【京都2歳ステークス2018】京都2歳Sを予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのことを分析します。ジャパンカップ記事については、既にアップしておりますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

仕事があまりにも忙しすぎてまだ重賞分析ができていないので怒涛の3記事連続アップをしたいと思います。

京都2歳ステークス2018を予想する上で絶対に知っておきたい3つのこと

京都芝2000mの攻略

コースとラップを分析します。まずは、コース分析から。

京都競馬場は直線が長い...そんなイメージありませんか?京都競馬場は内回り・外回りがあり、外回りは直線約400mありますが、今回の内回りコースは約325mになります。(参考までに中山が約310mです)

まずはその点をしっかり押さえておきたいと思います。

そして残り800m~600mにかけて下り坂となるため、押さえようとしても物理的にスピードが上がってしまいます。

つまりコースの特性上、残り800m~600mで加速していき、最後の直線も短く、しかも坂もありませんから、前々でレースを運んだ馬がそのまま雪崩れ込みやすいです。つまり逃げ馬、先行が有利になるコースであることがわかります。過去4回このコースで開催されましたが、逃げ馬の複勝回収値は107円超え、先行馬に関しては単勝回収値が216円といい成績です。

次にラップを分析します。

2歳の2000mは絶対にスローペースになる。このレースに限らずですが、2歳の2000mレースはほぼ間違いなくスローペースになります。その理由は2歳のこの時期、各陣営は若駒に折り合いを覚えさせたい。つまりスタートから押して押して出していくと、道中もかかる可能性が高まり、2歳のこの時期にテンから出していく事を陣営は嫌います。

そのため、スローペースになりやすいですし、これが少数頭になると尚更スローペースになりやすくなります。それが過去のラップに現れていますので、重賞化された過去4年のラップを見ていきましょう!

(馬名の⑥は馬番を表しています)

2017年

1 ⑥グレイル  4番手から外差し

2 ②タイムフライヤー 番手追走から好位抜け

3 ①ケイティクレバー 逃げ残り 

12.6 – 11.5 – 12.6 – 12.4 – 12.6 – 13.0 – 12.3 – 11.6 – 11.3 – 11.7 

前半5F61.7で道中に13.0も入ったこのレースに典型的な超スローペース。

また残り800m~600mにかけて下り坂になるとお伝えしたとおり、残り1000m~800mは13.0に対して、残り800m~600mは12.3とペースアップしております。

道中で逃げ馬さえもここから更にペースアップするため、好位かつ内々で立ち回ることが求められます。(現に人気薄の逃げたケイティクレバーが3着、2番手のアイトーンが4着)

2016年

1 ③カデナ 後方から外差し

2 ⑨ヴァナヘイム 中位内から伸びる

3 ⑩ベストアプローチ 中位差し

12.4 – 11.5 – 12.5 – 12.7 – 13.1 – 13.6 – 12.4 – 11.5 – 11.3 – 11.6

2016年も2017年とほぼ同じラップですね!

何度もお伝えしていますが、このような展開なら2017年のケイティクレバーのような前々で立ち回る馬が圧倒的に有利なんですが、全て差しで決まってしまいました。

それは、馬場が外が伸びる馬場だったということと前々で立ち回る馬がさすがに弱すぎましたね。

2015年

1 ⑨ドレッドノータス ④と2頭で逃げる

2 ⑧ナムラシングン  後方から大外差し

3 ④ファスナハト   ⑨と2頭で逃げる

13.2 – 11.7 – 12.8 – 12.4 – 12.4 – 12.7 – 11.9 – 11.6 – 11.5 – 2014年11.9

2015年もラップ的な質は同じですねw

道中はスロー、残り800~600の下り坂から徐々に速くなる。

このパターンになりますと、何度もお伝えしておりますが、逃げ馬や前々・内々で立ち回れる馬が圧倒的に有利です。

現に逃げたドレッドノータスとファスナハトがそのまま残りました。

(余談ですが、こういうレースで大外からロスしながらも差し込んできたナムラシングンのような馬を負けて強しと言うのでしょう)

2014年

1 ⑥ベルラップ 3番手押し切り

2 ③ダノンメジャー 外差し

3 ⑤シュヴァルグラン 後方内差し

12.9 – 11.8 – 12.5 – 12.8 – 13.1 – 13.4 – 13.2 – 12.3 – 11.3 – 11.5

2014年は超ドスローになりました。

ダノンメジャーやシュヴァルグランがすごい脚で追い込んできましたが、スローの場合は前々で貯金を残した馬の方が有利、ベルラップがそのまま押し切りました。

他の前々にいながら惨敗した馬は単に脚が遅かった...としか言いようがありません。

以上、過去4年間でしたが、基本的にはスローペースになることがお分かりいただけたと思います。結論は、スローペース濃厚、前々・内々で運べる馬が圧倒的に有利ということです。更に、外から差し込む場合、馬場的な恩恵がほしいですね。

陣営の思惑を読み解く

~このレースを取りに来ているのか、ホープフルSへの叩き台なのか、距離適性を見極めたいのか~

先ほど2歳の2000mは折り合いを覚えさせるために無理してテンから出していかないとお伝えしました。将来性のある若駒のために陣営には様々な思惑があるでしょう。

そしてそれを更に複雑化させているのが年末のホープフルSのリニューアル。

ホープフルSは1着賞金6700万円のG1として生まれ変わり、そこへのステップとしてこのレースが選ばれることが今後増えていくものと思われます。

また1600mでだめだったから、2000mで試してみたい!そんな陣営もいるでしょう。

そのような陣営の思惑を個人的に紐解いてみました。今年の出走馬では、下記のような思惑ではないでしょうか。

ミッキーブラック→こことホープフルを取りにいきたい(関西馬なのに、9月にホープフルと同条件の中山2000を経験させているのはそういう意図)

クラージュゲリエ→能力は相当高い、しかし気性が激しすぎる。札幌2歳3着で本賞金を加算できなかったので、ここで加算したい。(なんとか2着までに入りたい。だからモレイラ)

スズカカナロア→距離適性を計りたい

ワールドプレミア→個人馬主の所有で、早めに使えるレースから、使って馬代を回収していきたい。

血統分析

簡単です。京都2歳ステークスは黙ってトニービンを買えばいいです。

2014年:ベルラップ、シュヴァルグラン

2015年:アドマイヤエイカン

2016年:8人気で4着のワンダープチェック

2017年:グレイル、タイムフライヤー

今年のトニービン該当馬は、下記です。

・スズカカナロア

・ブレイキングドーン

・ペルソナデザイン

上記3頭になります。

結論

京都2歳ステークスでは、ここまで絶対に知っておきたい3要素を伝えてきましたが、スローペース濃厚かつコース利がある逃げそうな馬かつトニービンを持つ馬に注目しました。この馬を本命にしておけばなんとかなるのではないでしょうか。面白い1頭については、下記ブログランキングにて紹介中です。


中央競馬ランキング

ジャパンカップ記事については、下記で分析済みです。

小点数で的中をもたらす馬券師がズラッと並ぶ
JAPAN HORSEMAN ALLSTARS「J.H.A.」(PR)

今週は「ジャパンカップ」の無料買い目を提供!
無料情報⇒お試し依頼⇒好きな馬券師と共に的中を目指す!
この流れで「J.H.A.」は利用してみてください。

無料で気になる馬券師にお試し依頼する!