【愛知杯2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、小倉で開催される愛知杯2020の予想を紹介致します。愛知杯の傾向分析は愛知杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで紹介しておりますのでそちらの記事についても是非ご高覧いただければと存じます。また、日曜開催の重賞予想については下記で紹介済みですのでこちらについてもよろしくお願い申し上げます。

◇日経新春杯 傾向と一択感あるお馬さん

◇京成杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

そして、このブログでは今週土日の注目馬リストを紹介し、その中でも枠順確定前になりますが、中でもイチオシの馬をLINEで何頭か紹介しますので、また友達ではないという方は是非友達になってください!BEST BUYについてはまた2月に別媒体で再開予定です!

愛知杯2020+土曜競馬の外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな愛知杯における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

愛知杯2020 最終予想

愛知杯2020 最終予想

小倉開催の愛知杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことでも紹介しましたが、小倉2000mは小回りのコーナー4つかつ仕掛けどころが早くなるのど、上がりがかかるレースになります。

これは、コーナー4つに加えて、直線距離が短いことからコーナー途中にスピードが緩み、前に行きたい馬のスパートが早くなるという特徴があります。また、平坦のイメージがありますが小倉競馬場は直線以外は起伏のあるコースですので、ペースが上がるタイミングでアップダウンあるのでタフな流れになります。逃げ馬は過去10年間1頭だけしか馬券内におらず、先行馬にとっては非常にタフで厳しいラップになるというのがこのコースの特徴です。

その為、距離短縮組を素直に信頼できるコースです。早めにスパートし、持続力を求められるコースになるとこのようなローテーションが非常に重要になります。また、血統傾向もわかりやすいです。トニービンに代表されるグレイソヴリン系を狙いましょう。小倉2000mは本当にグレイソヴリンが優秀であり、特にトニービンの血を持つ馬は持続力に優れており、同コースの小倉記念でも毎年のように好走馬を出しておりますし、絶対に無視はできません。それらを考慮した最終予想の結果、紫苑ステークス好走し、秋華賞を大敗した2頭を中心とします。紫苑ステークスを重視したい理由としては、高速馬場かつハイレベルであったことです。小回り2000mは、今年の愛知杯と同じであり、開幕週であることも今回の小倉の開幕週と同じ馬場の位置づけと考えております。9月の中山は野芝100%で時計が速くなるとはいえ、それでもハイレベルでした。実際に3着のカレンブーケドールはジャパンカップの好走でもわかりやすいでしょうし、4着、5着、6着馬もその後、古馬との条件戦で勝ち上がっていたように3歳牝馬戦としてはハイレベル。真逆の馬場となった秋華賞を度外視して、紫苑ステークスで連対した2頭に注目したいと考えております。枠順を見た結果、持続力勝負になり物理的に有利になる内目の枠を引いたパッシングスルーを本命とします。

◎パッシングスルー

本命馬は、福島、紫苑ステークスとコーナー4つのコースで連勝して秋華賞大敗。秋華賞の負けは大外枠が響いていたように思いますし馬場も緩く度外視。戦歴を見ても間隔を開けた方が好走が多いタイプなようなので、今回のローテーションは距離延長ながらも、血統的にルーラーシップ産駒はトモの成長が遅く加速が遅れるタイプが多いので、距離延長は苦にしないタイプが多いですし、心配はないでしょう。栗東滞在で小倉に輸送する臨戦も好感です。

◯アルメリアブルーム

前走のエリザベス女王杯は、先行完全に有利な展開であり、先行馬よりも差し馬を評価したいレースです。この愛知杯でも、センテリュオ、レッドランディーニ、ポンデザール、サラキアとエリザベス女王杯で出走しておりますが後方から見せ場を作ったのはこのアルメリアブルームのみ。小回りへの適性は、近年3勝は京都内回り2000、小倉2000と抜群。ドリームジャーニー産駒らしい小回り適性です。枠もほどよく内枠でありこの馬にとっては好機到来ですね。

▲カレンシリエージョ

この小倉で開催される愛知杯で絶対に知っておきたい3つのことでも紹介しております通り、距離短縮、小倉2戦2勝の小回り特性、グレウソヴリンの血統とすべてに合致したのがこの馬です。前走は64.9のスローペースでありますが、早めの持続力勝負となり、そのペースで先行で脚を残せずに惨敗。ただし、前走は明らかに太め残りのようでしたし、距離短縮のローテーションは好感を持てるので前走内容だけで見限るのは少し怖いですね。藤田菜七子騎手騎乗で、49キロの斤量も魅力的。

注 フェアリーポルカ

パッシングスルーと同様にルーラーシップ産駒のトニービン持ちで秋華賞惨敗組で紫苑ステークス好走組。枠がひどいのでこの印に。

阪神内回りの新馬戦1着、中山内回りの紫苑ステークス鼻差2着と、こちらも小回りのほうがいいタイプ。秋華賞ではタフすぎる馬場に全く持ち味を出せないように思いました。紫苑ステークスは位置取りの差で負けてしまいましたが、内容はフェアリーポルカのほうが良かったと思いますし、右回りでの馬券外は馬場が合わなかった秋華賞だけであるので、パッシングスルーを買うならこの馬も買わざるを得ないでしょう。2走前の紫苑Sは内枠からラチ沿い競馬をして2着好走。その前の3走前オークスは外に振られる競馬で何もできずでしたのでこの外枠は嫌いたいですね。

穴 ポンデザール

サトノクラウンの妹でハーツクライ産駒でありトニービン持ち。コーナーが多いコースについては未勝利戦や北海ステークス、丹頂ステークスといった北の大地での長距離レースで抜群の適性を見せてますので、全く問題ないでしょう。前走は大箱の京都外回りで、仕掛けどころでスピードが不足しており、勝負にならなかったのですが、今回は小回りのコーナーが多い小倉2000mの舞台になるので条件替わりはプラスになりそうです。右回りの芝レースでは3-0-0-1とG1以外では負けてません。外厩先から移動し滞在してるので輸送による悪影響などもないでしょうし、札幌での活躍を見ると滞在競馬はプラスなはずです。

無念 レイホーロマンス

中京開催なら問答無用の買いでした。愛知の称号を欲しい永井オーナーなら・・・

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
サヴォワールエメ10万 
センテリュオ 100万,10万
パッシングスルー 20万
レッドランディーニ25万60万
 フェアリーポルカ 10万

【PR】ユニコーン


━━━━━━━━━━━━
シンザン記念〔Mid-Grade〕
3連単10点1000円→1,038,800円

中山金杯〔金杯専用プラン〕
3連単12点800円→863,280円
京都金杯〔金杯専用プラン〕
3連単10点1000円→834,600円
━━━━━━━━━━━━━
今週末は・・・・
日経新春杯、京成杯、愛知杯
秋華賞から検証!ここの重賞プランはお見事!
3重賞も期待できそうです。
━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━
そしてはじめての方には朗報! こんな予想を体感したい!
無料予想完備!実装してます!
今週末のネモフィラ賞他無料公開。

最近ネットでも噂のここの予想は抑えておいてください。
無料予想エントリーは↑の画像をクリックです。

1月18日・19日の注目馬リスト

今週はブログでおすすめ馬を更新し、LINEでその中でもこれは買いたいという馬を見解含めて紹介致します。LINEについては下記で登録をお願い致します。BestBuyについては土曜日分は下記から配信しますが、日曜日は金曜日時点ではBestを判断できないので一番注目している馬を紹介します。

友だち追加

土曜競馬注目馬

中山1R ニーケススマイル

中山8R スティールティアラ

中山9R エンジェルサークル

中山12R ダイワダグラス

京都9R トオリヤトセイト

京都10R クーファイザナミ

日曜競馬注目馬

中山10R ブラックジョー

京都9R クラヴェル

京都10R イノセントミューズ

中山12R タマモメイトウ

以上です!