【金鯱賞2020】最終予想&異常投票パトロール【フィリーズレビュー2020】

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、話題の金鯱賞とフィリーズレビューの最終予想を紹介致します。

特に金鯱賞については、サートゥルナーリアが最終追切でダートスプリント馬ですか?!という時計をたたき出してますし、この馬に敵う馬はいるのか!?というムードですが、ダービーでもそんな空気の中で大外ブン回して出し抜けされるという状態でもありましたし、天皇賞秋でも敗退した左回りに加えて、雨天の可能性もあり果たしてこのダントツ人気は従っていいのか!?というところですが、一番の敵は自分と言われる通り、この馬は競走能力は過去の名馬にも引けを取らないポテンシャルを持ちますが、そのポテンシャルを発揮するメンタル面に課題があり、ダービーや天皇賞秋でも暴発気味でした。いらないところでエネルギーを消費しないようになればどのような馬相手でも勝てるはずですし、世界でもトップホースになれる器なので、ここで進化した姿を見たいですね。しかしながら、馬券はシビアに、期待値を考えないといけないので攻めの予想をしたいと思います。

金鯱賞2020+日曜競馬 外厩情報

今週開催される金鯱賞他全レースの外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

金鯱賞2020 予想

金鯱賞 最終予想

まずは金鯱賞。近年はダノンプレミアム、リスグラシュー、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャードが出走し、レースレベルが非常に上がっている金鯱賞ですが、今年はサートゥルナーリアが出走し盛り上がりを見せてますね。サートゥルナーリアが中京に来るのに無観客は無念の一言。しかしながら競馬は開催されるので、しっかりと予想したいと思います。

金鯱賞を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことで詳細な傾向分析は実施済みですので是非ご高覧ください。

簡単におさらいしますが、金鯱賞が開催される中京2000mは、直線急坂からスタートされるコースであり、最初の1000mはバックストレッチまで上り坂が続き、その後直線まで緩い下り坂で2度目の急坂を駆け抜ける必要のある非常に起伏の多いコースであり、ラップとしては、前半3ハロンと後半3ハロンでクラスによっては2秒近くも後傾ラップのレースです。注意したいのは、重馬場になった時です。重馬場になると外差しが全く決まらずに、内枠の先行馬が普通に残ってしまうレースになるのがこの中京開催の傾向であり、路盤改修後から極端にその傾向が増えているので注意が必要です。このようなラップ構成になっており、求められる適性は長くいい脚が使えるタフな持続力だということがわかります。

脚質的には、後傾ラップであり後方からの差し馬有利と思われますが、前半が緩みに緩み、そこから徐々にペースアップするようなレースになるので、過去金鯱賞が2000mで開催された8年中6勝が先行馬という前目のポジションが有利なレースでもあります。サトノダイヤモンドがサトノノブレスを差せなかったことは記憶に新しいと思います。今開催では、変則日程になっておりますがBコース代わりですし、いくら中京コースとはいえ、絶望的な最後方一気は難しいです。そういう意味でも前走先行馬は、前目でスローの中脚を貯めて、ラスト1000mの持久力勝負に持ち込めれば後ろの馬の脚を奪うことも可能であり、前にいることが有利に働くラップと言ってもいいでしょう。

血統的にはトニービン一択です。トニービン持ちが過去毎年のように馬券になっており、さらには穴も開けております。

狙いどころとしては、トニービン持ちで持続力勝負に強い先行馬が狙い目でしょう。

上記を考慮すると、サートゥルナーリア以外の馬に注目してしまいます。誰もが皆◎サートゥルナーリアというでしょうが、事実として負けが続いている左回り、初となるかもしれない重馬場等懸念点はあります。一方で無類の強さを誇る休み明け、鬼の調教、無観客、顔つきが変わった等色んな煽りもありますが、これはギャンブルが成立するのかみたいなレベルで人気が偏りそう。

