【菊花賞2019】最終予想&異常投票パトロール

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

菊花賞

それはK-BA LIFEにとって最も大切なレース。

初めて現地観戦した菊花賞はディープインパクトの菊花賞。ガキの自分を人混みの淀に連れってくれた親父に感謝してます。詳細はこちら

その後も競馬を愛し続けた高校生でしたが、菊花賞を見るためだけに京都の大学に進学し、京都で住んでおります。大学に入学してからは毎年菊花賞を現地観戦。その中でもオルフェーヴルの菊花賞は人生2回目の3冠達成の瞬間で格別でした。オルフェーヴルが勝利した時はまた3冠達成を見れたと感極まってしまいましたよね。菊花賞だけが3冠達成の瞬間を見れる特別なレースですし、このレースのおかげで今も競馬を楽しんでおります。

そして3冠だけではないのが菊花賞の魅力。

”最も強い馬が勝つ”

この格言の通り、菊花賞は格別に強い馬が好走しております。

オルフェーヴル以降も毎年現地で見ていますが、その後、ゴールドシップ、エピファネイア、トーホウジャッカル、キタサンブラック、サトノダイヤモンド、キセキ、フィエールマンと菊花賞後もしっかりと古馬相手に活躍している馬が多数です。

この菊花賞こそが日本一、いや世界一のレースであることは誰もが皆共感することでしょう。3000mの必要性?スローペースのクソレース?いや、競馬を勉強しましょう。菊花賞で勝つにはスローペースでも勝てるスピード、3000mを走り抜けるスタミナ両方持つ必要があります。だからこそ最も強い馬が勝つレース。

しかし、競馬はギャンブル。もっとも強い馬が勝つレースといえども、穴馬を狙える予想の方が価値があります。

ここ数年でも、ユーキャンスマイル、ポポカテペトル、クリンチャー、レインボーライン、ゴールドアクターと人気薄でもしっかりと馬券になる馬が多数います。この人気薄でも馬券になる馬を選び抜く予想力を求められるのが菊花賞。

この穴馬を見つける為には、非根幹距離である3000mの淀というコース熟知、スピードとスタミナを読み解く血統への理解が当然必要ですが、全てが馬場によって変わるので、馬場への理解も必要になります。

さらに、全馬が3000mを初めて走るという状態で上記を理論づけて、”強いから”という理由ではない理由で分析し、的中することが求められるのが菊花賞です。だから難しいし、面白い。だから私にとっては世界一のレース”菊花賞”になります。

そんな菊花賞を1年に1回予想できる幸せを噛み締めつつ、最終予想を紹介したいと思います。

菊花賞2019 最終予想

菊花賞についての分析については下記ブログにて詳細を記載しておりますので是非ご高覧ください。

菊花賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

重馬場の菊花賞を予想する前に絶対に知っておきたいこと

菊花賞2019の予想に使える全頭分析

菊花賞予想の前に馬場の分析

今年の菊花賞について予想する前に今の京都の馬場を考えたいと思います。

先週の京都の馬場は台風で不良馬場で開催されるという非常に時計がかかる馬場でした。秋華賞でも時計は2分をギリギリ切るような時計かつ上がりは36秒4。1着のクロノジェネシスも36秒1でした。月曜日開催もありましたが、馬場はやや重状態でメインレースで同じ2000mの大原Sがありましたのでそちらを分析してみます。

時計は2分1秒4と時計がかかっておりますが、上がり35秒8で1着馬は34秒5とそれなりに回復しているように思います。そして今週土曜日の馬場。これが難解ですね。重馬場ですが、下記のような時計です。

京都3R

2歳未勝利の1800m戦で水準並みの時計で、36.3-35.9の流れ。完全に前残り。

京都5R

2歳新馬戦の京都内回り1600m。35.0-38.1の超前傾ラップで上がりのかかるレース。1着馬が36秒9の上がりでした。

京都8R

3歳1勝クラスの京都外回り1600m。34.9-35.1の淀みないタフなレースで京都5Rよりも3秒時計が速いレース。馬場は重からやや重に回復。

馬場としては徐々に回復しており、日曜日も快晴の菊花賞日和になるので、良馬場で開催できそうですが、ポイントは”上がりがかかる馬場”になるということでしょう。ここ2週間の雨と連続開催による芝のダメージでいくら良馬場開催でもAコースの内側は痛みが進行して既にタフな馬場に変貌しているでしょう。全体的に開催してから上がりがかかっているレースが多いことからも回復したとしても上がりがかかるタフな馬場というレース想定にしたいと思います。

菊花賞2019 予想

それでは今年の菊花賞は上がりがかかるが良馬場という前提で、ポイントとしたいのは下記です。

・スピードはあるもののスタミナの要素が目立つ欧州系の血統

・距離実績(2200以上の3歳戦では長い距離)

この2つを重視したいと思います。枠は内枠がいいので外すぎる馬は少し嫌ってみようと思います。

◎ヒーリングマインド(出走しません

なので、少し予想を考えなければならないです。古馬混合戦やスタミナ血統を重視しすぎるとスピードを求められる展開になると非常に苦しくなります。

今年の菊花賞の本命馬は、下記で勝負したいと思います。

◉レッドジェニアル

神戸新聞杯は直線追い風とはいえ究極の瞬発力勝負で敗退したのがよかったです。逆に上がりのかかるレースになればこの馬の先行力や京都実績を見れば勝負になります。距離実績も京都新聞杯の覇者で心配はなく、阪神2400mで4着2回w

