【安田記念2020】予想に使える全頭分析&BESTBUYな1頭

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は安田記念の全頭分析及びBEST BUYな1頭の紹介をしますので、是非最後までご高覧頂ければと存じます。

今年の安田記念は、凄まじいメンバーが揃いましたね。現役最強馬で史上最多の芝8冠馬を狙うアーモンドアイ、春秋マイル王インディチャンプ、ダノックスからトップ3のダノンプレミアム、ダノンキングリー、ダノンスマッシュ、香港マイルで世界の強豪を撃破したアドマイヤマーズ、他にもグランアレグリア、ノームコア等多数のG1馬が集いました上半期のドリーム戦になりましたね。宝塚記念への出走表明が少ないこともあり、このレースが上半期の打ち上げ花火のような位置づけになっておりますね。世界競馬の流れもフランケルが象徴するようにマイル~中距離のスピード競馬にシフトしているので日本における安田記念の位置づけも上がっているのだと思います。

そんな安田記念を全力で予想する為に、本日は安田記念出走馬の全頭分析とイチオシのBEST BUYな1頭を紹介致します。

安田記念は今週初めに、安田記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことでレースの詳細を分析しております。

安田記念において好走する馬の再現性あるデータを基準として、各馬の評価をし、さらに各馬のキャラを分析し安田記念で好走できるかを検討しております。特に安田記念を語る上で、同じマイルG1のマイルチャンピオンシップやヴィクトリアマイルと比較して、安田記念は特異なレースであることがわかりますし、一言でいうなれば短距離戦のような流れになるレースでスピードと持続力を求められます。このレースの質と各馬のキャラを全て把握した上で最終予想までもっていきたいです。同じような考え方で去年はインディチャンプを本命にできましたのですが、今年もインディチャンプというと芸がないので、違った馬をイチオシにできればなと考えております。

それでは、安田記念の全頭分析とBEST BUYな1頭を紹介したいと思います。

安田記念2020 S級出走馬の中で狙いたい傾向合致度満点な一頭

安田記念は、これまでもモーリスが取りこぼしたり、アーモンドアイが取りこぼしたり、リアルスティールが馬券にもならなかったり、モズアスコットやサトノアラジンが圧勝したりと非常に難しいG1です。通常の中距離実績馬もローテーションの関係から宝塚記念に使いたくない場合は使ってきたりしますよね。そういう意味でもしっかりとした軸をもって予想が必要です。

今回全頭分析をしてみた結果、アーモンドアイやインディチャンプやダノンプレミアムといった日本競馬屈指のスターホースがいるからこそ、お買い得になる1頭を紹介したいと思います。

では、どの馬!?って点については、Youtube競馬番組で紹介しておりますので是非ご高覧ください。

安田記念 BEST BUYな1頭はこちら!

安田記念2020 全頭分析

アーモンドアイ

説明不要でしょう。昨年も安田記念でスタートで致命的な不利でダノンプレミアムはしんがりでしたが、アーモンドアイは32.4の末脚で3着。前走もノーステッキで上がり32.8、走破時計1分30秒6は桁違いとしかいいようがないです。さらに斤量も56kg。傾向とか関係なく普通に強いので普通に走れば8冠でしょう。ただし、東京マイルは意外と紛れの多いコースであり波乱も多いですし、流れが特殊なG1であることからも何が起こるかはわからないですからギャンブルが成立するんですよね。

アドマイヤマーズ

前走香港マイルで世界のタイトルを奪取して故近藤利一オーナーへ捧げる勝利。好走である先行できる持続力と短距離でも走れる追走力があるのかという点について、考察したいと思います。

アドマイヤマーズは、1400m以下の短距離実績もないのでマイル以上のレースでの追走力を考察します。

新馬戦 後傾ラップ

中京2歳 35.2-35.2の継続ラップ

デイリー杯 36.8-33.9 後傾ラップ

朝日杯 35.3-34.4 後傾ラップ

共同通信杯 37.1-33.3 後傾ラップ

皐月賞 34.8-34.7 継続よりの後傾ラップ

NHKマイル 33.9-34.6 前傾ラップ

富士ステークス 35.0-34.1 後傾ラップ

香港マイル 不明

上記の通りで、前傾ラップを経験してるのは圧勝したNHKマイルカップです。NHKマイルカップは、先行勢が軒並大敗するかなり流れたペースの中で、2コーナー6番手の好位で折り合い直線は外に出すだけの競馬で完勝。先行した馬にはクリノガウディーやプールヴィルなどもおり決して楽な競馬ではない中での勝利なので評価していいでしょう。全体時計は1.32.4と3歳戦の時期では速く、この5年ではアエロリットに次ぐ時計なので、高速時計や前傾ラップへの適性は間違いなくありそうです。

