【阪神大賞典2020】阪神大賞典を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

【PR】競馬の大根おろし×K-BA LIFEコラボ企画

どーもこんにちわ!K-BA LIFEの中の人です!

本日は阪神大賞典を予想する前に絶対に知っておきたい3つのことを紹介致します。

阪神大賞典はステイヤーレースであり、天皇賞春のステップレースでもあるので私が非常に好きなレースの一つでもあります。阪神大賞典が天皇賞春とどういった違いがあり、どのような馬を狙うべきなのかを中心に考察しておりますので是非ご高覧頂ければと存じます。

今年の阪神大賞典は、キセキ、メイショウテンゲンといったステイヤーレースの覇者に加えて、アイドルホースになりつつあるメロディーレーンが出走しますし楽しみな一戦ですね。特にキセキは久しぶりにステイヤーレースに参戦ですが、菊花賞馬ですから何故今まで出走しないのか!?と思ってしまいますが、よく考えたら角居厩舎なんですよね。角居厩舎は阪神大賞典からの距離短縮とかしそうな厩舎ですが、天皇賞春を目標にするようです。また狙いどころのはっきりしている前回単勝しっかりと的中させて頂いたトーセンカンビーナもいるので非常に楽しみです。

それでは、阪神大賞典を予想する前に絶対にしっておきたい3つのことをどうぞ!

阪神大賞典2020 特別登録馬

少頭数ではありますが、G1馬のキセキ、長距離レースでおなじみの馬が多数出走しておりますし、実力馬のユーキャンスマイルも出走します。ユーキャンスマイルこそボチボチ長距離路線かなと思いましたがやっぱり出てきましたね。

 

馬名
キセキルーラーシップ
タイセイトレイルハーツクライ
トーセンカンビーナディープインパクト
ドレッドノータスハービンジャー
ボスジラディープインパクト
ムイトオブリガードルーラーシップ
メイショウテンゲンディープインパクト
メロディーレーンオルフェーヴル
ユーキャンスマイルキングカメハメハ
レノヴァールハーツクライ

阪神大賞典2020 外厩情報

現代競馬で欠かすことのできない外厩情報は、昨年のG1戦線を席巻したノーザンファームの成績を見れば一目瞭然。

特にトレセン以上の施設力や他厩舎馬との併せ馬等外厩先でなければ積めない訓練ができるのがノーザンファーム天栄としがらきです。そんなチートな施設で訓練された阪神大賞典出走馬の外厩情報は、無料で競馬セブンにて配信されます。

外厩情報はこちら

競馬セブンを無料登録後、金曜あたりに無料コンテンツの”社台軍団の本音”というコンテンツにアクセスしますと社台外厩リターンというコンテンツがありますので、そちらで外厩情報が確認できます。是非ご参照ください。

阪神大賞典を予想する前に絶対に知っておきたい3つのこと

阪神大賞典は5ハロンロングスパート勝負

阪神大賞典は、距離が3000mではありますが、3200mの天皇賞春と比較すると5ハロンのスパートが求められるレースになります。どちらかといえば菊花賞に近い位置付けになります。

阪神大賞典が開催される阪神3000mはあまりレースが行われないことから馴染みのないコースですので、コース分析をまずは実施します。

阪神3000mは、向正面の直線からスタートし、内回りコースであるため、コーナーを6回通過して約1周半回る形になります。長距離とはいえ、最後の直線での脚色が同じになると見込んで、ある程度のポジションを取りたいジョッキーの心理も働くことから、先行争いは意外と激しくなりやすくなります。3コーナーでは下り坂になり、惰性がつき、最後の直線距離は約356mと短く、残り200m付近でゴール前の急坂があります。約120mの間に1.8mの勾配を上がることから最後の最後の踏ん張る力が求められると言えそうです。

まとめると、内回りので、コーナー6回の緩急が激しいコースで、直線も短く、3コーナーから下り坂であるので、脚の使い出すタイミングも早いのにも関わらず、直線に急坂があることから非常にタフなレースであることがわかります。

これを数値で分析する為に、過去10年のラップは以下の通りです。

どの年も長距離らしく、中間に12秒台後半~13秒台で息が入り、ラスト5Fからペースが上がっております。これは中間ラップが緩むことに加えて、直線が短いので、ある程度のポジションをとる必要があるからでしょう。最後は、急坂により、最後の3F目や2F目よりも最後の1Fの方が時計を要していることからも、非常に上がりのかかるタフなレースであることがわかります。

