【天皇賞春2020】予想に使える全頭分析と大駆け期待の大穴馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は天皇賞春の予想に使える全頭分析を実施しますので、是非ご高覧頂ければと思います。

天皇賞春の傾向分析については、天皇賞春を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで紹介済みですので是非ご参考にして頂ければと思います。また、傾向に完全合致し、オッズの期待値も高いBEST BUYな1頭を最後に紹介したいと思います。

天皇賞・春は今の京都競馬場で開催される最後の天皇賞・春でありますが、無観客という京都ステイヤーレース愛好会会長としては非常に寂しいところではあります。そんな大切な天皇賞・春だからこそ、全頭しっかりと分析した上で予想したいと思いますし、全頭分析においても、このブログでは、人気馬が強いとか単純に過去6番枠が強いから6番枠が買いというオカルト的な予想は絶対にせず、競馬について深く研究しアウトプットしていることから内容は厚いものと自負しておりますので、最後までお付き合い頂ければと思います。

それでは天皇賞・春の全頭分析をどうぞ!

天皇賞春2020 外厩情報

昨年は、フィエールマンとグローリーヴェイズの2頭がノーザンファームの外厩仕上げでしたし、今年もこの情報は仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された天皇賞春の出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

天皇賞春の予想に使える全頭分析

まずは天皇賞春の予想に使える全頭分析をする前に基準となる考え方を整理したいと思います。

天皇賞春は、コースレイアウトと5月京都の高速馬場の影響で下記の要素が重要になります。

・中距離重賞でも好走できるスピード

・4コーナーで5番手以内の競馬

・トニービンの血統

これは、天皇賞春の開催される京都3200mがスタートしてから隊列が決まるまで、下り坂→平坦となることが大きな要因で、良馬場の過去10年間の平均5ハロンタイムは60秒4とステイヤーレースの中では極めて速い時計です。これに拍車をかけて馬場も高速化していることから、天皇賞春では追走時にもスピードが必要になるので、追走のスピードがない馬は、道中でいくらスタミナがあってもバテてしまいますので、中距離実績が必要になります。次に、4コーナーで5番手位置ですが、京都3200mは、スピードが求められますがスピードだけでは乗り切れないですし、外回りコースは4コーナーからの持続力勝負になるので、最後はどの馬も脚色が変わらないので、ポジションとしては4コーナー5番手以内が必要になります。過去10年でも前走4コーナー5番手以内の馬が8勝、天皇賞春としても4コーナーで5番手以内の馬が8勝と明らかに先行脚質が有利です。これは、最後は前でも後ろでも力が残っていない馬が多く、内内の経済コースを進み、小出しに脚を使える馬の方がレースをしやすく有利ですので、このポジションが重要になります。また後方からになるとレインボーラインのように後方からでも内内を突くような競馬が必要で、器用なレースができないタイプは昨年でいえばエタリオウのように出遅れて大外一気ではダメですし、サトノダイヤモンドのように外々を回るとあのレベルの馬でもバテますし、イメージは適性外と思われていた馬の好走ですが、2019年のパフォーマプロミス(3着)や2018年のミッキーロケット(4着)や2017年のアドマイヤデウス(4着)といったとにかく好位の内で脚を溜めれば後はスピードを持続させれば結果的に残っているようなイメージですね。そして血統的には持続力勝負に強いトニービンですね。

大きいところではこれらを軸にして、更に個別に分析を進めたいと思います。

エタリオウ

昨年は2人気でしたが大出遅れで3コーナーから大外一気の天皇賞春では絶対に勝てない競馬をやってしまって4着。この天皇賞春までは最強の未勝利馬と言われるほどに重賞でも2着が続いていたのですが、この天皇賞春でのタフな競馬によりその後の成績は全く振るわずでしたが最近になってやっとスタートもマシになり、先行策もできるようになっているのでメンタル面での回復も進んでいるようです。そのエタリオウですが、菊花賞2着、中山外回りの日経賞でも昨年2着と京都外回り適性は高そうではありますね。

ただ、天皇賞春で求められる要素として、追走時のスピードが必要なのですが、2000m以下での重賞実績はありません。昨年の天皇賞春でもスタートが悪いことに加えて明らかに追走でも苦労していたのもよく覚えています。ダービーでも4着なのでスピードがないというわけではないのでしょうが、古馬になってからの成績はどうしても精細を欠いておりますし、スピードを見せつけたようなレースもないのでここは減点でしょう。次に4コーナー5番手以内ですが、ここ数戦はゲートから出して先行策が板についており、出遅れ癖も改善されているので安定的に4コーナー位置は前目です。そういう意味でもここは天皇賞春を目標だとしたら十分レースで勝ちポジションを勉強させているといってもいいでしょう。血統的にはトニービンは持っておりませんが、トニービンの次に戦績のいいステイゴールド産駒。ステイゴールドは、好走血統であるプリンスリーギフト持ちでもあり、母系は米国血統でありスピードも十分な血統背景。