何より香港マイルでは日本勢のノームコア、ペルシアンナイト、インディチャンプといった馬を相手にしてないだけではなく、香港最強マイラーのビューティジェネレーションやワイククを破っての勝利。

血統的にも好走血統であるサドラーズウェルズ持ちであることからも十分注目できる一頭であると言えます。一つ気になるのは父ダイワメジャー産駒は自身は安田記念勝ち馬なのにも関わらず、この10年で一頭も馬券になってないことでしょうか。持続力勝負に強い馬をよく出し、NHKマイルカップでも多数の好走馬を出してることからも意外な結果ですよね。

インディチャンプ

昨年の本命馬なので簡単に。1400m勝利実績からも短距離のような流れになる安田記念は大の得意ですし、先行してからの持続力勝負にもっていく先方が最もレベルが高いレースになります。そのスピードは祖母のトキオリアリティーからきてるものでしょう。雨が予報されておりますが、いかにもピッチ走法で得意そうですから、今年も当然注目の一頭です。

ヴァンドギャルド

2.3歳時はよく詰まってましたが、古馬になって差しの競馬が板についてきましたね。前走はマイラーズカップで一頭だけ後方から大外ぶんまわしで上がり3ハロン32.7の最速の末脚で3着。もう少し前目で追走してほしい点や前傾よりのラップになる安田記念ではさらに位置が後ろになることを懸念してます。1400m以下でのレース実績や前傾ラップでの持続競馬での実績不足が懸念されますが、血統的には好走血統のサドラーズウェルズ持ち。もう少し前目での競馬ができれば面白いなと思いますが、果たして。

クルーガー

前走ダービー卿で優勝。昨年は最強牝馬ウィンクスの2着になるなど、オーストラリアで活躍し、国内に戻ってきてからは東京新聞杯5着、ダービー卿1着と好成績。最近は好走成績がマイルに偏ってきましたが、芝、ダート、中距離、マイルと活躍の場が多岐にわたり好走条件を見極め辛いです。全ての好走時のレースを分析すると上がりのかかる前傾ラップのレースでしぶとく好走できていることを考えると、この安田記念のように前半流れるレースはぴったりかもしれません。血統的にもサドラーズウェルズ持ちであることを考えると安田記念好走血統かもしれませんが、高速馬場への適性がどうかなと思います。雨が降れば面白いと思います。

グランアレグリア

安田記念好走条件は、過去の再現性を見ると1400m以下のレースで勝利できる高いスピード能力と先行して脚を残せる持続力。血統的にも短距離血統や前傾ラップに強いサドラーズウェルズ系に好走実績が偏っています。

グランアレグリアは高速馬場適性については、2度のレコード、東京実績についてはデビューからの2戦で圧勝、短距離でのレース実績は阪神カップでの圧勝、そして前走一番強い競馬をした高松宮記念。高松宮記念では重馬場も克服しており、全く弱点がないタイプにも思えますし、今年の安田記念を勝てる素質は全て持っているように思います。血統的には母系は短距離血統であることからもスピードは高そうですし、前傾ラップ適性は間違いなく高いです。アーモンドアイを相手にどこまでやれるのか注目したい一頭ですが、ルメール騎手が騎乗していた馬なのに乗ってないということはそうなのかもしれませんね。いずれにしても馬単体でみれば、十分に勝負できる1頭と言っていいでしょう。

ケイアイノーテック

同じ舞台の東京1600mでNHKマイルカップを勝利してからその後勝ち星に恵まれていないですが、今年に関してやっと”らしさ”が戻ってきましたね。前走も上り32秒5の末脚でしたし、ダービー卿も4着と徐々に調子を戻しているようです。一方で安田記念での傾向としては、短距離のような前半5ハロンが流れる展開であることを考えると1400m以下のレース経験から適性の有無を確認したかったですが、実績がないので、東京マイルのレースぶりから判断するに、前傾ラップでは大敗しておりますが、後傾ラップであればいい脚を使っています。そういう意味でも安田記念とは真逆のやや中距離要素を持つマイラーなのではないかなと考えます。血統的には父ディープインパクトに母父アメリカ系にダンチヒなのでいかにも東京マイルが合いそうですが、少し厳しそうです。

