【凱旋門賞2020】オブライエン厩舎回避で激震の凱旋門賞最終予想

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、凱旋門賞2020の最終予想を紹介致しますので、是非最後までご高覧頂ければと存じます。

凱旋門賞については、週中に多数の方に読んで頂いた予想する前に絶対に知っておきたい3つの傾向をベースに予想しました!

昨日の時点では禁止薬物疑惑オブライエン厩舎も出れるかなと思っていたのですが、今日このニュース。

武豊騎手は日本のG1を捨ててまで凱旋門賞にチャレンジ。

キーファーズも夢をかなえる為にジャパンを購入し、欧州の強豪馬での参戦なのでどんな事件なんだと朝から本当に残念な気持ちになりました。

凱旋門賞の扉はディアドラに託すしかありませんね。

さて、予想については、オブライエン厩舎の4頭出しによる展開も想定していただけに、完全に馬場適性だけの予想になってしまいましたが、致し方なしですね。

気持ち切り替えて予想の方に。

凱旋門賞は昨年も上位3頭指名で1-3着独占であり、馬券発売されてから1度しか外していない超得意レースの1つ。今年に関しては、ラブも出走回避であり、オルフェーヴルが辛酸を舐めた年並みの時計のかかる馬場になる模様です。昨年も重い馬場でしたが、今年は拍車をかけた雨のようなのでそういった適性面でもしっかりと分析し、最終予想しております!

今年の凱旋門賞を予想するポイントは下記ですね!

・連日の大雨で昨年以上の道悪

・オープンストレッチの存在

オープンストレッチについては、開催直前にならなければ実施するかどうかわかりませんが、ゴールから約450m地点に内柵から6mのオープンストレッチを追加する可能性があります。

このオープンストレッチというのは、一般的にコースの内ラチから数mに仮柵を設置し、直線の部分だけを内数mをあける下記の画像のような仕組みです。こうすることで大外枠の馬の不利をなくして公平にしようという取り組みです。

この画像を見て頂ける通り、内にいる馬は、内に進路をとり、ごちゃつくことを避けれますし、外の馬はそのまま真っすぐ進めば進路が勝手に開くという京都競馬場の一瞬だけできる内回り、外回りの合流地点スポットのようなものが直線で450mにわたり準備されます。

そう聞くと、枠や脚質の有利不利がなくなるように聞こえますが、凱旋門賞は特別です。凱旋門賞の前日に16mの仮柵が設置され、当日にはその仮柵が取り外されて芝の状態がいいグリーンベルトが凱旋門賞当日に16mも現れます。そうなると日本競馬でも毎度おなじみの内枠の馬が常にいい馬場を走ることができ、6mのオープンストレッチもある直線に入ってもごちゃつく心配がなくとにかく有利です。

10月3日時点での競馬で仮柵をしっかりとつけて開催しており、木曜日時点ではオープンストレッチを決行するとのことです。ただし、当日に変更するようなこともあるのでこればっかりは当日まで待たないとわからないですが、オープンストレッチを実施したら一気に内枠有利となります。

仮柵を外した馬場状態の良さは数値で比較しても明確ですので、グリーンベルトはチート馬場と思ってもいいでしょう。馬場状態については、今年の凱旋門賞は昨年並の日本でいう不良馬場に相当する馬場。1~10の中でも9か10の馬場状態のようです。

17年がやや重、18年が良馬場、19年が不良馬場と考えると昨年のような馬場を想定したほうがいいでしょう。不良馬場といえば、オルフェーヴルがソレミアに破れた時も不良馬場でしたし、先行抜け出ししても最後には力尽きて外からの強襲に破れるというのが昨年のエネイブルやオルフェーヴルの時でも見られた光景でした。

加えてオープンストレッチ。オープンストレッチは改修後のロンシャン競馬場で新設されたのですが直線入ってすぐ内側の柵が取られて広大なスペースが内にでき、追込み馬でも大外を回さなくてよくなるという枠の有利、不利をなくしたものですが、グリーンベルトと言われるくらい状態のいい馬場が直線だけに生まれるのでどう考えても内枠有利になります。昨年もヴァルトガイストやエネイブルは内枠で道中脚を溜めて、直線は馬場のいいところを進んでの競馬でしたので、枠の物理的な距離の話よりも、走りやすいいい馬場がいきなり出てくるという観点の方が大きいです。