菊花賞含めて京都では大きく崩れていないこともあり、ここ数年は菊花賞連対馬が勝利していることからも、抑えまでは必要なのではないかなと思います。

キセキ

普通に予想すればキセキではないでしょうか。

・菊花賞馬に乗った武豊は天皇賞春で崩れない

・天皇賞秋3着、大阪杯2着、ワールドレコードのJC2着とスピードはメンバー屈指

・出遅れない限りは逃げか先行策を徹底

・父ルーラーシップはトニービン持ちで母系は桜花賞2着馬、グレーターロンドン等のスピード牝系。

上記を考慮すると、全てに合致するのですが、いかんせん凱旋門賞から帰ってからのメンタル面に問題があり、いかにも去年のエタリオウになりそうな雰囲気。角居厩舎の馬は坂路ではなくコース追いが多いことから過去の名馬もそこまでスタートが上手な馬がいなかったですが、このキセキに関しては古馬になってからスタートの悪さを出してきており、父ルーラーシップを彷彿とさせます。このスタートの悪さは天皇賞春では致命的であり、前半60秒前後で流れるのに、ペースアップをして出遅れてから前につけると前走のように体力が無くなりますし、控えれば3~4コーナーでかなり外を回されて直線で脚が無くなります。そういう意味でもこのキセキはスタート次第というギャンブル要素があり、4コーナー5番手以内をとれるのかいささか不安な馬です。他の条件はピッタリなので切ることができませんが、出遅れるリスクが高いので本命っていうのは難しいかなと考えております。2週間前のスタート審査も陣営にとっては想定外でしたでしょうし、そういう意味でも順調ではないように思います。

ただ、有馬記念終了後にライアン・ムーア騎手からステイヤーであると進言を受けたことや菊花賞馬がこの天皇賞春での5年連続好走していることからも重い印とは言わないまでも切ることができない存在ですね。

シルヴァンシャー

京都大賞典3着からのぶっつけローテーションですね。

・2000m以下の重賞実績なし

・後方から直線一気のレースが多く4コーナー5番手以内のポジションは難しそう

・トニービン無しで、ディープ*米国系

上記を考慮すると天皇賞春では厳しいのではないかなと考えます。

スティッフェリオ

勝利した重賞は福島記念、小倉大賞典、オールカマーで好走したのは日経賞といかにも大箱ではなくトリッキーなコースでこそ好走できるタイプがスティッフェリオ。

2000m以下の重賞実績については、小倉大賞典と福島記念で好走しておりますが、スピードという意味では天皇賞秋と大阪杯の負け方を見ると少し不足しているかなという考えです。また、4コーナーではデビューから一貫して先行策を貫いておりますので、そういう意味では4コーナーでの絶好ポジションはこの馬がとれそうです。菊花賞では不良馬場でしたので3コーナーで後退してしまいましたが、日経賞やオールカマーを見れば3コーナーの下り坂から惰性をつけてダラダラと持続力勝負にするのが得意なのでポジション的には非常に有利に働きそうです。血統的にもステイゴールド産駒であり、母系は欧州のマイル血統。どこまで3200mの距離で得意の持続力を発揮できるかというところですが、淀の下り坂であればだましだましで競馬できるかなと思います。

ダンビュライト

ダンビュライトは面白い1頭ですね。何よりもいつの間にか去勢しておりました。天皇賞秋でも戸崎騎手を振り落として大暴走したり、東京に遠征すると暴走気味に走ったりと非常に気性が荒い馬だったので仕方ないとは思いますが、この気性難な馬が去勢し、無観客試合でどのような競馬をするか非常に楽しみです。

話を元に戻して、天皇賞春でダンビュライトが好走できるのかをまず絶対に知っておきたい3つのことに照らし合わせて分析したいと思います。

まずは、スピードについてですが、これまでのレースを見ても全く問題ないでしょう。元々サウジアラビアRC2着、きさらぎ賞3着と短い距離で実績を積んでおり、極めつけは皐月賞。1分57秒9に近年でも高速決着となった皐月賞で先行して3着、ダービーも6着、神戸新聞杯も4着と高速馬場での好走実績は多数ですので問題ないでしょう。また4コーナー時点でのポジションはこの馬の真骨頂は4コーナーから直線で先頭につけてそのまま押し切る競馬なので天皇賞春でいかにもな脚質。血統的にもルーラーシップなのでトニービン持ちですから好走実績ありの血統です。

