【東海ステークス】京都で開催される東海Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は東海ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

東海ステークスは、昨年インティが連勝で重賞制覇したレースであり、現地観戦していたことを思い出しました。私の馬券はチュウワウィザードの頭固定でしたが、それで外してしまったので人気サイドを嫌う恐ろしさを実感しましたw今年の東海ステークスは、中京ではなく京都開催。京都競馬場の改修工事による番組構成上の歪が愛知杯と同様に、中京開催にも影響を及ぼしています。京都で開催される東海ステークスについては、基本的に京都1800mを京都をホームにしている我々が必勝法を授けたいと思います。

そして、もう一つのAJCCについては、既にブログで紹介済みですので、合宿で圧勝したプレゼント企画も考えておりますので、是非下記ツイートをご参照くださいませ!

それでは東海ステークスを予想する前に絶対に知っておきたい3つのことをどうぞ!

東海ステークス2020 特別登録馬

インティ、エアアルマスが参戦し俄然ハイレベルレースになりました京都1800mの東海ステークスです。新旧勢力が激突することがよくあるこの東海ステークスは京都で開催される今年もやっぱり面白いメンバーになりました。同じ舞台で開催されたみやこステークスの1着・2着馬が出走することも展開を考える上では非常に面白いと思います。個人的にはエアアルマスの前走は論外なのでここでどのような走りを見せてくれるかをゼロベースで見てみようと思います。

馬名
アイファーイチオーシニスターミニスター
アナザートゥルースアイルハヴアナザー
アングライフェンステイゴールド
インティケイムホーム
$エアアルマスMajestic Warrior
キングズガードシニスターミニスター
クロスケキャプテントゥーレ
コスモカナディアンロージズインメイ
コマビショウエンパイアメーカー
スマハマネオユニヴァース
ヒストリーメイカーエンパイアメーカー
ヒロブレイブカジノドライヴ
ビルジキールキングヘイロー
マイネルクラースステイゴールド
メイショウウタゲプリサイスエンド
モズアトラクションジャングルポケット
ロードアルペジオキングカメハメハ
ヴェンジェンスカジノドライヴ

東海S2020 外厩情報

昨年のG1戦線はノーザンファーム一色。

有馬記念ではリスグラシューとサートゥルナーリアの1・2フィニッシュし、秋華賞から続くG1連勝を10とし、自身が持つ年間18勝の記録を上回る19勝目をマーク。ホープフルステークスでは勝ちこそノースヒルズのコントレイルに持って行かれましたが、2〜5着はノーザンファーム生産馬でした。このような桁違いの成績を誇るその理由の一つに外厩があることは間違いないでしょう。

ノーザンファーム生産馬はしがらきと天栄でリフレッシュすることも鍛えることもトレセン近場で実施できます。トレセン以上に勾配もある坂路で負荷をかけられているので仕上がりも早いですし、レースに使わずとも心肺能力を鍛えることができます。

そんな東海ステークスにおける外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

京都で開催される東海Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

今年の東海ステークスはインティが鬼の強さを発揮する中京1800ではなく京都1800です。もはや名称もみやこステークスにすればいいのではないでしょうか?と思ってしまいますね。

前傾ラップになり距離短縮と内枠が有利になるレース

さて、今年開催される京都ダート1800といえば、大まかに言えば下記のような特徴があります。

コーナー4つのダートコースでありながらも日本レコードが出るような時計が速いコース。時計が速いコースである為、逃げ・先行が比較的有利なコースであるものの、古馬の上級レースでは前半3ハロンが35秒台と非常に厳しいペースになり差し馬が台頭しがち。血統的には、カネヒキリ、ブラックタイドのような馬格の大きな馬の産駒やアグネスデジタル産駒、キングカメハメハ産駒が好成績。

京都のダートコースは砂が軽くスピードが求められるのですが、スピードが出やすいがあまりに古馬の上級戦では凄まじい前傾ラップになり前が潰れるという光景はよく見られますし、昨年のみやこステークスはまさにその言葉を具現化したようなレースでしたね。

