【関屋記念2020】関屋記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つの傾向と有力馬分析

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は、関屋記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つの傾向と有力馬の分析を紹介致します。

このブログでは、まずは関屋記念の再現性あるデータをピックアップして分析し、その後に今年の関屋記念出走馬がそのデータに該当するのかを個別のキャラ分析を通じて分析したいと思います。

今週から新潟・札幌に加えて小倉の3場開催ですので、予想量も増えて大変ですが、今週は連休なのでゆっくりとできていいリフレッシュになりましたし、丁寧に仕上げていきたいと思います。

まずは、関屋記念の特別登録馬をみてみましょう。

関屋記念2020 特別登録馬

関屋記念2020の特別登録馬ですが、某競馬サイトによると人気は、一昨年前の覇者プリモシーン、クリノガウディ―、サトノアーサー、グルーヴィット、アンドラステの順番のようですね。

おそらくサトノアーサーがそこまで人気するとは思えないので、プリモシーン、クリノガウディ―、グルーヴィットの3頭を詳細分析したいと思います。

馬名
アストラエンブレムダイワメジャー
アンドラステオルフェーヴル
エントシャイデンディープインパクト
クリノガウディースクリーンヒーロー
グルーヴィットロードカナロア
サトノアーサーディープインパクト
$ジャンダルムKitten’s Joy
トロワゼトワルロードカナロア
ドーヴァーアドマイヤムーン
ハーレムラインマンハッタンカフェ
ブラックムーンアドマイヤムーン
プリモシーンディープインパクト
プロディガルサンディープインパクト
ペプチドバンブーロードカナロア
ミッキーブリランテディープブリランテ
*ミラアイトーンLonhro
メイケイダイハードハードスパン
メイショウグロッケメイショウサムソン

関屋記念を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

関屋記念は印象以上に先行有利な持続力勝負の舞台

関屋記念は、新潟1600m外回りコースで開催されるレースですので、1ターンかつ直線が非常に長いレースになります。

まずは、関屋記念がどのような質のレースなのかを分析したいと思います。

過去10年のラップを分析した結果を一言でいえば、後傾ラップの末脚重視のレースです。

このコースは1ターンのマイル戦であり、外回り。隊列は基本的に縦長になることが非常に多いレースあり、過去10年のラップを見ると、近年はマルターズアポジーの影響か、ペースが速くなっているとはいえ、6回が後傾ラップであり、中間ラップと上がり3ハロンを比較した場合は過去10年でも7回が上がり3ハロンが速くなっております。

また、上り3ハロンが31秒台の馬も出るくらいのコースでありますので、究極の瞬発力勝負になると思われる方が多数いると思われます。

しかしながら、上り3ハロンの究極の末脚重視かといえば、そうではありません。

関屋記念のラップを見てみましょう。

上表の通り、基本的にはラスト4ハロンから加速するのですがラスト1ハロンは上りがかかっているんです。

新潟外回りレースは重賞級レースになればなるほど、”持続力”を求められるレースになりますし、上り3ハロンだけの馬は厳しいです。

実際に上り3ハロン1位馬の過去10年の成績を見てみましょう。

ここ10年でも上り最速馬は2着はあっても勝ち馬は0頭です。

新潟外回りの1600mコースは、直線が長いことからも後方勢は控えつつ、マイルが得意な馬は先行して持続力勝負にもっていくので、構える馬と攻める馬が極端になり、縦長のレースになることが多いです。

そのような流れの中で、4ハロンのロングスパート勝負になるようなレースになると直線の切れだけでは逆転することが極めて困難であり、瞬発力で勝てるほど甘いレースではなく、先行馬が有利になっております。

過去10年で5番手以内で、馬券になった馬は下記です。ミエノサクシード、ソーグリッタリング、エイシンティンクル、 マルターズアポジー、 ウインガニオン 、ダノンリバティ 、 レッドアリオン、ヤングマンパワー 、クラレント 、ダノンシャーク 、レッドスパーダ、 ドナウブルー、 エーシンリターンズ 、レインボーペガサス 、レッツゴーキリシマ、 マイネルスケルツィになります。

このように直線が長くて、末脚の切れ味重視だと思われるコースですが、実はマイルの外回りは持続力勝負となり開幕間もない馬場であれば前が有利というレースのキャラとなっております。

では、どのような馬が好走するのかという点で、紹介したいのが、前走上りのかかるレースで結果を残しているのかという点でしょう。

持続力勝負への適性を見るのに最も簡単な指標は、ラスト3ハロンとその前の3ハロンが、速くなっているのか遅くなっているのかを確認するのが手っ取り早く、ターゲットでいえばRPCIが該当します。

これを参考に、過去5年においても、エイシンティンクル、ウインガニオン、マジックタイム、レッドアリオンは前走持続力を求められたレースからのローテーションで好走できていることがわかります。

色々と申し上げましたが、ここでは、関屋記念は印象以上に”持続力”が問われ、先行馬有利なレースになるということを把握頂ければなと考えております。

関屋記念は中京記念敗退組を狙いたいレース

関屋記念は、上述の通り速い上りを出す馬が多数いますが、それでも好走するのは持続力のあるタイプです。

持続力勝負になれば距離短縮

前走2000mの馬が2-1-0-6と3割の確率で馬券になっており、距離短縮組が3-2-2-32で複勝率は20%と距離延長組と比較しても高めであることから、直線だけのスピードよりも持続力を求められることは間違いありません。

