【愛知杯2020】小倉の愛知杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

今年の愛知杯2020の予想は簡単です。

待ってました愛知杯。永井オーナー渾身の最強ローテーションですね。

◉レイホーロマンスです。

と言いたかったのですが、なんとなんと変則日程により小倉での開催。

愛知県知事賞という別名なのに、小倉開催という中々の変化球投げてくれました。愛知杯はご存知の通りで中京2000mになったり、ならかったりで完全にJRAが金杯による変則日程のバッファのように見てる気がしますね。そうは言っても我々競馬民はしっかりと与えられた施行条件で予想する必要があるのでしっかりと小倉2000mの愛知杯について分析したいと思います。

最後におまけでもし中京だったら何故レイホーロマンスだったのかという全く誰の需要もない記事をおまけで追記してますので是非ご高覧ください。

京成杯や日経新春杯の分析記事は下記ですので、そちらも是非宜しくお願い致します。

愛知杯2020 特別登録馬

馬名
アルメリアブルームドリームジャーニー
アロハリリーハーツクライ
ウインシャトレーヌダイワメジャー
ウインラナキラキングカメハメハ
カレンシリエージョハービンジャー
サラキアディープインパクト
サヴォワールエメダイワメジャー
センテリュオディープインパクト
デンコウアンジュメイショウサムソン
パッシングスルールーラーシップ
フェアリーポルカルーラーシップ
ポンデザールハーツクライ
モルフェオルフェオルフェーヴル
$ランドネBlame
リリックドラマステイゴールド
レイホーロマンスハービンジャー
レッドランディーニディープインパクト

愛知杯2020 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな愛知杯における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

小倉開催の愛知杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

小倉2000mは上りのかかるレース

愛知杯で開催される小倉2000mは小回りのコーナー4つのコースであり、仕掛けどころがどうしても早くなるので、上がり3ハロンの平均タイムが小倉記念でも35.49と非常に時計がかかるレースです。スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長いのですが、向正面の距離も短く、3コーナーからはスパイラルコーナーなので、先行争いが厳しくなりますし、スピードの乗りやすい直線部分が短いのが特徴的です。

その為、コーナーが多く、早くから前にいく必要があるので先行争いが厳しくなります。

そのように先行馬が多いのにもかかわらず、最初の1~2コーナーは上り坂。ペースが上がり、上り坂というのは競争馬からすると非常にタフな舞台になります。

その為、今年の愛知杯と同じ舞台である小倉記念の過去10年のラップを見ると全体時計としては、2分を切るような速い決着になるのですが、上がりは非常にかかっていることがわかります。

過去10年でも上がりが33秒台で勝ち馬が出たのは、トリオンフのみで平均35秒49です。3ハロン比で10年中8回が前傾ラップであることからも、上りがかかるレースであることがわかります。

逃げ馬は過去10年間1頭だけしか馬券内におらず、先行馬にとっては非常にタフで厳しいラップになるのですが、コーナーが多く、直線が短いので前に行く心理が働きます。

色々説明しましたが、基本的には上がりのかかる持続力勝負になるので、小倉や福島といった小回りコースでの実績についてはきっちりと把握しておきましょう。

距離短縮組に注目

愛知杯が開催される小倉2000mは、上がりのかかる持続力勝負になるということを前項で説明しました。その為、距離短縮組を素直に狙えるレースになるので、注目しておきましょう。同じ舞台である小倉記念における前走距離短縮組は、出走馬及び馬券になってる馬が少ないのですが、それでも過去10年で複勝率は3割超え、単勝回収値は435円と桁違いの成績を誇っております。早めにスパートがかかり、持続力を求められるコースになるとこのようなローテーションが非常に重要になります。その為、エリザベス女王杯組のように長い距離を走っている馬については要注意ですね!?

落ち着いてトニービンを狙い撃ち

小倉記念の血統傾向は簡単です。

トニービンを狙いましょう。小倉2000mは本当にグレイソヴリンが優秀であり、特にトニービンの血を持つ馬は持続力に優れており、この小倉記念も例にたがわず狙えます。

2008年 3着ケンブリッジレーサ(11番人気

2009年 1着ダンスアジョイ(16番人気

2010年 1着二ホンピロレガーロ(9番人気

     2着バトルバニヤン(4番人気

2011年 1着イタリアンレッド(4番人気

    2着キタサンアミーゴ(15番人気

3着リクエストソング(8番人気

2013年 1着メイショウナルト(3番人気

    2着ラブリーデイ(5番人気

2014年 1着サトノノブレス(3番人気

    3着メイショウナルト(2番人気

2016年 1着クランモンタナ(11番人気

2017年 3着フェルメッツァ(6番人気

2018年 2着サトノクロニクル(2人気

2019年 1着メールドグラース(1人気

     3着ノーブルマーズ(5人気

この通り、毎年のように好走馬を出しておりますし、絶対に無視はできないでしょう。

小倉開催の愛知杯2020 注目馬紹介

まずはトニービンに代表されるグレイソヴリンの血統持ちを抽出するのがセオリーであることは上述の通りです。

特別登録馬でグレイソヴリン持ちは下記の通り。

・アロハリリー

・カレンシリエージョ

・サヴォワールエメ

・デンコウアンジュ

・パッシングスルー

・フェアリーポルカ

・ポンデザール

上記の通りですが、小回り実績のある馬や距離短縮ローテーションに注目する必要があります。各馬について詳細分析したいと思います。

アロハリリー

トニービン持ちで、小倉2戦2勝

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

前走は福島に早めに入り、前半1000m59.3の流れを先行して粘れずの15着。速いペースで持続力勝負になるレースが小倉記念なので、得意コースとはいえこの結果は少し物足りないですね。滞在競馬で成績がいいので、小倉初戦は少し怪しいかもしれません。