菊花賞は4コーナー5番手以内での競馬が必要になるコースです。この馬の未勝利戦、アザレア賞、神戸新聞杯が先行した競馬でした。持ち味は速い脚ではなくダラダラと伸び続けるロングスパートであり、32秒台の末脚は出せませんが、上がりのかかるコースでは非常に好感がもてます。京都新聞杯は京都外回りの教科書のようなレースで一貫して12秒前後のラップからラスト4ハロンで11秒台になる持続力勝負。このレースを外枠で差し切ったのはよほどコース適性が高いからでしょう。前走の神戸新聞杯のように直線追い風が吹いたとはいえ、瞬発力勝負では部が悪いので菊花賞への変更は大幅プラスでしょう。先行もできますし自在性のある脚質はどこかダンビュライトを思い出します。

さらに、菊花賞の開催される京都3000mは上がりがかかるレースになると万葉ステークスのようにキングマンボがくることが往々にしてあります。

レッドジェニアルは、キングカメハメハと母父菊花賞馬マンハッタンカフェ。兄弟にはダートの長いところど好走を続けるノワールギャルソン。キングカメハメハは敬遠されがちですが、血統次第で菊花賞を好走できることはユーキャンスマイル、キセキ、エアスピネルの活躍を見れば、切ることができないです。レッドジェニアルに関しては、キングマンボのスピードに加えて、母系からはマンハッタンカフェの非根幹距離適性、セカンドチャンスはサンインロウ系のシーホーク持ち。

シーホークといえば、天皇賞春を制したモンテファストとモンテプリンスを輩出した古き良きステイヤー血統。

さらにスキャンの持つニジンスキーは持続力を発揮するタイプです。

この血統の背景からもキングカメハメハが母系の良さをしっかりと引き出しているのなら菊花賞適性は抜群でしょう。

○ザダル

セントライト記念でのレースぶりが非常によかったです。今年のトライアルで最も菊花賞よりのレースとなったと考えるのはセントライト記念です。セントライト記念はレースラップを見ると面白くて、スタートしてから一貫してペースが緩んでいないんですよね。ずっと12秒0から11秒9が続くペースでした。ナイママやアトミックフォースが最後の最後まで、リオンリオンを閉じ込めてましたし、中々見応えのあるスタミナレースでした。そして上位にきた馬全馬が内ラチ沿いを通った馬であることも考えるとスタミナが求められたレースだったと考えます。そのようなレースで後方から伸びたのは非常にいい内容だったと考えます。皐月賞とセントライト記念以外は先行しておりますし自在性は高いでしょう。

血統は、父トーセンラーに、母系はキングマンボ。ぱっと見は、マイラー?って思うかもしれませんが全然そんなことありません。

トーセンラーは自信がマイルチャンピオンシップ勝利するのでマイラーと思いますが、4ハロンの持続力勝負に異常に強いだけで距離不問のタイプ。実際菊花賞はオルフェーヴルの3着、天皇賞・春はフェノーメノの2着と京都外回りの天才です。また血統的にもサドラーズウェルズ持ちであり菊花賞適性ありでしょう。距離実績もあり、最内でうまくレースをしてくれれば。

▲ディバインフォース

大穴ですが、枠と夏のレースを評価します。タフな馬場ですと台頭できるスタミナ系の血統と枠が魅力です。父は凱旋門賞馬ですからね。

△サトノルークス

ザダルと枠が逆であれば本命でした。血統的にはいかにも京都外回りでしょう。

注ヴェロックス、ヒシゲッコウ、ニシノデイジー、ユニコーンライオン、メイショウテンゲンあたりは全頭分析をご参照。

切 馬場は上がりがかかるコースといった空にはワールドプレミアやカリボールは切ります。

菊花賞 外厩分析

昨年はフィエールマンが天栄からの直行で圧勝。先週の秋華賞もクロノジェネシスがノーザンファームからの直行でプラス20kgで圧勝。もはや直行や叩きという言葉さえ古い言葉に聞こえる外厩情報。菊花賞ももはや外厩帰りを無視することはできません。

今年の菊花賞では2頭が天栄仕上げでスタンバッテます。

菊花賞での外厩仕上げ馬を調べたい場合は、無料で競馬セブンにて配信されております。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので是非ご参照ください。

異常投票パトロール

G1なので20万円以上を対象とします!ヒシゲッコウ、ヴェロックスへの投票が凄まじいですね〜!

馬名単勝複勝
ザダル 

27万,20万

86万

ニシノデイジー50万  
ワールドプレミア

20万,100万

25万

24万,30万
ヒシゲッコウ100万50万 
ヴェロックス

80万,28万

67万,80万

100万,95万

89万

20万,20万

24万,60万

50万,28万

27万,39万

30万,95万

76万,27万

ホウオウサーベル 30万

Best Buy以外の気になるレース

これまで応援してきた数々の馬がいますが特筆して気になるのは下記2レース。それ以外はBest Buyと菊花賞に集中します。

東京10R

未完の大器感がすごいシュヴァルツリーゼを推奨します。新馬戦でも圧倒的なレースをしたこの舞台でどこまで成長しているかを確認するレースです。

ブラジルカップ

フェニックスマークは前走やらずで得意舞台のここは変わってくれると信じたいですね。

異常投票パトロール

新潟

R単勝複勝
1

3 10万 
428万30万,10万
2
   
3
   
4
   
5   
6
   
7
   
8
   
9
   
10   
11   
12   

東京

R単勝複勝
1
7 10万,10万 
2
410万

40万,50万

30万,80万

3
14 10万 
4
1510万10万 
5   
6
   
7
   
8
   
9
   
10   
11   
12   

京都

R単勝複勝
1
   
2
5 10万 
3
 16万,16万 
4
   
5   
6
   
7
   
8
719万  
9
   
10   
11   
12   

最終勝負レースコンテンツ”FINAL BEST BUY”