【函館記念2020】函館記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は函館記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

それにしても昨日は、川崎メインレース最高でした。

私が愛した宗教馬ブラックジョーが地方競馬デビュー戦。8人気で49倍でしたが、自信の本命でした。

距離は長いかなと思いましたが、得意の左回りに時計のかかる地方の砂。どう考えても舞台適性高いんですよね。中央では左回りは全て軽い砂しかなくてスピードに分が悪いのですがパワータイプのこのブラックジョーは川崎や浦和にいけばどんな馬になるのだろうかと心待ちにした結果が2着。最高でした。馬券は単勝しかもっていなくてはずれましたが、検討委員会やTwitterでものすごい数の的中報告があり、最高に楽しい火曜日になりました。lこれからも地方交流は楽しくなりそうですね。

さて、話をもとに戻し、函館も一年に一度の開催で大一番である函館記念。

函館競馬場は昨年現地に行き、楽しんだのですが非常にいい競馬場です。

コンパクトでありながら広大なパドックに、高級感のあるパドック専用指定席。

屋上にいけば海も見れますし、昼ご飯には海鮮丼もあり、内馬場で調教コースも見れて、パドックの裏にはダックアウトパドックもあります。

そこらへん楽しんだVlogは、美女と旅競馬の函館編でも紹介しておりますので是非ご高覧くださいませ。

函館記念は札幌で開催された時に大きい馬券当てた時はよく覚えているのですが、それ以外はあまり覚えていないのできちんと過去のレース含めて復習して、絶対に知っておきたい3つのことを作成しました。

是非最後までご高覧頂ければと存じます。

函館記念2020 特別登録馬

人気はレイエンダ、ニシノデイジーあたりでしょうか。函館一のレースですので、渋い洋芝得意な馬が多数出走しておりますので楽しみですね。

馬名
アドマイヤジャスタジャスタウェイ
カウディーリョキングカメハメハ
スズカロングワークフォース
トーラスジェミニキングズベスト
ドゥオーモディープインパクト
ドンアルゴスドリームジャーニー
ナイトオブナイツハービンジャー
ニシノデイジーハービンジャー
バイオスパークオルフェーヴル
プレシャスブルーディープインパクト
$ベストアプローチNew Approach
マイネルファンロンステイゴールド
ミスマンマミーアタニノギムレット
ランフォザローゼスキングカメハメハ
レイエンダキングカメハメハ
レイホーロマンスハービンジャー
レッドサイオンロードカナロア

函館記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

函館記念は2400m以上のレース実績を信頼

函館記念が開催される函館2000mは、小回り平坦のイメージを持たれている方が多いかもしれませんが、最初のコーナーまでの距離が長く、さらに坂の頂上からスタートであることからも前半3ハロンが流れて、その後上り坂が続くのでペースが落ち着くレースになるので、宝塚記念のようなレースラップとなります。また、4コーナーまで上り坂が続き、高低差は3.4mと意外とタフなコースです。さらに、函館開催もラストということで洋芝特有の現象ですが、開催が進むにつれて馬場がボコボコですから脚もとられますね。

 

タフなコースとタフな馬場でありながら、ラップは前傾ラップの持続力勝負。グラフにするとわかりやすいのですが、スタートしてからずっと時計がかかり続けるようなレースになるので極めて持続力が重要な中距離レースであることがわかります。

上り坂が続く前半が前傾ラップであり、中間ラップも緩まない非常にタフなレース。加えて、直線が短いことから早めのスパートになる為、緩急の少ない淀みのないペースになりがちです。上がりは35秒以上になるレースであることからも、スタミナが求められる舞台になります。

