• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【天皇賞・春2019】天皇賞・春を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと【平成最後の春の盾】

【天皇賞・春2019】天皇賞・春を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと【平成最後の春の盾】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、天皇賞・春の予想記事になります。天皇賞・春は、京都を庭とするK-BA LIFEは外す訳にはいきません。菊花賞と天皇賞・春は京都競馬のお祭りなので、本当に好きなレースです。

昨年も◎レインボーラインで事前に予想した通り、しっかりときてくれました。個人的には去年の天皇賞・春の予想は、中々完成度が高くて何故レインボーラインなのかをしっかりと導くことができたと思います。その時の予想動画は、こちらです。

それにしても、今年の天皇賞春はすごいですね!GW10連休の真っただ中ですし、まさに平成と令和の境目となるタイミングです。ただシャケトラは残念でなりません。怪我から復帰しての2戦が衝撃的な強さだっただけに。。心よりお祈り申し上げます。

しかし、長距離戦の常連が揃って面白そうですね。私は朝5時から並んで開門ダッシュ予定です!天皇賞春のため、そして令和へ向けて良いスタートダッシュを切れるよう一緒に走り抜きましょう!今週もよろしくお願いします。

少し宣伝ですが、大根おろし様とのコラボ動画の前編も是非ご視聴ください。

それでは、天皇賞・春を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

天皇賞・春2019 特別登録

ヴォージュ 和田

エタリオウ Mデムーロ

カフジプリンス 中谷

クリンチャー 三浦

グローリーウェイズ 川田

ケントオー 幸

チェスナットコート 坂井

パフォーマプロミス 北村友

フィエールマン ルメール

メイショウテッコン 福永

ユーキャンスマイル 岩田

リッジマン 蛯名

ロードヴァンドール 横山典

天皇賞春2019を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

天皇賞・春は内枠有利な持続力勝負

京都3200mは、天皇賞・春のみ開催される天皇賞・春の為だけのコースです。

その為、天皇賞・春のデータだけを頼りに分析が必要となります。まず、コースとしては、長距離レースなので、前半から中盤まで緩み、淀の坂が残り800mから下り坂である為、後傾ラップのレースとなります。また、外回りコースは内回りコースとの合流地点もあり、馬群がばらける傾向にあるのも見逃せません。

長距離レースといえども、残り800mからは、11秒台のラップが続くロングスパートの持続力勝負になります。過去10年のラップを見て頂ければ明白でしょう。

キタサンブラックのワールドレコードのラップはどうしようもないですが、一般的な天皇賞・春は残り800mからペースが上がり、そのスピードを持続させる能力が必要となります。その為、最後の脚色がどの馬も似たような脚になるので、可能な限り、内枠が欲しいです。

どのレースでも内枠が強いと言ってるな、と突っ込みを受けそうですが、天皇賞春は特に内枠が強いレースです。下記のデータで一目瞭然だと思います。これはもう物理的な問題でしょうね。基本的に京都の馬場が時計が速くなってきているので、内枠が純粋に有利になることや3200mも走るのだから1頭分でも内を走るのか、外を走るのかというのは最終的に大きな差となってきます。またコース紹介でも述べたように、京都の外回りコースは直線の入り口で馬群がバラけるため、内がぽっかり空きやすいんですよね。ですから、内で詰まるリスクも低くなっております。積極的に内枠の馬を狙っていきたいですね。

4コーナー5番手内が天皇賞ポジション

このレースは前述の通り、持続力勝負で最後には脚色がどの馬も似たようなレースになります。そういう意味でも後ろからではよほど内をうまく突いて、差す競馬をしなければ大外一気ではオルフェーヴルでもぶっ飛んでしまいます。

また、ポジション取りも非常に重要な要素となってきます。上記のデータは過去10年の4角でのポジション別データですが、逃げが3勝。逃げに関してはキタサンブラックの2勝が大きいですね。

また5番手以内が8勝となっており、5番手以内にいないと勝ち負けできないレースとなっております。ちなみに10番手以下から勝ち切った馬はレインボーラインの1頭だけ。これも最内を突いてのものですし、差し馬であれば最短のインを狙わないと厳しいでしょう。

アルバートのようにステイヤーでも、後方からじっくりと行く馬は天皇賞春には向いていないといえるでしょう。

黙ってトニービンを買う

これは有名な話ですが、とにかく天皇賞・春はトニービンを買うレースです。

例えば2012年は、1〜4着までトニービン持ちでした。オルフェーヴルが吹き飛んだレースですね。そのレースもこの視点で予想していればトニービンボックスで3連単100万円とれた訳です。トニービンは京都外回りの800m持続力勝負になるレースでは絶大な強さを発揮します。過去の好走馬としては、下記になります。

2010年 ジャガーメイル

2012年 ビートブラック、ウインバリアシオン、トーセンジョーダン

2014年 ウインバリアシオン

2015年 フェイムゲーム、カレンミロティック

2016年 シュヴァルグラン、カレンミロティック

2017年 シュヴァルグラン

2018年 シュヴァルグラン

このように毎年のように好走馬がいます。トニービンには注意したいですね。また、トニービンの血を持つ馬の中でも長い距離で上がり33秒台を出せる馬が、シュヴァルグランやフェイムゲームやウインバリアシオンのように好走しておりますので、トニービンの血を持ち末脚自慢の馬をしっかりと狙っていきたいですね!

その他の好走血統は、母系次第ですがステイゴールド産駒は、ドリームジャーニー、フェノーメノ、ゴールドシップ、レインボーラインと好走が多いので、母系がステイヤー血統や京都外回り血統のような場合は要注意ですね。

次回予想では、この分析をもとに、今年の天皇賞・春の注目馬を分析予定です。

天皇賞・春2019 外厩分析

最近は本当にグランアレグリアの天栄仕上げやサートゥルナーリアのしがらき仕上げ等で外厩仕上げが話題ですので、天皇賞・春でも注目が必要です。天皇賞・春で外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!