【宝塚記念2020】宝塚記念で給付金を帯にする為に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

宝塚記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

宝塚記念は、上期のG1を締めくくるグランプリということで、Twitterでも有名なインフルエンサーである”ちょんきち@競馬”様と下記企画を予定しております。

【給付金 帯になる説】

馬券コラボ企画することになりました~!ちょんきち様は、絶大な予想力と馬券力で高配当予想を繰り返してきた偉人ですから超絶楽しみです!是非こちらの企画を一緒に盛り上げていければと思います。私も久しぶりのG1での大勝負になるので非常に楽しみです。

この企画では、ちょんきち様とK-BA LIFEとで宝塚記念を全力で予想し、給付金が帯になることを立証するという極めてシンプルな企画となっております。もし帯になりましたら、私からは給付金相当のギフトカードプレゼント企画を実施します。外れたら、いつも4着Tシャツを1名にプレゼント致します。

◇宝塚記念 プレゼント企画

①K-BA LIFEおよびちょんきち様のTwitterをフォロー

②上記企画告知ツイートのリツイート

このように宝塚記念で大勝負するからには、全力で予想したいと思います。この給付金で競馬をすることについては、全く迷いもありませんでしたし、何よりちょんきちさんとのコラボなので気合入りますよね~!

さらにメンバーも例年非根幹距離の阪神内回りコースで手ごろになりがちなのですが、アーモンドアイとダノンプレミアム以外の中距離ベストメンバーが揃いましたね!人気投票を勝ち抜いた馬を含めて特別登録では、実力馬ずらり。昨年2着のキセキ、大阪杯を大外枠から2着のクロノジェネシス、香港ヴァーズを制したグローリーヴェイズ、古馬になり充実度がさらに増して完成の域に入ってきた怪物サートゥルナーリア、グランプリホースのブラストワンピース、大阪杯を制覇してノーザンテーストは3度成長するを体現したラッキーライラック、そしてダービー馬ワグネリアン。上り馬のカデナもおりますし、とにかく面白そうな一戦です。人気はサートゥルナーリアとラッキーライラックが分ける形になるとは思いますが、どの馬が勝ってもおかしくないと思える素晴らしいメンバーですね。

宝塚記念に特別登録をしている馬は、下記です。豪華ですね。

馬名
アドマイヤアルバハーツクライ
アフリカンゴールドステイゴールド
カデナディープインパクト
キセキルーラーシップ
クロノジェネシスバゴ
グローリーヴェイズディープインパクト
サートゥルナーリアロードカナロア
スティッフェリオステイゴールド
ダンビュライトルーラーシップ
トーセンカンビーナディープインパクト
トーセンスーリヤローエングリン
ブラストワンピースハービンジャー
ペルシアンナイトハービンジャー
メイショウテンゲンディープインパクト
モズベッロディープブリランテ
ラッキーライラックオルフェーヴル
レッドジェニアルキングカメハメハ
ワグネリアンディープインパクト

このような素晴らしいメンバーで開催される宝塚記念で、最高のイベントをできることに感謝して、しっかりと準備したいと思います。それでは、宝塚記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

宝塚記念2020 外厩情報

宝塚記念といえば、昨年のリスグラシューを含めてノーザンファームの力は、いくらクラシック無冠とはいえ見くびってはいけません。

安田記念もグランアレグリアとアーモンドアイの外厩コンビで1.2フィニッシュでしたし”外厩”の力は無視できませんよね。

その他にも、ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された宝塚記念や他の全レース出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、社台軍団の本音にアクセス 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

