【安田記念2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は安田記念の最終予想と異常投票パトロールの予想ブログになります。

今年の安田記念は、上期でも最上級のメンバーが揃った一戦であり、アーモンドアイの出走により俄然面白くなりました。古馬の頂上決定戦のようなメンバーが揃っておりますし近年はマイルレースの価値が高まっているので、そういう意味でも絶対に当てたいレースですね!先週の日本ダービーも的中し、昨日はBEST BUY、BETTER BUY連続的中し、さらに極めつけは大根おろし様との一日一善企画。

やりました。複勝12倍的中です。

予想のプロセスの詳細は、BESTBUY検討委員会でコース分析やこの馬のキャラを詳細説明しておりますが、とにかく大根おろし様のおかげですね。前に行く馬を狙うという方針からの大的中。

ヴィクトリーと叫んでしまいましたw

一番最初から徳を積んだら10万円勝負という話をしておりましたので、12万円全額勝負を日曜日に実施予定です。この勝負を見届けたいという方は是非BEST BUY検討委員会(入会はこちら)に遊びにきてくださいね!

この勢いに加えて、安田記念は月曜日から下記2つの予想記事で準備も周到ですから、自信ありです。アーモンドアイは普通にすれば勝つでしょうが、アーモンドアイに勝てるならこの馬っていう馬を紹介したいと思います。

上記2つを基準として、最終的に枠も考慮して予想をしましたので、安田記念2020の最終予想を紹介致します。

安田記念2020 最終予想

安田記念2020 予想

安田記念については、安田記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと全頭分析で準備をしてきましたので基本的には主軸はこの2つの記事をベースに予想しております。加えて、土曜競馬の馬場分析及び枠順を考慮した上で、偏りがないかをチェックしてしっかりと馬券的中に結び付けたいと思います。

まずは安田記念はどのようなレースかというと、前半5ハロンが他のマイルG1レースと比較すると非常に流れ、上りのかかるレースになります。京王杯スプリングカップが前哨戦であり距離延長組が参戦することが多いことやスプリント路線の馬が夏を休む場合、番組的にここしかレースがないということも大きな要因です。その為、マイルレースでありますがラップバランスやスピードは短距離戦のようなレースになることからも、ロードカナロアやレッドファルクスのような短距離レースでの実績馬の活躍も目立つようなレースになり、先行して押し切る持続力や血統的にもサドラーズウェルズ系が活躍するようなタフな舞台となります。

その為、ディープインパクト産駒のような中距離戦のように中間ラップが緩み、直線で一気に能力を開放するようなタイプは勝ち切れないことが多く、過去10年でもサトノアラジンとリアルインパクトの2頭しか勝利しておりません。しかしながら、今年の出走馬を見ると去年のアエロリットのような馬がいないですし、スプリント路線のダノンスマッシュは前走1400mでも35秒台の緩い逃げしかしていないこと、ダノンキングリーも前走逃げましたが、超スローペースの2000m大阪杯であったこと、アーモンドアイがいることを考えると今年はそんなに流れないのではないかと考えております。そこまで流れない安田記念は少ないのですが、重視したい好走条件は、先行力。

近年でいえばロゴタイプが勝利した年と昨年インディチャンプが勝利した年は、前半34秒5を超える緩い流れで流れていたのですが、共通点は先行馬の1.2フィニッシュです。さらには、逃げ馬もロゴタイプとアエロリットのように残っていることからも、ペースが緩めば前が有利になるという基本的なレースになります

加えて土曜競馬の馬場は、外差し決まるレースがありましたが、先週と比較して明らかに内の前で決まっているなと思い、ペースを見てみると前半が緩みがち。差しが決まるレースは前半が35秒を切るか切らないかのレースでした。

これらを考慮しても、極めてフラットな馬場と言えます。最悪な東京競馬場の馬場は、前半流れても前が止まらない馬場なので、それと比較すると緩めば前が止まらず、流れたら差しもきまるという通常の競馬が見れるフェアな馬場といえそうです。

そして、馬場的な要素としては、土曜日の夕方からどうも雨が降るらしく、これも予想の重要な要素。道悪の適性、持続力、先行力、そしてスピードを持つ馬が最も有利と考え、予想しました。

◎インディチャンプ

〇Youtube競馬番組で紹介中

▲アーモンドアイ

△ダノンプレミアム

穴ミスターメロディ、クルーガー、アドマイヤマーズ

インディチャンプは、昨年本命にしましたので芸がないと思いましたが、今回の枠と雨でもはやこの馬しか見えなくなりました。インディチャンプはこの安田記念でも重要な先行できる脚質、ピッチ走法から重馬場も苦にしない走法、1400m戦でも勝利実績のあるスタート、そして血統的にもリアルインパクトや自身で活躍している通り、安田記念血統といえるトキオリアリティ持ち。この安田記念の舞台では、大外にならない限りは買わないといけないなと思ったのですが、隣の奇数枠にいるアーモンドアイは馬場も有馬記念でタフな馬場では、無敵状態ではないことがわかったので夕方からの雨により信頼性は間違いなく落ちているはず。何よりあのテイエムオペラオー、キタサンブラック、ディープインパクトが成しえなかった8冠制覇の扉はそこまで軽くないはず。ヴィクトリアマイルからの変化点は多数ありますし、東京マイルは紛れが起こりやすいコースなので、絶対的といえないでしょう。そういう意味でも枠的にも、血統的にも、走法的にも問題がないと思えるインディチャンプを本命にしました。本当は対抗の馬を本命にしたかったのですが、枠が気持ち外になったので、かかるリスクを考えて対抗としております。

