【京都記念2020】京都記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は京都記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

この絶対に知っておきたい3つのことは、京都記念における過去10年のデータをラップ、ローテ、血統等の観点から再現性のあるデータをピックアップして紹介するものです。再現性のない流れになると外れてしまいますので、最終予想では枠の並びや展開等を含めて予想してますので、是非最終予想まで楽しんでいただければと存じます。

京都記念は、同じ非根幹距離のAJCCと比較するとこの春を目標にする馬のステップレースになります。AJCCは1月にあり、冬に仕上がった馬が多数出走するレースですが、京都記念は京都の軽い馬場で消耗度も少なく、ダメージも少ないレースになることが多いことからも、これからを狙うG1級の馬が多数出走しております。しかしながら、過去にはキズナ、レイデオロ、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ等名馬級が普通に敗退しているのもこのレース。非根幹距離のレースならではの独特なレースになるのでしっかりと分析して、準備したいと思います。

それでは京都記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

京都記念2020 特別登録馬

カレンブーケドールにクロノジェネシスと非常に強い牝馬が出走してきましたね!ラキシスが勝利した舞台ではありますが、ジェンティルドンナが負けたレースでもありますので、注意です。

 

馬名
アメリカズカップマンハッタンカフェ
アルメリアブルームドリームジャーニー
カレンブーケドールディープインパクト
ガンコナカヤマフェスタ
クラージュゲリエキングカメハメハ
クロノジェネシスバゴ
ステイフーリッシュステイゴールド
ドレッドノータスハービンジャー
ノーブルマーズジャングルポケット
プリンスオブペスカハーツクライ

京都記念 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

今年に入ってもアウィルアウェイ、サンクテュエール、アウィルアウェイが重賞制覇。今年も絶好調の京都記念や共同通信杯を含めた外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京都記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

京都記念は距離短縮の先行馬を狙おう!

京都記念が開催される京都芝2200mは、エリザベス女王杯が開催されるような名物コースです。基本的なおさらいですが、京都の外回りは直線長くて、平坦なので瞬発力勝負という声もありますが、2200mの非根幹距離で開催されるこのコースはそうではありません。

まずはこのコース理解から始めたいと思います。下記写真の通り、スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。スタートしてから400m近くあり、2コーナーを回ってからも500mも向こう正面が続きます。この長い向こう正面の半ばから上り坂を上り、3コーナーの坂の頂上から下り坂で4コーナーに向けて下るというコースになっております。この下り坂からゴールまでの長さがざっくりと4ハロン。この坂の頂上から直線までの下り坂で一気にペースが上がり、馬郡も凝縮されます。

このようなコース形状から物理的に生み出されるラップバランスが、4ハロンのロングスパート勝負になるのがこの京都外回2200mの特徴です。

過去10年のラップを見てみると、面白いことに近年は雨ばかり。通常の京都2200mとは時計が全然違うんですね。普通なら2分11秒〜14秒くらいの時計ですが、17秒とか16秒とかかかってしまってるんですね。天気については基本的には梅雨でもないので晴れを前提に考えなければならないと考えるので、少し雨の要因は除いて分析します。

繰り返しになりますが、京都2200mは、外回りコースであり、3〜4コーナーにかけての下り坂により、4ハロンのロングスパート勝負に必要な持続力が求められます。

良馬場で開催された2019年、2015年、2013年、2012年、2011年、2010年あたりを見てもその傾向が強いです。ラスト4ハロンの時計を並べてみます。

2019年 47秒1

2015年 45秒7

2013年 46秒6

2012年 47秒7

2011年 46秒8

2010年 46秒3

2012年は前半5ハロンが60秒3と非常に速い時計でしたので、4ハロンの時計では目立っておりませんが、全体的に46秒台ということはラスト4ハロンは緩むことなくペースが上がっていることがわかります。重賞であってもラスト4ハロン目が12秒後半に緩むと瞬発力勝負になりますが、このレースに関してはラスト4ハロン目は馬場が悪くても12秒前半ですし、良馬場であればほとんど11秒台のペースなのでロングスパートが開始されていることがわかります。そういう意味でも末脚の持続力に注目するべきレースであるということがわかります。