好走馬でも中距離実績のある馬で好走が目立ちますよね。それ以外で狙ってみたいのは、前走中京記念敗退組です。

中京記念は、中京マイルレースであり、関屋記念とは求められる適性が異なるので、そういう意味でも中京記念で凡走してから、このレースで好走するパターンは目立ちます。

前走中京記念で凡走し、関屋記念で好走した馬は、過去5年で下記です。

2014年 クラレント 前走8着

2015年 レッドアリオン 前走8着

2016年 ダノンリバティ 前走5着

2017年 ダノンリバティ 前走5着

2018年 ワントゥワン 前走5着

2019年 ミエノサクシード 前走4着

この通りで、前走中京記念で完敗した馬の復活が目立つレースでもあり、特に実力は間違いない馬がよくきているようです。急坂の中京記念では対応できずに、新潟の直線が長い平坦なコースになると目覚めるということかもしれませんね。

ここまで伝えた上で、今年の中京記念は超極悪馬場の阪神コースでした。阪神競馬場は右回りですが、直線に急坂があるという点では、今回の関屋記念とは求められる質が異なるはずですので、頭の片隅には置いておいたほうがいいかもしれませんね。

関屋記念の血統はダンチヒに注目

関屋記念は持続力勝負であり、直線でもある程度のスピードが求められます。そのようなレースになると、欧州系の血統、特にダンチヒに注目したいと思います。過去5年でも下記の通りで好走馬多数です。

2015年

3着 ヤングマンパワー

2016年

1着 ヤングマンパワー

2017年

2着 ウインガニオン

2018年

1着 ワントゥワン

2019年

2着 ミエノサクシード

上記の通りで、ダンチヒに注目したいと思います。

関屋記念2020 有力馬徹底分析

プリモシーン

一昨年に3歳牝馬で関屋記念勝利の快挙を成し遂げたのがこのプリモシーン。

夏競馬で3歳馬が古馬を撃破するローテーションが目立つのはこのプリモシーンやブラストワンピースが作ったといっても過言ではないでしょう。

このプリモシーンが新潟1600mでの適性があることは誰もが皆わかると思いますので好走条件と不安点だけ紹介したいと思います。

まずは、プリモシーンはとにかくマイルの左回りでは崩れないですね。

前走のヴィクトリアマイルこそ、G1であり8着でしたが、それ以外に崩れたのはNHKマイルカップの5着のみで他は全て馬券内の超安定。

今回左回りのマイル戦は間違いなくプラスです。

次に、不安点ですが、意外な弱点があります。

後傾ラップに弱いんですよね。

マイルレースで負けたレースでも目立ったレースを分析します。(不得意な中山は除外)

2020年 ヴィクトリアマイル

34.2-33.9の後傾ラップで8着

2019年 

マイルCS

35.3-34.2の後傾ラップで11着

府中牝馬ステークス

34.9-34.3の後傾ラップで15着

上記の通りで、古馬になってからはその傾向が顕著であり、前傾ラップのレースでなければ差し込めてないです。

東京新聞杯も34.7-34.9の流れでしたし、勝利時の関屋記念はエイシンティンクルとウインガニオンが競って引っ張る展開であり、過去10年の内3回しかない前傾ラップの関屋記念でした。

そう考えると今回出走メンバーでどのようなラップを刻まれるのかという点が非常に重要でしょう。関屋記念は基本的に後傾ラップになりがちなレースでありますので、ある程度のポジションが欲しいレースですから、後方待機策になるプリモシーンがもし前半緩んでいつも通りの持続力勝負戦になると直線だけで挽回は厳しいのではないかと考えます。

クリノガウディ―

高松宮記念1位入線でスプリンター感が出てますが、これまでの好走実績を見ればマイルのほうが合うのではないでしょうか。

馬券になったレースは新馬戦を除いて3度あり、下記になります。

朝日杯FS(阪神1600m) 2着

中京記念(中京1600m) 2着

東京新聞杯(東京1600m)3着

これまで新馬戦以外は全て重賞競走に出走しているという”クリノ”の看板馬で馬券になっているのは全てマイルレースです。

また、左回りコースのほうが大崩れも少なく、阪神や中山といった急坂コースでは崩れていることが多いことからも新潟のコースは良さそうです。

また、脚質も先行脚質があり、スプリント戦でも上位にこれるスピードもあることから、新潟の持続力勝負の展開は向くのではないかとも思います。

しかしながら、距離延長のローテーションは、不安要素であるので全幅の信頼を置くのは、勇気がいりそうですね。

グルーヴィット

京王杯SC3着で過去中京記念勝ち馬。

結論申し上げますと、高松宮記念で二桁人気であるにもかかわらず本命を打ったほど思い入れのある馬ではありますがこのレースでは、距離延長、平坦コースという意味でも狙いづらい一頭と考えております。

左回りの特に中京コースで無双するタイプでしたが、やはり急坂のパワーが必要なコースでも苦にしないパワーが持ち味の馬であり、新潟1600mのようなスピードと持続力が重視されるレースでは少し軽視したいです。

本日の分析は以上です。

ここからさらに分析を進めて、週末には最終予想を紹介しますので、またアクセス頂ければと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

K-BA LIFEのオンラインサロン”BEST BUY検討委員会”

 
 

K-BA LIFEの全てを詰め込んだコンテンツが、BESTBUY検討委員会です!

BESTBUY検討委員会 コンテンツ一覧

バイブレーション競馬

重賞完全予想・全頭分析

毎月開催!BESTBUY杯

競馬の復習

メンバー限定LIVE

他にも色んなコンテンツが充実しておりますので、是非BESTBUY検討委員会に遊びにきてくださいね!

3日間無料入会体験キャンペーン中です!

BESTBUY検討委員会はこちら

そして、オンラインサロンのようなデジタルコンテンツにびた一文お金は払いたくない!しかし、重賞だけのブログでは、不十分だ!!という方には、お試し版であるLINEで最終レースにおける勝負レースの”ベスハメLINE版”も配信しておりますので是非!

どの予想も本気で予想してますので是非!

LINE登録はこちらから!