【新潟ジャンプステークス2020】最終予想&土曜メイン予想&異常投票パトロール

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、土曜重賞の新潟ジャンプステークスとメインレースであるSTV賞と新潟日報賞の3レースを予想します。

ここ2週間で2-2-0-0のBEST BUYについてはBEST BUY検討委員会の中で土日のAM9時に配信しますので、是非ご高覧ください。先週は7人気のムーンチャイムが2着、4人気のハーフバックが1着と大き目の配当もでましたし、BESTまでもいかないですが、BETTERとして紹介しているBETTER BUYもいくつか紹介しておりますので是非遊びに来ていただければと存じます。今年のBEST BUYは折り返しすぎて現在単勝回収率154%。魂込めて昨年の177%超えを目指します!

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

最終レースの中で一番自信あるレースを配信する”FINAL BEST BUY”はLINEで配信しておりますのでそちらも是非友達登録頂ければと思います。穴狙いではありますので、的中率よりも回収率重視です。土曜日分は、土曜朝10時30分に配信しますし、日曜日分は日曜朝10時30分に配信しますし、完全無料でございますのでご安心くださいませ。

FINAL BEST BUYはこちら

それでは土曜新潟ジャンプステークスとメインレースの予想をどうぞ!

新潟ジャンプステークス2020 予想

新潟ジャンプステークス 予想

障害戦ですので、簡単に障害戦攻略のポイントを紹介致します。

実は障害戦について詳しい予想家の方ってあんまりいないので、面白いかなと思います。

新潟競馬場の障害コースについて、最も特殊なのは、障害競走専用コースで走らないということです。

中山等であれば、かなり大きな坂路や急なコーナーなど非常にトリッキーないかにも障害といったコースですが、この新潟競馬場については全てが普通のコースを使用します。

その為、移動式のハードルや片面竹柵といった簡単な障害しか置けないというコースになります。

簡単にまとめました。

同じ左回りの大箱コースでも障害専用コースをもつ東京競馬場との障害のハードルの種類や高さをみても明らかでしょう。

竹柵一つにしても、東京の3号障害は新潟の倍の高さですし、種類や高さ全てが他の競馬場よりも”緩い”です。

そういう意味でも、重視したいのは平地での能力であり、ガンガン障害を乗り越えて最後まで走りぬくという適性とは異なる適性が必要となります。

そういう意味でもこの新潟と同じように通常のコースを使用する障害レースといえば、中京とこの新潟は障害競走の中でも異質な存在なので重視が必要になります。

過去10年でも前走新潟2850m組が3-3-3-29で単勝回収率も100%超え、新潟3290m組も1-1-1-2と好調。さらに中京3300m組は2-1-0-4と非常に打率がいいです。一方で東京コースになると2-3-2-14に対して単勝回収率は36円と過剰人気になりがちです。

そういう意味でも新潟・中京の障害戦で好走実績ある馬を狙いたいですね。新潟及び中京の障害成績を抽出すると下記になります。中京・新潟にて目立った好走している馬を紹介します。

ウインリベロ 1-0-0-0

テイエムコンドル 1-1-1-3

ノワールギャルソン4-1-2-2

ハルキストン2-0-1-3

フォイヤーヴェルク 1-0-0-0

マーニ 1-1-0-0

上記5頭になります。一目瞭然ですよね。

◎ノワールギャルソン

中京・新潟といった左回りで障害もさほどハードではない条件であればオープンで随一の実力を発揮します。これまでの戦歴を見ても陣営が大切に使っていることがよくわかりますが、京都や中山になれば実力を発揮できず、前走のように中京になれば本領発揮できました。そういう意味でも同じように通常コースにハードルを置いただけの新潟ジャンプステークスであれば、重賞といってもチャンスあり。前走は、斤量64kgという超過酷な条件で8人気でも1.1秒差。障害重賞戦で好走が多い馬相手にも圧勝。今回はさすがに人気サイドになるかもしれませんが、それでも強気に買いたい一頭ですね。

〇ハルキストン

こちらも新潟や中京で好走が多いタイプ。単純に開幕2週目の馬場で逃げれる脚質も非常に価値があります。

▲フォイヤーヴェルク

未知の魅力に期待。デビュー前は凱旋門賞を狙える器と非常に評価が高かったですが、日本の馬場が合わなかったのか大成しませんでした。平地で3勝クラスまで上り詰めた脚力があれば、新潟障害への適性は間違いなくあるはず。デビュー戦も1秒3差で圧勝していることから初重賞といっても十分食い込める余地がありそうです。

土曜メインレース 最終予想

新潟日報賞

新潟内回り1400m戦で開催される新潟日報賞で求められるのはまずは立ち回りのうまさ。

このコースは、1ターンの内回りコースでありスパートも早め早めなので持続力勝負になります。

実際にオープン戦のにいがた1400mの平均ラップは、前半33秒8後半35秒4と上りがかかるレースになっております。コース形状としては、2コーナーのポケット位置からスタートしてコーナーまでが650mあるのですが、やはり新潟競馬場の内回りはコーナーが急で、直線も短く、平坦コースであることからも先行争いが激しくなります。一方で開幕2週目であることからも先行馬有利であることは間違いなく、過去10年でもこのレースは5勝が逃げ馬です。

そういうコースであることからも今年の出走馬からまずは展開を確認が必要です。

出走馬をざっと見てみると、先行馬が4頭、逃げ馬が1頭と間違いなく前にいける馬に有利な展開であることは間違いないでしょう。

そして出走馬を見渡せば、前走BEST BUYで指名したムーチャイムとセプタリアンがいるではないですか。

しかしながら、この2頭を指名したのは上りのかかる阪神コースかつ急坂が得意だからこそであり、この新潟ではいくら同じ距離とはいえ狙いたくないですね。(セプタリアンは先行できますし、ムーンチャイムは前走馬体重をすさまじく増やしての激走でしたので成長分を考えればもう一度狙いたくなる気持ちがありますが・・・

いずれにしても勝負レースに位置づけし、前回しっかりと結果を出してくれたこの2頭を攻めるのは得策ではありません。

◎ミュージアムヒル

前走は馬場と展開が悪かっただけでしょう。特筆すべきは、2走前。

大出遅れの中で、最後方から直線だけで上り32秒9の鬼脚で2着の内容は特筆。アイビスSDでもいい脚を見せたビリーバーを末脚で上回っておりますし、スピードは一級品でしょう。追い込みのような脚質ですが、出遅れているだけであり普通のスタートを切ればここまで後ろになる馬ではありません。

また、左回りでの成績が秀逸。

陣営も左回りに特化して使っていますが、3-6-1-7とほぼほぼ左回りのみに特化しております。小回り左回りで瞬発力勝負になれば一気の末脚を発揮できてもおかしくないでしょう。

〇セプタリアン

▲ムーンチャイム

STV賞

STV賞は翌日のクイーンステークスと同じ舞台である札幌1800mで開催されます。

札幌競馬場は、直線距離が短い代わりにコーナー距離が長い真ん丸としたコースですので、3~4コーナーでは末脚の持続力が求められますし、中間ラップが向こう正面で緩むので後傾ラップの逃げ・先行馬が非常に有利ですが、3コーナーから長くいい脚を使うレースとなりますので、長い直線と同じようなスパート合戦になり差しも決まるのがこのコース。今年の出走馬は14頭で明確な逃げ馬がいないのである程度緩む展開になりそうですので、そういう展開で狙いたい馬でなおかつ大穴候補の馬を紹介致します。

◎BEST BUY検討委員会で大穴候補の推奨馬を紹介中

ここ数戦は馬場が合わなかっただけであり、流れと馬場が合えばこのクラスでは力上位。流れとしてはこのメンバーであれば得意な流れになること間違いないのでそういう意味でも期待しております。あとは状態面だけではありますが、BEST BUY候補の穴馬です。単勝20倍くらいつけば嬉しいです。

BEST BUY検討委員会への入会はこちら

〇イエッツト

前走の湾岸ステークスはご存知の通り、キングオブコージ、エアジーン、ゴールドギア、ナイママ、ヴァンケドミンゴ等の超出世レースで不利な位置から差す競馬で4着になったイエッツト。札幌1800mのように緩むレースは大得意であり、これまでの3勝は全て前半が緩んだ後傾ラップのレースであり、逃げ馬不在のこのコースと流れは間違いなく向くでしょう。また、札幌競馬場は東京競馬場と似たような末脚の持続力を求められることからもプリンシパルステークス3着の実績は心強い。

▲ハナズレジェンド

前走は詰まりに詰まる競馬。それでも上り最速を測定していることからも洋芝のこの時期の競馬は合うのでしょう。函館では後方からの競馬になり物理的に厳しい展開になることが多く、0-0-0-2でありますが、札幌では1-3-0-4と非常に好成績。今回この函館→札幌は間違いなくプラスでしょう。

異常投票パトロール

札幌1R エイシンギブアップ

前日の22時50分に複勝50万円の投票を発見。未勝利戦ですので実力差がわかりやすいですが、他の馬にも多数異常投票がある中で異質な個人による50万円投票。注目です。

札幌8R レッドランサー

朝4時42分に複勝40万円、4時53分に複勝40万円とまちがいなく個人による投票を発見。さすがにこれは・・・

札幌11R イエッツト

前日21時に単勝50万円の投票を発見。本日はレート高めですね。

新潟1R レオテソーロ

午前7時に複勝60万円の投票を発見!本日午前中のレースでは、一番売り上げが高いですね!?

新潟5R グランデモナルカ

深夜1時に複勝30万円の投票を発見!新馬戦ですが積極的な投票ですね!?

新潟12R ルドラクシャ

単勝50万円の投票を前日22時に発見!直千競馬で楽しみな投票ですね~!

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!