外厩情報を入手するにはこちらから↓↓

外厩情報はこちら

宝塚記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

宝塚記念は5ハロン持続力勝負になるので中山実績馬を買いたいレース

宝塚記念は阪神芝2200mで開催され、他の中距離G1とは異なった超特殊レースです。

有馬記念もそうですが、グランプリが非根幹距離で、なおかつ急坂コースですから特殊条件といっていいでしょう。

宝塚記念は特殊舞台だからこそ国内G1未勝利馬が多数勝利したりもしてますよね。

ミッキーロケット、サトノクラウン、ラブリーデイ、アーネストリー、ナカヤマフェスタなどが近年では該当します。

宝塚記念は、他の日本国内の主流コースとは全く異なるレースの質であることからも、後述で説明しますが国内G1で最も勝利数が多いディープインパクト産駒やクラシックホースが勝つことが少ないレースになります。その辺りを紐解きたいと思います。

まず、コースの説明をしたいと思います。

宝塚記念の開催される阪神芝2200mは非根幹距離であり、直線も短い内回りコースかつ急坂コースという有馬記念の開催される中山2500mと確かに似てるなという印象です。そして注目すべきは、阪神特有の起伏。下記のようにスタートは下り坂スタートで、直線は2mの急坂があるコースです。

*画像はJRAホームページより参照

また2200mは4コーナーのポケット地点からスタートであることや下り坂であることからも前半3ハロンがかなり流れます。

上記で説明をした通り、スタートしてから下り坂かつ1コーナーまでの距離が長いことからも、前半3ハロンがかなり流れる前傾ラップになります。過去10年のラップを見てみましょう。

過去10年でも8回が前傾ラップの2200mという、日本競馬では後継ラップが一般的な中距離レースでも珍しいレースといえますし、同じ中距離G1レースである天皇賞秋のような直線でのスピード勝負とはレースの質が異なることからも天皇賞秋と宝塚記念を勝利する馬は少ないですし、近年で両方勝利したラブリーデイの年は前半かなり緩んだレースであったことからも異質な宝塚記念といえます。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

グラフにすると宝塚記念は下記のようなレースラップを刻みます。

繰り返しになりますが、最大の特徴はスタートしてからの3ハロンが極端に速くなり、過去10年平均でも34秒9と非常に速い前傾ラップになります。

また、3ハロンを超えてからはコーナーが4つの内回りコースであるのでコーナーに入ってからは一気にペースが緩み、内回りコースであることからも脚を使うタイミングが早くなることから、ラスト5ハロンの持続力勝負になりがちなレースであることがわかります。さらにロングスパート戦になる上、最後の急坂により上りが極端にかかり後半3ハロンは36秒前後と非常に時計がかかります。

繰り返しになりますが、通常の根幹距離中距離G1とは異なり、上り33秒台を問われるレースとは異なるレースになります。

ここまでの説明をした中で、ピンときた方もいらっしゃると思いますが、この宝塚記念は、中山コースと似ているんですね。

中山競馬も下り坂から始まり、前傾ラップになり、脚の使い所は早くなる持続力勝負になることが多々あります。

この宝塚記念での勝ち馬を見ても、中山実績のある馬が非常に多いことがよくわかります。

2010年 ナカヤマフェスタ セントライト記念

2011年 アーネストリー オールカマー

2012年 オルフェーヴル 有馬記念・皐月賞

2013.14年 ゴールドシップ 有馬記念・皐月賞

2015年 ラブリーデイ 中山金杯

2017年 サトノクラウン 弥生賞

2019年 リスグラシュー(宝塚記念後に有馬記念勝利)

過去10年でも8回中山重賞実績のある馬が勝ち馬であり、2.3着馬を見ても中山実績馬に注目したいレースであることは明白です。

特に5ハロンのロングスパートは同じグランプリレースの有馬記念でも同じ流れになりますので、有馬記念を制覇する馬は宝塚記念でも適性は高いといってもいいでしょう。グランプリを連覇する馬が多い理由は、そういった理由があると考えます。

まとめますと、宝塚記念は5ハロンロングスパート戦になるので、有馬記念のような中山重賞実績が問われるレースであります。

天皇賞春凡走組から穴馬を狙う

宝塚記念は、中山での実績を求められるようなレースであることに加えて非根幹距離であることから流れに乗る前半の追走力を求められる為、マイルレースからの参戦馬が好走したりしますが、狙いどころがわかりやすいため、狙いたいのは天皇賞春の凡走組。