そうなると狙いたいのは、距離短縮組。

ここ10年で距離短縮組が6勝と圧倒的な成績かつ単勝回収値も114円、複勝率も3割超えで再現性のあるデータといっていいでしょう。さらに4ハロンの持続力勝負になる場合、向正面から3コーナーにかけての上り坂で脚を溜めることが必要になる為、スローになります。

過去10年でもロングスパート戦に備える為に、ジョッキーが構える傾向にあり、前半5ハロンは平均通過タイムが62秒1。はっきりと遅いことがわかります。スローになると最後方一気のような競馬では、先行馬も脚が残っているので非常に厳しい展開となります。

先行馬の過去10年の勝利数は8勝ですが、差し馬は1勝、追込馬は0勝です。外回りのBコースであり、馬場も外差しが効くような馬場ですが、それでも展開的に前が有利なレースになるということを意識しておきましょう。

持続力勝負であるので、前走G1出走・過去2400m以上の実績馬に注目

京都記念は、前項で説明したように、持続力勝負で距離短縮の先行馬が有利なレースです。つまり、ある程度はスタミナが求められたり、タフな展開でも走破できる馬でなければ話にならないでしょう。

そういう意味でも前走G1からのローテーションはとにかく買いです。G1は全馬が本気で仕上げて、本気でレースをするので、緩むことがなく、消耗戦になるので競争馬もその流れを記憶します。その消耗戦と比較すると京都記念は前半は著しく緩みますし、後半4ハロンについてはG1並みの流れになります。そういう意味でも道中楽に感じ、ラストのロングスパートをG1並の流れを経験していることからも戸惑わないG1出走のローテーションが非常にプラスに働くレースといっていいでしょう。

前走G1出走馬の成績を過去見て頂くと圧巻ですよね。

複勝率は50%を超え、単勝回収率は160円、複勝回収率は120円とべた買いで儲かることになります。

これに加えて、やはりロングスパート戦は持続力やスタミナが重要になるので、2400m以上のレースで好走実績馬も買いになります。

過去にも、2400m以上の重賞で好走実績馬は、マカヒキがリピーターのように走っておりますし、クリンチャー、レイデオロ、サトノクラウン、アドマイヤデウス、ラブリーデイ、キズナ、デスペラード、トーセンラー、アンコイルドと数えるときりがないほどに好走しております。

なお、上記のデータを言っておいて変な話ですが、日経新春杯で京都外回り適正を見せて京都記念に参戦して人気になった馬は、過去4頭いますが、1頭も馬券になっておりません。

欧州スタミナ系に注目

この京都外回りコースは面白くないですが、ディープインパクト産駒が本当によく来ます。ラップ分析でもお伝えした通り、上がり重点の京都外回りコースは、高いレベルの末脚が求められることからも、ディープインパクト産駒天国となっております。また、苦手とする重馬場で開催された年も含めて暴れたい放題です。実際に下記の通り、活躍馬が多数おりますが、複勝率は20頭出走し、45%と異次元的な数値です。

2019年 マカヒキ

2018年 アルアイン

2017年 スマートレイアー、マカヒキ

2016年 タッチングスピーチ

2015年 キズナ

2014年 トーセンラー

2013年 トーセンラー、ベールドインパクト

このように毎年のように好走しておりますし、ディープインパクト産駒が半数というような年はなく2〜3頭の出走でも1頭は馬券内にくるというようなレースになります。しかしながら、それでは全く面白くないので、もっと違った傾向を見つけたいと思います。注目は、前半がゆっくり進み、ラスト4ハロンの持続力勝負になるという意味で、欧州血統に最適なレースであると考えております。過去の血統を見ても、サドラーズウェルズ、ニジンスキーといった長い距離でも走れる血統に再現性があると考えてもいい傾向がありました。