インディチャンプについてもう少し詳細を。この安田記念というレースは、緩んでも、緩まなくても先行脚質が求められます。それは馬場的な問題やラップ的な問題もありますが、過去の好走馬はこれまでのローテーションで先行して持続力勝負を押し切る強さがあります。この安田記念は、スプリント能力も問われるのですが、短距離レース実績もあるのが心強く、血統的にもトキオリアリティの血統は安田記念好走血統。昨年は良馬場でアーモンドアイの不利に助けられてからですが、その後の活躍はご存知の通り。マイルの舞台ではダノンプレミアムを蹴散らしたマイルチャンピオンシップや持ったままで上り33秒で千切ったマイラーズカップ等無類の強さを誇ります。昨年制覇した時と同じローテーションですし、状態面は万全であることは間違いないでしょう。

対抗については、安田記念好走条件が合致しておりますので注目しております。スタート次第では一発まで。前走見る限り、雨が降っても全く問題ないのは母系の力でしょうか。怪物級のポテンシャルを発揮してほしいですね。アーモンドアイは普通に走れば勝てるでしょう。ただし、そんなにG1は甘くないですし、馬場が渋れば・・・

勝負気配が凄まじく感じるのはダノンプレミアム。3頭の中でもダミアン・レーン騎手をダノンスマッシュからスイッチさせていることを考えるとどう考えても本命はダノンプレミアムでしょうし、最高の枠を手に入れました。さらに、ダノックスのエース級3頭出しには、先週の日本ダービーやオークスを思い出しますね。日本ダービーではコントレイルの道中をディープボンド、コルテジアがしっかりと囲み、直線では外に出すコントレイルの壁にならないように内に内に2頭は進路を持っていきました。そんなことしなくても勝てるのにと思いながらも、あのアシストは道中の紛れを無くすには十分。対社台の対応としては、オークスのビッグレッドファームも成果を出しているのでダノンもあえて前走逃げてポジションとれるような競馬をダノンスマッシュとキングリーに教えこませてるのではと邪推してしまいますね。東京という意味では超豪華メンバーでアエロリットが作る激流の天皇賞秋を前目の競馬で外を回しながらも2着と非常にいい競馬をしましたし、マイルという意味ではインディチャンプに敗れたマイルチャンピオンシップも外外を回し絶対に詰まらないような安全策競馬で2着と昨年の安田記念の大敗はスタートで終了してたことを考えると適性は間違いなくありますよね。先日のクイーンエリザベスにおいても海外の強豪馬を相手に不良馬場で外を回しての3着、マイラーズカップでは先行して32.2秒の末脚を見せるなど能力は一級品。アーモンドアイが同じ時代にいなければと思えるようなレベルの馬であり、展開不問の王道競馬で常に上位を狙える競馬ができるのがこの馬の強みです。ラストイヤーのリスグラシューにも金鯱賞で勝ってることからも中距離よりの馬ではあるので、短距離のような流れになるとどうかなというところもありますが、アエロリットの作る流れでも先行して最後まで伸びることができるので問題ありません。注意したいのはやはり海外帰りだということ。アーモンドアイこそ問題ありませんでしたが、海外帰りの初戦はやっぱり仕上げが難しいことやダノンプレミアムについてはノーザンファームの外厩を使わないことからも海外後の調整が気になるところではあります。ただし、一番ダノン勢でタイトルが欲しいのはこの馬だろうというのは容易に想像がつきます。馬場が渋りそうなので一旦ここまで落とした予想としております。

穴として面白いのはミスターメロディ。

安田記念は1400m以下の短距離レース実績馬が多数好走することからもスピードが求められますがご存知の通り高松宮記念を制覇したスピードある馬です。さらに、マイルという意味では同じ舞台のNHKマイルカップで前が潰れて差しが決まる厳しい展開の中で、前々で競馬して4着とつぶれないあたりは実力はあります。何よりアメリカ育成馬であるため、左回りでこそ真骨頂。アメリカ競馬の育成は幼少時から全て左回りであるため、そういうコースが得意なように育成されます。ミスターメロディはセリの時から左回りでとてつもない時計を連発してたところを気に入られて日本に持ってこられました。東京の安田記念であれば左回りで、スピードが求められ、先行して競馬がしやすいメンバーなので自分の競馬にもっていけるのではないかなと思います。血統的にはサドラーズウェルズのような欧州系の血統がありませんが、ストームバードとヴァイスリージェントの配合であることからもスピードと持続力に特化。過去にこのような血統が走ってないことからもデータに捉われない予想としては面白そうですね。