上記を考慮して、斤量面でのメリット、時計のかかる馬場の方がいいのか、内枠かをベースに予想したいと思います。

凱旋門賞2020 最終予想

◎インスウープ

インスウープは3歳牡馬であり、斤量面で魅力かつ最高の内枠をゲットしました。兄はジャパンカップにも出走したイトウであり、高速馬場は苦手であることは血筋通り。

前走のパリ大賞典は凱旋門賞と同コースでありますが2分24秒の決着であり日本並みの高速決着。一方で、ドイツダービーでは2分34秒台と今年の凱旋門賞で想定される時計での勝利であり、ソフトな馬場のほうが間違いなく適性ありとみていいでしょう。

また、前走は大敗覚悟の仕上げだったようですが、それでも上位になるあたりで陣営は能力に確信を持ったようですし、凱旋門賞では究極仕上げとのこと。

前走はいかにも高速馬場についていけなかったような外からじわじわと外々を回して追い込んできた内容は、勝ち馬のモーグルが瞬発力を活かした競馬を見せたのと反して、重い馬場にフィットしそう。

不良馬場の凱旋門賞はエネイブルでも最後脚が鈍るようにスタミナ重視であり、スピードは不要です。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

近代ヨーロッパではまず不可欠なGalileoやシーザスターズのようなアーバンシー牝系の血はなくともサドラーズウェルズに、ダンチヒと欧州の名血がズラリ。

この欧州最高峰のレースである凱旋門賞血統と言えますし、ドイツ系の母系からくるタフな馬場への適性は間違いなし。

これまでの戦歴からも良馬場よりも渋った馬場のほうがパフォーマンスが上がっているので、ここでは斤量、枠、血統、道悪適性からも十分に勝ちを計算にいれれる一頭と言えます。

〇エネイブル

説明不要の歴史を変えた名牝。

このメンバーなら力は3枚くらい上ですね。唯一無二の存在になる為に凱旋門賞3勝の称号を得るため今年も現役続行。

元々叩き良化型であり、ガイヤースにエクリプスステークスで負けたとはいえ、続くキングジョージでは、3頭立てとはいえ愛ダービー馬のソヴリン、インターナショナルステークス勝馬のジャパンをブッチぎる内容で今年も往年の実力を見せてくれそうな状態です。

唯一の懸念点は、いくら重馬場が得意とはいえ、昨年のような不良馬場になると凱旋門賞は途端にスタミナレースになります。ヴァルトガイストに差されたのは明らかに力尽きてました。3連覇を確実にとるためにデットーリ騎手が安全な競馬をした結果とは言えますが不良馬場になると最後の爪が甘くなるのは間違いなし。今年については馬場とデットーリ騎手がどこまでリスクを取って控える競馬をするのかに尽きますが、オブライエン4頭がおらず、ソヴリンもサーペンタインもいなければ早仕掛けのリスクも極めて少なくなりますし、昨年と異なるのは、昨年はG1を4連戦後のローテーションでしたが、今年は一度軽いAWのレースを挟んでいることからも状態的には、非常に仕上げやすい状態だったでしょう。凱旋門賞前におつりのなかった昨年と比較するとローテーションの面では十分歴史的な偉業を達成することができると考えてもいいでしょう。

▲ストラディバリウス

世界一のステイヤーがこのストラディバリウスであり、エネイブルとの2頭出し。

デットーリ騎手がエネイブルを選んでますが、デットーリ騎手が不良馬場の凱旋門賞で最も警戒してるのがこの馬。無尽蔵なスタミナを持ち、3000m以上のレースを11勝しており、重馬場のゴールドカップを連覇してるようなスタミナお化けなので今年の凱旋門賞でいえば買いの一頭。

枠が悪いですがこの馬に関していえば100mくらい長いほうがいいでしょうし、道悪も関係なし、スタミナに不安なしなので先行できれば最後まで垂れない絵が見えます。

前走も実力馬のアンソニーヴァンダイク相手に差のない惜しい競馬でしたし、フォワ賞はスローペースでの瞬発力勝負でありましたが、うまく適応しましたし、重馬場になれば着順は変わってたでしょう。