一方で中間ラップの緩み方は、天皇賞春等と比較すると緩むので、末脚が重要になるレースになります。

ちなみに天皇賞・春の過去10年のラップと阪神大賞典のラップとの比較を紹介します。

この通り、天皇賞春は、中間ラップが阪神大賞典と比較しても厳しいラップになっておりますが、向正面から3コーナーまでの上り坂でペースが上がりきらず、残り800mの下り坂からの持続力勝負になるのが天皇賞・春(青色の線の角度が12F地点で急になっています)ですが、阪神大賞典は、残り1000mあたりからがペースがあがる消耗戦のようなラップ傾向にあります。(オレンジ色の線は残り10Fから一気に時計が速くなっていることがわかります)このように中間ラップの緩み方が天皇賞春と比較して緩みやすく、コース形状的にも直線が短いことから5ハロンのロングスパート戦になり、末脚が重視されるレースになります。

実際に過去10年間でも上がり最速馬の成績には注目であり、前走上がり最速馬の成績は下記の通りです。

上記の通りで、逃げ・先行馬よりも確実に末脚を出せる前走上り上位馬の成績がずば抜けてます。特に前走上り最速馬は、単勝回収値が131円とべた買いでも儲かりますね。

ラップ構成が似てる前走有馬記念組に注目するレース

阪神大賞典は、中間ラップが緩み、5ハロンのロングスパート戦になることからもステイヤーレース以上に一流古馬戦線で求められる持続力と速い脚が必要になります。そういう意味でも5ハロンスパートのレースで近いのは有馬記念。有馬記念といえば菊花賞馬の成績がいいことが有名ですが、菊花賞もこの5ハロンスパートが求められます。つまり、菊花賞や有馬記念を好走した馬は、ラップ適性も阪神大賞典と親和性があります。

データを見てみると前走有馬記念組が最強クラスの成績です。過去5年でも下記のような成績です。

2019年 該当馬無し

2018年 レインボーライン、サトノクロニクル、クリンチャー

2017年 サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン

2016年 アドマイヤデウス(2走前有馬記念

2015年 ゴールドシップ(2走前有馬記念)、デニムアンドルビー、ラストインパクト

2014年 ゴールドシップ、アドマイヤラクティ

上記の通りで、有馬記念経由で阪神大賞典に参戦する馬は、過去5年では8頭中6頭が馬券になってます。有馬記念で好走を続けたゴールドシップがこのレース3連覇と相性がいいのも納得の成績です!

上記の通り、前走有馬記念組は過去10年でも4勝2着5回と中々抜けてる成績ですし、複勝率連対率共に60%超え。さすがに無視できないですね。

トニービンとステイゴールドに注目!

阪神大賞典は、5ハロン持続力勝負であり、中間ラップが緩み、末脚重視のレースであることからも、もちろんサトノダイヤモンド等のディープインパクト産駒も普通に来るレースなのですが、過去の戦績を見るとトニービンを持つハーツクライとステイゴールド産駒が毎年のように馬券に絡んでいるのがよくわかります。単純な上り3F勝負ではない持続力勝負になる阪神大賞典とこれらの産駒がマッチするのでしょう。これらの産駒の上位人気の馬がいれば信頼できそうですし、人気薄の馬がいれば穴で狙っていきたいですね。

トニービン血統

2019 2着カフジプリンセス

2018 2着サトノクロニクル

2017 2着シュヴァルグラン

2016 1着シュヴァルグラン

2015 2着アドマイヤラクティ

2012 1着ギュスターヴクライ

ステイゴールド産駒

2018 1着レインボーライン

2015 1着ゴールドシップ

2014 1着ゴールドシップ

2013 1着ゴールドシップ

2012 2着オルフェーヴル

2010 2着ジャミール

この通り、血統的にもこの2頭を積極的に狙えることがわかります。特にトニービンといえば、日本の長距離レースで圧倒的な成績ですが、やはりハーツクライの功績が偉大ですね!ハーツクライ産駒はここ4年連続で連対していることからも見逃せない血統です。そのスタミナと確かな末脚で天皇賞春でも馬券になることが多いですから注目ですね!

阪神大賞典2020 事前予想

阪神大賞典を攻略する為には、下記3つのことが重要であることを説明しました。

・確実な末脚

・前走有馬記念

・トニービン

上記全てに該当するのはキセキです。キセキは前走有馬記念で、出遅れて後方からの競馬ですが、5着と好走。凱旋門賞参戦組のフィエールマンは4着、AJCCに出走のブラストワンピースは優勝と凱旋門賞に出走した馬達の活躍は目立っております。さらに父ルーラーシップでトニービン持ち。全てに合致する阪神大賞典の為に生まれてきたといっても過言ではない名馬ですよね。キセキは阪神で1-3-2-1と非常に相性のいい舞台でもありますし、注目ですね!阪神大賞典はキセキに注目したいと思います。