

━━━━━━━━━━
ここは熱いかもしれません!今週末は危急存亡のNHKマイル!からのダービー、宝塚まで連戦続き。レシステンシア、サトノ、タイセイでいいんですかね?!ラインベック、プリンスリターンあたりは?!何をどこまで買うかいつも迷いますよね?!まーーたスティッフェリオ11人気のように人気薄も食い込んできますよね?!ここが抑える人気薄は見ておくべきですね。 4連勝きちゃいますよね?!

NHKマイルカップ無料予想はこちら
NHKマイル3連複無料公開
前日夜に3連複は無料公開されるのでここの予想は要チェックです。
※毎週競馬好きと遼来来キター!とか会話してて。。例えが下手ですいません。 でも多々予想サイト見てる中このG1無料公開3連勝してるとこはなかったのでおすすめです。

NHKマイルカップのBEST BUYな1頭

すでにブログでアップしておりますNHKマイルカップを予想する前に知っておきたい3つのことを中心に悩みに悩んだNHKマイルカップのBEST BUYな1頭はYoutubeにて配信予定ですので、是非チャンネル登録を頂ければと存じます。好き放題語っておりますので是非ご視聴頂ければありがたいと思います。

チャンネル登録はこちら

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大根おろし様と先週相談したのは、スーパースター田中勝春騎手を本命にして、2.3倍の複勝を仕留めました!これで積んだ徳は5万円超。ここから一気に10万円勝負までもっていきたいですね!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで173%です。毎週厳選1鞍BEST BUYで3週連続的中しており、マイネルサーパス、ディキシークイーン、スパーダと全て5倍付近の馬を厳選しておりますので回収率はかなり安定しております。去年も年間通じて177%でしたので、考え方は間違っていないなと考えております。

皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

 

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”