また古馬になってからは適性が明確になり、京都外回りと中山外回りに良績が集中しており、この京都外回りコースが滅法得意で京都大賞典2着、京都記念1着、加えて菊花賞では理想的な競馬で5着。菊花賞は不良馬場に泣きましたが今回のスピードが求められる京都であれば非常に面白い1頭と思います。京都大賞典は2分23秒7と非常に速い時計だったことを考えても高速の京都競馬場の適性は非常に高く、菊花賞のように4コーナーで先頭に立つような競馬をしてくれれば非常に面白い1頭かなと考えております。また、東京競馬場のような返し馬の入り口でるとスタンドのようなコースではすさまじく入れ込むのですが、今回は無観客で去勢。できれば内枠が欲しいですね。

京都では1-1-1-1と全く崩れていない安定感や手が合っている3-1-0-2の松若騎手が騎乗であれば面白い1頭ですね。

トーセンカンビーナ

京都外回りコースでは2戦2勝といかにも人気しそうなのがこのトーセンカンビーナです。阪神大賞典で重賞で初めて馬券になりましたし、ステイヤーとしても面白い1頭と思います。

では、天皇賞春ではどうかを分析したいと思います。

スピードについては、そもそも上り馬なので重賞でのスピードがどうかを検討できないのが辛いところですが、これまでのレースを見ても上り32秒台で差し切るレースをしたり2000m以下でも好走していたりとスピードは間違いなくあるでしょう。ただ、脚質的にはどうしても出遅れ癖があるので後方からとなり、直線一気の競馬になることが多いので天皇賞春では相当厳しい4コーナー二桁番手が想定されます。どのような展開流れでもこれまでは上り最速で競馬をしてきたのですが、天皇賞春ではどうかという点は確信を持てないのが実情です。血統的には、昨年も勝ち馬を出した勢いのあるディープインパクト産駒であり、母系には凱旋門賞馬などもズラリなのでスタミナは間違いなくあるでしょう。

スタートでのチョンボが付きまとう1頭ですので重い印は難しいですが、京都で無敗の2-0-0-0で右回り4-3-0-2と間違いなく舞台は合うはず。個人的にはスタートさえうまく出てくれれば好勝負期待できる1頭だと考えております。

ハッピーグリン

さすがに厳しいそうですね。2000m以下の重賞実績なく、4コーナーでも後方からの直線だけで勝負するタイプで、トニービンや他の好走血統も特にないことを考えると厳しそうです。

フィエールマン

昨年の勝ち馬であり、説明は不要でしょう。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

凱旋門賞から帰ってきても有馬記念で4着と見せ場を作りましたし、今回得意の直行ローテーションです。札幌記念やラジオNIKKEIでも好走しているあたりスピードは十分ですし、昨年のように4コーナーから直線入り口で先行馬を飲み込む競馬ができれば全く問題なしでしょう。ディープ産駒はいきなり走らなくなることがあるのですが、母系は欧州系なので息の長いディープ産駒かなと思います。

札幌記念以降いい結果が出ていないことからも衰えを懸念する声もありますが、前走の有馬記念は相当厳しい差し有利の競馬の中でサートゥルナーリアよりも先に前から動いて4コーナー4番手で最後まで残り4着は内容が非常に濃い1戦でした。あのメンバーでこれだけ展開と逆の競馬をして残せるのは能力の証でしょう。他の先行馬や早めに仕掛けた馬や同じ位置にいたアーモンドアイ含めて全て大敗していることからもやはり能力は高いでしょう。直行ローテーションは得意でありますが、実は天皇賞春に直行を決めたのが3月末というなんともギリギリなタイミング。有馬記念終了後に決定していたわけではないのでここを目標かと言われたらそうではないので、付け入る隙はありそうです。それでもこのメンバーの中であれば、重い印はつけたい1頭ですね。