カレンシリエージョ

母系にグレイソヴリン持ちで小倉2戦2勝。

前走は64.9のスローペースでありますが、早めの持続力勝負となり、そのペースで先行で脚を残せずに惨敗。ただし、前走は明らかに太め残りのようでしたし、距離短縮のローテーションは好感を持てるので前走内容だけで見限るのは少し怖いですね。藤田菜七子騎手騎乗で、49キロの斤量も魅力的。

サヴォワールエメ

グレイソヴリン持ち。

前走1600mからの距離延長はかなり不安材料。大箱でゆっくりと脚を溜めて、直線伸びる競馬が合っているタイプのように見えるので個人的には嫌いたいですね。

デンコウアンジュ

グレイソヴリン持ちで、早めスパートの持続力勝負になりやすい福島の鬼なので初挑戦の小倉はいかにも合いそうなタイプ。前走からの距離延長ローテーションは嫌な材料ではありますが、コントラチェックが逃げ切った流れを12番手から上がり2位で6着と内容がよく、父系のメチショウサムソンは欧州血統なので距離延長も苦にしないでしょう。

パッシングスルー

福島、紫苑ステークスとコーナー4つのコースで連勝して秋華賞大敗。秋華賞の負けは大外枠が響いていたように思いますし度外視。戦歴を見ても間隔を開けた方が好走が多いタイプなようなので、今回のローテーションは距離延長ながらも、血統的にルーラーシップ産駒はトモの成長が遅く加速が後からになるので、距離延長は苦にしないタイプが多いですし、心配はないでしょう。栗東滞在で小倉に輸送する臨戦も好感です。

フェアリーポルカ

パッシングスルーと同様にルーラーシップ産駒のトニービン持ちで秋華賞惨敗組。阪神内回りの新馬戦1着、中山内回りの紫苑ステークス鼻差2着と、こちらも小回りのほうがいいタイプ。秋華賞ではタフすぎる馬場に全く持ち味を出せないように思いました。紫苑ステークスは位置取りの差で負けてしまいましたが内容はフェアリーポルカのほうが良かったと思いますし、右回りでは馬券外は馬場が合わなかった秋華賞だけであるので、パッシングスルーを買うならこの馬も買わざるを得ないでしょう。

ポンデザール

サトノクラウンの妹でハーツクライ産駒でありトニービン持ち。コーナーが多いコースについては未勝利戦や北海ステークス、丹頂ステークスといった北の大地での長距離レースで抜群の適性を見せてますので、全く問題ないでしょう。前走は大箱の京都外回りで、仕掛けどころでスピードが不足しており、勝負にならなかったのですが、今回は小回りのコーナーが多い小倉2000mの舞台になるので条件替わりはプラスになりそうです。右回りの芝レースでは3-0-0-1とG1以外では負けてません。外厩先から移動し滞在してるので輸送による悪影響などもないでしょうし、札幌での活躍を見ると滞在競馬はプラスなはずです。

最終予想は枠順確定後に実施予定です!最後に自己満記事を紹介しますので暇なら是非!

中京開催の愛知杯とレイホーロマンスを買いたかった理由

レイホーロマンスをぐりぐりの本命にしたかった理由を紹介致します。

中京競馬場は、ご存知の通り、2012年にリニューアルされて下記の特徴があります。

・直線は長く、急坂が待ち構えている

・馬場はソフトで力がいるタフな馬場

さらに中京2000mは、直線急坂からスタートされるコースであり、最初の1000mはバックストレッチまで上り坂が続き、その後直線まで緩い下り坂で2度目の急坂を駆け抜ける必要のある起伏の多いコースです。

一方でラップとしては、上記のようなコースデザインであるので、前半が非常に緩くなります。その為、重視したいのは上がり3ハロンの速力。前半3ハロンと後半3ハロンでクラスによっては2秒近くも後傾ラップのレースである為、求められるのは末脚になるので、黙って外差しの馬を狙っていきましょう。ただし、注意したいのは、重馬場になった時です。重馬場になると外差しが全く決まらずに、内枠の先行馬が普通に残ってしまうレースになってしまいます。路盤改修後から極端にその傾向が増えているので注意が必要です。

上記のような特徴がある為、とにかく差し馬天国です。では、愛知杯ではどうか?冬場の開幕週になるのでラップを分析してみましょう。

2012年以降中京2000mで開催された7回の施行では6回が後傾ラップであることがわかります。年によっては2秒近くも後傾のラップであり、逃げ馬は過去2回しか馬券になっておらず大半が差しと追い込み馬であることからもコース分析の通りのレースになることが多いです。

