【平安ステークス2020】平安Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は平安ステークスの予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介したいと思います。

特別登録馬にゴールドドリームがいて、淀にゴールドドリームがいることに違和感ありますね。右回りの鬼、オメガパヒュームもいますし、例年と比較するといいメンバーが揃いました。

平安ステークスは、ダート1900mという中々平場でもレース開催の少ないコースになります。直線入り口からスタートするコーナー4つのコースですが、直線距離が長いコースであることからも、時計が非常に速いです。

平安ステークスに求められる適性は、持続力。その点について深堀し、紹介したいと思います。

平安ステークス2020 特別登録馬

オメガパフュームとゴールドドリームとスワ―ヴアラミスとロードレガリスが淀の1900mに出走する平安ステークスはもはやG1ですよねw

馬名
アシャカトブシニスターミニスター
アッシェンプッテルバトルプラン
オメガパフュームスウェプトオーヴァーボード
ゴールドドリームゴールドアリュール
スマハマネオユニヴァース
スワーヴアラミスハーツクライ
ダンツゴウユウバンブーエール
ハヤヤッコキングカメハメハ
ヒストリーメイカーエンパイアメーカー
ヒロブレイブカジノドライヴ
マグナレガーロキングカメハメハ
ミツバカネヒキリ
メイショウウタゲプリサイスエンド
ロードレガリスハーツクライ
ヴェンジェンスカジノドライヴ

平安ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

平安ステークスは距離短縮ローテが狙いやすいレース

平安ステークスは、持続力が求められるレースになります。

この京都競馬場のダートは、とにかく時計の速いダートコースであり、100m短い1800mでは日本レコードがでるようなコースです。平安ステークスのように重賞になるとこれまでの時計をみて頂いてもわかります通り、高速時計で決まります。走破時計も1分56秒台が出ることもあるようなかなり高速時計を求められるレースになります。

そうなるとスタートしてからある程度の距離を直線で走ることができるので、レースラップが流れ、向正面の上り坂にさしかかります。基本的にはここで、12.5~13秒台の息の入るラップがどこかに入るため、先行馬も脚を溜めれる展開になりやすいと言えるでしょう。過去10年のラップを見てみましょう。

過去10年でも前半3ハロンは35~36秒とかなりのスピードで流れ、上り3ハロンは36~37秒とスタートしてからゴールまでラップが緩んでいないことがわかりますし、前傾ラップであることからも持続力が重視されるレースになります。そういう意味でも狙いたいのは距離短縮ローテーション。

このレースは過半数が前走1800m組が出走します。というのも、阪神、中山、京都と番組的に平安ステークスに照準を合わせやすい3場に1800mコースがあることが要因です。ただし、やっぱり距離延長のローテーションについては正直フェブラリーステークスのようなG1以外では積極的に狙いたくないです。

というのも、ここ3年の1-3着馬を見て頂ければ明白です。

2019年

1着 チュウワウィザード ダイオライト記念

2着 モズアトラクション 仁川ステークス

3着 オメガパヒューム フェブラリーS

2018年

1着 サンライズソア ブリリアントS

2着 クイーンマンボ マリーンカップ

2017年

1着 グレイトパール 仁川S

2着 クリソライト ダイオライト記念

3着 マイネルバイカ ブリリアントS

上記の通り、2018年の3着馬以外は1800m 以外の距離であり、馬券になった9頭中6頭は距離短縮のローテーションです。さらにここ3年でいえば、出走馬は10頭で、3-2-1-4という圧倒的な成績であることからも重視が必要といえるでしょう。

高速ダートレースであるので先行馬を狙う。

平安ステークスで忘れてはいけないのが先行有利な馬場であるということ。過去のレースラップを見て頂ければわかりやすいですが、注目していただきたいのが、先行馬が上がり36秒台で勝つことがあるようなレースであることです。淀の競馬場なので、3コーナーからの下り坂もあり、惰性がつき速くなるのでしょうが、先行馬に上がり36秒台、まして35秒台を出されてしまっては、後方待機組は上がり35秒台前半を使わないと届きません。物理的にダートの中距離で上がり35秒台前半は難しいものがありますから、前の馬がそのまま押し切るというレースになりやすいと言えるでしょう。スローペースのよーいドンを得意としている馬がいたとしても、このレースではまず届かないので、狙いたいのは持続力勝負に秀でた先行馬。

過去実績を見ても4コーナーで先頭が3勝、2番手以内が5勝と逃げ・先行が圧倒的に強いことがわかりますね。これはこのレースがというよりも、京都ダート1900mは中盤に息が入りやすく、先行馬が楽をできるからでしょう。