そんな中で、数%でも可能性があるなら破竹の5連勝中、父ジャスタウェイ、母父ジャングルポケットのトニービンクロスを持つ、ロードマイウェイを本命としたいと思います。

◎ロードマイウェイ

ロードマイウェイは、破竹の5連勝中。1勝クラスからリステッド競走勝利までの4連勝はマイル~1800mのコースで先行し、上りも速いという中々センスのいい競馬で勝利してきました。ラップとしても東京で35.7-33.9、新潟で35.7-33.7という瞬発力勝負でも適応し、重馬場の2勝クラスでは36.1-35.2のタフなレースもクリアし、リステッド競走は34.3-35.3の流れを先行し押し切り。そして前走チャレンジカップは、2000mの距離延長ローテーションにチャレンジ。これまでのレースとは打って変わってスタートが悪く後方待機策。それでも後半5ハロン57秒9の流れを、上り最速で勝利。このレースラップは、まさしく金鯱賞で求められるロングスパートの中でもしまいを活かせる競馬でした。

さらに、金鯱賞は前有利ですが、ロードマイウェイは元来先行して競馬するタイプなのでスタートすれば全く問題なし。

中京開催が重馬場で開催されるとなると、2勝クラスでは、先行馬が総崩れの流れの中で、逃げて上り2位、0秒6差で圧勝したレース内容が光ります。重馬場でしたが、3歳6月で古馬の2勝クラスを相手に前半36秒1とはいえ、他の先行馬が青葉賞でも馬券になったスーパーフェザー以外が吹き飛んだ中でも逃げて11.6-11.4-12.2の上り35秒2のラップで逃げ切りは秀逸。

サートゥルナーリアの瞬発力は歴代の名馬と比較しても全く謙遜がないレベルであることは事実。但し、重馬場でその瞬発力が削がれて、出し抜けがあるとすればこの馬しかいないでしょう。相手の土俵に立たずに自分の力を発揮する競馬に持ち込んで欲しいですね。

〇サートゥルナーリア

誰がどう見ても強いですよね。有馬記念で本命を打ちましたが、ここでは期待値を込めて対抗まで。

有馬記念は加速ラップの中で、勝ちに行く競馬をして2着。一番展開的にも厳しい競馬をしているのはこの馬でしたし、追い出してから先頭集団にとりつくまでの瞬発力はさすがです。今年はこの馬中心に日本競馬が回るでしょうから、楽しみですね。

▲サトノガーネット

Twitterでも少しだけお話しましたが、中京2000mの走破時計2分以内で、2桁番手から上り33秒台で馬券になった馬は、過去4頭だけいます。ゼウスバローズ、キセキ、アイスストーム、そしてサトノガーネットです。勝ち馬については、キセキとサトノガーネットのみであり、この中日新聞杯での差し切りの競馬のインパクトは実はものすごい時計だということがわかります。キセキ級のポテンシャルを持つサトノガーネットの末脚が、今の中京の外差し馬場で好転するかもしれませんね!?

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
サートゥルナーリア

20万,10万

10万,20万

50万,40万

50万,30万

50万,80万

10万,20万

50万,40万

60万,50万

200万,300万

150万

ロードマイウェイ

10万

20万,10万

10万

 

【PR】ユニコーン

今週は重賞の金鯱賞を無料予想にセレクト!
無料予想・メインRのプラン情報どちらも充実!

2月29日(土)の無料予想中京メイン
【中京スポニチ賞】3連複的中!
━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━
3連複45.2倍×500円→22600円獲得!
さらにキャンペーン情報の3月的中成績がこちら▼

まだ2週目ですがコンスタントに高額的中を続けていますね!金鯱賞過去3年間の3連単平均配当は7万5830円!比較的荒れやすいレースと言えるのでサートゥルナーリア以外の穴馬でどんな馬を推奨してくるか注目したいと思います。

金鯱賞の予想を見に行く!
こちらから週末チェックできます!無料なのでぜひお試しください!

