【武蔵野ステークス2019】武蔵野Sを予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】外厩情報を無料でゲットするにはこちら

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は武蔵野ステークスです!このレースは芝から路線変更で出走してきて圧勝するシーンが強く印象にあるのですが、その理由はクロフネでしょう。このクロフネのレースは規格外のモンスター競馬です。力でねじ伏せるって感じのレースでこれほどまでにモンスターという言葉が似合う馬もいないのではないでしょうか。

レース見つけたので貼り付けておきます。3コーナーから捲るレースっぷりは何度見ても”やばい”の一言です。武豊が何度もターフビジョンと背後を見てるのは面白いですねw

そんな武蔵野ステークスにおいて、予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

武蔵野ステークス2019 特別登録

エアアルマスもグルーヴィットもサンライズノヴァもなぜJBCではなくこっちにきているのでしょう。さらにスワーヴアラミスも出走することになり武蔵野S史上でも有数な好メンバーではないでしょうか。非常に注目しております。

 

馬名
アードラー シニスターミニスター
アディラート ルーラーシップ
$エアアルマス Majestic Warrior
カフジテイク プリサイスエンド
グルーヴィット ロードカナロア
コスモカナディアン ロージズインメイ
サンライズノヴァ ゴールドアリュール
$スウィングビート Tapit
$ストロングバローズ Mineshaft
スワーヴアラミス ハーツクライ
タイムフライヤー ハーツクライ
ダノンフェイス キングカメハメハ
ダンツゴウユウ バンブーエール
デュープロセス Daiwa Major
$ドリームキラリ Giant’s Causeway
フェニックスマーク シニスターミニスター
*マジカルスペル Creative Cause
ミキノトランペット トランセンド
ワンダーリーデル スタチューオブリバティ

武蔵野S 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。クラシックは当然全馬外厩仕上げ、天皇賞・秋も当然のように天栄仕上げのアーモンドアイ、ジャパンCの仮登録はほとんどノーザンファーム生産馬でした。

【PR】サラブレ/Gallopを最も安く読むには楽天マガジン

そんな外厩仕上げの武蔵野S出走馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯やそれ以外の全レースの外厩情報がございますので是非登録いただければと思います。

武蔵野Sを予想する前に絶対に知っておきたいこと

前傾ラップの持続力勝負

武蔵野ステークスで開催される東京ダート1600mは下記の特徴があります。

・芝スタート

・外枠のほうが芝生が長く、スピードのでる芝を走れる距離が長い

・1ターンのマイル戦

芝スタートである為、スタートでスピードをつけて、コーナーに入る競馬が求められます。外枠のほうが30m程度芝の距離が長いことからも、外枠が有利とされております。さらに、最初のコーナーまで640mありますが、勢い付けたスピードそのままにコーナーへ突入する為、あまりペースが落ちないです。その為、クラスが上がれば上がるほど中間ラップが落ち着かなくなるので逃げ馬が不利になります。実際に過去10年のレースラップを見てみましょう。

過去10年間のラップを見ると、基本的には前傾ラップの上がりがかかるレースです。前傾ラップでなかったレースは、ここ10年で1回だけ。ほとんどの年で、前半3ハロンで一気にスピードを乗せて、スピードを持続させるというレースになっております。

コース形状からこのようなラップになるということを伝えましたが、このコースは芝が外の方が長いので、内枠の馬よりもスピードを持って外の馬が前にくるので外枠が有利になります。

実際に最内は過去10年でも0-2-1-16と非常に厳しい成績なので警戒した方がいいでしょう。

東京ダート実績ある馬に注目

東京ダートコースは他のコースと比較しても大箱で直線も長く異質な存在ですし、番組的にもダートマイルはこのコースだけということもあり、東京コースが非常に重要です。

この東京で好走実績を持つ馬が重要であり、逆に東京ダートで好走していないのに馬券になった馬はなんと80%にもなり、東京実績のない馬でしっかりと馬券になっているのはなんと3頭だけ。

この東京実績についてはしっかりと把握しておきましょう。

米国系の血統に注目

武蔵野ステークスは東京1600mでありますが、このコースの鬼ゴールドアリュールがほとんどこないです。フェブラリーステークス でもゴールドアリュール産駒が無双しておりますが、この武蔵野ステークスでは全くといってほど存在感をみせておりません。昨年のサンライズノヴァが勝利するまでこれまで一度も勝ったことがなかったです。過去10年でも馬券になったのが2回だけと1-1-0-9とフェブラリーステークスと比較しても全くの成績です。父サンデーサイレンス系のネオユニヴァースも馬券になったのは一度だけですし、父サンデー系が大苦戦するのがこのレースといえます。

一方で米国系の血統の好調さと言ったら中々すごいです。米国系といえば、ストームバード、フォーティナイナー、エーピーインディ等が代表的です。過去5年でもこんな感じです。

18年

クインズサターン 父パイロ

17年 

インカンテーション 父シニスターミニスター

アキトクレッセント 父ウォーエンブレム

16年

タガノトネール 父ケイムホーム

カフジテイク 父プリサイスエンド

15年

ノンコノユメ 父トワイニング

このように米国系の血統がぶいぶい言わせるTHEダートレースと言えるでしょう。

以上です!