ミッキースワロー

ミッキースワローもやっとこの舞台に出てきてくれた感ありますね。日経賞を制覇して本格化してきた感が出てきてます。

ディープインパクト系種牡馬のトーセンホマレボシ産駒で、2000m以下の重賞実績は七夕賞1着、新潟大賞典2着、福島記念3着と実績は十分ですし、アーモンドアイの勝利したワールドレコードのジャパンカップでは上り最速の5着。スピードの点については全く不安しなくても問題ありません。また、4コーナー位置ですが、3歳の時からそうですが道中後方でも3~4コーナーで教えあげるレースを徹底しており、4コーナー地点では先頭集団につけるのがこの馬のスタイルです。直線というよりはコーナーで一気にスパートをかけるタイプであり、京都の外回りでは少し外に振られるのでどうかなと思いますが、最近はレースぶりも上手になりましたし、中山の外回りでも非常に好成績を続けておりますから問題はないでしょう。血統的にもトニービン持ちであり、好走条件は抜群。菊花賞では不良馬場に泣きましたが、良馬場の天皇賞春では十分に通用するでしょう。関東から関西への遠征が菊花賞以来というのも中々ですが、福島や新潟でも好成績を続けていることから平坦コースは間違いなくあうでしょうし、中山外回りでも好走を続けていれば間違いなしに京都の下り坂も対応可能。

適性面では十分勝負になると思いますが、関西への遠征がとにかく久しぶりであり、この厩舎の遠征はそこまで得意ではないというのが有名な話でもありますし、鞍上が神様のような方なのでなんとでもなるかもしれませんが、鉄板というのはいいがたいかもしれませんね。G1ではワンパンチ足りない点も注意が必要です。

ミライヘノツバサ

ダイヤモンドステークスで3年ぶりの勝利をあげたのがミライヘノツバサ。

2017年日経賞はシャケトラの2着で、後の天皇賞馬であるレインボーライン、有馬記念馬ゴールドアクター、皐月賞馬ディーマジェスティを相手に2着なので相当能力は高い馬であり、復調すればこれくらい走れてもなんら不思議ではないでしょう。

それでは、天皇賞春では好走できるのかを近走を見て判断していきましょう。まずはスピードの点。ミライヘノツバサはデビューしてから2000m以下の重賞では好走実績がございませんし、オープン級でも好走はありません。好走実績は中山の上りのかかるレースが中心であることからもスピード能力を問われると疑問です。ここ半年は差しの脚質になっており、4コーナーでも10番手位置から差す競馬が続いております。前走ダイヤモンドステークスは、オセアグレイト以外の先行馬が壊滅するようなレースであったことからも展開に恵まれた感じは否めませんし、天皇賞春で追走の時点で相当苦しくなる可能性があります。血統的にはステイゴールドの血ですが、母系は米国血統。天皇賞春にぴったりかと言われたら少し疑問かもしれません。

京都成績が0-0-0-3、札幌成績0-0-0-2、福島成績0-0-1-2で中山成績が4-2-2-4というあたり、急坂のパワーを求められえるコースが最も適性が高そうです。

メイショウテンゲン

菊花賞で大敗後にステイヤーレースに進み、ステイヤーズステークス4着、ダイヤモンドステークス2着、阪神大賞典3着とステイヤーとしての素質を開花させつつあるのがこのメイショウテンゲン。

天皇賞春での適性面を見ると重馬場の弥生賞こそ勝利しておりますが、それでもスピードについては疑問です。母を見れば京都の外回りは大得意と思いましたがきさらぎ賞で5着、菊花賞で12着といいところ無しでいかにも4ハロンの持続力勝負に合っていないタイプのようにも思える戦績です。また、脚質も4コーナーでは二桁番手からの競馬が中心であり、天皇賞春の4コーナー5番手以内の競馬ができるかと言えば、全くできそうにありません。阪神大賞典やダイヤモンドステークスはスタミナが求められる舞台であり、直線でスタミナが尽きる馬を差すことができる競馬になりますが、京都の高速馬場の天皇賞春は性格が異なり立ち回りの馬さを問われることもあり、道中もスピードがなければ追走で体力を消耗しますし、後方一気からの競馬は追走で体力を削がれている状況下では脚に差がでないですし、加えて3コーナーから下りで、直線も平坦なので中々前も止まりません。そういう意味では脚質的にもスピード的にも苦しいと言わざるを得ませんね。

メロディレーン

馬体重340kgのアイドルホースメロディーレーン。牝馬でありながら菊花賞でも好走し、この天皇賞春にも挑戦する姿は非常に応援したくなる一頭ですね。

前走阪神大賞典こそ5着でしたが、直線で全く進路なく包まれていたことが要因であれがなければもう少し際どかったでしょう。そんなメロディーレーンの天皇賞春の適性面について分析したいと思います。