宝塚記念は、上記のような前傾ラップの持続力勝負となりますが、天皇賞・春は今年がディープインパクト産駒のフィエールマンが勝利しているように、ある程度の追走力が求められるステイヤーレースとはいえ、中間ラップが緩み、直線勝負となることが多い舞台です。さらに直線に急坂がありませんし、外回りコースの大箱です。高速馬場のステイヤーレースでありますが、求められる適性は宝塚記念とは真逆といってもいいでしょう。

そういう意味でも前走天皇賞春で敗退した馬の巻き返しが目立つレースであることでも有名です。過去5年で前走天皇賞・春組で馬券になった馬は、下記の通りです。

2018年 1着ミッキーロケット

2017年 2着ゴールドアクター

2016年 3着キタサンブラック

2015年 2着デニムアンドルビー

その前でいえば、ゴールドシップが2回馬券になっていることを考えると過去10年で9頭が前走天皇賞・春組で、馬券になっております。

上記の天皇賞・春での着順は、下記です。

・ミッキーロケット 4着

・ゴールドアクター 7着

・キタサンブラック 1着

・デニムアンドルビー 10着

天皇賞春からの逆転組がキタサンブラックを除いて目立っております。

その前で言えば、オルフェーヴルやゴールドシップも歴史的な大敗から宝塚記念で巻き返しという流れの中でも、前走天皇賞・春で馬券にならずに完敗した後のローテーションで宝塚記念をモノにしております。

注目したいのはキタサンブラック。あのキタサンブラックが天皇賞春よりも宝塚記念でパフォーマンスが上がらなかったことも同様の理由に思います。そういう意味でも前走天皇賞・春のローテーションの中でも、天皇賞春でパフォーマンスを発揮できずに終わり、宝塚記念で挽回を見込める馬を狙っていきたいレースであるといえます。

宝塚記念で狙える血統はレースと同様異質な血統。

日本競馬の主流血統といえば、やはりディープインパクト。

宝塚記念は、そのディープインパクト産駒が活躍しないレースです。ただし、ディープインパクト産駒の牝馬については好走が目立つレースであります。

2014年 3着ヴィルシーナ

2015年 2着デニムアンドルビー3着ショウナンパンドラ

2016年 1着マリアライト

2017年 3着ミッキークイーン

牝馬に限定すれば、ディープインパクト産駒は、1-1-4-6と複勝率が50%の桁違いの成績を収めていることからも注意が必要です。斤量面でも恩恵を受けることが大きな要因でしょう。

ただし、それでは今年の宝塚記念は乗り越えることができないので、しっかりと分析をしたいと思います。

レースの質は、日本の主流血統であるディープインパクトが得意とする上り3ハロンの瞬発力勝負とは真逆のレースになります。

上述の通り、前半3ハロンが極端に速く、後半5ハロンの持続力勝負になる流れであり、道悪になりやすい梅雨の時期に開催されるレースは、まさしく欧州仕様。

宝塚記念の血統傾向は、”欧州”となります。

では、どのような欧州血統かというと、下記です。

・Sadler’s Wells

・Nureyev

・トニービン

上記3つの血統が非常に重要な血統になります。欧州という視点で過去3年の好走馬の血統を注視してみましょう。

2019年 宝塚記念

1着 リスグラシュー

母リリサイドはフランス血統。母系には、Sadler’s Wells、Shirley Heights、Never Bendといった凱旋門賞でも大活躍の血統がずらり並ぶ牝系に、父ハーツクライはご存知トニービン持ち。戦歴を見ても非根幹距離に圧倒的な適性もありましたのでそういう意味でも欧州的な強さを持つ一頭といえるでしょう。