但し、2009年の小回りコースの旧中京馬場と比較してもラスト1ハロンで坂の影響で時計がかかっていることからも、切れ味だけではないスタミナや持続力が求められるレースといえるでしょう。

このように愛知杯は、中京2000mの牝馬戦であることから、露骨に牝馬にとっては、タフなレースになります。

その為、距離短縮馬が非常に優秀です。距離短縮馬は、5-4-2-32と7回中5勝が距離短縮ローテーションであることがわかります。さらに単勝回収も236円、複勝回収も103円と圧倒的ですね。

能力の高い実績馬が馬券になりやすい

能力がそのまま結果になることが多く、ハンデが55キロ以上の力のある馬が好走します。これはこの時期に開催される愛知杯が牝馬にとってはタフなレースであることからも、ハンデを苦にしないパワーを持つ馬が好走しがちです。ハンデについても55キロ以上のハンデをもらっている力のある馬が半分以上馬券になっていることも見逃せません。

エリザベス女王杯からここにくるような馬は、ハンデが付きやすいですし、好走も多いです。

例えば、55.5キロ以上のハンデを見込まれてもこのレースで好走した馬は、下記の通りで回収値も高いのですが、馬券になった10頭のうち、7頭がエリザベス女王杯からのローテーションになります。ディアデラマドレ、キャトルフィーユ、オールザットジャズ、フミノイマージン、ブロードストリート、ヒカルアマランサスが好走しておりました。

米国系のボールドルーラー系に注目

中京競馬場は、ソフトな馬場で起伏のあるコースであることからも重賞の流れになるとダート血統がよく好走します。例えば同じ中京2000mでいえば、中日新聞杯勝ち馬のギベオンの母父ゴーストザッパーはゴリゴリの米国系ダート血統、同じく中日新聞杯勝馬のストロングタイタンの母父ティズダウもブリーダーズカップクラシックを連覇するほどのダート種牡馬でした。

ダート上位種牡馬での愛知杯といえば、2018年はエンパイアメーカー産駒のエテルナミノルが優勝。2013年は、ゴールドアリュール産駒のフーラブライトが優勝。このように、ダート種牡馬の活躍が目立つ愛知杯ではありますが、近年はキングカメハメハの活躍も目立ってます。

2014年

ディアデラマドレ

2017年

マキシマムドパリ

サンソヴール

2018年

マキシマムドパリ

しかしながら、この愛知杯でもっと注目したいのは米国系のボールドルーラー持ちに注目ですね。この2000mで開催された愛知杯で見てみるとわかりやすいのではないかなと思います。該当馬は下記です。

2019年愛知杯

1着ワンブレスアウェイ

3着ランドネ

2018年愛知杯

1着エテルナミノル

2着レイホーロマンス

2017年愛知杯

3着クインズミラーグロ

2016年愛知杯

2着リーサルウェポン

3着アースライズ

2013年

1着フーラブライド

3着コスモネモシン

さらに最近の他中京2000m重賞でいえば、金鯱賞と中日新聞杯がありますが、ボールドルーラー持ちは下記です。

19年中日新聞杯

3着アイスストーム

18年中日新聞杯

2着ショウナンバッハ

18年金鯱賞

1着スワーヴリチャード

2着サトノノブレス

17年金鯱賞

3茶スズカデヴィアス

16年金鯱賞

2着パドルウィール

この通りでダートを走るパワーが必要になるのでボールドルーラーの血統には注目しましょう。

上記を考えると万葉ステークスで差し損ねたレイホーロマンスは、得意の距離短縮ローテーションで、牝馬重賞実績が多く、差し競馬で、母系にボールドルーラー持ちで、中京最強馬主である永井オーナーの看板馬であるので買いだったのですが、小倉開催で残念でした。

【PR】JHA

◎愛知杯は今年もお任せ?!
19年愛知杯8人気読んで回収率901%!
これ無料公開情報での話です。

凱旋門賞、JC、ダービーなど大一番に強いと何度かご紹介してましたが、今週末もやってくれそうです。実際去年愛知杯前日配信された買い目証拠画像!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
8→1→4人気の入線/3連複90.1倍◎ →45050円(1点推奨500円)で回収率901%!
8人気ワンブレスアウェイを抑えての的中となった1戦。今回も期待できそうですよね!?
ここの予想さんの特徴は・・・〔木曜/お試し依頼/無料〕
総勢20名前後から好きな馬券師選んで応援!当たるとプレゼントあり!


━━━━━━━━━━━━━━
◎木曜夜お試し依頼(好きな馬券師選択OK)
◎愛知杯&日経新春杯厳選買い目無料開放!
━━━━━━━━━━━━━━
気になる愛知杯週は無料メール登録のみでいろいろ遊べそうです。
無料予想エントリー(前日夜買い目確認可)
確認メールがきたらクリックしてログイン。無料予想で今年も900%期待しましょう!

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】