そのような函館記念で重視したいのは、2400m以上の実績です。過去5年で2400m以上のレースで実績のある馬を紹介します。

2019年

函館記念までにオープン以上の2400m好走実績馬の出走馬無し

2018年

2着サクラアンプルール

2017年

1着ルミナスウォーリアー

2着タマモベストプレイ

3着ヤマカツライデン

2016年

3着ツクバアズマオー

2015年

1着ダービーフィズ

2着ハギノハイブリット

3着ヤマカツエース

2014年

1着ラブイズブーシェ

3着ステラウインド

特に有馬記念や日経賞といった中山の長距離レースやジャパンカップといった超一流レースで掲示板に乗ったような馬については、目立った活躍をしておりますので注目してみましょう。ラブイズブーシェの有馬記念4着は今でも悔しいですね。また、上記の中でも距離短縮組は、さらに期待値が高くなり、複勝率は24%を超え、回収率も140%を超えますので、注目したい実績ですね。

前走タフな流れを経験している馬に注目

函館記念は、スタートしてから下り坂で前半3ハロンの時計が速くなります。

さらにコーナーは急で、向こう正面からずっと上り坂のコースで、海沿いであることから風もきついです。

レースラップも前傾ラップで、直線が短いことからスパートは早めとなり、スタミナの削りあいのようなレースとなります。

このようなレースは、前走もタフなレースを経験している馬が多数好走する傾向にあります。

実際に前走G1を走った馬は複勝率23%、前走G2を走った馬は27%と非常に安定しておりますし、前走重賞という括りでいえば、8-5-7-57で複勝率26%で複勝回収率は120%超えです。

そういう意味でもタフな流れをもう少し細かく見ていきたいと思います。

2019年

1着マイスタイル 前走巴賞 34.9-36.4

2着マイネルファンロン 前走巴賞 34.9-36.4

2018年

1着 エアアンセム 前走エプソムカップ 上り35秒9 RPCI49.6

2着 サクラアンプルール 前走日経賞 上り36秒0

2017年

2着 タマモベストプレイ 前走天皇賞春(レコード)

3着 ヤマカツライデン 前走天皇賞春(レコード)

上記の通りで、前走にタフなレースを走っている馬が上位にくることが多く、例えばスローペースの上り3ハロン33秒台の直線だけの競馬で勝ち上がったような馬は全くこのレースでは馬券になっていないことがわかります。そういう意味でも上りのかかるタフなレースを前走走ってから函館記念にきている馬に注目したいですね!

函館記念はタフなレースだからこそロベルトに注目するレース

函館記念はこれまで説明しております通り、タフな持続力勝負で、サンデー系が得意とする切れ味は不要なレースです。

その為、ロベルトが大活躍するレースとしても有名なレースです。ロベルト持ちの活躍馬を過去5年で見てみましょう!

2019年

2着 マイネルファンロン

3着 ステイフーリッシュ

2018年

1着エアアンセム

3着エテルナミノル

2017年

3着ヤマカツライデン

2016年

1着マイネルミラノ

2015年

2着ハギノハイブリッド

3着ヤマカツエース

この通りで、近年の函館記念はロベルトに注目したいレースであることがわかります。

ロベルト持ちは前傾ラップのタフな持続力勝負に強い血統であることから、このような特殊コースの舞台では再現性あるレースをしてくれるので重宝します。

函館記念2020 事前注目馬

函館記念2020を予想するにあたっては、上記の通りスタミナが必要な持続力勝負になるので、下記が重要です。

・2400m以上の距離実績

・前走がタフなレース

・ロベルト持ち

上記について各項目で該当馬をピックアップしたいと思います。

・2400m以上の距離実績

ベストアプローチ

ミスマンマミーア

ランフォザローゼス

・前走がタフなレース(上りのかかる前傾ラップレース

アドマイヤジャスタ

バイオスパーク

プレシャスブルー

ミスマンマミーア

レイエンダ

レイホーロマンス

・ロベルト持ち

ドゥオーモ

ドンアルゴス

バイオスパーク

ベストアプローチ

マイネルファンロン

ミスマンマミーア

レイエンダ

全てに該当するのはミスマンマミーアですが、前走タフなレースで敗走しているので、できれば違う馬からピックアップしようと思います!

週末には最終予想を出そうと思いますので、是非ブログにもう一度お越し頂ければと存じますのでよろしくお願いいたします。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】
 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!