【日経新春杯2021予想】中京競馬で開催される日経新春杯だから狙える馬

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は中京2200mで開催される日経新春杯2021 予想記事になります。

中京2200mの重賞レースは、神戸新聞杯くらいしかなかったので、日経新春杯の傾向分析はさらっとして有力馬を中心に紹介したいとおもいます。

日経新春杯はギャンブル合宿で昨年40万円以上の配当をゲットした思い出のレース。

去年のこの日は何を賭けても当たっていたような状態だったので今年も頑張りたいですね。

また、今週の重賞予想については、既に愛知杯と京成杯ともに分析済みですので是非ご高覧ください。

【京成杯2021予想】京成杯の絶対に知っておきたい傾向と有力馬予想

【愛知杯2021予想】愛知杯の絶対に知っておきたい傾向と有力馬予想

それでは、日経新春杯2021の各馬予想をどうぞ!

日経新春杯2021 各馬予想

中京2200mは、1コーナ―までの距離がかなり長く、スタート直後に急坂があり、その後も向こう正面まで上り坂が続く後傾ラップになることが多いレースです。また、今の中京の馬場は下記の通り。

1/9週 連対馬脚質(逃-先-差-追):4-13-4-3
1/9週 連対馬進路(内-中-外):16-6-2

加えて、馬場も高速よりですから内の前で進路をとれる馬をしっかりと狙いたいですね。

そういう方向性で、ここではまず有力馬の分析を進めていきたいと思います。

アドマイヤビルゴ

5億8千万円で武豊騎手と固執のあった故近藤利一オーナーが晩年、ディープの背中を知る豊に乗ってほしいという競馬界がひっくり返るようなコメントで話題となったアドマイヤビルゴ。クラシックこそ間に合いませんでしたが、それでも5戦4勝。また、ディープインパクトの背中を知る武豊騎手騎乗では4戦4勝。3冠馬が2頭いる世代で最も高値で取引された素質馬がいよいよ本格化。

元々、若葉ステークスで見せたパフォーマンスはいかにもこの中京競馬で開催される日経新春杯と相性が良さそう。その若葉ステークスでは、先行して上り最速で突き抜けて1分58秒6は、今の馬場にもピッタリです。また、時計のかかる京都の上り4ハロン勝負になると京都新聞杯でも負けていたようにやはりスピード勝負型と言っていいでしょう。夏を超えてのムーンライトハンデでは、同じ中京2200mで古馬相手に前半超スローのレースを5番手で折り合って直線突き抜ける強い勝ち方をし、高速馬場のアンドロメダステークスでは多数の重賞馬相手に差しの競馬で上り最速の勝利。勝ち時計の1分58秒8からもやはり高速時計の適性が高い。

この舞台への実績に加えて、高速馬場への適性を考慮すると切ることはできない一頭といえます。ただ、超重賞級との対戦成績や世代レベルを考えると、ぶつかってみないとわからないというところもあるので成長力に期待したいところですね。

ヴェロックス

サートゥルナーリア世代のクラシック皆勤賞のヴェロックスが前走で復調モードですが、個人的には皐月賞をピークに成長鈍化しているものと考えます。血統的にはお休みに入ったハーツクライ(厳密にはジャスタウェイ)がいつ目覚めるかという伸びしろはあるものの、それでも前走のメンバー相手に久しぶりとはいえ3着はいかにも寂しいでうっし、上りについてもボッケリーニと比較して0秒4遅いのは決定的に古馬重賞面では能力面で足りてない状況。ただ、買える点としては末脚の持続力重視であるトニービン持ちであることに加えて、距離延長のローテーションはこれまで1-0-3-0とG1含めてかなりの好成績であることからも、紐あたりにいれるのはいいのではないかと考えます。

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】

クラージュゲリエ

クラシックでもダービー6着、皐月賞5着という戦歴の通りで、ヴェロックスには完敗、前走もアンドロメダステークスでアドマイヤビルゴより後ろのポジションから上りも負けていることからもどうしても内のポジションが欲しいのがクラージュゲリエです。これまでの戦歴も少なく、特徴が見えづらい中で予想しないといけないのですが、川田騎手がヴェロックスとクラージュゲリエ共に、”久しぶりを叩いて次ですね”と言ってるのにヴェロックス騎乗だと序列としては・・・

という感じの位置づけです。

ダイワキャグニー

セン馬は長く走れるというのもありますが、6歳秋の昨秋の活躍は目を見張るものがありました。

エプソムカップで初重賞制覇をした後は、毎日王冠はサリオスの2着、天皇賞秋は強敵相手に6着。

もうお気づきと思いますが、勝ち鞍は全て左回りコースです。中京では1回しか走っておりませんがサートゥルナーリアの3着。

加えて間隔が詰まると大敗することが多いような体質でもあるので、今回休み明けはねらいどころでしょう。

今の中京馬場は、内前有利な馬場ですので、脚質的にもBETTER。そういう意味では、有力馬の中では買いやすい一頭と言えるでしょう。

中京競馬の日経新春杯で本命視したいお馬さん達

日経新春杯でおそらく1人気を背負うような馬ではない中でもどうしても買いたい馬を数頭BESTBUY検討委員会にて紹介します!

既に、重賞記事については愛知杯及び京成杯でも限定記事を配信しておりますし、重賞記事以外にも下記コンテンツを週末には配信予定です!

現在、3日間無料体験中ですので是非!

 ①BESTBUY
     本日の勝負レース!平場で2レース厳選予想してます。
 ②重賞完全予想
  ブログでは本命馬のみの記載ですが対抗以下の印と見解を記載しております。
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

日経新春杯2021 外厩情報

ノーザンファーム生産馬が秋の古馬芝G1レース完全制覇で終わった2020年。

伝説だらけのレースでしたが、やっぱりアーモンドアイ、クロノジェネシス、グランアレグリアを筆頭に強かったですね。これも外厩を含めたチームワークのなせる業ですね。

日経新春杯の外厩情報は無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

 
 
ブログでは、一部の情報公開となっておりますがBESTBUY検討委員会では、誰でも見れるブログでは伝えきれない情報まで全て配信しております。
特に勝負レースについてはBESTBUY検討委員会でのみ配信となります!

現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!

オンラインサロン機能を活かして、勝負レースを導くプロセスを多方面から学べるコンテンツとなっておりますし、馬券バトルを初めとして多数の企画も実施しております。

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

LINE登録はこちらから!