• HOME
  • Home
  • 中央競馬 , 予想
  • 【東京スポーツ杯2歳ステークス2019】東スポ杯2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【東京スポーツ杯2歳ステークス2019】東スポ杯2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は東京スポーツ杯2歳ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

東スポ杯2歳ステークスは、ここ5年でもイスラボニータ、サトノクラウン、スマートオーディン、スワーヴリチャード、ワグネリアンとクラシックを賑わしてくれる馬を輩出してる2歳戦屈指の出世レース。出世レースとなってる理由やどのような馬にチャンスがあるのかを予想をする前に紹介したいと思います。

また、週末に開催されるG1予想について、マイルチャンピオンシップを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと記事にて紹介しておりますので是非ご参考にしていただければと思います。

東スポ杯2歳S 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。天皇賞秋はレコード並みの決着でものすごく見ごたえのあるレースでしたね。圧勝でG1六勝目を達成したアーモンドアイはいまではかなり競馬ファンにも浸透してきた『外厩』という調整をおこなった馬です。

去年の菊花賞を3ヵ月ぶりの実戦で勝利したフィエールマンや秋華賞で勝利したクロノジェネシスも外厩仕上げですし、今や外厩は予想に欠かせないファクターになりました。そんな外厩のお得な情報を無料でゲットできるサイトをご紹介します。

東スポ杯2歳ステークスや今週開催されるG1のマイルチャンピオンシップにおける外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。

東スポ杯2歳ステークス2019 特別登録馬

小頭数ではありますがこれから活躍間違いない無しの素質馬が多数出走しておりますね!池江厩舎の1番馬と名高いアルジャンナ、金子オーナーの全てが詰まった父三冠馬ディープインパクト母牝馬三冠馬アパパネ母父キングカメハメハのTHE 金子、THIS IS 金子、どう呼べばいいのかわからないラインベック、東京2000mのレコードホルダーマイネルデステリョなど非常に素晴らしいメンバーです。

 

馬名
アルジャンナディープインパクト
$オーロラフラッシュFrankel
コントレイルディープインパクト
シャインガーネットオルフェーヴル
ショコラブリアンダイワメジャー
ジェラペッシュワールドエース
ゼンノジャスタジャスタウェイ
ソウルトレインレッドスパーダ
マイネルデステリョエイシンフラッシュ
ラインベックディープインパクト
リグージェブラックタイド

東京スポ杯2歳Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

長い直線で高速の末脚を使える馬を狙う

東京スポーツ杯2歳ステークスは、長い直線で速い上りを使える馬に実績馬が多いです。特に、末脚が非常に重要であり上がり33秒を経験したことがある馬がとにかく優秀です。過去5年でも上がり33秒台を、特に直線が長い京都の外回り、東京、新潟外回りで叩き出したことがある馬がよく好走しております。その理由をまずは考察したいと思います。

過去10年のラップですが、2歳戦らしく非根幹距離でありますが前半が平均的に35秒〜36秒の超がつくスローで、5ハロン・6ハロン目が緩み、最後の直線上がり3ハロン勝負になっている純粋な末脚勝負となることがわかります。過去10年でも9年が後傾ラップであり、唯一の前傾ラップを制覇したのがダービー馬ワグネリアン。基本的には後傾ラップの末脚勝負で、純粋な直線での脚の速さを競争するレースであるので生まれながらの素質が比べられるレースであるので出世する馬が多いのでしょうし、2歳時に東京1800mのタフなコースでしっかりと前傾ラップでも勝ち切る馬は重賞級の評価を与えることができるようなコースだと考えます。

そして、このような末脚勝負になる東京スポーツ杯2歳ステークスで注目は、長い直線コースで速い上がりを出したことがある馬でしょう。長い直線コースといえば、中京、新潟、京都外回り、阪神外回り、そして東京でしょう。これらのコースで上がり3ハロン33秒前半で実績のある馬は特に注目です。

2017年ワグネリアンは重馬場の野路菊ステークスで上がり33秒0、2016年は新馬戦で32秒出したブレスジャーニー、2015年のスマートオーディンも新馬戦、荻ステークスと上がり33秒前半で勝利し、当然のように東スポ杯でも上がり最速さらに32秒台のおまけ付き、2014年のサトノクラウンも同様に新馬戦で東京で33秒前半、新潟2歳Sでも33秒前半でした。

この通りで、近年の勝ち馬は、33秒前半の末脚を長い直線で使えていたという傾向がありますので知っておきたいですね。

1800m以上の距離実績

2歳で東京1800mは非常にタフな条件ですので、このレースを勝利した馬は出世しております。

そういう意味でも東スポ杯に出走する前に1800m以上のレースに出走し、実績のある馬には注目です。

2018年

1着ニシノデイジー 札幌2歳S1800m1着

2着アガラス コスモス賞1800m2着

2017年

1着ワグネリアン前走野路菊S1800m

2着ルーカス前走1800m

3着シャルルマーニュ前走1800m

2016年

2着スワーヴリチャード前走2000m

3着ムーヴザワールド前走1800m

2015年

1着サトノクラウン前走1800m

上記の通り、1800m以上の実績には注目したいですね!