京都1900mと言えば、2018年に京都で行われたJBCクラシックを思い出しますが、勝ち馬のケイティブレイブは3角から徐々に進出していき、4角では3番手でした。2着のオメガパヒュームは中段から差し届かず2着。逃げたサンライズソアは厳しい展開の中でも3着。後方から鬼脚で追い込んだノンコノユメは4着止まり。

逃げ馬が残り、差し馬は届かないという京都ダート1900mを象徴するようなレースであったと思います。差し馬を狙うにしても、ケイティブレイヴのようにコーナーから徐々に進出できるようなタイプの馬ではないと直線一気はまず難しいと思われます。また過去10年の京都ダート1900mの成績についても同様の傾向です。4角で先頭の馬の成績が圧倒的に良くなっております。このレースに限らず、京都ダート1900mは逃げ・番手が強いと頭に入れておいて損はないと思います。とはいっても昨年のモズアトラクションや一昨年のサンライズソアのように3コーナーからの下り坂で惰性をつけてロングスパートできる馬は馬券になれたりもします。レースの流れやコースに関係なく差してくる馬はそういう馬だとして理解した上で馬券は買わないといけないですが、基本的には先行有利です。勝ち馬7頭いる内、4コーナーで3番手稲井の馬が6頭、昨年の力が抜けていたチュウワウィザードを除いて、基本的には先行有利と考えて間違いないでしょう。

ダートの持続力血統に注目

平安ステークスは時計が速く、持続力を求められるレースになるので、特にダートに特化した米国血統のエーピーインディ、フォーティナイナーに注目でしょう。特に先日フォーティナイナーの訃報を受けてフォーティナイナーには頑張ってほしいなと思います。該当馬は下記です。

2019年

2着 モズアトラクション

3着 オメガパフューム

2018年

3着 クインズサターン

2017年

3着 マイネルバイカ

2015年

1着 インカンテーション

上記の通りで、母数が少なく人気薄でもしっかりと馬券になることが特徴的です。エーピーインディとフォーティナイナーについてはチェックが必要でしょう。

平安ステークスのBEST BUYな注目馬

今年の平安ステークスは過去最大級の豪華メンバーが揃いましたのでG1級のレースになりそうですね!

注目したいのは、距離短縮ローテーション、先行馬、米国血統の3点になりますが、とにかく持続力が重視されます。

まずは、距離短縮ローテーションの該当馬を紹介します。

・オメガパフューム

・ヒストリーメイカー

・マグナレガーロ

・ミツバ

・ロードレガリス

上記の5頭となります。上記の中でも4コーナー時点で先行集団で競馬できる馬は下記です。

・オメガパフューム

JBCクラシックで4コーナー2番手、前走東京大賞典は4コーナー4番手なので及第点にしました。

・マグナレガーロ

・ロードレガリス

上記3頭になります。上記でも血統的に注目馬をピックアップしたいと思います。注目血統はフォーティナイナーとエーピーインディになりますので、オメガパフュームが該当します。

オメガパフュームは、わかりやすいほど買いではないでしょうか。豪華メンバーでオッズも割れてくれれば非常に面白いと思います。

上記の通り、距離短縮ローテーションに加えて、最近は先行集団で競馬もできるようになり、血統的にも父スウェプトオーヴァーボードはフォーティナイナー持ち。

過去右回りは、7-2-1-0と馬券内100%の最強の実績に加えて、京都も1-1-1-0です。さらに距離実績としても1900m以上の距離は、4-3-1-0とこれまた100%馬券内です。

上記を考慮しても、好走間違いなしといっていいでしょうか。

唯一懸念点は59kgのハンデ。ゴールドドリームやロードレガリス、スワ―ヴアラミスよりも重いハンデを背負うことになっております。

昨年も59㎏で3着でしたが、ローテーションは今回はフェブラリーステークスを使わない直行ローテーション。京都のJBCクラシックでも2着になった舞台なので注目したいですね。

平安ステークス2020 外厩情報

ノーザンファーム天栄の育てた最高傑作”アーモンドアイ”がヴィクトリアマイルで圧勝。NHKマイルカップではしがらき経由のラウダシオン、レシステンシアで1.2フィニッシュでした。天皇賞春もフィエールマンの直行ローテーションで天栄仕上げが爆発。昨年のオークスもラヴズオンリーユーがノーザンファームしがらきからの直行ローテーションで制覇していることからもこの外厩情報はオークスを予想する上で、仕入れておいて損はないでしょう。現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された平安ステークス出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。入手方法は下記の通りです。

①競馬セブンに登録する。

②週末になり、アクセスし、下記画像の社台軍団の本音にアクセス

 