まずはスピードの点ですが、この小柄な馬体ですが生粋のステイヤーで阪神2600mではレコードで圧勝するくらいで、2000m以下の重賞挑戦はございません。4コーナーでのポジションも基本的に後方からの差し競馬が中心となりますので、天皇賞春ポジションである4コーナー5番手以内のレースは厳しそう。この馬は、体が小さいのでどうしても抜け出す時に当たり負けすることや道中でのポジション争いでもぶつかるリスクを避ける為、極端に後ろからになってしまうのでしょう。血統的には、父オルフェーヴルに母系にはモンジューや見るリーフ等の凱旋門賞血統で、この血統でどうやったらこの小さな馬がでるんだよって突っ込みをいれようと思ったのですが、ステイゴールドの血でしょうね。ステイゴールドも現役時は非常に小さい馬でしたが、その能力の高さで天皇賞春2着でしたからなんとなくダブる気もします。

モズベッロ

上り馬モズベッロも面白そう。

2000m以下の重賞実績なく、後方からの脚質であり、血統的にも好走血統とは程遠い血統ですがこの京都外回りコースには桁違いの強さを誇ります。

未勝利戦では京都1800mで勝ち上がり、その後リステッドの白百合ステークスで2着、京都2400mの高雄特別で1着、日経新春杯でうれしい初重賞制覇でしたし、京都の外回りであれば4コーナー時点での5番手以内のポジションまで押し上げて競馬ができる京都巧者です。戦ってきた相手も流れも様々で、ダークホースな感じはしております。実際日経賞ではエタリオウ、スティッフェリオにも先着しておりますし、日経新春杯ではメロディーレーンやタイセイトレイルにも先着していることから、この京都外回りの舞台ではある程度勝負付けが済んだ馬も多数いるので人気しないのであれば面白そうです。

ユーキャンスマイル

人気の一角ユーキャンスマイル。前走阪神大賞典では力の違いを見せつけましたね。G1でも昨年の菊花賞3着、天皇賞春で5着、天皇賞秋で4着、ジャパンカップで5着と大崩れせずに掲示板に乗れる実力があることを証明しております。昨年5着だった天皇賞春も本格化してきた今年に関してはどうかと再度分析したいと思います。

まずは、スピードについて。スピードについては、2000m以下の重賞実績は新潟記念で1着、天皇賞秋で4着と実績十分で追走には苦労しないのではないかなと考えております。また、4コーナー位置ですが、この馬にかんしては前走こそ捲り気味にポジションをあげ4コーナー4番手の競馬ができましたが、それまでは基本的に後方から直線での差しを意識した競馬になります。菊花賞こそ武豊騎手の神騎乗あり3着まで持ってこれましたが、後方からでは厳しいので、4コーナー時点でのポジションをどこまで前にするかでしょう。実際に去年から控える競馬で好走実績が増えていることからも、G1では積極策をしないのではないかなという見立てもあります。

血統的には、トニービン持ちではなくダンスインザダークが母父なのでステイヤー適性あると思われがちですが、母父ダンスインザダークは菊花賞でこそ好走馬多数ですが、この天皇賞春では全く成績が振るいません。

また、右回りの成績が前走こそ圧勝できましたが、元々直線で右回りだとモタれるような姿も見せてましたし、万葉ステークス以降は左回りを中心にローテーションを組まれておりました。立ち回りのよさを求められる天皇賞春で勝負できるかといえば、太鼓判を押すのは難しいですし、前走のような大雑把な競馬をすると最後まで脚が持たないのがこの天皇賞春ですし、岩田騎手から浜中騎手というのも中々判断が難しいですね。

天皇賞春のBEST BUYな1頭

天皇賞春を予想する前に絶対に知っておきたいことでお伝えしたかったのは、下記です。

・天皇賞春は高速化しているのでスピードが重要

・前目のポジションが必要

・トニービン、あるいはプリンスリーギフトやボールドルーラー持ちのスピードある母系

これらを考慮して、悩みに悩んだ天皇賞春のBEST BUYな1頭はYoutubeにて配信予定ですので、是非チャンネル登録を頂ければと存じます。好き放題語っておりますので是非ご視聴頂ければありがたいと思います。

チャンネル登録はこちら

【PR】競馬の大根おろし × BEST BUY検討委員会

K-BA LIFEが2020年もっとも力を入れているのが”BEST BUY検討委員会”。

この検討委員会の中で、競馬の大根おろし様とのコラボ企画である”一日一善”を配信しております。記念すべき企画では高松宮記念の後の最終レースでパイセンと大根おろし様の本命馬が被ったのでそのレースにBETしたら・・・

ヴィクトリィ~でしたね。大阪杯の週も3人の予想で1着、2着、3着と完璧な予想でした。ただし、賭けた複勝が私のセンスの無さにより、来週は全コロになります。まったりとした大根おろし様との馬券企画についても、皆様の熱いご参加をお待ちしたいと思います!

