【京都金杯2021 予想】新年のご挨拶と中京開催の京都金杯だからこそ狙える穴馬予想

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は京都金杯2021の予想と新年のご挨拶記事になります。まずは新年のご挨拶から。

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

本年も変わらぬご愛顧のほど

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年は、ブログも毎週更新を続け、LINEではベスハメという競馬新聞を開始し、Twitterではちょんきち様とのコラボを配信できました。

一方で、YouTubeはコロナの影響により、外出自体が少なくなりあまり活動できませんでした。

また競馬自体もコロナの影響により、無観客になり大好きな競馬へ行くことも少なくなりました。毎年行ってた菊花賞もプラチナチケット化して抽選通らずでしたが、伝説の世紀の一戦であるジャパンカップは11倍の倍率を通過して観戦することができました。

この経験は一生語れる財産になりました。

馬券についても年始早々1月のBEST BUYタマモメイトウで全力勝負や日経新春杯での3連単的中で1日100万円を超える払戻があり、その時点で年間の収支はプラス確定でしたし、オンラインサロンでの社会実験である1ヶ月三万円生活でしっかりとプラス収支を叩き出したり、夏の好調もあったりで、ジャパンカップや有馬記念で10万円負けしましたが、プラスでありました。

そして、2020年はオンラインサロンであるBEST BUY検討委員会を始めて運営開始し、素晴らしいメンバーの元、最高の競馬環境を作ることができました。このBEST BUY検討委員会は、勝負レースに心臓を捧げるというテーマで、競馬の予想プロセスやどういうレースを勝負レースにするのかを徹底的に磨く活動をしております。全レース予想して全レース期待値の高いレースに賭けて、的中率が低くても全体的に回収率を伸ばすというのが普通の時代に逆行した絞り倒しの精神ですね。

このオンラインサロンでは、メンバーが勝負レースを配信し、競うBEST BUY杯の開催や、検討委員会メンバー持ち込み企画のごめん4着Tシャツ企画、ハメ倒し盃、魚々の日杯、1か月◎万円生活など多数の企画ができて盛り上げることができたこと本当に感謝してますし、とにかく楽しかったです。

BEST BUY検討委員会で毎週発表していた週2レースの勝負レースBEST BUYの単勝回収率は2019年の177%から大分下がり、114%という非常に情けない結果に終わりました。この2年間結果は全てフルオープンに開示しているので嘘偽りない成績です。

一応重賞含めて100%は超えているのですが、10月から1着が一度もなかったので160%から急転落したのが全てですね。

反省点としては、BETTER BUYという準勝負レースでは単勝20倍前後の配当も何度か取っていたように、2019年は複数レース提供していたBEST BUYを1レースにあえて絞ったことで、勝負レース何個からかBEST BUYを絞るプロセスで下がっていたものと思います。ここらへんは2021年に修正しようと思いますし、震える馬券を取れるように精進きたいと思います。

さて、2021年のK-BA LIFE活動方針についてご報告します。

活動コンセプトは、

バイブレーション競馬

2020年は貰いっぱなしであった震える体験。

自分たちも震えを提供したい。

そういった想いからバイブレーション競馬をコンセプトにYouTubeでも不定期ながら面白い企画をだしていきたいですし、BEST BUYも更に精度アップに努めたいと思います。

BEST BUY検討委員会の機能強化が目立つかもしれませんが、Twitter、ブログ、LINEといった他メディアの機能も明確にしたいと思います。

BESTBUY検討委員会はオンラインサロンなので、予想提供が本筋の場ではありません。勝負レースに心臓を捧げる為のコンテンツであり、予想までのプロセスを重視しております。

その為、4種類の分科会をつくり、BESTBUYを導く”BEST BUY検討委員会”というコンテンツを準備しております。

興味があると思われた方は、是非ご参加くださいませ!一緒にバイブレーションしましょう!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

今年はバイブレーションと連呼できるように楽しい1年にしたいと思いますので、2021年も何卒宜しくお願い致します。

令和3年元旦 K-BA LIFE

さて、新年のあいさつはここまでにして、京都金杯の予想をしていきましょう!

