【福島記念2020予想】予想前に絶対に知っておきたい傾向とBEST BUYな1頭

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、11月福島開催の大一番である福島記念2020の予想前に絶対に知っておきたい傾向とこの舞台で絶対に買いたい2頭を紹介したいと思います。

一頭については個人的には枠順次第でベストバイと言える勝負レースになりそうです。

福島記念といえば、福島競馬でも最も権威のあるレースと言っても過言ではありません。

福島開催での春の祭典が七夕賞。こちらは1着賞金4100万円。特別戦も七夕にちなんだお祭り感。

福島開催の総決算が福島記念。こちらも1着賞金4100万円の高額GⅢレース。

土曜日にある武蔵野ステークスとデイリー杯2歳ステークスが3800万円であることからもこの福島記念の偉大さがわかります。

この偉大なレースであることに加えて、福島競馬場。

我々K-BA LIFEも非常にゆかりのある土地です。

下記を見てください。

そう。

あの競馬の大根おろし様と福島競馬場でご一緒した思い出の土地です。

そら福島好きになりますわ!って感じの素敵な競馬場でした。

そういう意味でも福島記念は、非常に楽しみなレースでありますので、エリザベス女王杯よりも奮発してしまうかもしれませんねw

福島記念2020 外厩情報

近年の競馬は外厩なしには語れません。そんな外厩仕上げの武蔵野S出走馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますのでそちらで外厩情報が確認できますので、是非ご参照ください。また、エリザベス女王杯やそれ以外の全レースの外厩情報がございますので是非登録いただければと思います。

福島記念を予想する前に絶対に知っておきたい傾向

前傾ラップで脚を器用に使えるタイプに注目必須の福島記念

福島記念を予想する時には福島2000mのキャラを把握する必要がありますので、コースとラップの分析をします。

スタンド前のポケットからスタートである為、スタートから最初のコーナーまでの距離が長く、テンの3ハロンが速くなる傾向があり、過去10年間中7回が前傾ラップです。

大きなラップ面での特徴は、スタートから3ハロンが平均で35秒0と中距離にしてはかなり流れるレースであり、その後は小回りのコーナー4つのコースであることから中間ラップで緩みます。

中間ラップが緩んでからは、ラスト4ハロンの持続力勝負となりますので、上りがかかるレースとなっております。

このようなラップバランスだと4ハロンロングスパートで先行勢はしんどいのかなと思ってしまいますが、中間の緩みで先行馬が基本的に有利です。

加えて、福島競馬場の芝コースの注目はなんといってもスパイラルカーブかつ下り坂の4コーナーでしょう。

この下り坂のスパイラルカーブの影響でどうしても前が有利な展開になります。

データとしても先行馬が過去10年で7勝、逃げ馬が1勝と完全に前有利のコースです。開幕前半という助けがありますが、とにかく前への意識が強くなるレースでしょう。

スパイラルカーブの下り坂の後には、直線平坦なので前が有利であるという騎手心理が働き、前目の意識が強くなるのでしょうが、2000m戦でコーナー4つのコースなので、ある程度はペースが緩み、逃げ・先行有利になるのでしょう。

一方でスパイラルカーブを最速の脚で曲がれる馬の複勝率は72%。下り坂でのコーナリングがうまく前目でいい脚を使える馬を探すことが重要になるのですが、これは先ほどのデータと少し相反しております。

逃げ、先行馬が多数勝利しているのですが、上がり最速馬が馬券になる確率が7割ということは、前にいる馬は既にポジションの差とスパイラルカーブの下り坂で加速をつけて直線で勝負を決している状態ですが、上がり最速馬は残り600mから絶望的なポジションから最後ギリギリ3着まで持ってくるというパターンが多いです。

色々なこと言いましたが、前傾ラップである程度タフな流れになるといってもコースや馬場的には前が有利なんですね。

上がり最速馬の成績が過去10年でも2勝ですが3着内率は70%を超えるという非常になんとも言えない成績でありますが、4コーナー3番手以内の馬が8勝というレースの質であるからこそ、コーナーで器用に脚を使える先行馬や捲りができる馬に注目したいレースですね。

血統的にはグレイソヴリンとロベルトに注目

福島記念は前傾ラップの上がりがかかる中距離です。上がりのかかる中距離レースで非常に相性がいいのがロベルトとグレイソヴリンです。上がりがかかる持久力勝負であることからもグレイソヴリンの血統がよく来るレースでも知られております。また、近年はロベルトの血統もよく馬券内に突っ込んできております。この3つの好走血統がどの程度好走しているか見ていきましょう。

グレイソヴリン

2019年 ミッキースワロー

2018年 マイスタイル

2017年 ウインブライト

2016年 ダイワドレッサー

2014年 メイショウナルト

2013年 ダイワファルコン

2013年 ダイワファルコン、ダコール

2010年 トウショウシロッコ

2009年 サニーサンデー、トウショウシロッコ、

ロベルト

2019年 ステイフーリッシュ

2018年 エアアンセム

2016年 マルターズアポジー、ゼーヴィント、

2015年 ヤマカツエース、ミトラ

2014年 ミトラ

上記のように、グレイソヴリンとロベルト大正義といったところでしょうか。

加えて、ステイゴールド産駒についてはここ3年連続勝利していることも見逃せませんね!

福島記念2020 自信の注目馬

まずはこのレースは特別登録馬がかなりの数がいるので、血統的な注目馬を簡単に紹介して、その中でも注目に値する伏兵馬を紹介したいと思います。

一頭については完全に勝負レースコースになりますので、楽しみな一戦です。

血統的注目馬

福島記念は、グレイソヴリンとロベルトに偏っており、ステイゴールド産駒も3年連続勝利中と偏ってます。

・アドマイヤジャスタ

・スーパーブレイク

・ソロフレーズ

・デンコウアンジュ

・ドゥオーモ

・ナイママ

・ナムラドノヴァン

・バイオスパーク

・ブレイキングドーン

・マイネルハニー

・マイネルファンロン

・ロードクエスト

・ヴァンケドミンゴ

めちゃくちゃ多いですね。上記の中でも面白いなと思った穴馬が下記です。

ナイママ

前走ダートで、その前の2走は2600mと少し好走レンジとは異なるレースを走ってから適性条件の2000mに参戦したのは面白そう。実際に2000mでは、馬券になっている回数こそ少ないですが4着や5着といった僅差での競馬を続けておりますし、この夏には2000mの舞台でオープン入り。脚質も先行脚質であり福島記念で走れそうな馬ですよね。加えて血統的には福島記念で偏っているロベルトとグレイソヴリンを共に持つ福島記念ニックス。これは超大穴でも抑えておきたい一頭ですね。

バイオスパーク

脚を器用に使える先行馬が有利なレースであると説明した通りで、バイオスパークは面白い。

特に2走前の函館記念では、圧倒的な差し競馬の中でも、前目での競馬に徹して最後まで粘って3着。前走京都大賞典は9着とはいえ大接戦であり1着馬からは0.6秒差、4着以下はほとんど差のない競馬だったことを考えればグローリーヴェイズ、キセキ、ステイフーリッシュ、パフォーマプロミスといったG1でも好走する強敵相手に力を見せた形。

今回は、福島2000mで直線も短いコースであり、3-3-3-4と得意の2000m。前回の止まり方を見れば距離短縮は絶好でしょうし、ある程度時計のかかる福島の馬場もピッタリときてます。血統的にもここ数年好走馬を出し続けてるロベルトの母系に加えて、ここ3年でも3連勝中のステイゴールドの血。好走条件は揃ったと言ってもいいのではないでしょうか。

福島記念2020のBESTBUYホースはベスハメ完全版で紹介中!

福島記念2020では、どうしても買いたい一頭がいましたので、11月15日号のベスハメ完全版で携帯小説並みの文章量で紹介中です!

ベスハメ完全版はこちら!

このレースでの買い要素としては、前走の負け方、馬柱の汚れ方、この舞台での適性、相手関係、血統と全て文句なしですし、何よりもとある理由から勝負気配が物凄くします。個人的に1人気でもいいのではないかなと思ったらハンデも前走比では手ごろですし、某競馬サイトを見たら穴馬扱い。これは…お買い得と思ったのでBEST BUY級の評価とします。

先日はこのコンテンツでサンアップルトン8人気を本命としましたし、ここ最近の穴馬推奨としては、ファンタジーステークスではオパールムーン、秋華賞ではマジックキャッスル、菊花賞ではアリストテレス、JBC2歳優駿ではラッキードリームを推奨し、他にも府中牝馬ステークスのシャドウディーヴァ等の穴馬を本命にして馬券になることが多数で絶好調です!

このベスハメ完全版は、BEST BUY検討委員会以外でも見ることができますし、福島記念当日の日曜競馬におけるBEST BUYをはじめとした勝負レースに加えて、エリザベス女王杯の限定紹介馬も予定しておりますのでこの機会に是非!一緒に狂喜乱舞しましょう!

エリザベス女王杯2020 予想まとめ

 

K-BA LIFEで競馬を楽しむ!!

 
 
◆BEST BUYを読み放題!バイブレーション競馬
 
K-BA LIFEが実際に購入するレースを厳選して配信しておりますバイブレーション競馬を会員様は読み放題です!
1頭に対して1小説くらいの物語を綴っている自己満コンテンツで有名なBESTBUYや重賞の完全予想、他の勝負レースまで紹介しています。
 
 ①BESTBUY
  当日の勝負レースです!単勝回収率は3年連続100%超え!
 
 ②重賞完全予想
  対抗以下の印と見解を記載しております。
 
 ③BETTER BUY
  BESTBUYにはいかずとも勝負レースです。
 
 ④その他人気しすぎですが買いたい馬リスト(頭固定狙い)
 
 ⑤その他穴すぎて勧めるのは忍びない馬リスト(複勝狙い)
 

◆競馬仲間と競馬を学ぶ!分科会制度

分科会では、競馬予想を深める為に、下記活動を実施しております!下記分科会で常に競馬で勝つための情報交換をしており、競馬仲間と深く学びたいという方のニーズにもお答えしますし、私も積極的に配信しております!馬場、展開、個性、必勝法に加えて、現在キル・ルメールの会も新たに構築しました。

◆皆で狂喜乱舞!!BESTBUY杯

このオンラインサロンの主目的は、全員が信念をもって勝負レースを発信できるようになることです。それを実現するために上記の分科会のアウトプットの場として、BESTBUY杯を毎月開催しております。このBESTBUY杯では、毎月優勝者には豪華景品も準備しておりますし、誰かの勝負レースで誰かが馬券を当てて、狂喜乱舞する。そして、その勝負レースの根拠で勉強して、また競馬が上手になる。そんな仕組みとなっております。入っていただければこの魅力に虜になるはずですので是非!

上記の他にも、復習コンテンツや重賞限定記事、K-BA LIFEのメモ帳等、オンラインサロンならではの仕掛けを多数発信しておりますので是非興味ある方は、現在、3日間無料お試しキャンペーン中!!なので、ご参加頂ければ幸甚です。競馬予想のプロセスを学ぶにはいい環境だと自負しております!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!

ブログでも不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

この最終ベスハメもプロセスは、BESTBUYと同じですが、2021年2月11日時点での成績は下記の通りです!

14R配信し、5-3-3-3の成績であり、数値化すると下記の通り。

勝率36%、複勝率79%、単勝回収率200%

地味にいい予想できていると思いますし、どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!