セイウンコウセイ

未勝利戦6着以来のマイル戦ですが高松宮記念を制覇したG1馬であり、最近は着順ほど悪くはない展開。前走は1400mで直線粘りに粘った内容は、実力的には衰えはないのではないかなと思いますが、逃げたダノンスマッシュを捕まえきれなかったのは実力差あり。1400m以下のレース実績はダントツですが、マイル実績がないのが辛いところ。追走は問題ないでしょうけど直線での攻防では部が悪そうです。ただし、左回りでは粘りが違うので内枠で先行できれば何が起こるかわかりませんね。

ダノンキングリー

怒りのダノックス3頭だし。ダノックスはマイルタイトル好きですよね。昨年もマイルチャンピオンシップでエース2頭出しでしたし、普通に宝塚記念に出せばチャンスがある2頭でしたがアーモンドアイにぶつけてきたところは競馬を盛り上げるという心意気が感じられて私は好きですね。

安田記念は前半流れるレースであり持続力を問われるのですがダノンキングリーはどちらかという緩んだレースで最後の直線に爆発力を持たせるタイプでいかにもディープ産駒という感じ。前走はまさかの逃げの先方であり、4ハロンの持続力勝負に持ち込みましたが直線の切れ味の差で破れてしまいました。やはり溜める形がいいのではないかなと思いますし、実際はマイルでのレースよりも1800m 非根幹距離のレースのほうがパフォーマンスがいいので、脚の使い所が難しい馬かもしれません。これまでの実績からひいらぎ賞は前傾ラップであり、非常にいい内容です。大逃げ馬の影響で前傾になったダービーもそこまで3番手でもペースは速くないことを考えるとこの1戦のみが厳しいラップでのレース。前走先行できているので追走はそこまで苦しまないかもしれませんが、再現性があるかといえばそうでもないですね。

そんなダノンキングリーはクラシックでも常に上位ですが、トライアルでは桁違いのパフォーマンスで、本番ではパフォーマンスを落としてます。さらに感覚が狭くなった3戦目というのは実は初めてなので正直状態面でも不安を覚えてしまいます。

前走先行で、距離短縮なら追走に苦労しないとは思いますが、キャラ的にどうかなというところではあります。

ダノンスマッシュ

前走はびっくり逃げ切り圧勝からの安田記念参戦。NHKマイルカップ以来のマイル戦です。1400m以下の実績は抜けていいものがありますがマイル実績がないのが辛いところです。この馬もダノンキングリーと同様にトライアルで圧倒的なパフォーマンスを見せて本番こけることが多いだけに軽視してしまいます。スローの逃げに持ち込めばスピードはあるので、父と同じタイトルを手に入れることもできなくはないかなと思いますが陣営のトーンも明らかにスプリントより。血統的にも秀でた内容ではないのでここは軽視。

ダノンプレミアム

先週の日本ダービーを思い出しますね。

コントレイルの道中をディープボンド、コルテジアがしっかりと囲み、直線では外に出すコントレイルの壁にならないように内に内に2頭は進路を持っていきました。そんなことしなくても勝てるのにと思いながらも、あのアシストは道中の紛れを無くすには十分。対社台の対応としては、オークスのビッグレッドファームも成果を出しているのでダノンもあえて前走逃げてポジションとれるような競馬をダノンスマッシュとキングリーに教えこませてるのではと邪推してしまいますね。そんな妄想もいいですが、しっかりとした分析も必要です。

1400m以下の短距離レースでの実績はダノンプレミアムにはないですが、東京という意味では超豪華メンバーでアエロリットが作る激流の天皇賞秋を前目の競馬で外を回しながらも2着と非常にいい競馬をしましたし、マイルという意味ではインディチャンプに敗れたマイルチャンピオンシップも外外を回し絶対に詰まらないような安全策競馬で2着と昨年の安田記念の大敗はスタートで終了してたことを考えると適性は間違いなくありますよね。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

先日のクイーンエリザベスにおいても海外の強豪馬を相手に不良馬場で外を回しての3着、マイラーズカップでは先行して32.2秒の末脚を見せるなど能力は一級品。アーモンドアイが同じ時代にいなければと思えるようなレベルの馬であり、展開不問の王道競馬で常に上位を狙える競馬ができるのがこの馬の強みです。ラストイヤーのリスグラシューにも金鯱賞で勝ってることからも中距離よりの馬ではあるので、短距離のような流れになるとどうかなというところもありますが、アエロリットの作る流れでも先行して最後まで伸びることができるので問題ありません。

