【函館2歳ステークス2020】最終予想&異常投票パトロール

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は函館2歳ステークスの最終予想を紹介致します。

函館2歳ステークスは、今年デビュー馬初の重賞競走ということで、その年の牧場が早く仕上げてきているのか、順調に馬を仕上げてきているのかもわかる指標になります。というのも、昨年はビアンフェの勝利でしたが、その世代はノースヒルズ軍団が大ブレーク。逆に距離が距離とはいえ、毎年のように馬券になっていた社台グループは存在感を出せてなかったので、クラシックも未勝利。コスモヴューファームも3着にいたことからも岡田軍団の躍進も目立ちました。そういう意味でも、早くから活躍する馬を準備できてるのかをしっかりと確認するレースなのかもしれませんね!?

さらには、これまでの新馬戦や未勝利戦のレベル確認する上でも重要なレースです。このレース勝ち馬と一緒に走ったり、僅差で勝負してきた馬がまだ未勝利にいるかもしれませんし、そういう馬をピックアップするのにも重要なレースかなと思います。

今年は怪物フランケルをそのまま小さくしたかのような快速馬モンファボリが注目。

モンファボリのデビュー戦は1分8秒7はその週の古馬2勝クラス級の時計であり、函館2歳ステークスのレコードは1分9秒2と過去のこのレース覇者とも器が違う感じが出てますね。

さらに、今年の函館は例年よりも馬場状態がよく前残りが目立ち、さらに先週からBコース代わりということで前にいく馬が圧倒的に有利な舞台。そういう意味でも死角はなさそうですが、それでも絶対がないのが競馬ですから精査をして他に狙える馬がいないのかを考えました。

また、土曜競馬はとびっきりのお気に入り馬が出走しますので、その馬でホップ、そして最終レースのFINAL BEST BUYでステップ、日曜日にはやっと待ち焦がれていた条件で出走してくれるBEST BUYホースが出走しますので、その馬からジャンプしたいと思います。

FINAL BEST BUYについては、LINEでの配信となり、勝負レース”BEST BUY”はBEST BUY検討委員会での紹介となりますので少しでも気になるという方は是非参加してみてくださいね!

BEST BUY検討委員会はこちら

また、このBEST BUY検討委員会限定でTシャツを作っていただきましたので、そのTシャツを通じたプロジェクトも早速立ち上げました!このロゴで色んなグッズを競馬を通じて作っていきたいと思います!

それでは函館2歳ステークス2020の最終予想をどうぞ!

函館2歳ステークス2020 最終予想

函館2歳ステークス 予想

函館2歳ステークスの再現性ある傾向については下記で分析しておりますので是非ご高覧ください。

まず、今年の出走馬で大注目はモンファボリ。

モンファボリのレースレベルは時計だけ見ても分かります通り、極めてレベルが高いです。新馬戦が既に函館2歳ステークスのレコードを上回る時計であることからこの時期に函館にいる馬の中では歴代トップクラスでしょう。また、前半3ハロン33.7の逃げができるのも魅力的。古馬でも函館1200mで33.5を上回れば速いと言われる中で2歳でこの逃げは優秀。この前半3ハロンを馬なりで出せるのだから他の馬にとっては展開待ちもできないので、勝つにはオーバーペースでも潰しにかかる必要があります。

そういうことができる馬がいるのか??

4頭はおそらく前半3ハロンはモンファボリについていけそうと思える馬がいます。

ディープエコロジー、フォドラ、リキサントライ、ラヴケリーです。

ディープエコロジーは昔々に期待してたデビュタントの親類になるんですね。モアザンベストの血筋は好きなので重賞に進めてくれて嬉しい限りです。前走は前半34.3でしたし、この日は稍重馬場。その日の特別戦の1200mは34.1であり相当速いペースでの逃げであることがわかりますからモンファボリについていけるスピードは相対的な馬場差を考えてもあると考えてもいいでしょう。

次にフォドラ。こちらも稍重の馬場で34.7の逃げでしたが、同日の古馬の逃げは33.7-8あたりの数値。そういう意味では古馬級の逃げかと言われると少し緩いですが、稍重で34.7であれば少し頑張ればモンファボリの逃げにも対応できそうです。

次にリキサントライ。こちらの出遅れ気味にスタートしたにもかかわらず、前半34.1の逃げは速い。最もモンファボリの逃げについていける馬は最内を引いたこの馬ではないでしょうか。

最後にラヴケリー。前半35.1は正直遅い。メインレースでは前半33.1というラップであり、2秒近く遅いので遅い逃げでした。それでもこのラヴケリーはスタートしてからやや出遅れ気味でのスタートから馬なりで先頭に立ち、他の馬がそこまで競りかけてこなかったのでこのペースに落ち着いたという表現が正しいでしょう。あの手応えで逃げれるのであれば、スタートを切り、少し追えば33.7のラップは刻めそうです。