④外厩情報リストを確認する。下記のようなリストがあります。

オークス2020 BEST BUYな1頭

オークスには今年多数の特別登録馬がおり、このすべての馬をK-BA LIFEですべて分析して、上記の3つのことをベースに注目馬を抽出したいと思います。

例えば、桜花賞馬のデアリングタクトについては下記のような分析になります。

無敗の桜花賞馬であるデアリングタクトは、上り5ハロン59秒以下の勝利実績として、エルフィンステークスが該当します。エルフィンステークスでは、エーポスやウインマイティ―などの重賞馬を相手に上りも2位よりも0秒9速い時計のかなりレベルの高い持続力を発揮して圧勝し、桜花賞では時計的には馬場もあり評価できませんが、前有利な馬場で1頭だけ後方から追い込みを決めたことで、明らかに世代の中での力量差を示しており、時計以上に強い内容でしたので、オークスでも1強感あります。牡馬との対戦成績は新馬戦のみ。血統的には、近年のトレンドである米国系の血統と高速時計に強い日本の主流血統の組み合わせではないので、正直ぴったりとは言えないことからも一本被りなら嫌ってみるのもいいかもしれませんね。

デアリングタクトではない、オークスで本当に狙いたいBEST BUYな1頭については、Youtube競馬番組で配信中ですので是非チャンネル登録をして頂き、配信をお待ちいただければと存じます。5月は穴をねらいすぎている癖が悪い方向にでていますが、まだまだ単勝回収率は今年度100円は余裕で超えております。引き続き、頑張っていきたいと思います。

オークスの大注目馬はこちら!

BEST BUY検討委員会について

BEST BUY検討委員会って何?というお問い合わせを多数いただくようになりました。

BEST BUY検討委員会は、オンライン上の競馬サークル、いや、本気度でいえば競馬の部活動のような活動です。

参加者全員が自信の勝負レースを検討委員会内でプレゼンし、チーム対抗戦の勝負レース選定に選ばれるように日々努力し、そして開催日に狂喜乱舞するという活動です。また、チーム対抗戦で優勝チームには、BEST BUY杯に参加頂き、毎月商品券争奪戦をして頂きます。他のサロンと異なるのは、頂いた会費の大半を下記の活動費用に充てていることかなと思いますので、内容も充実しております。

◆K-BA LIFEの勝負レース”BEST BUY”

重賞レースよりも回収率が高いので配当が高く、単勝の的中率が高い馬を狙う勝負レースコンテンツです。昨年は単勝回収率177%でした。5月10日終了時点での成績は下記です。

◆大根おろし様との”一日一善”

超有名な競馬の大根おろし様とのコラボ企画です。1日1レース大根おろし様と勝負レースを協議し、複勝で徳を積み、10万円に到達したら大勝負というコンテンツです。現在約5万円の徳を積んでおり、時々全コロしたりと好き放題競馬を楽しんでおりますw

◆1か月3万円馬券生活

BEST BUYや重賞予想を活用し、結果にフルコミットしております。1か月の予算3万円でいかに”予想の印を馬券にするか”を考え抜き、この5月という競馬が年で一番盛り上がるダービー月間であえて予算の上限額を設定し、その中でのやり繰りを本気で考え、投票履歴含めてフル開示し、誰にも嘘偽りなく1か月3万円馬券生活をしております。目的は、1か月3万円馬券生活をすることにより理想的な家計の中で競馬を楽しみ、勝つ手段を自分が手に入れて、検討委員会で共有できればと考えております。

3万円の予算は、1レースで使おうと思えば使えますが、それでは”生活”を犠牲にするリスクもあります。勝負レースの位置づけやリスクの考え方、勝負レートを定量的に分析し、実践し、軌道修正し、予想をお金に買える方法を定量的に分析したいと思いますし、提案しようと考えております。

◆競馬の復習部屋

開催終わりには、レースを見て、K-BA LIFE流復習基準をベースに、レースを復習し、次走注目馬をメンバー全員で共有しております。前走~の条件で、今回~の条件だから買える、前走~不利で、今回は~だから買える等をベースにしております。さらに、復習した馬は、出走時にリマインドするように検討委員会でしっかりと管理しております。

◆開催週予想談義

開催週の予想談義をしていただくスレッドを準備しておりますので、皆様にわいわいして頂いております。時々K-BA LIFEのlive配信で、観戦会を企画しております。

◆WIN5検討委員会

とにかくWIN5を予想します。パイセンと2名で一人1頭厳選し、1レース2頭で億の配当を狙います。

上記以外にも色んな委員会がありますので、是非競馬を楽しむ仲間を集めたいという方や勝負レースにこだわりを持ちたいという方はお待ちしております!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

以上です!

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”