【京都新聞杯2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、京都新聞杯2020の最終予想及び異常投票パトロールを紹介致します。

京都新聞杯は、昨年ロジャーバローズもローテーションに選びダービー制覇しましたし、キズナもここをステップに仕上げてダービー制覇をしたステップレースとしては最重要レースになります。関西馬にとって青葉賞よりも消耗が少ないということもあるのでしょうが、ダービーと直結するレースですのでしっかりと予想して弾みをつけたいですね。

今週も1か月3万円馬券生活継続しておりますので、BEST BUYをしっかりと検討し、1日の馬券戦略を予算をベースに組み、そして勝負度合いに応じてレート決定し、実践していきたいと思います。土曜日のBEST BUYは、外差し馬場の京都を狙った人気落ち確実の1頭を予定しており、日曜日のBEST BUYはマイルカップよりも楽しみな1頭が出走しますのでその馬と全力勝負予定です。重賞予想とBEST BUY共にもっと成績向上できるように努力致します。

大根おろし様との一日一善企画も現在5万円まで複勝で徳を積んでおりますので、目標の10万円までコツコツと積んでいきたいなと思います。

1か月3万円馬券生活、BEST BUY、一日一善企画はBEST BUY検討委員会で公表中ですので興味があるという方は是非!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

そして、NHKマイルカップですが、馬場を見ながらになりますが既に本命馬候補はYoutubeにて配信しておりますので是非そちらもご高覧頂ければと存じます。すでにブログでアップしておりますNHKマイルカップを予想する前に知っておきたい3つのことを中心に悩みに悩んだNHKマイルカップのBEST BUYな1頭を紹介しております。再現度が非常に高く、信頼性のあるデータすべてに合致しておりますので注目しております。

NHKマイルカップの予想はこちら

それでは、京都新聞杯の最終予想をどうぞ!

京都新聞杯 外厩情報

去年のロジャーバローズはご存じの通り、しがらきの申し子でしたね。

先週もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発し、昨年のNHKマイルカップでも1~3着がすべてノーザンファーム外厩育成馬と、今年もこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された京都新聞杯やNHKマイルカップ出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京都新聞杯2020 最終予想

京都新聞杯 予想

京都新聞杯は、2200m外回りコースで開催されるコースであり、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、その後も外回りかつ向正面で上り坂なので、ペースがそこまで上がりにくいコースです。時計としては、全体的には2分11秒台での決着もあり、高速決着多数です。前半と後半の4ハロンラップが速く、中間ラップは3ハロンだけ緩むような独特のラップになります。

このようなラップで進むレースになるので、直線の脚の速さで決まる外差し決着になることが多く、実際に過去10年でも差し馬が6勝、追込馬が2勝と先行馬よりも末脚重視の競馬になっており、上り3ハロンについても1位馬が4勝、2位馬が3勝と圧倒的です。さらに、先週までの京都の開催を見ておりましたが天皇賞春でも外差しが決まるような外差し馬場ですので、差し馬を重視したいですね。また、これまでの戦歴でもこのような持続力勝負になると純粋な直線でのスピード勝負になることからも、皐月賞までのローテーションはスピードが求められる番組構成になっていることからも、これまでに重賞実績がある馬については注目が必要です。ただし、2200mの4ハロンのスパート戦になるので、中距離実績を重視したいですね。このよなレースになるとディープインパクト産駒が非常に得意であり、京都外回りコースなのでグレイソヴリンにも注目したいです。

これらを考慮した結果、本命は、ファルコニアとします。

◎ファルコニア

京都新聞杯好走条件は、強烈な決め手と中距離重賞実績とディープインパクト産駒になります。

このファルコニアは、デビューしてから5戦中2戦で上り最速をマークし、未勝利戦2戦でも上り3位と決め手は十分。中距離重賞実績としては、前走1800mのスプリングステークスにおいても出負けして後方からになりましたが、スローペースの中2コーナーから3番手まで押し上げて直線でも垂れずに4着と好走。早仕掛けによる敗退で皐月賞に出走できませんでしたが、このレースでも好走できるということは京都新聞杯でも十分に直線のスピード勝負で勝負できるでしょう。血統的にもなによりディープインパクト産駒であり、母カンビーナは米国のG1馬であり超一流血統。さらに、ご存じの通り天皇賞春でも5着と好走したトーセンカンビーナの弟。トーセンカンビーナは皆様ご存じの通り4ハロンロングスパートになる京都外回りを得意としており、京都外回りでは天皇賞春以外は負けなしで、上り最速を記録しております。兄弟譲りのスタートの悪さには注意が必要ですが、ゲート練習も入念にしております。ファルコニア自身、兄と同様に京都では1-2-0-0と崩れなしであり、2月小倉の外差し馬場におけるあすなろ賞では上り最速の差し切りもしてくれました。成長した今、得意舞台に戻れば、血の力もあり、十分ダービーの切符を獲得できる素質があるといっていいでしょう。