ディープ産駒以外は短距離志向の血統

このレースは速い上がりを問われるので、ディープ産駒がよく馬券にきます。

2014年

2着アヴニールマルシェ

3着ソールインパクト

2015年

2着プロディカルサン

2016年

3着ムーヴザワールド

2017年

1着ワグネリアン

2018年

3着ヴァンドギャルド

毎年ディープ産駒はきてるのですが勝ち上がり率がダントツで出走馬もダントツなのですが、ここ5年でも1勝のみであり、ホームランよりもヒットが多いことがわかります。単勝回収率も実は1桁円であることからも、多くの馬が人気して1着になれてないです。

一方で勝ち馬の傾向としては、非根幹距離であるためか、中距離の主流血統とは少し外れた短距離型のサンデー系や欧州系の血統の馬が勝利しております。

短距離型のサンデーといえば、イスラボニータやプレイアンドリアル、スマートオーディンが該当しますし、欧州系といえば、サトノクラウンが勝利しておりますし、最近でいえばサドラーズウェルズの血統が目立ちます。サドラーズウェルズについてはここ3年でもルーカス、ムーヴザワールド、ヴァンドギャルドなどが該当します。非根幹距離のレースなので少し血統的にも求められる血統が異なるのでしょう。

東スポ杯2歳ステークス 事前予想

このレースでは、長い直線で上がり33秒前半の末脚、1800m以上の実績、短距離型のサンデー系あるいは欧州系の血統に注目する必要があります。まずは、上がり33秒前半を長い直線で出せる馬をピックアップします。

・コントレイル

・ショコラブリアン

・ソウルトレイン

・リグージェ

上記4頭になります。この中でも1800m以上のレースで勝利実績があるのがショコラブリアンを除いた3頭。その中でも短距離型のサンデー系か欧州系を狙うとすると、ぴったりという馬はいないですが、リグージェは父ブラックタイドで昨年3着のヴァンドギャルドと同じであり、母系にはトニービンという欧州血統持ち。100点満点ではないものの前走の内容もよく狙える1頭であると考えます。

以上が東スポ杯2歳ステークスの考察になります。マイルCSも考察しておりますので是非!

【PR】うまとみらいと

「マイルCS勝ちたいんです!」
「どこか相性いい予想ないでしょうか?!」 
そんなお問い合わせがきたので しっかり検証開始。

そして見つけたのがコチラ↓
14~18年までで検証 1~3着まで計15頭入線のうち 12頭が推奨馬!
────────────────────

────────────────────
指数予想の推奨は指数上位6頭、指数値30以下が好走予感馬 。
過去5年見ると相性いいのかもしれません。 特に指数2位は過去3年連続2着! 先週のクロコスミアみたいなジンクスは気になるとこです。そして同時に直近今年の重賞戦績は・・
────────────────────
エリザベス女王杯       指数5→12→3位
福島記念           指数5→2→1位
アルゼンチン共和国杯     指数3→6→2位
みやこステークス       指数7→3→8位
京王杯二歳ステークス     指数2→1→6位
ファンタジーステークス    指数6→1→5位
天皇賞秋           指数1→6→3位
アルテミスステークス     指数1→3→5位
スワンステークス       指数2→1→6位
菊花賞            指数4→6→1位
富士ステークス        指数1→5→4位
府中牝馬ステークス      指数2→4→3位
サウジアラビアロイヤルカップ 指数1→1→3位
スプリンターズステークス   指数1→7→2位
────────────────────
エリ女クロコスミアは指数12位でしたが 秋重賞はかなりの好成績なんです。
そして先程確認したのはマイルCSは全頭指数順位無料開放との事!!
もちろんジャパンカップも無料開放との事。当日お昼にログイン内北条のブログをクリックしたら見れますので要チェックです! さらに最終見解5頭まで絞り込んでくれるのでこれも要チェックです。もちろん無料なのでマイルCS、ジャパンカップ~有馬、ホープフルまで見ておくべきです。
普通におすすめできるので是非指数上位馬は毎週チェックしてみてください(無料)

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!