モンファボリの他に4頭が快速馬がいるような状況でございますし、なんなら出走馬15頭中9頭が前走逃げ馬です。また、例年と違い函館は先週からBコースということで前残りが顕著ですから超ハイペースは間違いなし。さらにこの4頭が控えることなく自分の形に持って行こうとしたり、名手武豊騎手がモンファボリを抑える競馬を教えるという話になると紛れが生じる可能性もあります。

そういう展開になり、2歳馬にとっては超ハイペースかつ函館1200mは向正面の上り坂、海沿いであることから強風が吹くことを考えてもタフな流れになることは間違いなし。

そんな流れで狙ってみたいのは、このメンバー唯一の距離短縮馬。

◎グレイトミッション

グレイトミッションの前走は東京1400mからのローテーションであり、昨年2着のタイセイビジョンと同じローテーションですね。

函館2歳ステークスが開催される函館1200mは、向正面が坂であり海風もある中で、速いスピードで追走が必要な前傾ラップであることからも、字面以上に直線はどの馬もバテバテになります。。どの馬も最後にはバテるくらいに脚を出し切るコースですし、開幕後半で馬場も悪いことから相当タフな舞台です。函館の新馬戦で1200m以上の番組がないので母数は少ないのですが、東京や阪神でデビュー勝ちした馬で、放牧前に函館2歳ステークスに出走するような馬も年に1頭いるかいないかですが、出走すれば3割くらいの確率で馬券になります。快速馬が複数頭いて、さらには前崩れまで想定できるペースで前走スプリント経験馬は直線脚が残っていないことが想定されますので、そういう意味でも今年唯一の距離短縮馬であるグレイトミッションは非常に狙いやすい一頭。

グレイトミッションも新潟2歳ステークスに進めるか悩んだらしいですが、調教師が前向きな気性だということでスプリント戦を選定し、なおかつリンゴアメとの二頭出し。勝負気配を非常に感じます。

前走の内容も非常によく、東京の重い馬場の中、一頭だけ外外をまわっても直線で垂れることなく突き抜けました。他の馬が前や内を通る中、相当ロスの多い競馬で勝ち切ったので能力は確か。

そして函館2歳ステークスは、米国系ダート血統に注目のレースです。スプリントレースはレースラップがスピードの持続力を求められるレースであり、アメリカダート血統が適正が求められます。例えば、ストームバードやヴァイスリージェント、エーピーインディやフォーティナイナー系やプリンスリーギフトを持つ馬などが注目です。グレイトミッションの母系はエーピーインディやヴァイスリージェント等おなじみの米国系が目白押しの血統。祖母は米国重賞3勝馬であり、この母系から米国のG1馬も多数輩出していることからも、舞台は絶好。いかにも上りのかかる持続力勝負向きの血統であることからも一発あるならこの馬でしょう。

〇モンファボリ

父がフランケルという欧州系の馬なのでもし揉まれるような競馬になった時にどうかなと思いましたが能力は歴代函館2歳ステークス出走馬の中でも断トツ。普通にすれば勝てるでしょう。

▲リメス

新馬戦は、フォルセティ、リキサントライ相手に勝ち切ったところハイレベル新馬戦の勝ち馬ということで上位評価。今の函館Bコースは内前有利な馬場ですので、そういう意味でも枠順も非常にいいですし、ここは3番手です。モンファボリが外からすっと逃げるような競馬をするときに3コーナーで一番競馬しやすいポジションにいるはずですから、出し抜けは厳しいかもしれませんが面白いかもしれませんね。

函館2歳ステークスは上記の3頭で勝負したいと思います!このレースで勝利して、FINAL BEST BUYで手堅く単勝ゲットしたいと思います!

異常投票パトロール

そらモンファボリですよねw前日から非常に多くの異常投票が集まっております!

馬名単勝複勝
モンファボリ

30万,40万

35万,65万

30万 

 

異常投票パトロール

函館1R ウイングリュック

BEST BUY検討委員会の次走注目馬でも紹介しておりますウイングリュックに7時30分複勝60万の投票を発見。明らかにずぶく、距離延長が向きそうですからね。

函館4R オーパルシャルム

こちらも次走注目馬。前走の内容よかったのでかけたくなりますよね。意外と他の馬にも異常投票がありますが、オーパルシャルムに対して複勝30万円。

福島3R サトノタイガー

6時50分に複勝60万円発見。そういえば里見オーナーはセレクトセールで爆買いあまり見れなかったですね。

阪神3R フリークボンバー

本日一の異常投票ですね。単勝100万円の投票が7時10分にありました。これはすごいですねw

阪神5R テーオーブレイブ

複勝50万円の投票を発見。新馬戦のテーオーってあんまり聞かないですね。

阪神10R ヒルノダカール

複勝50万円の投票を発見

 

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!