【東京新聞杯2020】最終予想&異常投票パトロール

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は日曜重賞レースの東京新聞杯2020の最終予想を紹介したいと思います。

土曜日に重賞がないので日曜重賞予想を先出ししたいと思います。きさらぎ賞は明日発信予定です。土曜日の注目馬は基本的にさらっと紹介しますが、先週は余裕のプラス収支でしたし自分でも何となく気合入ってしまいますねー!土曜日も勝負レースに加えて、多数注目馬出走しておりますので、是非ご高覧頂ければと存じます。

それでは東京新聞杯2020の最終予想、異常投票パトロール、土曜勝負レースを紹介致します。

【PR】血統ウィナーズ

今週の重賞はきさらぎ賞&東京新聞杯!血統専門家予想で攻略しよう!
→東京新聞杯・きさらぎ賞週の情報を見に行く!
こちらからまずは無料情報でぜひ試してみてください!地方競馬も充実したコンテンツがあるので平日から楽しめますよ。

東京新聞杯 予想

東京新聞杯2020 最終予想

予想の前に、東京新聞杯2020の詳細傾向分析は絶対に知っておきたい3つのことで紹介しておりますので是非ご参考にして頂ければと存じます。

本日の予想はマクロ的に東京新聞杯の傾向を説明し、その傾向に合致するキャラを選定するプロセスまで紹介したいと思います。

近年の東京新聞杯は、古馬のマイル戦では非常に珍しいのですが、全体的に中間ラップが緩む後傾ラップであり、上がりも32秒台が多発する瞬発力勝負になります。このようなレースラップになりますが、気をつけないといけないのが、中間ラップが緩むからといってマイラーやスプリンターのようなタイプだけが活躍するレースでもないということです。東京競馬場は600mの直線であるので、馬が全力疾走できる2ハロン以上の距離で高いスピードを持続させなければならない、持続力も必要ですし、緩い流れを折り合うという意味では中距離適性が必要になります。

中距離実績が問われるレースになる理由は、一般的なマイル戦であると前傾ラップで最後の脚をどこまで残せるかのレースになりますが、東京新聞杯が中距離と同様に中間ラップが緩み、直線勝負にする流れになりがちだからです。

実際に、有馬記念を制覇したリスグラシューや東京の中距離オープンでぶいぶい言わしているダイワキャグニーの好走が目立つくらい中距離の上位レース実績馬の活躍が目立ちます。

今年の出走馬の中でも中距離実績があるのは下記になります。

・クルーガー

・サトノアーサー

・シャドウディーヴァ

・レイエンダ

・レッドヴェイロン

上記の中でも私の本命馬はレッドヴェイロンです。

◎レッドヴェイロン

東京競馬で溜めて、折り合って、直線弾ける競馬は日本の主流レースですので、キングカメハメハ産駒やディープ産駒が強いのはこれまでの東京G1の成績を見ていただければ違和感感じられないと思いますが、この東京新聞杯は、この主流血統に加えて、欧州系の末脚自慢のダンチヒやダンシングブレーヴ、グレイソヴリンにも注目が必要です。

レッドヴェイロンはご存じの通り、この東京新聞杯でも好走したレッドオルガ、クラレントの兄弟であり、さらにいえばトライアンフマーチとも同じダンシングブレーヴ持ちであり、父キングカメハメハということで好走血統に合致します。エリモピクシー一族は完成するのが早いのが特徴ですが、この馬についてはまだまだ完成途上であり、ここにきてやっと馬が出来てきたようです。

前走の不良馬場の中で開催されたキャピタルステークスで、凄まじく上りのかかるレースの中でも同じレースに出走馬のブレスジャーニーやサトノアーサーよりも先着していることからも全く力関係では見劣りしません。自身もNHKマイルカップで3着であり、東京マイルは2-1-1-0と東京マイル適性を血統通り証明してます。極め付けは、ここにきて名手ルメール騎手の抜擢は勝負気配満載。買わざるを得ない1頭でしょう。

昨年レッドオルガでも似たような理屈で宗教的に購入した記憶のせいでレッドヴェイロンを買ってるわけではないですよ!笑

◯シャドウディーヴァ

シャドウディーヴァの左回りは、昔からこのブログを読んで頂いてる方は買いだと思ってくれるでしょう!フローラステークスでぶち込みして、単勝は実らず複勝だけの的中でしたが、合計元返のノーリスク競馬を実践した馬です。やはり左回りですと膨らむようで勝利した前走もどこかズブい感じがしました。距離短縮ではありますが、元々ゆったりと走れる方がよく、中山で勝てるようになったということは器用さがついてることに加えて、広いコースですし、さらに競馬がしやすくなり、岩田騎手が得意とする内で溜めるイン突きも可能です。フローラステークスでの好走で中距離実績や東京での上がり上位実績は十分あります。血統的にもこのレースを制した同じ牝馬のリスグラシューとも同じ血統背景ですし、まだまだ成長するハーツ産駒です。岩田騎手も美浦まで出向いて調教をつけるようなお気に入りっぷりなので注目したい1頭ですね。

▲レイエンダ

昨年は最後方から追込み、上がり最速も物理的に届かず。その後は先行策を覚え重賞勝ちまで。兄のレイデオロは東京コースで無類の強さを発揮してましたが、この馬はまだまだ底を見せてないです。いいメンバー相手でも上がり最速を使えるだけの脚の速さはあるので、実力はあるものの前走でも露呈した気性の悪さを出してスタートもイマイチ、さらに大外を回されるも直線詰まり何もできずの競馬でした。今回は馬を前向きにさせるブリンカーを着用することで、スタートから好位に出そうという作戦が見えます。

ご存知の通り、牝系はディープインパクトと同じウインドインハーヘアの一族であり、父は中距離主流血統であるキングカメハメハ。中間ラップが緩み、瞬発力勝負になれば1発まであるでしょう。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
クリノガウディー 40万

その他の投票は随時更新致します。

東京新聞杯&土曜全レース外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな東京新聞杯における外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

異常投票パトロール

注目異常投票を紹介します!基本的には確実に個人断定できる深夜~早朝の高額投票や100万円を超える投票をピックアップします。

東京1R スイスライツ

6時11分に複勝58万円の投票発見。

東京3R サイモンルグラン

0時14分に単勝58万円の投票発見。深夜での高額投票になりますので間違いなく個人での投票です。

東京6R ウシュバテソーロ

7時32分に複勝48万円の投票を発見。こちらは人気サイドですが照男さんへの異常投票感動しました。

東京10R サトノラディウス

7時16分に複勝100万円発見。これはまさか里見さん!?その10分前に単勝20万円投票があることから双方ともに個人の投票かもしれませんね。

東京11R トーセンブレス

22時に複勝50万円の投票を発見。好きな馬なんですよこの馬。

京都1R スズカデレヤ

こちらも人気サイドの馬になりますが、朝6時に30万円、朝7時11分に複勝100万円、その20分後に複勝130万円とちょっとしたバブルが起きてます。私ならもうすぐ中京開催なので永井さんの馬にここまで勝負しません。

京都3R マックス

2時27分に複勝50万円。この時間に起きてて、複勝50万円購入できるかたってどのような仕事されているのでしょうか。

京都5R エアロロノア

深夜0時に単勝20万円の投票を発見。このレース拮抗しているので勇気ある決断ですね~

土曜勝負レースと注目馬

土曜日は重賞がないので、注目馬と勝負レースを紹介したいと思います。まずは、注目馬を数頭紹介致します!

土曜競馬 注目馬

東京6R ハーツシンフォニー

ハーツシンフォニーは前走中山2000mで前残りの展開を1頭だけ大外ぶん回しし、3着。今回はDコースの東京替わりで圧倒的に条件好転。

東京9R ビックインバイオ

前走は内前有利の中、差してきた内容はいかにも東京替りで変わってきそう。東京・新潟で崩れていないあたりここは盤石!?

京都10R デアリングタクト

前走の内容秀逸。一度5番手まで下がってから京都内回りコースでも12.2-11.7-11.3と加速ラップの中上り最速で勝ち切り。外差し馬場なので再度期待。

京都11R ハヤヤッコ

平坦コースになればさらにパフォーマンスを上げる血統です。人気でも。

小倉1R マーブルレディー

前走差し有利の展開の中、先行して残りました。阪神のメインコースを走っていた馬がローカルの未勝利で条件好転すれば買いでしょう。

土曜日 勝負レース”Best Buy”

今年のBEST BUY結果は下記のとおりです。コールドターキーは脚部不安でヤらずでしたが、まだまだ単勝回収値は100%を超えてます!

エアファンディタ 7.9倍1着

マイネルミュトス 7着

ダイワダグラス 9.5倍1着

タマモメイトウ 8.2倍1着

ペイシャキュウ 2着

ハトホル 9着

ナリタブレード 9.5倍1着

コールドターキー 15着

コールドターキーで完敗した私を助けてくれたBestBuy検討委員会はすごいです。ボロボロの私を救ってくれました。検討委員会メンバーの勝負レース京都12Rメイショウラビエで捲ることができました。これには深いわけがあります。

検討委員会の皆の勝負レース(下記)で、京都12Rで紹介頂いたのがメイショウラビエでした!私は勝負レースとメインレースで敗退したので、流れの悪さで皆のBestBuyを信じた結果、捲ることができましたw下記に皆のBestBuyを紹介しますが、単純にアウィルアウェイとメイショウラビエで単勝回収値は100円超えですし、皆様のレベルの高さに圧倒されました。この勝負レースの精度をさらに高めるように仕組みづくりをしていきたいと思います!

話を土曜日勝負レース”Best Buy”は、馬場・脚質・前走内容から非常に自信ありますが、オッズだけ心配です。地味な馬といえば地味な馬なので、できれば10倍くらいほしいところです。今の馬場にぴったりであり、前走は上がりだけでもレース上がり、上がり2位馬と比較しても2秒近く差を広げる化け物っぷり。今の馬場なら直線圧勝まであるでしょう。勝負レースの詳細見解を合わせたプレゼンについてはBEST BUY検討委員会で土曜日の8時~9時に紹介します!

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら

ここまで引っ張ってますが、この検討委員会では皆様が主役になります。

今月のBest Buy検討委員会ではみんなと一緒に競馬を楽しむ為に、2月は鍋は水炊き派、蟹派、すき焼き派と3チームに分かれて全員でBEST BUYを検討し、そして月次で単勝回収率1位のチームを決めます。単勝回収率1位のチームには、ギフトカードを含めた馬券バトルを翌月曜日の地方競馬最終レースを私が指定するので予想して頂きます。全員外れた場合は、次月にキャリーオーバーを予定してますので毎月楽しみながらBEST BUYを実践できる仕様になってます。また、全チームと中の人が選んだ馬が一致したBEST BUYはMUST BUYとして全員で狂喜乱舞する勝負レースになりますので、いつか夢を見てます。詳細については下記にてご確認よろしくお願い申し上げます。

Best Buy検討委員会 コンテンツ

Best Buy検討委員会はこんな人にオススメ!

   

Best Buy検討委員会は、2月1日から配信スタートしてます。Best Buyを一緒に作りたいという方は参加をお願いいたします!

BEST BUY 検討委員会への入会はこちら

東京新聞杯ときさらぎ賞の傾向については、下記ブログで紹介しておりますので、お時間ありましたら是非!