2着 キセキ

父ルーラーシップがトニービン持ち。

3着 スワーヴリチャード

父ハーツクライはトニービン持ちであり、母系には、グレイソヴリンにNever Bendに欧州血統が多数。

2018年 宝塚記念

1着 ミッキーロケット

Nureyevのクロス持ち。今思えば非根幹距離のこの舞台でこそ血統的に買える一頭でしたね。

2着 ワーザー

久しぶりの海外参戦馬ですが、やはりNureyev持ち。このような非根幹距離レースであれば海外馬も走れる流れになりますよね。

3着 ノーブルマーズ

父ジャングルポケットはトニービンとNureyev持ち。

2017年 宝塚記念

1着 サトノクラウン

父欧州系のMarjuで母はアイルランドのジョコンダ。完全に欧州血統ですよね。

3着 ミッキークイーン

Nureyev持ちのディープインパクト牝馬。エリザベス女王杯でも好走していたように非根幹距離であれば勝負できますね。

上記の通り、近年の宝塚記念は偏りがあることがよくわかります。他にもディープ牝馬のマリアライトもサドラーズウェルズ持ちでしたし、欧州系の血統を持ち、非根幹距離実績のある馬についてはしっかりとチェックしておいたほうがいいといえますね。

宝塚記念2020 給付金を託すS級BEST BUYな一頭

宝塚記念は、これまでご説明申し上げた通りで、超特殊条件なコース、馬場、展開になりますので、日本の主流血統よりは少し癖のある馬が勝利します。

宝塚記念2020は、それこそ特殊条件で強そうな馬が大量に出走表明しております通り、非常に面白い一戦になりそうです。

私も今年の宝塚記念は支給される10万円勝負をする為に、全頭隈なく分析しましたし、自信をもってS級BEST BUYを紹介します。

なによりちょんきち様とのコラボですからね!気合い入れて予想してます。

帯にする為にはそれなりのオッズがつく馬でないといけないので5番人気以下の馬を選定しております。

では、どの馬!?って点については、Youtube競馬番組で紹介ますのでで是非ご高覧ください。

宝塚記念 給付金を託すBEST BUY

”勝負レース”に魂注入!BEST BUY検討委員会のご案内

K-BA LIFEのBEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

2019年から配信を開始している勝負レースコンテンツ”BEST BUY”を検討委員会でも紹介しております。

昨年は単勝回収率177%であり、5月終了時点での回収率は下記です。6月1発目もしっかりと的中できたので170%に近づけたかなと思います。

*6月1週目終了時点

2020年の累計は12-5-1-25で、5月は4-1-0-4と明らかにピンかパーですが配当は1倍台は絶対に狙わないようにしており、あくまで期待値を見て、”お買い得”なBEST BUYを紹介するコンテンツです。その他にもBETTER BUYというコンテンツも配信しており、6月13日・14日は連続的中でした。この勢いで6月もしっかりと的中したいですね。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名なチャンネル登録10万人超えの競馬Youtuber”競馬の大根おろし”様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。1日に1回面白い企画を提案し、馬券を通じて競馬の楽しみ方をお伝えしようという企画です。複勝勝負、複勝リレー等、時々とてつもない馬券が的中したりするので是非大根おろし様ファンもよろしくです!先週は1万円を12万円にして、翌日に12万円勝負して散りました。またリベンジしたいと思いますw

◆1か月3万円馬券生活

先月はBEST BUYや重賞の勝負レースを主軸にして、1か月3万円馬券生活をやり切り、G1や地方交流重賞等多数ある5月でプラス収支でした。実際にこの検討委員会で投票履歴まで全て開示して、嘘偽りなく全ての週で競馬をしてプラス収支で終えることができました。その中で、意識したことは3つあり、その3つについて6月に虎の巻として紹介予定です。また、フルコミットを前提に1か月〇万円馬券生活を実践する人には、全力サポートしたいと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。これがBEST BUYの基本といっても過言ではありませんので白熱した議論ができることをお待ちしております。

◆スナックK-BA LIFE

BESTママが日々の激戦を癒してくれるコンテンツです。Twitterでも有名なあの娘が癒してくれますし、楽しい雰囲気だと思いますよ!

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

 

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】