そして、BEST BUY検討委員会ってなんやねん。って思われた方は下記にご紹介致します。

競馬を楽しみ、人生を楽しめる人々が集まり、本気の勝負レースを全員で配信し、狂喜乱舞するという大人の社交の場です。全員の勝負レースが一致するMUST BUYを追い求め活動しております。 コンテンツは下記ですし、常にみなさまの需要に沿って活動しております。

私がBEST BUY検討委員会で紹介しているBEST BUYの回収率は2020年で、下記の通りで166%です。

直近で言えば、マイネルサーパスやディキシークイーンで4~5倍の単勝オッズにぶち込みを成功しておりますが、昨年も単勝回収率177%でしたので自分の実力はこれくらいかなという気はしておりますので、皆様とBEST BUY検討委員会でもっといろんな議論をしてレベルアップしたいなと考えております!熱い勝負レースを準備する段階から、全員で全力で取り組んでいます。競馬を本気でしたいという方や競馬仲間が欲しいという方は是非ご参加ください。最高の仲間が揃ってます。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

 

K-BA LIFEの新聞 ”ベスハメ” BEST BUY×ハメ倒し=最強!?

2020年、K-BA LIFEでは、新企画”BESTハメ倒しんぶん”、略して、ベスハメを開始することをご報告申し上げます。

ベスハメでは、これまでFINAL BEST BUYとして配信していた中の人の最終勝負レースに加えて、先月より新馬戦で大爆発中の帯男パイセンが繰り出す最終レースの”ハメ倒し”を配信します!

8月8日より開始しており、8月実績は嘘偽りなく下記の通り!

【ベスハメLINE版8月成績】
最終Rのみ15頭配信して5勝で単勝回収率は483%!パイセンの破壊力w

8/8札幌◎フィルムフェスト14.5倍

8/16札幌◎サマーエモーション1.9倍

8/22新潟◎グルファクシー17.5倍

8/22小倉◎ファビュラスギフト27.3倍

8/30札幌◎アラスカ 4.7倍

その他にも地方交流重賞や海外重賞の予想も配信しており、9月の東京記念でもしっかり3人気◎サウンドトゥルーを的中!

パイセンの〇〇はマジで・・・といった一言コラムもありますので是非、ベスハメを宜しくお願い致します!LINEを使われている方は全員確認可能です!下記より、友達登録をお願い致します!

LINE登録はこちら!

さらにLINEで配信しているベスハメは最終レースだけですが、ベスハメ完全版では1日全レースの中で最も自信の勝負レースである”BEST BUY”やパイセンのハメ倒し競馬-THE BEST-を配信ます!

BEST BUYの夏競馬終了時点での年間単勝回収率は下記です。

18-10-4-40という成績であることからも好オッズで尚且つ4回に1回程度は頭で来ていますので、私自身も自信をもって勝負できております。

BEST BUYを配信している”ベスハメ”についてはBEST BUY検討委員会のメンバーは無料で見ることができますので、是非ご入会くださいませ!

ベスハメ完全版を配信しているBEST BUY検討委員会は単純な予想配信だけではなく、各種オンラインサロン機能も有しておりますので様々なイベントを実施中です!

★BEST BUY検討委員会について

①BEST BUY検討委員会

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。

②エンターテイメント活動

他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を上記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

これまでもごめん4着Tシャツ企画、大根おろし様との一日一善、一か月〇万円生活等多数の分科会もあります。

③競馬の復習部屋

全員で競馬を回顧して、次に狙える馬をしっかりと復習して、次走出走時にはオーナーからリマインドするように仕組み化しております。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動ですので、本気で競馬を人生の一部にしたいという方は是非、週末一緒に楽しみましょう!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

今週の外厩情報~外厩情報無しに馬券は語れない~

現代競馬と一昔前の競馬との違いは、”外厩”であることは間違いなく、この情報なく馬券は買えない!?

トレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。外厩情報や社台系ヤリなど幅広い情報を無料で入手できますのでおススメです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら