【京都金杯2020】京都金杯で乾杯する為に絶対に知っておきたいこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

皆様。本年は大変お世話になりました。今年は、このブログに、Youtube、そしてLINE@にTwitterと4つの配信媒体に個人で取り組み、皆様の支えもあり、大変充実した1年になりました。

ブログに関しては、今年の目標は昨年惜しくも届かなかった100万PV/月でしたが、今年も後5万PVと非常に厳しい状況です。

Youtubeについては、美女と旅競馬という素晴らしい企画で中央全場を1年で遠征することができました。また、1つの目標でもありました”大根おろし”様とも一緒に競馬することができましたし、さなびっち様、馬主目線様といった素晴らしい競馬インフルエンサーの方、プライベートでは出会えないような美人の方ともお会いし、競馬を楽しめることができました。このようなご縁を大切に、K-BA LIFEを通じて得たご恩は生涯を通じてお返しできるように今後も私自身精進したいと考えております。来年はこのYoutubeについてさらにリソースを割いて取り組みたいと考えております。年明けには紹介できればと考えております。

LINE@については、この1年を通じて勝負レースや地方競馬・海外競馬予想を無料配信しました。結果としては、下記のような出来過ぎの結果でした。こちらについては全てLINE@でのホーム画面にて記録しておりますので偽りはございません。(ただ、ダブルチェックなく個人での計算になりますので計算違いありましたらご指摘ください。)

2019年 LINE配信馬の成績
投資 22,300円
払戻金額 39,550円
単勝回収率 177%
55-23-35-110
勝率 24.6%
複勝率 50.6%

LINE@での配信については、1月14日より凄まじいLINE社の値上げにより毎週土日配信は難しくなりますので、運用方法については1月14日までにご紹介できればと考えております。

Twitterについては、全く身にもならないツイートばかりしているにも関わらず、いつの間にかフォロワーも1万人を超えるまでに至りました。2020年はよりビジネス的な配信もできればと考えておりますし、ブログとTwitterを連携した運営ができればとも考えております。

上記のようにK-BA LIFEは皆様を含めた数多くの方の支えにより成り立っております。来年は自分がさらに成長できる経験もしたいと思い、これまでとは異なる取り組みも進めていく予定です。私は、昼は普通のサラリーマンとして働いておりますし、本業での成果を最大化する為に、もっともっと色々な経験をできればと考えております。原動力は、自分が競馬が好きだという気持ちと、皆様からの暖かい応援です。引き続き自分が楽しみ、競馬を盛り上げていければと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

それでは、話を本題に戻して京都金杯で乾杯する為に絶対に知っておきたいことを紹介したいと思います。京都金杯で結果を出すには、予想の前に準備が必要でしょう。

1年の計は金杯にあり。

この言葉は、金杯でもいつもと同じスタンスを貫けるか、そのスタンスが当年の競馬に合うのかを試されているのだと考えております。

お正月気分ですが、運ではなく、実力で勝ち取りたいですね。

京都金杯2020 特別登録馬

京都金杯にはなんと26頭の登録がありましたので、収得賞金で上位18頭を抜粋しました。さすがに26頭全部を分析は大変ですからねw注目は2週連続G1勝利している矢作厩舎から出走するエントシャイデンでしょうか。

馬名斤量
エメラルファイト56クロフネ
エントシャイデン54ディープインパクト
オールフォーラヴ54ディープインパクト
サイモンラムセス53ブラックタイド
サウンドキアラ53ディープインパクト
ストーミーシー56アドマイヤムーン
ストロングタイタン57Regal Ransom
ソーグリッタリング56ステイゴールド
ダイアトニック57ロードカナロア
テリトーリアル56Teofilo
トラキチシャチョウ51マヤノトップガン
ドーヴァー56アドマイヤムーン
ハッピーアワー55ハービンジャー
ブレステイキング56ディープインパクト
ボンセルヴィーソ54ダイワメジャー
マルターズアポジー56ゴスホークケン
メイケイダイハード53ハードスパン
ロジクライ57ハーツクライ

京都金杯2019 外厩情報

今年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。この激戦の秋競馬でもすぐに外厩へ行き、有馬記念へ備えた馬はどの馬か!?その情報については全て競馬セブンで確認できます。

そんな東西金杯の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京都金杯を乾杯する為に絶対に知っておきたいこと

京都金杯は開幕週の持続力勝負だからこそ内枠狙い

京都金杯の開催される京都1600mの特徴は下記。

・最初のコーナーまでが700m

・1ターンの外回りコース

・3コーナーが上り坂で、4コーナーにかけて下り坂かつ直線平坦

上記の通り、欧州のコースのような起伏のあるコースになっておりますが、直線が平坦コースであることからも直線でも前の馬が止まらないので4コーナーでの仕掛けが非常に重要なレースであると言えます。昨年のブラックムーン武豊騎手は、馬3騎手7で勝利したような騎乗っぷりでしたので、他の騎手もあのような乗り方を参考にして欲しいですよね。

京都金杯でのラップは、下記の通りとなります。

ラップを見ても前傾ラップになったり後傾ラップになったりと明確な傾向が掴みづらいレースであるので、前半・後半共に淀みのないラップで流れるレースであることがわかります。つまり、前半から後半までペースの変化が目立たない持続力勝負となります。このような持続力になり、京都の外回りコースである場合、どうしても内枠が有利になります。

内枠が有利になるのは、ある程度スタートしてからのスピードを持続させるようなレースである場合、走る距離を考えても外よりも内を走れるほうが間違いなく有利です。1ターンのレースとはいえ、京都外回りは非常にコーナーも大回りであり、外を回す不利は相当厳しいです。実際に、京都金杯では内枠の成績がずば抜けております。下記の通り、過去10年でも1~4枠のいわゆる内枠が8勝と圧倒的です。

枠番着別度数勝率
1枠3- 2- 1-13/1915.8%
2枠2- 1- 1-15/1910.5%
3枠1- 3- 2-13/195.3%
4枠2- 1- 3-14/2010.0%
5枠0- 0- 2-18/200.0%
6枠2- 0- 0-17/1910.5%
7枠0- 1- 0-21/220.0%
8枠0- 2- 1-21/240.0%

タフなレースになることが想定されますので、距離延長組は過去10年でも勝ち馬0で馬券になったのは5頭のみ。また、前走坂を経験した阪神ローテーション組を狙うのも面白く、実際に、過去10年で前走阪神コースで、厳しいレースをした馬が下記の通りで、多数好走しております。

パクスアメリカーナ
ブラックムーン
レッドアンシェル
ブラックスピネル
フィエロ
ウインプリメーラ
テイエムタイホー
ミッキーラブソング
ウインフルブルーム
オースミナイン
ガルボ
トライアンフマーチ
ダノンシャーク
シルポート
ガルボ
ライブコンサート
スマートギア

繰り返しになりますが、京都マイルの開幕週は、スタートしてからの距離が長く、1ターンの下り坂コーナーであることから、緩みの無い持続力勝負となる為、内枠を走れる馬に有利になり、タフな展開であるからこそ距離延長組のチャンスは少なく、坂のある阪神コース等で好走している馬を狙いたいレースですね。

ディープ産駒やキンカメ産駒以外にもDanzigに注目!

直線平坦で長いコースはディープ産駒が最も得意とするコースです。京都金杯自体タフな展開になることもあり、中距離血統の馬がとにかく馬券になります。実際にも、下記の通りで、日本の主流血統であるディープ産駒やキンカメ産駒の活躍が目立ちます。

2014年 エキストラエンド、オースミナイン(共にディープ産駒

2015年 エキストラエンド ディープ産駒

2016年 ミッキーラブソング キンカメ産駒

2017年 エアスピネル キンカメ産駒、フィエロ ディープ産駒

2018年 クルーガー キンカメ産駒

上記の為、ディープ産駒やキンカメ産駒を買いましょう!で終わらせることができればいいのですが、それでは面白くないので、注目血統を紹介します。

このレースはとにかく前半と後半がそんなに大差のない中間ラップが緩まないレースになりがちです。そのようなレースである為、欧州スタミナ系やミスプロのアメリカンな持続力が重視されるコースになります。キングカメハメハ産駒をはじめとしたミスプロ系を狙うのもいいのですが、近年の京都金杯で注目したい血統は、Danzigです。

この血統を持つ馬での活躍馬はここ数年でも多数おりますので、紹介しておきます。昨年もマイスタイルとミエノサクシードの2頭が馬券になりましたし、大注目の血統ですね。

2019年

2着マイスタイル

3着ミエノサクシード

2017年

フィエロ、ブラックスピネル

2016年

テイエムタイホー

2015年

マイネルメリエンダ

上記のようにタフな流れになったとしても確実な末脚を伸ばせるDanzigの血統はこのコースと相性がいいと言えるでしょう。

京都金杯2020 注目馬

このコースは内枠がいいので枠が出てから最終結論をだしますが、事前に注目馬をみていきたいと思います。

注目血統は中距離の王道血統ではありますが、ダンチヒとお伝えしました。今年の出走できそうな馬の中でダンチヒ持ちは下記。

サウンドキアラ

ストロングタイタン

テリートリアル

ハッピーアワー

ブレステイキング

メイケイダイハード

ロジクライ

上記の中でもディープ産駒やキンカメ産駒といった所謂、”王道血統”は、下記。

サウンドキアラ

ブレステイキング

注目したいのはサウンドキアラ

前走は阪神のリゲルステークスでいかにも坂に苦戦して差し切れない展開でした。今回は、馬券を外したことが幼い時に1度だけある京都マイル。斤量も非常に軽く、一発ありそう。条件面での改善はメンバー随一ですし、間違いなく人気薄でしょうから、一年の計をこの馬で占ってみようと思います。今年も宜しくお願い致します!

◎19年検証完了!芝もダートも海外もお見事的中!
19年重賞プラン、無料情報ともにあっぱれ!

有馬記念ではアーモンドアイ入れずに3000%超え!宝塚記念4点的中のデビューからエリ女以外全的中の重賞プラン。ハヤヤッコもハイランドピークもフロンテアクイーンもアエロリットもうまく買い目に入れて連続的中。このお正月休みにじっくり見てみてください。
──────────────────

──────────────────
そして無料情報!イメージは土曜メインも強い!エリ女、マイルCS、阪神JFなど無料情報は230~800%近いイメージ。これだけでも充分なのですが・・・犬山特別、フルーツラインカップなど土曜メイン出してくるとよく当たってる事実。毎週ここに救われてます。

◎無料情報をスクショした証拠画像↓

────────────────
これだけ各プラン19年的中連発の予想さんより今年1発目の無料配信は・・・「京都金杯」!お年玉もらえない中年の方必見です。買い目がおじ様方へのお年玉!みたいな(笑)ベタ買いで何十年かぶりにお年玉いただいちゃいましょう!
京都金杯お年玉買い目を見る!
無料メール登録するだけで予想を見ることができます! ここの厳選買い目は確実におすすめです。この他にも土曜、日曜無料買い目情報出てくるので必見です。