今年の京都金杯は、毎年同様に1月5日に開催ですが、中京開催。

中京開催の京都金杯とは最早真逆すぎて頭がおいつきません。

京都:平坦・右回り

中京:急坂・左回り

しかしながら、冷静に考えてレース名とギャップがあるからこそ、中京だから狙いたいという馬がいるはず。

そういう意味でも、中京で開催される京都金杯を個別分析したいと思います。

また、同じ日にある中山金杯についても下記の通りで準備しておりますので、是非ご高覧ください。

【中山金杯2021 予想】金杯で乾杯する為に絶対に知っておきたい傾向と有力馬予想

【中山金杯2021 予想】中山金杯だからこそ狙える穴馬予想

京都金杯2021 穴馬予想

今年の京都金杯は、中京1600mで開催されますので、中京1600mの傾向について簡単に整理しましょう。

根幹距離にしては珍しく最初のコーナーまでの距離が短いコースレイアウトです。オープン戦のレースで開催されることが中京記念だけであり、年に1回しかないので、下級戦のレースで主に使用されます。

そういう意味でも中間ラップが非常に緩み、ラスト3ハロン勝負のラップとなります。これは東京1800mとも同様な傾向があり、スタートしてからすぐにコーナーがあることからも序盤はそこまで時計が厳しくなく、その後バックストレッチで緩い上り坂をゆっくりと進み、下り坂から徐々にペースが上がりますが、それでも急なペースアップでなく、直線勝負のようなラップになります。

その為、過去5年の中京1600mの古馬戦のみをピックアップしたのが下記です。

重賞も中京記念しかないレースであり、古馬戦に限定しても中間ラップが緩んでおり、3ハロンで一気に加速するレースなのは間違いありません。

そういう意味でも末脚の質を重視したいレースですね。

シュリ

昨年マイルレース3戦3勝のシュリ。前走もセンス抜群の競馬でリステッドや重賞で好走実績馬ある相手に勝利。
前走も4コーナーごちゃつくようなところがあり5番手まで下がってからも枠の利を生かした騎乗で勝利したのは評価できます。
中京競馬は昨年2勝。前傾ラップでも後傾ラップでも勝利しており、前走リゲルSでは阪神の瞬発力勝負にも適応しておりますから万能感のある先行馬。
急坂コースであれば重賞でも十分に勝負になることを結果で示しましたから、ここでも中間ラップが緩むレースですので先行残りに注意。
母系が米国系であり、トモがしっかりとしてきたハーツクライ産駒の5歳は充実期ですし、気性的にも前向きなのでマイルレースが今はベスト。

できれば良馬場でみたい一頭です。

ピースワンパラディ

昨年初重賞挑戦のエプソムカップでは不良馬場での競馬ではパワー不足で7着、新潟記念では一線級の瞬発力勝負に敗れて7着。
現状ベストは良馬場の前傾ラップで流れる左回りマイルレースであることは間違いなく、重賞級ではこの条件こそ。
その条件で走れたレースは全て連対であり、中京マイルでは2-2-0-0とパーフェクト連対。

中京2-2-0-0
マイル戦 4-2-0-0

この京都金杯の舞台は間違いなく合いますね。

脚質的には流れてくれさえすれば確実に脚を最後に使えるので、前でも後ろでもいいことが魅力。キャリア12戦中6戦で上り最速を記録していることからも末脚が最大の武器であり、同舞台でのフローラステークスでは逃げ・先行残りの展開でありながらも、最後方からごぼう抜きかつ上り2位の馬よりも1秒近い速い末脚で勝利していることからもこの舞台は向くはず。
加えて陣営も2走前あたりに季節的に夏だと集中しないと言っており、10~3月くらいが最も成績もいいですし、ここは狙えそうですね。

タイセイビジョン

4歳世代のマイル上位組のタイセイビジョン。
これまでの戦歴や母がスプリンターである血統からもベストは1400m戦ではないでしょうか。
というのも函館2歳ステークスでは逃げ有利なコースと展開で一頭だけ二桁番手から桁違いの末脚、
京王杯2歳ステークスでも同じく前が止まらない馬場と展開で差しのレースでレコード勝利と強い内容。
そこからは好走したレースはうまくハマったという評価。
朝日杯は超のつく前傾ラップで後方から差したレースで、似たような競馬をしたグランレイは現在1勝クラス。
アーリントンカップも34秒1-36秒7の差し有利な展開でイン突き
NHKマイルカップでは超前残りレースで3番手からの競馬で4着。
富士ステークスも斤量がラウダシオンが56㎏背負う中、54㎏で5着と正直物足りません。
マイルチャンピオンシップはポジション的にはスカーレットカラーやインディチャンプと同じ位置にいても大敗していることからもマイルでの実力は正直???
そういう意味でもこのレースでは積極的に買わないのも面白い手かもしれませんね。

以上がブログでの穴馬分析になります!
ブログでは、京都金杯及び中山金杯における各馬分析も一部の情報公開となっておりますが、BESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない他の馬の情報まで全て配信しております。
 
◆BEST BUY検討委員会で公開中の京都金杯出走馬個別分析
 
★サトノアーサー
★ケイアイノーテック
★トリプルエース
★レッドヴェイロン
★ロードマイウェイ
★ボンセルヴィーソ
★ラセット
 
興味があると思われた方は、是非ご参加くださいませ。

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!