【有馬記念2019】アーモンドアイの圧倒的な凄さと有馬記念での不安点

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

有馬記念2019ウィークですね!本日はアーモンドアイの圧倒的な凄さと有馬記念での不安点を紹介したいと思います。そして最後に、買いなのかどうかまで考察できればと考えております。

有馬記念については既に絶対に知っておきたい3つのことで本気で考察しましたので、そちらについても宜しくお願い致します。

今年の有馬記念はアーモンドアイの出走で俄然盛り上がってきました。かつてのオルフェーヴルvsブエナビスタ並みの豪華メンバーではないでしょうか。世界でも有数なスーパーホースのアーモンドアイについて語れるだけ語りたいと思います。そして、有馬記念2019でアーモンドアイは買えるのか?それともこれまで以上に全面支持できるのか?こういった点を我々独自の目線で紹介したいと思います。

まずはアーモンドアイの凄さについて語っていきましょう。

アーモンドアイの凄さ

あの名手ルメール騎手が、「フェラーリ」と称し、「パーフェクト」といいながらアーモンドアイを漢字で表せば”完”と表現する始末。さらには、これ以上成長すると別の惑星からきた他の生物になるとまで言わせるスーパーホース。私の知り合いにいるトレセン関係者も、あの馬が出走したら普通は諦めると言ってました。そんなアーモンドアイの凄さをお伝えしたいと思います。

ワールドレコードを叩き出せる圧倒的なスピード

アーモンドアイを語るにはこのツイートにある動画を見て頂きましょう。

アーモンドアイのすばらしさが詰まったジャパンカップのレースです。

ジャパンカップのこれまでのレコードを1秒5縮め、ロンジンの時計に2分20秒6という神タイムで制覇して、思わずブエナを超えたと呟いてしまいました。アーモンドアイの素晴らしさは、やはりそのスピードですね。

スタートしてから包まれるのが嫌だと言われておりましたが、スタートして少し煽ればすぐに2番手の先行のポジションに取り付けれます。前半35秒9のペースであれば抑えているようなもの。その後はなんと残り1600m全てのハロンで11秒台というすさまじい持続力勝負でも最後の直線で、34秒1。最後はさすがに脚色が鈍っておりましたが明らかにキセキを抜いた瞬間の脚は10秒台を刻んでいたでしょう。

このスピードは、間違いなく父ロードカナロアからの遺伝でしょう。ロードカナロアはご存じの通り、スプリント大国の香港スプリントを5馬身差で圧勝する世界一のスピードを持つ馬です。スピードのいい部分だけをしっかりと受け継ぎ、その他のスタミナや切れ味の部分は母系のフサイチパンドラから受け継いだのでしょう。

このスピードの何が魅力かというと、アーモンドアイの代名詞ともいえる末脚での速度もそうですが、やはり自分が不利なポジションをいつでもどこでも打開できるという点ではないでしょうか。

例えば、ジャパンカップでは高速馬場で先行有利なのでスタートしてからある程度のポジションをとる必要があり、それを人追いですぐに反応し、2番手につけれることや、天皇賞秋のように狭いスペースでも少しでも抜け出せるスペースができれば一気に加速して抜け出すことができます。さらに絶望的な出遅れやスタート直後の不利を受けても直線だけの競馬に徹することで安田記念のように上り32秒4をだして不利を全てはねのけて馬券内に突っ込んでくることができます。

このスピードがあれば競馬の幅が広がりますね。

馬場不問の万能さ

アーモンドアイのすばらしさのもう一つの要素に、馬場不問で速い脚を使えることです。

思い返してみれば、この馬が化け物認定されたのがシンザン記念。

シンザン記念は稍重であり、非常に上りもかかり、先行有利なレースでしたが、この馬は唯一後方から、さらに上りも2位の馬よりも0秒7速いすさまじい末脚で差し切りました。馬場不問の末脚でした。

さらには、阪神の外回り、東京の高速馬場、京都の内回り、ドバイ等どんなコースでも素晴らしいパフォーマンスでちぎってきました。右回り、左回り、重馬場、良馬場どんな馬場でも適応できるこのすばらしい万能さは武器でしょう。

まだまだ本気ではない!?