〇アドマイヤビルゴ

超良血馬で5億8千万円の高額馬。故近藤利一オーナーの執念を感じるセリ落としはセレクトセール史でも語り継がれそうです。ここまで高額になった理由は、調教師の中でも、産まれてからすぐに評価が高く、同行していた友道調教師が「いくらになっても落としてください。走ります。」と助言したようです。他の予算を削ってでも執念で競り落としたアドマイヤアゼリに近藤オーナーはディープインパクトと重ねて見ていたらしく、鞍上にもディープインパクトの背を知る武豊を指名。これは競馬界が震えましたね。アドマイヤオーラから続く氷の関係が解けた瞬間でした。残念ながら京都新聞杯は武豊オーナーではないですし、記念すべきディープインパクト記念ではサトノフラッグが父と比較された形になりましたが、ポテンシャルはこの馬も負けてません。

デビュー戦は年明けの京都の外差し馬場でしたが、次走楽に勝ち上がるフローラS3着のフアナ、フィニステールを相手にもしない勝ちっぷりで初戦を快勝し、驚くのは2戦目。いくら高速時計の阪神競馬場とはいえ、若葉ステークスレコードの1分58秒6はめったに見れない時計です。上りも3番手の先行して競馬を進めたにも関わらず、レース上りよりも1秒以上速い33秒6、良血馬揃いの友道厩舎の古馬に対しても調教で余裕で先着する等能力の高さは間違いないですね。気になるのは前走が高速馬場で前残りの展開であったことであり、外差し馬場の京都新聞杯では適性が1つだけズレるかなと考え、対抗評価としました。

▲マンオブスプリット

いかにも外差しの京都外回りが合いそうなタイプ。良馬場でどれだけの末脚を出してくれるかみたい1頭ですね。

京都新聞杯が終わってからの最終レースで最も狙える馬については、LINEで配信しておりますので、是非LINEの友達登録をよろしくお願いいたします。

LINEの友達登録はこちら

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
アドマイヤビルゴ

40万,50万

50万,100万

30万

30万,50万

50万

マンオブスピリット 20万,30万

NHKマイルカップのBEST BUYな1頭

NHKマイルカップの本命馬候補は、再現性あるデータ3つと完全合致した唯一の穴馬です!

すでにブログでアップしておりますNHKマイルカップを予想する前に知っておきたい3つのことを中心に悩みに悩んだNHKマイルカップのBEST BUYな1頭はYoutubeにて配信しておりますので是非ご視聴頂けましたら幸甚です。

チャンネル登録はこちら

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大根おろし様と先週相談したのは、スーパースター田中勝春騎手を本命にして、2.3倍の複勝を仕留めました!これで積んだ徳は5万円超。ここから一気に10万円勝負までもっていきたいですね!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで173%です。毎週厳選1鞍BEST BUYで3週連続的中しており、マイネルサーパス、ディキシークイーン、スパーダと全て5倍付近の馬を厳選しておりますので回収率はかなり安定しております。去年も年間通じて177%でしたので、考え方は間違っていないなと考えております。

皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

異常投票パトロール

京都1R バトーデュシエル

朝一から本日最大級の投票です。単勝350万円が6時30分に投票されておりました。さすがにマイルカップ前日の資金稼ぎとしてもやりすぎな・・・w私の本命はBEST BUY検討委員会で紹介している違う馬ですが揺さぶられますねw

京都4R ロードシャムロック

発売と同時に複勝50万円、深夜0時に単勝30万円の投票を発見。

新潟8R ミトロジー

5時30分に複勝50万円、7時47分に単勝20万円。同レースにホウオウヒミコへAM1時に単複10万円の応援馬券はいってますが、ミトロジーのほうに注目です。

東京1R ジェロボーム

朝一に複勝200万円の投票を発見。これはそうなりますよね。

東京4R ゴールデンエポック

7時42分に複勝80万円の投票を発見。

東京9R レッドフレイ

7時36分に複勝100万円、7時57分に複勝200万円の投票を発見。さすがにこれは注目。

【PR】HORIZON

G1を3連勝中の無料買い目!
いま一番オススメな情報サイト【HORIZON】

天皇賞春(G1):6万7500円獲得!
皐月賞(G1):3万6600円獲得!
桜花賞(G1):5万360円獲得!
ご覧の的中実績すべて無料情報!
そして先ほど9日の京都新聞杯も無料公開!こちらから簡単メアド登録のみですぐ見れます!明日はNHKマイルCも無料買い目公開なのでいまゲットすると一石二鳥です!!
京都新聞杯・NHKマイルCの無料情報をゲットする!

京都新聞杯予想はこちら
G1を4連勝なるか期待大!まずは京都新聞杯でお試しを!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”