買い方については当日の馬場の偏りや血統の偏りと相談しながら考えたいと思いますが、本命と対抗を重く買う予定です。特に対抗との馬連とワイドが一番おいしそうですし、アーモンドアイが強かった時に備えて、アーモンドアイ頭固定の◎と○の馬券も買いたいと考えております。安田記念楽しみですけどそれ以上に大根おろし様企画の10万円勝負が非常に楽しみですw

異常投票パトロール

アーモンドアイがおり、集計が大変なのでアーモンドアイは50万円、他は30万円以上とします。

馬名単勝複勝
ダノンプレミアム30万,30万 
ダノンキングリー 97万
アーモンドアイ

50万,70万

50万,380万

100万,95万

50万,70万

140万,55万

190万,90万

100万,130万

120万,90万

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

120万,60万

120万,95万

100万,140万

70万,120万

60万,180万

100万,100万

70万,130万

インディチャンプ

30万,40万

30万,40万

55万,44万

65万,90万

安田記念2020 無料外厩情報

クラシックは無冠に終わってしまいましたが、全体で見れば成績は断トツのノーザンファーム。その強さの秘密が外厩。

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された鳴尾記念や安田記念他の全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、下記画像の社台軍団の本音にアクセス

 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら

”勝負レース”に魂注入!BEST BUY検討委員会のご案内

K-BA LIFEのBEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

2019年から配信を開始している勝負レースコンテンツ”BEST BUY”を検討委員会でも紹介しております。

昨年は単勝回収率177%であり、5月終了時点での回収率は下記です。6月1発目もしっかりと的中できたので170%に近づけたかなと思いますので来週更新したいと思います。

2020年の累計は12-5-1-25で、5月は4-1-0-4と明らかにピンかパーですが配当は1倍台は絶対に狙わないようにしており、あくまで期待値を見て、”お買い得”なBEST BUYを紹介するコンテンツです。その他にもBETTER BUYというコンテンツも配信しており、先週は、12倍の単勝でトーホウラデンが勝利しました。この勢いで6月もしっかりと的中したいですね。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名なチャンネル登録10万人超えの競馬Youtuber”競馬の大根おろし”様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。1日に1回面白い企画を提案し、馬券を通じて競馬の楽しみ方をお伝えしようという企画です。複勝勝負、複勝リレー等、時々とてつもない馬券が的中したりするので是非大根おろし様ファンもよろしくです!安田記念日は10万円馬券勝負!!の勝負を見届けたいという方は是非、遊びにきてください!

◆1か月3万円馬券生活

先月はBEST BUYや重賞の勝負レースを主軸にして、1か月3万円馬券生活をやり切り、G1や地方交流重賞等多数ある5月でプラス収支でした。実際にこの検討委員会で投票履歴まで全て開示して、嘘偽りなく全ての週で競馬をしてプラス収支で終えることができました。その中で、意識したことは3つあり、その3つについて6月に虎の巻として紹介予定です。また、フルコミットを前提に1か月〇万円馬券生活を実践する人には、全力サポートしたいと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。これがBEST BUYの基本といっても過言ではありませんので白熱した議論ができることをお待ちしております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

日曜競馬の最終勝負レース”FINAL BEST BUY”

FINAL BEST BUYという重賞で負けたとしても取り返すための企画をLINEで実施しており、こちらは完全無料での配信となっております。前走で苦手条件を克服し、同じ脚質の馬も少なく、能力的にはスピードの絶対値が明らかに高く、今回舞台替りで一気に条件好転が見込める馬です。レースと馬名については、当日10時30分に配信予定ですので是非友達登録をお願いいたします。

また、最終レース以外にも海外競馬や地方競馬の予想についてはこちらのLINEにて配信をしますので是非友達登録を頂ければと存じます。

異常投票パトロール

東京12R ナムラヘラクレス

2時54分に複勝34万円の投票発見。結構な人気薄なのでおもしろいとおもいます。

★阪神2R カケル

深夜0時20分に単勝合計300万円の投票を発見。現在No1投票です。アーモンドアイへの投票でもこの時間にこのレベルの投票はありませんから気になります。

阪神8R ポタジェ

ポタジェにもすさまじい大口投票を発見!6時20分に複勝50万、7時10分に複勝200万の投票がありました。

本日はアーモンドアイがバッファになっているのかもしれませんねw

【PR】HORIZON


──────────────── 
G1三連複無料開放情報が熱い!
◎桜花賞 5600円→50360円
◎皐月賞 5600円→36600円
◎天皇賞 5600円→67500円
6~1350%実績(検証画像
◎Vマイル5200円→11840円
同時公開栗東S的中(検証画像
◎東京優駿5400円→14880円
前日夜無料公開の画像
────────────────
今週末は豪華メンバー安田記念
ココ一択でいいはずです!!

安田記念無料予想はこちら!
安田記念3連複激熱買い目
好調の無料G1情報なんです!
────────────────

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】