アーモンドアイの凄さはまだまだ本気ではないということではないでしょうか。

天皇賞秋も8割仕上げで圧勝だったように、あのパフォーマンスでもまだ余裕仕上げのようです。さらに言うと有馬記念で開放されるようですが、蹄鉄も普通の蹄鉄ではなく、4分の3蹄鉄と、これまでは蹄鉄同士がぶつかり合い、削れるリスクがあったので蹄鉄に工夫をしておりましたが、走り方も改善され普通の蹄鉄を使えるようになりました。今まではちょっと履きにくい靴を履いていたものの、普通の靴を履けるようになったアーモンドアイ。誰が勝てるのでしょうか。これはスポーツ報知の記事で見つけましたので紹介します。

但し、有馬記念の予想をする前に絶対に知っておきたい3つのことでもしっかりと説明しましたが、有馬記念はとにかく特殊条件です。コーナー6回で起伏が激しくて、最後には急坂がありますし、直線も短いです。そんなコースでアーモンドアイを買えるのか?少し考えてみたいと思います。

有馬記念におけるアーモンドアイの不安点

アーモンドアイは中山で走ったことがない

アーモンドアイは、東京コースでの戦績が主であり、ドバイも阪神も直線の長いコースでした。

唯一中山のような小回りコースで出走したのが秋華賞でした。秋華賞のパフォーマンスは、内回りレースとしては驚愕の4コーナー12番手(これは過去10年でアーモンドアイのみ)で短い直線だけで差し切りの派手さはありますが、結果的にはミッキーチャームやカンタービレといった古馬になり苦戦を続ける牝馬相手にそこまで差のないギリギリの内容でした。

さらにいうとドバイターフ後のローテーション。

宝塚記念も選べたのにも関わらず、選んだレースは安田記念。

陣営も明らかに広いコースを狙っておりましたよね。歴戦の古馬や中山の鬼に対して、この中山競馬場で3歳牝馬時と同様に直線だけで交わせるのか、また最後には急坂もあります。仮に後ろからになった場合には相当厳しいのではないかと思ってしまうような秋華賞の走りでしたので、このコーナーが急な中山への対応というのは非常に注意が必要です。

有馬記念は非根幹距離であるということ

有馬記念は、特殊コースに加えて距離も非根幹距離という超特殊コース。

非根幹距離ならではの不規則なラップであり、非根幹距離実績のある馬にリピーターも多いレースです。マツリダゴッホのようなタイプは本当に崩れないですよね。そういう意味でもこの非根幹距離適性が求められるレースになります。この独特なコースが生み出す流れは京都3000mや3200mのような独特な流れであることからも、長距離実績を求められたりもします。

アーモンドアイは、非根幹距離である芝1400mでは新馬戦で敗退、1800mのドバイターフでもヴィブロス相手に最後の最後まで詰められる内容でしたので決して得意ではないでしょう。この点については大きく不安が残ります。

熱発明けのローテーション

いかに国内基準なら問題ない微熱というコメントがあったとしても、香港カップを回避し、調整が狂ったのは間違いありません。

天皇賞秋が8割とのことでしたが、どの馬も秋1戦目であれば似たような仕上げ。そこから有馬記念に向けて100%に仕上げる陣営がほとんどの中、この微妙な調整の狂いは致命傷にならないでしょうか。

有馬記念は、ファン投票上位であれば何もしなくても特別出走推奨金で2000万円もらえますし、さらに掲示板に入りさえすれば3000万円は確定。

香港カップの回避により中断に伴う諸々の費用やドバイターフの遠征費もクラブ会員から徴収しておりますし、出走するだけでお金のもらえる有馬記念は本当にありがたいはず。究極仕上げでなくてもアーモンドアイなら掲示板は確実なのでそういうノリで出走している可能性も0ではない!?

ではアーモンドアイを買うのか?

結論言います。

買います。

だってアーモンドアイですよ?

スタートしてから下り坂である程度ラップは速まりますが、2コーナーまでは緩みます。そこで先団につけれるスピードがあります。

次にアーモンドアイにはワールドレコードで走れる持続力があります。ジャパンカップでは残り1600mを全く緩まないラップで上り34秒0の異次元時計で勝利したその持続力は世界一です。有馬記念のラップを克服してくれるでしょう。

そして、アーモンドアイは馬場不問の万能な馬です。有馬記念が開催される中山競馬場は、水はけが段違いによくなり、馬場も軽くなりました。そういう点でも走りやすくなっているのは確かですし、たとえ雨が降ってもこれまで走った実績があります。

こんな買い要素の多いアーモンドアイを買わない人がいるのでしょうか。いいや、いるわけない。

こんな国語の教科書のような締め方になりますが、以上です。次は全頭分析を解説します。

 


…━…━…━…━…━…━…━
朝日杯三連単10点的中!
ここぐらいじゃないですか?14人気グランレイ読めた予想は!
最近このレベルの予想さんはなかなか見かけてないです。
秋華賞~朝日杯まで重賞、メイン連続的中多発。
今回はじめての方には朗報! 「有馬記念厳選買い目」無料公開確認しました!
ファンタジーSでは回収率950%の無料予想。 今回もまた期待しちゃいましょうね。
…━…━…━…━…━…━…━ 


…━…━…━…━…━…━…━
有馬記念厳選買い目←※無料公開
メール入力、確認メールをクリックでエントリー完了。
前日夜配信されてくるのでコレは絶対チェックです!(無料)

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!