2019年 ダンビュライト Neverbendとトニービン持ち

2018年 クリンチャー ダンチヒ持ち

2017年 

サトノクラウン マルジュ持ち

スマートレイアー ダンシングブレーヴ持ち

2016年

サトノクラウン マルジュ持ち

タッチングスピーチ サドラーズウェルズ持ち

2015年

ラブリーデイ ニジンスキー持ち

2014年

トーセンラー サドラーズウェルズ持ち

2013年 

トーセンラー サドラーズウェルズ持ち

2012年

トレイルブレイザー ニジンスキー持ち

ダークシャドウ ニジンスキー持ち

ヒルノダムール ニジンスキー持ち

上記の通り、ディープインパクト産駒に加えて、欧州スタミナ系の血統に注目することで、一般的な見方とは違った穴馬をひねり出せるかもしれませんね!!実際このレースは、前半が緩む持続力勝負であることから先行馬が圧倒的に有利ですので、安定した脚質のカレンブーケドールにとっては非常にいい舞台かもしれませんね!

京都記念2020 事前予想

今年は小頭数なので、手っ取り早く狙い目を見つける為、前走G1組から絞っていきましょう!

・カレンブーケドール

・クラージュゲリエ

・クロノジェネシス

・ドレッドノータス

上記になります。上記の中でも、2400m以上の重賞で好走実績があるのは下記です。

・カレンブーケドール

 →ジャパンカップ、オークス2着

・クロノジェネシス

 →オークス3着

・ドレッドノータス

 →京都大賞典1着

この3頭から血統的な観点で推奨馬を抜粋したいと思いますが、どの馬も欧州的な要素を持っておりますし、そうなるとディープ産駒のカレンブーケドールになってしまいますね。

Best Buy検討委員会

今年のBEST BUY結果は下記のとおりです。コールドターキーは脚部不安でヤらずでしたが、まだまだ単勝回収値は401%と十分な結果です。

エアファンディタ 7.9倍1着

マイネルミュトス 7着

ダイワダグラス 9.5倍1着

タマモメイトウ 8.2倍1着

ペイシャキュウ 2着

ハトホル 9着

ナリタブレード 9.5倍1着

コールドターキー 15着(脚部不安

ムジカ 2着

スカルバン 12着(原因精査中

単勝狙いですので、こんな感じに荒い動き方をしますが、単勝回収値は361%です。昨年は177%でしたので少しやばい感じがしてますwそんなこんなでここまで引っ張ってますが、この検討委員会では皆様が主役になります。

今月のBest Buy検討委員会ではみんなと一緒に競馬を楽しむ為に、2月は鍋は水炊き派、蟹派、すき焼き派と3チームに分かれて全員でBEST BUYを検討し、そして月次で単勝回収率1位のチームを決めます。単勝回収率1位のチームには、ギフトカードを含めた馬券バトルを翌月曜日の地方競馬最終レースを私が指定するので予想して頂きます。全員外れた場合は、次月にキャリーオーバーを予定してますので毎月楽しみながらBEST BUYを実践できる仕様になってます。

日曜日もチーム水炊き派様は、ばっちり1着馬をBest Buyに推奨しておりましたし、非常に素晴らしい結果でした。土曜日もメンバーのBestBuyを信じることで一発逆転できましたし、非常に面白い検討委員会だと思います。また、全チームと中の人が選んだ馬が一致したBEST BUYはMUST BUYとして全員で狂喜乱舞する勝負レースになりますので、いつか夢を見てます。詳細については下記にてご確認よろしくお願い申し上げます。

Best Buy検討委員会 コンテンツ

Best Buy検討委員会はこんな人にオススメ!

   

Best Buy検討委員会は、2月1日から配信スタートしてます。Best Buyを一緒に作りたいという方は参加をお願いいたします!

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら