【秋華賞2020予想】有力馬分析&秘密の穴馬候補【今のところ一択】

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日はデアリングタクト含む秋華賞の有力馬紹介を致します。

各馬を個別に分析し、買いか買いではないかを判断していきたいと思います!

何よりも秋華賞はデアリングタクトが一強ムード!

このデアリングタクトは正直、競馬ファンとしては応援したい!ただ、予想という意味ではドライに考えたいと思います。

デアリングタクトは、ノーザンファーム1強時代に現れた競馬界のニューヒロイン。ロードカナロアとフサイチパンドラの子でノーザンファームの英才教育を受けた超エリートのアーモンドアイとは全く異質の3冠馬になろうとしてます。

このデアリングタクトは鉄板なのか??について時間をかけて説明し、そして他の有力馬はデアリングタクトに勝てるのか??条件の違う京都内回りだからこそ逆転の目がある有力馬を紹介したいと思います。

現時点では、デアリングタクト以外で買いたい馬は!?と聞かれたら一択です。

これは真面目に予想したので・・・

秋華賞2020 外厩情報

昨年はクロノジェネシスがノーザンファーム天栄で馬が変わる育成で+20㎏の成長を見せて圧勝。

その前の年もアーモンドアイとノーザンファームの外厩仕上げ馬が非常に活躍馬多数。

今年も秋華賞では多数のノーザンファーム外厩馬がスタンバイしております。

秋華賞で外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。

競馬セブンを無料登録後にて無料コンテンツの社台軍団の秘話というコンテンツにアクセスしますと”社台外厩リターン”というコンテンツがありますので是非ご参照ください。

秋華賞2020 有力馬分析

デアリングタクト

個人的には何がなんでも勝ってほしい。三冠は特別。ノーザンファーム 1強時代に中小牧場が育てた奇跡が、日本競馬史で唯一の無敗の牝馬三冠馬として大きく輝いてほしいです。そういうのを無しに分析してみると下記です。

まずこの2冠の内容を落ち着いて分析してみましょう。

まずは桜花賞。馬場としては超高速馬場でありましたが雨の重馬場になったレースで、前半3ハロン34.9、5ハロン58.0という超ハイペースでしたが、結果を見れば前にいた馬が総じて上位にいたレース。そんな中で、デアリングタクトは後方から大外一気。レース上がり38.1に対して1.5秒速い36.6の末脚で快勝。展開は結果的に向いておらず、差し馬絶望の前有利な馬場で、大外一気を決めたこのデアリングタクトは馬場、展開と真逆の競馬で圧勝。一頭だけ桁違いの内容でした。

続くオークスは中間ラップにG1なのに13秒が入る非常にゆるい展開で、ラスト3ハロンの瞬発力勝負という桜花賞とも真逆のレース展開。前にいたウインマリリンとウインマイティーが止まらない中、直線に入り進路を何度も探すような不利もありながら、上がり34.0のレースでも上がり33.1という究極の末脚勝負を差し切ったのだから桁違いとしか言いようがありません。

この2戦は、全く流れも展開も違うレースの中でも、共に前有利な流れを異次元の末脚で差し切ったのだからこの馬の能力は桁違いです。

ただし、この2戦ともに秋華賞ではアーモンドアイしか克服できていない4コーナー10番手以下のポジション。デビュー戦含めて全て直線の切れ味で勝負してきたデアリングタクトにとって鬼門と言ってもいいでしょう。

阪神1600mは外回り、府中の直線は当然長いですし差し切りが間に合いましたが、京都内回りは直線だけではどうしようもありません。3コーナーからペースの上がる持続力勝負戦はいいのですが、位置が後ろだとブエナビスタでさえ届きません。

ブエナビスタととにかく被るのがこの二冠馬のレースぶり。新馬戦のように強気な競馬ができればいいですが、三冠のプレッシャーもありいつもの競馬に固執し、アーモンドアイ級の脚を見せてくれるのか、または脚質を変えるのか、非常にむずかしいですね。

また、気になるのは夏の放牧。

近代競馬では、夏に外厩でうまく調整して緊張感を解かないのが主流ですが、デアリングタクトは北海道に帰って完全に緩めてます。ここはアーモンドアイとは異なることかもしれませんが、あのディープインパクトでも在厩中心でしたが三冠達成後の放牧明けの有馬記念は負けましたからここがとにかく気になる。ただし、ここで勝ってこそノーザンファーム外厩時代に一石を投じた存在と言えますし、頑張ってほしいところ。能力は上記の通りで展開不利があっても圧勝することから5枚は上ですし、日曜は雨予報なので非常にこの馬にとってはプラスでしょう。

血統的には欧州系の血統と相性のいいレースでありシーザリオの持つサドラーズウェルズの血、タフな展開になった時のロベルトが備わっているので非常に合いそう。祖母はデアリングハートが府中牝馬ステークスをはじめとした非根幹距離に強いのもこの内回り適性を高めてくれるのではないでしょうか。

いずれにしても応援したいですね。

リアアメリア

BEST BUY検討委員会にて見解公開中!

ここまで好走条件と走らない条件がわかりやすい馬もいないと思うので、わかりやすく狙い目を書いております。

BEST BUY検討委員会の予想コンテンツ”旅の宿”で紹介中です!

マルターズディオサ

桜花賞まではクラシック取れるかもと思ってたのはマルターズディオサ。阪神JFやチューリップ賞で世代上位の力を見せつけてくれましたがそこからは馬体減によりイマイチ。

トライアル2勝してるあたりで察してる方もおられると思いますが、好走パターンは下記。

①緩んだペースで先行できるメンバー

②坂のあるコース

先行しての持続力に富んだタイプでありスローペースになるなら脚質含めてリアアメリアよりは買いたい。

紫苑ステークスは重賞になってからは好走馬多数ですし1発あるかもしれませんね。

ただし、注意が必要なのは、②です。やはり急坂でのパワーに秀でたタイプであることは、これまでの勝ち鞍が急坂コースであること、新馬戦での新潟平坦コースではウーマンズハートにぶっちぎられていることからも、平坦コースで瞬間的なスピードを求められると分が悪いかもしれませんね。

ウインマリリン

こちらもいかにも秋華賞感。

先行して持続力を発揮すると粘り強いタイプ。上がりのかかるレースでもスローでも粘れるところにスピードとスタミナを兼ね備えていることがよくわかります。

中山内回りも好走実績があり、東京専用機とは思わなくていいでしょう。2000mの実績も3勝と豊富。

血統的には少し秋華賞と離れてるので馬場の助けは必要そう。

一択の穴馬ホース!!

一択の穴馬ホースについてはBEST BUY検討委員会にて見解公開中!

穴馬ホースについては、秋華賞における好走条件が全て揃っているので最早一択。

良馬場ならデアリングタクトよりも買いたい一頭です。全ての好走条件が揃っているからこそ何が何でも晴れてほしい。

馬券的には単勝と3連単2.3着固定の馬券で爆発的な配当を狙います!

秋華賞2020 絶対に知っておきたい傾向

今回の記事の買いたい、買いたくないの基準は下記記事にて説明しております。