過去の3年のクラス別レースラップを見て頂ければわかりやすいと思います。

上級戦になればなるほど先行馬の成績が悪くなってい事も注目ですね。

今回の東海ステークスも、京都1800mのレースを元にして分析が必要ですので、みやこステークスをモデルにして重賞級の京都ダート1800mの傾向分析することで、狙い目を絞りたいと思います。

京都重賞のダート1800mは、前半3ハロンが35秒になることもあり、非常に上がりのかかるレースになります。みやこステークスはどうなのかをまず過去のレースラップを見てみましょう。

上記の通り、ダート1800mですが、前半3ハロンは35秒台になることが過去9年で7回と大半が前傾ラップの上がりのかかるタフなレースであることがわかります。特に昨年のヴェンジェンスが勝利したレースは、34.9-37.6の流れを捲る馬が多数いる先行馬泣かせのレースで、先行して斤量が重く、外を回ったインティには酷なレースになりました。このようなレースになるので、距離短縮のローテーションがが非常に有効です。距離短縮馬でここ5年での好走馬は下記です。馬券になっているのは半分程度ですが、人気薄で激走していることは注目に値するでしょう。

2014年

2着 ランウェイワルツ 前走2100

3着 ナムラビクター 前走2000

2015年

1着ロワジャルダン前走2100

2着カゼノコ前走2100

3着ローマンレジェンド前走1900

2016

1着 アポロケンタッキー前走2100

2018年 開催なし

2019年

2着 キングズガード 前走2000

この通りで距離短縮ローテーションが非常に有効であることがわかりますし、このレースは前傾ラップ非常にタフなレースになります。その為、ダートでも内枠が非常に有利です。過去9年で6勝が内枠になります。外枠に関しては複勝回収値含めて絶望的な数値になっております。京都ダートは軽く、スピードが出やすいので持続力を求められるとやはり内で距離ロスがないことが重要なのでしょう。

京都ダートはスピードが求められるので◯◯を狙う!

ご存知の方も多数だと思われますが、京都のダートは非常に軽く、東京競馬場並みにスピードが求められます。これは上がりの時計を見て頂いて、1番重い中山ダートと比較すればわかりやすいですし、日本レコードがでるのもこの京都競馬場のダートコースになります。

印象とは異なると思いますが”京都ダートはスピードが求められる”このことを頭に入れたうえで、下記を考えてみましょう。

まず、一般的なダート路線の見方は、”ダートはスピードが求められないので古馬でも息の長い活躍ができる”というのが一般的でしょう。

【タレントの柳いろは様が予想配信!】

この一般的な見え方は、地方交流重賞での古馬の息の長い活躍がそうさせているのでしょう。実際に地方競馬の馬場は重く、タフなレースになるので、スピードを求められないことが多く、過去にもコパノリッキー、ヴァーミリアン、ホッコータルマエ、エスポワールシチー等往年の名馬が若い馬をフルボッコにする絵を我々競馬ファンは何度も見てきました。この地方交流のダートについては、スピードよりもパワーが重要になるので、古株の年をとった馬でもなんやかんやで対応できてしまうので中山や地方交流重賞では息の長い活躍を見せます。そのことが印象で、ダートに”年齢”は関係ないと思われがちです。芝のレースでは、若い時には瞬発力でバリバリの活躍をしていたような馬でも、年齢を重ねる都度、筋肉が固くなりスピードが若い時のように出ずにズブくなり、使えるレースが少なくなってくるというのはよく見る光景ですが、ダートについては地方交流重賞の存在でそのような見え方がボケてしまいます。

実際には、この京都ダートの馬場は、スピードが求められ、若い馬の活躍が顕著です。1800mのレースで前半3ハロン35秒台でるようなレースなので追走するにもスピードが必要というのは明らかですが、より顕著なデータを紹介します。

ダートレースの印象とは対称的に、若い馬の活躍が目立ちますよね。

過去3年のデータを抽出しても、6歳以上の成績は、5歳や4歳と比較しても半分以下の成績になっております。

ダートについては6歳や7歳でも地方交流重賞でバンバン活躍していることからも年齢は関係ないと思われている印象と異なり、実際にはスピードが求められるギャップがあることは知っておく必要があるといえるでしょう。実際に同じ舞台で開催されるみやこステークスでもその傾向は顕著です。

上記が過去9年間のみやこステークスの年齢別の実績になりますが、出走馬が32頭と少ないながらも4歳馬が6勝と非常に好成績であることがわかります。上記のデータが記す通り、”京都ダートは若い馬のスピードが重要”であることが分かったと思います。

また、東海ステークスは、番組構成の関係で、1月開催になっており、4歳や5歳といったダート路線では比較的若い馬が活躍することが多いです。

大きな要因としては、ダート路線は地方交流重賞でも長く活躍できるというメリットがあるので、基本的にはオープン級に数多くの有力馬が息を長くして活躍する為、若い馬が賞金を稼げるチャンスが出走除外等を考慮しても少ないことからも、2月にあるスピードを求められるフェブラリーステークスを狙いたい馬等は、東京大賞典やチャンピオンズカップを出走した賞金の高い馬が出ることの少ない、年明け早々にある東海ステークスに狙いを絞ることが多くなります。このローテーションですと若い馬も出走できるチャンスが高いので若い馬の成績が顕著です。

実際に、東海ステークスで過去5年6歳以上で馬券になったのは、グランドシチー、メイショウウタゲ、テイエムジンソク、モルトベーネの4頭だけであり、残りの11頭は5歳以下であることを考えると、賞金加算をする為、京都開催になったことで、例年よりもスピード適性を求められるこの舞台を狙う馬が多数出走してくることが予想できます。

米国系の血統に大注目!

京都ダートは、米国系の血統に大注目です!

注目はヴァイスリージェント、エーピーインディ、フォーティナイナーと米国系の持続力血統に好走実績が偏ります。

特にエーピーインディについては、京都1800mでは無条件に買えるお買い得種牡馬であるカジノドライブ(過去5年の3勝クラス以上のレースで単勝回収200円超え)とシニスターミニスター(単勝回収180円超え)を代表に非常に優秀です。

昨年のこの舞台で開催されたみやこステークスにおいてもヴェンジェンスとキングズガードの1.2フィニッシュでしたし、京都ダートといえば軽いダートに強いこのエーピーインディの血統は非常に相性がいいです。

また、母数が非常に多いのですが、ヴァイスリージェント持ちについては、ここ数年で日本ダートを席巻するような勢いですので、特筆して紹介しませんが、単勝回収値100円超えの素晴らしい成績ですね。具体的には、下記です。

2014年 インカンテーション

2015年 ローマンレジェンド

2016年 アポロケンタッキー

2017年 テイエムジンソク、ルールソヴァール、キングズガード

2019年 ヴェンジェンス、キングズガード、ウェスタールンド

このようにエーピーインディとヴァイスリージェントが非常に優秀なので、覚えておいても損はないのではないかなと考えております。最後に、京都で開催される東海ステークスの注目馬を紹介致します。

【PR】先週、先々週と無料予想で確変中!
メイン前の軍資金稼ぎに最適な無料買い目!

血統専門家予想のここの週末無料買い目がここ2週間で確変に入ってます!言葉で説明するよりも実際の的中配信画像をご覧いただいた方が分かりやすいと思うのでご紹介します!

◆1月18日(土)小倉2R◆

1着08カヴァス(3人気)
2着09タッシーアキヒート(4人気)
3着11メイショウオイワキ(7人気)
3連複109.9倍を15点で的中!

◆1月12日(日)◆

1着08ヒロイックテイル(10人気)
2着02スズカデレヤ(2人気)
3着15ハンメルフェスト(1人気)
3連複41.5倍をこちらも15点で的中!

15点なら例えば午前中の軍資金は5000円くらいで楽しみたいって方でも300円×15点で4500円なので先ほどご紹介のオッズ×3倍の配当を無料買い目ベタ買いで得ることができます。
今週の重賞『アメリカJCC』『東海S』ともに癖のあるコースなので血統的データの偏りも出そうなレースです。絶好調の無料買い目で午前に軍資金稼いでメインも両方ゲットしましょう!
→血統研究家のAJCC・東海S週の予想を見に行く
まずは無料メルマガ登録でぜひお試しください!ギャンブルは流れが良い時に乗っかるのが鉄則ですよ。

東海ステークス2020 事前予想

血統的な注目馬はあまりにも対象が多いので、まずは若い馬である4歳か5歳を中心に選別します。

・エアアルマス

・クロスケ

・コマビショウ

・スマハマ

・ビルジキール

上記5頭より血統的に注目できる馬を選別した結果、唯一注目血統であるエーピーインディを持つエアアルマスに注目したいと思います。

前走武蔵野ステークスは砂を被り論外。注目の距離短縮のローテーションではありませんが、太秦ステークスでは距離延長のローテーションでまるでエンジンの違うような勝ち方。このレースを評価したいのは馬場が不良とはいえ、35.4-37.9の流れで他の先行馬が垂れ、差し馬が台頭する中で、この馬だけは楽々の突き抜け方で最後は流して圧勝とまるで違いました。血統的にも母系は世界的な名牝系であり、この牝系からはダノンバラードもおり、スピードを求められる京都ダート1800mの馬場はぴったりです。さらに好走血統であるエーピーインディ持ちであり鬼に金棒。ちょっとくらい雨が降れば鉄板?と思えるような馬ですし、今年のダート戦線を引っ張ってもらいたいですね。

最後におまけで中京で開催された時の東海ステークスの傾向を紹介して締めたいと思います。

中京で開催される東海Sを予想をする前に絶対に知っておきたい3つのこと

内枠の先行馬を狙おう!

東海ステークスは、中京競馬で開催されるダート1800mのチャンピオンズカップと同じ舞台でのレースになります。

コースの特徴としては、コーナー4つであり、向正面が上り坂で、3〜4コーナーは全て下り坂で、最後の直線で高低差1.8mの急坂があります。東京競馬場の次に直線が長く、中山競馬場の次に坂の勾配がきついのがこのコースの特徴です。

このコースでは、向正面の上り坂で構え、3〜4コーナーでペースアップし、ゴール前の急坂でもスピードを持続させる必要があるので、上級クラスになればなるほど逃げは厳しくなりますが、3〜4コーナーが下り坂であることからも外に膨れると物理的に届かないようになる可能性もある為、内枠の先行馬が有利な傾向にあります。

冬の中京ダートは時計がかかる

また、もう一つ知っていただきたいのは、冬の中京競馬は、とにかく時計がかかります。

2016〜18年の第2回(3月)、3回(6月)開催のダート1800mは、古馬平均が1分52秒4に対して

2016〜18年の第1回(1月)、4回(12月)開催のダート1800mは、古馬平均が1分53秒7です。

1秒近く時計がかかっていることがわかります。

これは、冬の中京競馬は風が非常に強く、とにかく厳寒になることが理由であり、凍結防止剤はコストがかかることと馬場に粘り気が出てしまうことであまり使わないようにしているとのことです。その為、散水も凍結のリスクがある為、慎重に行うことが必要です。

このような時計のかかる冬の中京競馬で開催される東海ステークスのラップを見てみましょう。

重賞である為、時計としては速くなりますが、重賞のない古馬戦での平均時計が1分52秒であることを考えるとやはり時計がかかるレースと考えてもいいでしょう。レースとしては、向正面の上り坂があるにも関わらず、前傾ラップの上がりがかかるようなレースになることの方が多いので、逃げ馬が厳しく、先行馬や極端な位置ではない差し馬が有利な傾向は変わらないでしょう。

過去6年の勝ち馬の脚質も、逃げ1勝、先行3勝、差し2勝と過半数は前の馬の決着です。

米国系エーピーインディに注目

この時計のかかる持久力勝負になる場合は、血統的に狙い目は、米国血統です。

特に、フォーティナイナー、クラフティプロスペクター、アフリートの3つは毎年馬券内に入っておりますので、絶対に注目ですが、特にフォーティナイナーに注目しましょう。過去6年間で馬券内に入ったフォーティナイナーを持つ馬の成績は、下記です。

2013年 ナムラタイタン

2014年 マイネルバイカ

2017年 メイショウウタゲ

2018年 テイエムジンソク

このように6年間で4頭のフォーティナイナーの血統を持つ馬が馬券になっています。

以上です!AJCCは下記ブログで紹介済みですのでこちらもどうぞ!

【S級美人UMAJOがプライベートショットや予想を配信中】