注意したいのはやはり海外帰りだということ。アーモンドアイこそ問題ありませんでしたが、海外帰りの初戦はやっぱり仕上げが難しいことやダノンプレミアムについてはノーザンファームの外厩を使わないことからも海外後の調整が気になるところではあります。ただし、一番ダノン勢でタイトルが欲しいのはこの馬だろうというのは容易に想像がつきます。

できれば晴れた馬場でやりたいでしょうから天気には注意したいですね。

ノームコア

前走こそ出負けしましたが、そこからポジションを上げてアーモンドアイの後ろにぴったりとつく競馬でしたが力負け。慣れない距離延長のローテーションも大きかったかもしれませんが、得意の東京マイルでやはり実力を見せてくれましたし、大外からの競馬でしっかりと馬券になるのは実力の証。2-0-1-0の舞台で、レコードも持ってるので高速決着は問題無し。ただ、アーモンドアイに勝てるのか?という点については前走見る限り相当厳しそうです。

ペルシアンナイト

マイルチャンピオンシップで2017年1着、2018年2着、2019年3着と今年4着になればサイクルヒット達成のペルシアンナイト。東京マイルでは成績が芳しくないので軽視。

ミスターメロディ

大穴推奨はこのミスターメロディです。

安田記念は1400m以下の短距離レース実績馬が多数好走することからもスピードが求められますがご存知の通り高松宮記念を制覇したスピードある馬です。さらに、マイルという意味では同じ舞台のNHKマイルカップで前が潰れて差しが決まる厳しい展開の中で、前々で競馬して4着とつぶれないあたりは実力はあります。何よりアメリカ育成馬であるため、左回りでこそ真骨頂。アメリカ競馬の育成は幼少時から全て左回りであるため、そういうコースが得意なように育成されます。ミスターメロディはセリの時から左回りでとてつもない時計を連発してたところを気に入られて日本に持ってこられました。東京の安田記念であれば左回りで、スピードが求められ、先行して競馬がしやすいメンバーなので自分の競馬にもっていけるのではないかなと思います。血統的にはサドラーズウェルズのような欧州系の血統がありませんが、ストームバードとヴァイスリージェントの配合であることからもスピードと持続力に特化。過去にこのような血統が走ってないことからもデータに捉われない予想としては面白そうですね。

”勝負レース”に魂注入!BEST BUY検討委員会のご案内

K-BA LIFEのBEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

2019年から配信を開始している勝負レースコンテンツ”BEST BUY”を検討委員会でも紹介しております。

昨年は単勝回収率177%であり、5月終了時点での回収率は下記です。

2020年の累計は12-5-1-25で、5月は4-1-0-4と明らかにピンかパーですが配当は1倍台は絶対に狙わないようにしており、あくまで期待値を見て、”お買い得”なBEST BUYを紹介するコンテンツです。その他にもBETTER BUYというコンテンツも配信しており、先週は、12倍の単勝でトーホウラデンが勝利しました。この勢いで6月もしっかりと的中したいですね。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名なチャンネル登録10万人超えの競馬Youtuber”競馬の大根おろし”様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。1日に1回面白い企画を提案し、馬券を通じて競馬の楽しみ方をお伝えしようという企画です。複勝勝負、複勝リレー等、時々とてつもない馬券が的中したりするので是非大根おろし様ファンもよろしくです!

◆1か月3万円馬券生活

先月はBEST BUYや重賞の勝負レースを主軸にして、1か月3万円馬券生活をやり切り、G1や地方交流重賞等多数ある5月でプラス収支でした。実際にこの検討委員会で投票履歴まで全て開示して、嘘偽りなく全ての週で競馬をしてプラス収支で終えることができました。その中で、意識したことは3つあり、その3つについて6月に虎の巻として紹介予定です。また、フルコミットを前提に1か月〇万円馬券生活を実践する人には、全力サポートしたいと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。これがBEST BUYの基本といっても過言ではありませんので白熱した議論ができることをお待ちしております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

安田記念2020 外厩情報

クラシックは無冠に終わってしまいましたが、全体で見れば成績は断トツのノーザンファーム。その強さの秘密が外厩。

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された安田記念他の全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、下記画像の社台軍団の本音にアクセス

 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】