フィリーズレビュー2020 予想

フィリーズR2020 最終予想

フィリーズレビューの詳細な傾向分析は、絶対に知っておきたい3つのことで紹介しておりますので是非ご高覧下さい。

フィリーズレビューは、阪神1400mで開催されるレースであり、内回りでスタートしてから直線までが下り坂で、直線には急坂があるコースなので、どうやっても前傾ラップになります。さらに、この時期の牝馬限定戦は、1200m〜1400mの番組が多いのも加担して、そういう短距離ローテーション馬が多数出走することからも、前半が速くなるレースであり、過去10年で、9回前傾ラップのレースになります。さらに前半3ハロンは33秒台が出ることもあるので、1400m戦にしては非常に流れるレースであることがわかります。(クラスによっては1200m戦よりも前半3ハロンが平均的にも速いレースです。)このようなレースであることからも、フィリーズレビューでは前走マイルの距離短縮組でなおかつ上り最速を記録した馬を狙い撃ちするのがセオリーとなります。

◎ヤマカツマーメイド

ヤマカツマーメイドは前走阪神JFで5着馬。阪神JFが開催された12月開催は、とにかく前が残る高速競馬であり、あの名馬アグネスタキオンの阪神2000mレコードが未勝利馬に塗り替えられるほどの馬場でしたから前に行った馬でなければ話になりませんでした。後方から競馬したダントツ人気のリアアメリアも吹き飛びましたし、ヤマカツマーメイドとクラヴァシュドールの2頭だけが差しで掲示板になったのは実力ありますね。ファンタジーステークスでは、京都1400mで33.7-35.1と先行壊滅の流れでもレシステンシアとヤマカツマーメイドだけが先行して掲示板になりました。今の阪神は前目が有利な馬場であることは間違いありませんのでヤマカツマーメイドのような好位差しができる馬にとっては非常に競馬がしやすいはずですし、本命としたいと思います。

〇アヌラーダプラ

距離短縮のローテーションで末脚自慢のタイプ。前走はフェアリーステークスで全くよどみのない展開を外を回り最後には脚があがっているようでした。距離短縮でこそ。手慣れた三浦騎手に戻ってきましたし、結果論ではありますが、1・2着馬の次走を見てもアヌラーダプラにとって展開が恵まれていなかったように思います。内回りでコーナーでどこまでおかれずに追走できるかが全てでしょう。阪神なので惰性はある程度つくとは思うので心配はしていないですが、注目の1頭であることは変わらないですね。

▲エーポス

前走は上りのかかる外差しの京都の馬場で、デアリングタクトが重賞級の末脚で加速ラップを差し切るような競馬の中、唯一先行2番手で競馬して崩れなかったのがこのエーポス。上りのかかる展開はこのレースでもしっかりと適性を見せてくれてますし、距離短縮もプラスでしょう。

異常投票パトロール

馬名単勝複勝
カリオストロ30万70万
エーポス 10万
ヤマカツマーメイド 

20万,20万

10万

アヌラーダプラ10万 
マテンロウディーバ 20万

勝負レースコンテンツ”BEST BUY検討委員会”

今週のBEST BUYは芝の差し馬を予定しております。開幕前半だからと中途半端に逃げ馬を狙うことで連敗中なので、自分の得意分野で勝負し続けたいと思います。今の成績をまとめると下記のような感じです。

【BEST BUY2020実績】

1月5日 エアファンディタ 1着 790円
1月18日 ダイワダグラス 1着 950円
1月19日 タマモメイトウ 1着 920円
1月25日 ペイシャキュウ 2着 
2月1日 ナリタブレード 1着 950円
2月8日 ムジカ 2着
2月16日 ダイメイボーイ 2着
2月22日 コンパウンダー 1着 560円
2月29日 カレンブラッキーナ 2着

BEST BUY検討委員会では、BEST BUYの提供以外にもチーム分けし、BEST BUYのアウトプットでありますし、開催週では色々な議論を色んなスレッドで実施しておりますし、競馬仲間を見つけたいという方にオススメです!BEST BUYでチーム対抗で1位のチームは、BEST BUY杯に出走して頂き、馬券バトルして頂き、ギフトカード1万円を賭けて勝負して頂きます!もし1位の方がいなければキャリーオーバーですので、長く楽しめると思います!

BEST BUY検討委員会の入会はこちら

まだまだサプライズ企画も準備しておりますし是非ご参加ください!

異常投票パトロール

阪神3R ジロー

どう考えても勝ち抜け確定のレースぶりをしたジローに単勝50万、複勝100万の異常投票を発見!一方でそれにまけない投票が2人気のカノアに複勝60万円が投票。これはまた悩ませてくれますね。