今回は不良馬場であり、速い脚、瞬発力が不要ですので狙える一頭です。

△ソットサス

昨年3人気の3着馬。昨年本命にしたのは高速馬場を想定していたらいきなりの大雨で不良馬場になってしまい、やってしまったと思いましたが3歳馬、内枠、ヌレイエフの血により重馬場でも適性があったという結論付。今年に関しては斤量面が相当厳しくなることが昨年比でマイナス。昨年の凱旋門賞以降パッとしたレースもなく、去年みたいに鼻息荒くして買うまでではないかなと考えて紐まで。

△ラービアー

今年の凱旋門賞唯一の3歳牝馬がこのラービアーでなおかつ内枠というだけで買える一頭。ただし、このラービアーは前走過去の名馬も多数ステップレースに選んでるヴェルメイユ賞ではタルナワに決定的な差をつけられており、稍重で開催されたフランスオークスでも4着とタフなコース、馬場では能力不足感は否めません。前走は最後方からの差しで見どころ十分といえば十分ですが、今回ソヴリンも回避で相当スローが見込まれるとなれば展開利もなく。枠と斤量でどこまでというところですが、紐までの扱いとします。

以上が予想になります!次は買い目について!

キター! 凱旋門賞注目馬
3日開催~G2~そしてG1&海外
情報集めるのも大変
特に海外はそこまで詳しくない。。
でも日本馬応援馬券は買う!
とその前に・・・見ておいて欲しいのがコチラ
先程愛用海外予想さんからメルマガきました!
──────────────────
【-引用ー】
注目は3度目の参戦となり優勝を狙うエネイブル!
昨年はヴァルトガイストの2着に敗れ、3連覇を途絶えさせられてしまいました。今年は初戦のエクリプスSでガイヤースに完敗となってしまいましたが、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは後続5馬身半差をつけ連覇を果たしいました。G1通算11勝目を挙げ、文句なしの実力の持ち主です。初参戦となる、ストラディバリウスにも注目です。昨年はドンカスターCを制しイギリス長距離三冠馬に輝き、2年連続でカルティエ賞最優秀ステイヤーに選出されました。今年はグッドウッドC4連覇、アスコットゴールドCと3連覇の偉業を達成しました。前哨戦のフォワ賞ではクビ差の2着となってしまいましたが、どのような走りを見せるのか注目です。ムーランドロンシャン賞を制したペルシアンキング、仏ダービー馬で昨年の凱旋門賞で3着のソットサス、プシシェ賞を制したラービアーなどこのあたりも見逃す事はできないでしょう。そして日本からも武豊騎手騎乗、昨年4着のジャパンも出走します。昨年の悔しい結果を払拭する事ができるのか。【終】
──────────────────
ココ去年から海外実績あるので問題なし!
◎香港M  12点900円 331,920円
◎香港V  10点1000円101,200円
◎メルボルン48点200円 488,000円
──────────────────
そして最終知りたいのは・・・買い目
10/4(日)日本時間 [23:05]発走予定
凱旋門賞無料公開
プロ予想が無料で海外公開するとこ他にないはずです!メール登録後、無料で即見れるので応援する方は、買う方、馬券前に見てみてください!(ディアドラ期待)

凱旋門賞2020 買い目紹介

K-BA LIFEの勝負レースコンテンツであるBEST BUYとハメ倒し競馬を集約した”ベスハメ”で週末の勝負レースを配信しております。

そのベスハメの中で、秋のG1についてはパイセンと馬券バトルを実施しており、凱旋門賞についても勝負対象レース!

買い目については、こちらのベスハメにてアップしますので是非ご興味がある方はご登録頂ければと存じますし、G1シーズンはお試し版として買い切りでのご提供もございます。

下記バナーよりベスハメの詳細確認できますので、是非!

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年K-BA LIFEでは競馬新聞”ベスハメ”を配信開始しました!

ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

ごめん4着Tシャツは有名UMAJOの方にもご好評を頂いております!販売して得た売り上げは色んな企画に回してます!

◆Mサイズ lounge.dmm.com/content/8247/

◆Lサイズ lounge.dmm.com/content/8248/

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

しかしながら、びた一文オンラインサロンや競馬の情報にはお金を払いたくない!

そういう方いらっしゃると思います。

そこで、お試し版としてベスハメLINE版をご紹介致します。

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら