日経新春杯・京成杯2020 最終予想

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

日経新春杯と京成杯の最終予想を紹介致します。日経新春杯は昨年グローリーヴェイズとフィエールマンという後のG1を制覇する馬が出走しましたが、今年も世界に羽ばたく名馬の誕生に期待したいですね。

また、毎週やっております異常投票パトロールは、本日より2日間ギャンブル合宿中につき、実施できないこと事前に連絡致します。気になる異常投票についてはTwitterで随時アップするような運営になりますし、日曜競馬については、現地入りして宗教馬観戦や負けないことをコンセプト(下記詳細)とした旅になりますのでTwitterで馬券のアップ等もしたいと思います。また、本日開催の愛知杯最終予想は土日の注目馬と併せて下記ブログにてアップしております。Best buyは朝に配信完了しており、勝負レースは中山の馬なので果たして。

上述の通り、本日は、ギャンブル合宿と称する京都の北部でカニ旅行です。本日宿に向かい、温泉に入り、カニを食べ、その後にスナックで競馬予想し、翌日は淀の指定席でがっつりと競馬し、その後ボートピア八幡に移動して、ナイター競艇し、翌日は尼崎競艇を予定しております。

このギャンブル合宿の最大の目的は”負けないこと”。ギャンブルでは期待値を高めることも大切ですし、長い目で見ると期待値の高い賭け方を心がけるのは当然ですが、この合宿は、ギャンブルを全力で楽しむ為だけの合宿であり、当日にお金が無くなることは絶対に避けないといけないのでレートも控え気味に、さらには的中率高めで、”的中”に重きを置く予定です。Twitterでちょいちょい馬券をアップするので是非フォロー頂ければと存じます。それでは日曜重賞の日経新春杯と京成杯の予想をどうぞ!

日経新春杯・京成杯外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな日経新春杯と京成杯における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

日経新春杯2020 最終予想

日経新春杯 予想

日経新春杯の傾向分析詳細については、日経新春杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで紹介済みなので是非ご高覧ください。

日経新春杯は、京都2400mの持続力勝負になるコースです。コーナー4つかつ向正面の上り坂の影響もあり、前半はスローの後傾ラップになりますが、必要な能力は、3ハロンの瞬発力勝負ではなく、4ハロンの持続力。こういうスピードの持続力勝負になると内枠が圧倒的に有利ですね。持続力勝負になると各馬も走れる距離が限られるのでロスのない内枠が圧倒的に有利です。実際に過去10年でも1枠4勝で4枠以内が7勝と圧倒的ですし、13日の京都外回りを見てもなんだかんだで内枠の先行有利な馬場でしたし、馬場がタフな分、外差しが決まるというわけではなく、外を回すとバテる馬場になっているようにも思います。そのような馬場でコーナー4つの持続力勝負になるとやはり内で脚を溜めれる馬を狙いたいですね。そしてこのようなタフな馬場での持続力勝負になるからこそ距離短縮のローテーションに期待したいですね。またグレイソヴリンとダート血統に注目したいレースです。そういったことを全部考慮した予想は下記です。

YouTube番組で紹介中!(こちらをクリック)

本命馬は、上記の傾向全てに合致してます。絶好枠を引き、京都外回り2-1-0-1の絶好舞台に加えて、前走から距離短縮のローテーションで挑み、母系はダート血統であり、まさしく日経新春杯の為に出てきたと言っても過言ではないこの馬から現地で全力勝負しようと考えております。前走は残念な結果になりましたが、先行有利な展開ながら、5ハロンスパートの持続力勝負でいい内容。掲示板に入った馬の中で唯一二桁番手からの後方一気で上がり最速。勝ち馬ともほとんど差のない競馬ができておりました。このレベルの競馬ができるならここでも大威張りできそう。

◯レッドジェニアル

菊花賞本命馬でしたが、先行馬泣かせのレースとなり撃沈でした。しかしながら、ワールドプレミアが有馬記念で見せたレースでレースレベルが評価される菊花賞からの距離短縮は魅力。何よりこの馬の持ち味は速い脚ではなくダラダラと伸び続けるロングスパートであり、32秒台の末脚は出せませんが、上がりのかかる京都外回りコースでは非常に好感がもてます。京都新聞杯は京都外回りの教科書のようなレースで一貫して12秒前後のラップからラスト4ハロンで11秒台になる持続力勝負。このレースを外枠で差し切ったのはよほどコース適性が高いからでしょう。母レッドアゲートはこの日経新春杯で馬券になっておりましたし、さらにこのレースはダート適性を求められるとお伝えしております通り、兄弟にはノワールギャルソンというダート馬もおり、キングカメハメハのダートよりの血も出てるのかもしれませんね?!トップハンデとはいえ、例年のトップハンデと比較すると軽いですし、絶好枠を引いているので、ここでも好勝負を期待します。

マスターコード

5月には京都2400mで上り4ハロン46秒7のレースを1着、10月には京都2400mで上り4ハロン46秒7のレースを2着。日経新春杯では上り4ハロン46秒7以上に速くなった年は過去10年で1度しかなく、マスターコードが上がり4ハロンをこの46秒7で走り抜けた2戦の内容が、共に上り最速であり、明らかにこの京都2400mの持続力勝負を得意としていることがわかります。また、日経新春杯はタフな持続力勝負になりますので、距離短縮ローテーションが非常に有効なローテーションであることからもグレイトフルステークスからのローテーションも非常に好感が持てます。前走は前走で先行馬圧倒的有利なレースの中で、スタートしてから後方のポジションになり、中山の小回りでポジションを上げれなかったことから完全に脚を余しての敗退で度外視可能。今回は京都外回りという日本でも有数な広いコースであるので、この馬の持ち味を惜しみなく発揮できるでしょう。

△プリンスオブペスカ

トニービン持ちの距離短縮。日経新春杯と同距離の2400mでの成績は4-1-2-1であり、人気のアフリカンゴールドと比較してもタフな馬場であれば適性と斤量の差で十分逆転可能。

注タイセイトレイル

ジャパンカップは馬場が悪いだけでしたので盛り返しに期待しております。

異常投票パトロール

前日異常投票を追記できるだけ追記します。

馬名単勝複勝
 メロディーレーン 

15万,10万

20万

レッドジェニアル

20万,10万

10万,10万

10万,20万

10万,10万

100万,70万

マスターコード20万30万
レッドレオン40万,30万

25万,10万

120万,120万

10万,20万

モズベッロ10万,70万10万
タイセイトレイル

10万,20万

30万

10万,10万

10万,10万

10万

アフリカンゴールド 

10万,20万

30万,10万

20万,120万

プリンスオブぺスカ10万 

PR】メインレース絶好調!◎
開幕から爆進し続けています!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

先週の3日間開催、シンザン記念を筆頭にメイン4レースを的中!
別々のプランで的中したポルックスSも共に少点数でゲット!
昨年12月もG1レースを中心にメインレースを攻略していましたね!
ーーーーーーーーーーーーーーーー

何といっても朝日杯FSが凄かった!
単勝229.3倍のグランレイを含んだわずか10点で攻略!
100万払戻もそうですがグランレイは狙って買えませんよね!?
ーーーーーーーーーーーーーーーー
そんなプロの実力を試してみたいという方に朗報!
ここは毎週末無料予想を公開しています!

今週は19日のネモフィラ賞を中心に無料予想が出てくるので
ぜひ1度見てみてください。過去回収率950%出した予想は
見ておいて損はないと思います!
今週の無料予想にエントリー!
無料メルマガ登録後→確認メール内リンククリックでOK!

京成杯2020 最終予想

京成杯 予想

京成杯2020の傾向分析は京成杯を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで紹介しておりますので是非!

2000m戦であるのにも関わらず、最初の400mがポジション争いで非常に速くなり、前半3ハロンの中で、10秒台のラップが刻まれることが多いことも要因でしょう。その後、上り坂の影響でラップが緩み、持続力勝負になるのが京成杯です。このように後傾ラップでありますが、起伏のあるコースによる影響でタフなレースとなるので、スピードよりもスタミナを求められるレースでありますが、後傾ラップなので確実に最後まで末脚を伸ばせる馬を重視したいです。特にこのタフな舞台の後傾ラップに適応するには、1800m以上のレースで上がり上位になったことのある馬が再現性高く好走しております。血統的には、ロベルト持ちが路盤改修後の2014年夏以降で、近3年3連勝と非常に優秀な成績を残しておりますのでロベルト持ちかつ1800m以上の距離実績を持つ馬を中心に考えたいと思います。

今回出走馬は、逃げや先行馬が中心かつスローペース経験しかない馬も多数おりますので、ある程度締まったペースになることを想定し、逃げ・先行馬には少し厳しいレースになるのではないかということを前提とした予想にしたいと考えております。

その前提で、今回本命としたいのは、クリスタルブラックです。

◎クリスタルブラック

クリスタルブラックは、新馬戦の内容が秀逸です。39.4-35.3の超スローペースの中で、唯一10番手以下から馬券になるだけではなく、その上りもレース上りと比較して0秒9も速い内容。残り800mから外にだして進出し、4コーナーは1頭だけ馬7頭分外をぶんまわして最後の最後まで伸び続けた圧勝。先行馬が圧倒的に有利な中で、このクリスタルブラックの強さだけが際立ったレースでしたので、時計以上に評価していい内容であり、能力は相当のものでしょう。血統的にも昨年デビューしたキズナ産駒であり、キズナの持つ米国系の血統から成長力が早く、キズナの万能感が示す通り、キズナは母系の良さを出せるタイプであることがわかるので、母系にある京成杯の好走血統であるタフなレースに強いロベルトの血統の良さをそのまま出してくれそう。瞬発力勝負になれば分が悪いでしょうが、この中山2000mの舞台であれば非常に期待できる血統といってもいいでしょう。今回は内枠に入り、他の馬もとにかく先行馬だらけであるので、この馬の先行馬泣かせの捲りが炸裂するのではないかなと考えております。逆にスカイグルーヴやヒュッゲは突っかかってくる馬がいない中でのパフォーマンスなので少し評価を落としました。

ゼノヴァース

3戦目の内容が素晴らしいですね。1.2戦目は、共に38.1-34.0という超スローペースで脚を余しての敗戦。初勝利の中山の舞台では、35.7-35.6と上りのかかるタフなコース、ラップになりいきなり馬が変わったかのような圧勝。3戦目は、折り合って先行し上り最速の35.3の内容は、字面以上に強烈な内容でした。上り2位の馬は14番手で脚をためて35.4、上り3位の馬も同様に11番手で脚を溜めて35.5。ゼノヴァースは先行していい位置につけて上り最速かつレースラップもそこまで緩くないですし、この中山の舞台でパフォーマンスを上げたのは狙いやすいですね。

ディープインパクト産駒ですが、母系にはサドラーズウェルズとダンチヒを持っていることからも明らかに切れ味よりも追走が楽で脚を長く使う持続力勝負向きであることはこれまでのレース内容を見てもはっきりしてますし、何よりもこの京成杯はドイツ血統がかなりの確率で好走するレースでありますので、血統的には欧州でもイギリスやアイルランド系ですが、ドイツ生まれの母であることは見逃せないです。

ローテーションとしても面白い話があり、前走2000m経験馬が京成杯過去5年の15頭中11頭が馬券になっており、その内6頭が中山2000mからのローテーション。今回該当するのはゼノヴァースとキングオブドラゴンであり、差し馬は本馬です。

ロールオブサンダー

1800m以上の重賞実績も素直に信頼したいレースであり、1800m以上のレースで上り上位経験かつ1800m以上の重賞で好走実績があり、ロベルトの血を持つという京成杯で重視したい3つの傾向に完全合致する唯一の馬が京都2歳ステークス3着の実績馬ロールオブサンダー。ロールオブサンダーはここ二戦は逃げてますが新馬戦の内容を見ても控えても問題ないタイプです。実際にここ2走は逃げておりますが、決して緩い時計ではなく長くいい脚を使えているのもこの舞台にあいそうです。瞬発力勝負では分が悪いのですが、上りのかかる中山2000mの舞台であれば穴をあけてもおかしくないでしょう。血統的にもロベルトを持つエピファネイア産駒。エピファネイア産駒は昨年デビューしたばかりですが、この中山の舞台ですさまじい成績を残しております。

エピファネイア産駒の中山2000m成績

4-2-1-5 連対率40% 単勝回収率157円

現役時代と同様にキズナのライバルとしてディープ、キンカメ亡き日本競馬を盛り上げてほしいですね!ただし、すべての傾向に合致しているとは言え、母系があまりにもダート気質であり、重賞級になるとどうかなという考え、ここまでにしました。

△スカイグルーヴ

前走のどこまでも伸びそうな加速ラップに加えて、ロベルト持ちのエピファネイア産駒。血統的にはドゥラメンテの姪っ子という超一流血統。血統豹を見ると、ダイナカール、エアグルーヴ、アドマイヤグルーヴ、シーザリオ、スペシャルウィークという東京を得意とした名馬だらけの血統であり、どうしても東京向きなように思いますのでここまでにしました。クイーンカップに出せばいいのにと思いますが、おそらくルメールの使い分けかもしれませんね。東京競馬で37.1-34.1は正直そこまでいいように思いませんが、その週のレースを見ると特別戦クラスの時計で勝利しているので2歳牝馬としては伸びしろ十分。ただし、前走の陣営は控える競馬を指示していたようですが、馬にスイッチが入り逃げになったことや、同系馬が多数いることや中山で走るイメージがないのでここまでの印にしました。

異常投票パトロール

前日異常投票を追記できるだけ追記します。

馬名単勝複勝
クリスタルブラック 

20万,20万

40万

ロールオブサンダー 20万
キングオブドラゴン50万50万
ゼノヴァース10万

10万,10万

40万

ディアスティマ 10万,10万
ヒュッゲ  
キムケンドリーム10万 
ビターエンダー 120万,97万
スカイグルーヴ

30万,17万

20万,20万

20万,30万

70万,120万

300万

20万,20万

40万,30万

60万,150万

以上です!